fc2ブログ
管理画面

反日という麻薬

一昨日の「Speed」という記事に対して「韓国人にとって反日が良くないものであるなんておかしい。韓国にとって反日とは安価で有利なものであるから良いものであり、だからこそ彼らは反日を手放せないのではないのか?」というコメントがつきました。

これのご返事を考えるうちに、韓国にとっての反日とは、もしかすると麻薬のようなものではないのかと思い至りました。

偶然にも「Speed」とは覚醒剤の隠語だったりするのですが、韓国の反日は「Speed」というよりは「Coke」でしょう。即ちコカインです。

コカインは、代表的なアッパー系ドラッグです。コカインを摂取すると極めて幸福な感覚に包まれ、やる気に満ち自信にあふれた人物になったような気持ちになるそうです。しかし、この薬は依存性が大変高く、使用を重ねるごとに量も増え、たちまち中毒者になってしまうそうです。薬の効果が切れると不眠や疲労困憊、焦燥、鬱などの症状が始まり、妙に多弁になったり、じっとしていられない衝動にかられて無意味な行動を始めたりします。この衝動はたいへん強迫的なもので、自分で止めようとしても止められません。

乱用の繰り返しにより慢性的な中毒状態になると、幻覚、異常思考、精神錯乱、そしてコークバグと呼ばれる特殊な感覚が起こります。コークバグとは日本語では「蟻走感」と呼ばれるもので、皮膚の下を小さな虫が這い回るような気味の悪い感覚です。

乱用により慢性的な中毒状態が続くと、こうした症状が常に繰り返されるようになり、まともな精神状態を保つことが出来なくなり、最終的には錯乱に陥り完全な精神障害を起こすことになるそうです。

コカインは精神的依存性も強いのですが、肉体的な依存性も強く、自分の意思では止めることが出来なくなります。薬が切れて多幸感(恍惚感)が消失すると、イライラした抑鬱状態に苛まれるようになります。そして重度の偏執病の症状や強迫的衝動的行動、幻覚や異常で不合理な考え方を起こしたりします。

この症状を、韓国の反日と引き比べてみましょう。

反日を叫ぶと、彼ら韓国人は恍惚とします。まるで自分たちが世界で一番正しく偉く強くなったような感覚に包まれ、民族は団結します。しかし何度も繰り返すごとに反日の度合いを強めていかないと、やがて刺激が足りなくなり、効果がなくなります。

反日の効能が切れると、不安や劣等感、焦燥、鬱などの症状が始まり、妙に多弁になったり、じっとしていられず衝動に駆られてデモや火刑式という無意味な行動を始めたりする韓国人が増えます。この衝動は大変強迫的なもので、やめようとしてもやめられないようです。

乱用により慢性的な反日状態が続くと、こうした症状が常に繰り返されるようになり、まともな精神状態を保つことが出来なくなります。最終的に錯乱に陥り完全な精神障害を起こすとこまではさすがに行かないかもしれませんが、日本の偉人や有名人をみんな韓国人にしたがる在日認定拘泥症という症状を発症します。

反日は政治的な依存性も強いのですが、民族的な依存性も強く、大統領の意思では止めることが出来ません。反日が潜在化したり、反日依存から離脱して親日意識が表層化した人がうっかり親日発言を公言なんかすると、反日依存の民衆に袋叩きにされます。

反日を抑圧すると禁断症状を起こした民衆が、重度の偏執病の症状や強迫的衝動的行動、幻覚、異常で不合理な考え方を起こして内部分裂し紛争を始め、国家と国民が四分五裂するでしょう。

いかがでしょうか。韓国人にとってコカインと反日、似ていませんか?

韓国人の中には、反日が韓国人にとって麻薬的効能を持つことに薄々気づいている人もいます。そしてそれが自身の健康に、必ずしも良くないことにも薄々気づいていると思います。

しかし多くの韓国人は、既に反日がないと精神の安定を保つことが出来ないジャンキー状態です。反日が最終的には身体に悪いとわかっていてもやめられないのがジャンキーのジャンキーたる所以でしょう。今現在の一瞬の多幸感のために、将来をぶち壊しにするのがジャンキーですから。





banner_03 fc2ランキング

反日やめますか?それとも人間やめますか?
というフレーズが浮かんだ方は、クリックを
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓