fc2ブログ
管理画面

「朝鮮」という言葉で火病る韓国人

9月19日のログを二日連続でご覧いただきました。

あの日は日本でも3連休の最終日でしたが、韓国でも秋夕(韓国のお盆)の最終日だったせいで常に無い大盛況だったようです。あの日のログの総量はA4用紙に縦2段組にして402ページありまして、全部をここで公開するのは不可能です。

さて日韓チャットのシーンを垣間見ていただいたわけですが、今のところ「韓」しか発言が無いので、日本人がどのような発言をしてるか気になる方もいらっしゃるかと思います。

正直、日本人会員も決して聖人君子ばかりでは無いので、けっこうな罵詈雑言が飛び交うことも珍しくありません。私は韓国人との罵倒合戦に辟易しており、初対面の韓国人会員の発言に返答することは稀ですが、私の発言に韓国人会員が反応して騒ぎ始めることはよくあります。

私は「大韓民国」という国号は「朝鮮半島南部暫定国家」の国号で、「朝鮮民主主義人民共和国」は「朝鮮半島北部暫定国家」の国号と理解しています。ですから朝鮮半島全域を指して呼ぶ時は単に「朝鮮」と呼ぶしかありません。「朝鮮半島南部暫定国家国民」を特定して呼ぶ時は「韓国人」でも良いのですが、朝鮮民族全体を指す場合は「朝鮮人」と呼んでいます。

ところが韓国人は私が彼らを「朝鮮人」と呼ぶといきなり怒り始めます。「私たちを罵った」と言うのです。そして「日本人が私たちを朝鮮人と呼ぶならば、私たちは日本人をチォクパリと呼ぶ!」と言い出します。

この「チォクパリ」という言葉は、直訳すると「豚の足」という意味で、日本人に対する激しい蔑称です。どれくらい激しい蔑称かと言うと、この単語に比肩する朝鮮人に対する侮蔑語は、日本語にはありません。
ところが韓国人は、この激しい蔑称と「朝鮮人」という呼称が同じレベルの罵倒語だと思っているのです。

日本人には素直な人が多いので「韓国人が嫌がるなら、朝鮮人と呼ぶのはやめれば?」という人がけっこういるのですが、これでは韓国人の主張を裏付けてしまうことになってしまいます。
ですから韓国や北朝鮮を特定して指すときは「韓国」「北朝鮮」を使いますが、朝鮮半島全域や概念としての朝鮮を指すときは今後も「朝鮮」という単語を使っていくつもりです。言葉狩りに屈するつもりはありません。

単語そのものには何らのマイナスの意味が無いのに、単語が指す対象がマイナスな存在のために、単語にマイナスの意味が付加されてしまうことは、しばしばあります。

例えば「便所」という言葉があります。
「厠」「トイレ」「化粧室」「お手洗い」「御不浄」「はばかり」など、出来るだけ良い言葉や綺麗な言葉をつけているのですが、結局名称の対象そのものがマイナスなイメージを持つために、それに付けられた名称にもマイナスなイメージが付加されてしまった好例です。

これと同じで、もし仮に日本人が「朝鮮」という言葉にマイナスのイメージを抱くとすれば、それは言葉そのものの責任では無いと私は考えています。

また、韓国人が「朝鮮」という言葉にどんなイメージを持っていようと、私の知ったこっちゃありません。
しかし、韓国でも「朝鮮日報」「ホテル・ウェスティン・チョースン(朝鮮の英語読み)」などという風に使われてるように「朝鮮」という言葉自体には悪い意味はありません。

彼らは「日本人が使う場合」に限定してのみ「朝鮮」という単語を蔑称と考えているらしいのです。これはある意味日本人に対する差別なのですが、彼らにその自覚は何故か皆無です。

ちなみに私は「朝鮮」という言葉そのものには、マイナスのイメージを持っておりませんが、対象にはうわなにをするあqwせdrftgyふじこlp;@:
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓