FC2ブログ
管理画面

前々回の記事の補足

前々回の記事「韓国人の嫌韓ブログ」では、物議をかもした点がふたつありました。

ひとつは「どう見ても機械翻訳の韓国語です。本当にありがとうございました」という点。もうひとつは「反日日本人が「良い日本」を望んでいるのかどうか」という点についてです。

まずひとつめですが、ブログそのものが削除されてしまった現在では、かのブログの筆者が韓国人か否か検証することは不可能でしょう。ですので、これは各人で判断されれば良いとしか申し上げようがありません。

私は、私の判断を信じるのみです。私としては「翻訳調の韓国語」だからと言って、日本人が書いたとは思っておりません。韓国人が日本人っぽさを装うために、あえて翻訳調を使うことは十分に考えられるからです。

私があのブログを「韓国人が書いた」と判断したのは、日本人が書いたと考えるには理屈に合わない点が多過ぎるからです。

日本人が「韓国語で」「韓国人に向けて」「韓国のレンタルブログを借りて」「嫌韓ブログを書く」場合、まず機械翻訳調の韓国語をあえて使うかどうか、次に韓国のレンタルブログを使うかどうか、さらに騒がれたらたちまち消してしまうかどうかを考えると、あまりにも不自然なのです。

日本人が韓国語で韓国人に向けてブログを書く場合、恐らくは万全を期そうとするでしょう。韓国語を習った日本人に見抜かれる程度の翻訳調であれば、徹底的に排除するはずです。ブログはNaverでレンタルしたものですから、明らかに韓国人だけに向けて書かれております。日本人が、韓国語で、韓国人を装って、韓国人だけに向けて嫌韓ブログを発信する理由が、私には思いつきません。しかも、【わざわざ日本人が書いたと思わせるような表現を使って】です。

こういうねじれにねじれを重ねるような、しかも(韓国人のやり方に慣れた日本人から見れば)見え透いたやり方は、日韓チャットで見慣れた韓国人のやり方そのままです。ですから、私はあのブログは韓国人が執筆したものであると判断しております。

さて、ふたつめの「反日日本人が望む「良い日本」」ですが、これは以前にもちょっと書いたことがあったような気がします。

該当箇所を以下に引用します。

つまりは彼ら反日日本人は、必ずしも日本を悪くしようとは思っていないようです。ただ彼らの考える「善なる日本」の方向性が斜め上を突っ走っているために、特亞人と同調してしまいやすいのでしょう。

彼ら反日日本人の夢想する理想の日本とは「雨にも負けず風にも負けず、決して怒らずいつも静かに笑っている、あらゆることを自分を勘定に入れず、誉められもせず苦にもされない」国のようです。まあ、多少の注文も無くはありませんが、ここまでは良しとしましょう。

何故かそこから彼らは「支那と結びアメリカと袂を別ち、韓国が竹島を武力占拠すれば行って対馬を付けて譲ってやり、北朝鮮に日本人が拉致されれば行ってまず日帝統治期の強制連行を反省し、毎年特亞に謝罪と賠償をし、日本に住む特亞人には帰化せぬまま日本人と全く同じかそれ以上の権利を保証してやり、日本に来る特亞人が日本の援助で思う存分学び力一杯稼げ本国に好きなだけ送金出来、望めば本国から一族郎党を呼び寄せて日本に住み着くことも無条件で許される」国という方向へ突進して行きます。

以前、米下院の従軍慰安婦問題の決議に関して、国会で総理に質問をしていた民主党の議員が、総理に「あなたは日本を貶めたいのですか」と反問されて、一瞬絶句した後、猛然と「私は日本を貶めたくないからこそ謝罪するべきだと言ってるのだ」と怒り始めたのを見たことがあります。また反日ブログでは、「ネトウヨ、嫌韓、嫌中こそが日本を貶めるのだ」という主張をしばしば見かけます。

彼らの夢想する理想の日本が、私の考える「良い日本」と大きく食い違っていることは、私も否みません。しかし彼らは彼らで、あれでも日本を思ってはいるようです。あれでもね。だから彼らは、現在の「悪しき日本」を攻撃し、破壊しようとします。それこそが、「良い日本」を構築するためのステップだと信じて。

韓国人は、そろって愛国愛国と言いながら「ウリナラは遠きにありて思うもの、そして声高に誇るもの」とばかりに、富裕層や知識層がサクサク海外移住したり、気軽に韓国籍を捨てます。

しかし、反日日本人はほとんど日本から出て行くことはありません。日本から出て行く反日日本人も皆無ではありませんが、そういう人たちは何故か愛国日本人になってしまいます。

「何故か」と書きましたが、私も戦後左傾教育で煮詰められた挙句「日本から出て行こう」と考えた日本人のひとりなので、「何故か」は、実はわかっています。今の日本は、百点満点とは言えません。それどころか直すべき点も多々あります。しかし、それでも、今の日本は、私たち日本人にとって「良い日本」なのです。

反日日本人たちは、日本の悪いところばかりをあげつらい、良いところなど皆無であるかのごとく言い募りますが、日本は決して悪いところだけの国ではありません。良きは伸ばし、悪しきは改めるというやり方で、十分日本はもっと良い国になり得ると、私は思っています。

韓国ではないのですから、「日本の歴史」は立て直すことが出来ません。日本の歴史=過去は、どんな過去であれ現在の礎です。気に入らないからと言って、安易に破壊するべきものではないと、私は考えています。

ですから、反日日本人が考える「(過去から現在に至るまでの)悪しき日本」を破壊するような思想に私が与することは決してありません。しかし、彼らも彼らなりに「良い日本」を望んでいるのだろうということは、一応理解しております。



banner_03 fc2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓