fc2ブログ
管理画面

日韓友好について考えてみました。

今回は原点に立ち返り、日韓友好について考えてみました。

まず、「日韓友好」とは、具体的にどのような状態を言うのでしょうか。私が考えるに、「日韓友好」とは「日本と韓国が互いに双方の文化・歴史・国情を理解し、互いの国益に適うよう助け合い支え合い高め合い、互いに親近感を持って交流すること」ではないかなと思います。

さて、現状はどうでしょうか。

日本では、韓国に対する強い関心を持つ人は多くありません。当然、韓国の文化・歴史・国情などについて理解している人も少ないと言って良いでしょう。しかし、稀に韓国に対して極めて強い関心を持つ人もいます。そういう人の中には、韓国の文化・歴史・国情を詳細に知る人もいますが、逆に何も知らないまま無邪気に好感を抱いている人もいるようです。

韓国人の方は、日本に強い関心を抱いている人が多いようです。しかしその多くは、歪曲された知識や間違った理解に基づいた関心か、あるいはマンガやアニメ、芸能人などのサブカルチャーに対する関心です。また、日本に対して努めて無関心を装う者もいるようです。

多くの日本人が韓国に関心を持たない理由は、単純に韓国に注目すべきコンテンツが少ないからでしょう。また、韓国に関心を持つ数少ない日本人は、たいてい好悪が両極端に分かれます。韓国に対して嫌悪感を持つ理由は、弊ブログをご覧の皆様は既にご承知のことと存じますので、ここでは省略させていただきます。

韓国に好感情を持つ日本人が存在する理由は、「知らない国は好きな国」という日本人の習性を除けば、彼らの宣伝・接待上手があるでしょう。かつてはキーセン観光で多くの日本人男性が韓国人女性に骨抜きにされ、激しく散財させられておりました。現在ではその構図が日本人女性と韓国人タレントに移行したようです。

彼らの接待上手は定評があります。相当な嫌韓でも、彼らの接待攻勢に遭えば陥落するようです。そんな彼らにしてみれば、何も知らない日本人を落とすことなど、朝飯前に赤子の手をひねって泣かせるよりも容易いことでしょう。

しかし韓国では、日本を見下し侮蔑することは、民族的習性と呼んでも差し支えありません。さらに過去の日帝統治を理由として、日本を絶対惡とみなすことが国民的コンセンサスになっております。このため、韓国において、日本を認めたり擁護する発言を公に行なうことは、内容の正否に関わらず、常に韓国国民の強い反発を招きます。これは日本に対し無関心を装う韓国人も同様です。

これらの理由から、現在は「日韓友好」即ち「日韓両国が互いに双方の文化・歴史・国情を理解し、互いの国益に適うよう助け合い支え合い高め合い、互いに親近感を持って交流すること」にはほど遠い現状であると思います。

そもそも、日本人は、「友好」と言えばすべからく良いものであると考えてる人が多いようです。しかし、「日韓友好」は本当に好ましいものでしょうか。

「日韓友好」が仮に実現したとして、これによって日本が得るメリットを考えてみました。が、とっさに何も思いつきませんでした。あえて絞り出してみれば、韓国からの観光客増加にともなう外貨獲得増でしょうか。しかし、韓国において、日本に大量に外貨を落としてくれる富裕層は、さして多くありません。貿易相手国としても、無いよりはマシかもしれませんが、重要視するには市場が小さすぎると思います。

「日韓友好」の実現によって韓国側が得るメリットは、日本人観光客の増加による観光収入の増大、日本の先進技術の流入、日本で売れた実績のあるコンテンツの輸入等があげられると思います。

逆に「日韓友好」の実現によって被るデメリットを考えてみましょう。

日本側は、韓国人の大量流入による国内治安の悪化、日本の先進技術の流出等が、昨今の無計画で無思慮な「日韓交流」の促進によって、既に問題化しつつあります。

韓国側では、もし「日韓友好」が実現すれば、韓国の過去から現在に至るまでの歴史や政治の欺瞞が露呈したり、親日家が増えて政府が転覆する恐れがあります。また、富裕層や知識層の流出、働き盛りの男性や妙齢の女性の出稼ぎなどによる韓国国内の空洞化も懸念されるところでしょう。

日本側から見た韓国との交流によるメリットとデメリットを比較すると、メリットはあまりにも少ないように感じられます。日本側から見たメリットのひとつである韓国人観光客増加は、同時に韓国人による日本国内の治安悪化というデメリットをももたらします。治安維持や入国管理の強化にともなう費用の増大、不法滞在韓国人による違法就労や地下送金等で、韓国人観光客が落としていった程度の外貨は綺麗に吹っ飛んで、おそらく足が出るでしょう。と言うか、多分現在がそうです。

韓国側から見た場合は逆に、メリットが大きいようです。韓国を訪れる日本人観光客による観光収入は現在でも馬鹿になりません。また、日本の工業技術を獲得することは、もはや韓国工業界の生命線と言っても良いでしょう。

「日韓友好」の促進や実現で考え得る韓国側のデメリットも深刻ですが、それ以上に日本との交流を断つことの方が、韓国にとっては致命的です。韓国としては、多少我を曲げてでも膝を屈してでも、日本との交流は維持していかなければなりません。そのためには、多少の費用が掛かろうとも、日本との交流を維持・促進するキャンペーンを怠るわけにはいかないでしょう。

さて「日韓友好」の促進や実現によって生じるデメリットを排除、あるいは縮小するにはどうすれば良いかを考えてみるとします。

日本にとっては、デメリットをもたらすおそれのある韓国人を徹底排除し、メリットをもたらす韓国人のみを受け入れるといった選択的な交流が最も有効だと思います。そんなことが可能であるならば、ですが。

韓国側では、「日韓友好」が実現した場合、必然的に生じるであろう親日家と、韓国の歴史や政治の欺瞞に対する対処が最大の問題になるでしょう。

これらの対処法は、ふたつしかないと思います。

ひとつは、現在の路線を引き継いで、親日家を迫害し、歴史や政治の欺瞞の上に、さらに虚偽を糊塗し続けることです。しかしこれは「日韓友好」を阻害する要因のひとつでもありますので、あまり公に行なうことは憚られるようになるかもしれません。しかしそれは問題の消滅ではなく潜在化であり、解決の放棄でしかありません。

もうひとつは、現在の路線と真反対の方策です。即ち、親日家や親日意見を肯定し、これまでの韓国における歴史や政治の欺瞞を徹底追及し、問題点を解消して韓国国民の対日感情を、極力ニュートラルでフラットなものにする努力を行なうことです。しかしこれは韓国内では死傷者をともなうすさまじい反発や混乱を招くと思います。ことによると、これが原因で内戦が勃発しても不思議はありません。

こうして見ると、日本側から「日韓友好」を促進する理由というのは、本当に希薄です。かつて地政学的見地から、朝鮮半島は日本の防衛上の要衝であるとされておりましたが、軍事技術の進んだ今日では、朝鮮半島は以前ほどの防衛的意味を持たないと思います。

韓国側としては、日本との交流は生命線と言って良いほど重要です。しかしこれを認めることが出来ない国情であることを鑑みれば、韓国側としても日本との交流を「日韓友好」呼ぶべきではないでしょう。

結論としては、「日韓友好」は日本にとっても韓国にとっても、画餅であると言うほかありません。むしろ目指すべきは両国の「発展的関係解消」ではないだろうかと私は思います。少なくとも、日本にとっては、その方が国益にかなうのではないかと思います。



banner_03 fc2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓