FC2ブログ
管理画面

明日で開設2周年になります。

ずいぶん軽い気持ちで始めたブログですが、明日で丸2年になります。この2年で、どれだけのことをお伝え出来たでしょうか。まだまだ伝え切れていないことが沢山あるような気がします。

韓国人という生き物は、ちょっと距離を置いて見ることが出来れば、結構楽しい連中です。問題は、我々日本人にとって韓国と韓国人という生き物は、距離を置くことが困難だという点でしょう。

韓国がもしアルゼンチンの位置にあれば、いや、せめてアルメニアぐらいの位置にあれば、そして在日朝鮮人が今の数の100分の1以下で、且つ「在日特権」と呼ばれるようなものが日本に存在しなければ、私は彼らの言うことやることを笑って見ていられたのではないかと思います。

おそらく、それは私だけではないだろうと思います。第三者的立場から見る彼らとのやり取りは、楽しく面白いものに見えるようで、弊ブログのチャットログをご覧になり「何だか楽しそう」と、日韓チャットを探し当てて来られた方は結構いらっしゃいます。

そういう方々と偶然チャットでお会いしたことが幾度かありますが、日韓チャットの感想をお尋ねすると、皆様異口同音に「韓国人とのチャットは本当に不愉快だ」と仰います。おそらくそれは、現実社会においても同様ではないかと思います。

基本的に、彼らはひとりなら親日です。ですから現実においても、韓国人ひとりとだけ付き合うのであれば、応対の仕方にもよりますが、そこそこ良い関係が築ける可能性はあります。

しかし、彼らは「自分」よりも「自分たち=ウリ」が優先します。彼らはふたり以上になった時点で、個人ではなく「韓国人」という生き物になります。

ひとりの時は日本に理解を示し、理性的な行動が取れ、日本人と良い関係を築き得る韓国人が、もしいたとしても、また仮にそういう韓国人だけを集めたとしても、彼らはふたり以上になれば「普通の韓国人」になってしまいます。

そういうことを、このブログでお伝え出来ればと思って続けてまいりましたが、まだ色んな点で葛藤はあります。

2002年を境に、日本では韓国が大きく注目されてきました。それ以前にも、幾度か韓国ブームらしいものはありましたが、今回ほど日本人が韓国を詳細に見つめたことは、有史以来無かったと思います。

それはインターネットによるところが大きいと思います。私にしても、インターネットが無ければ、これほどまでに韓国のことを詳しく知ることは絶対に無かったでしょう。仮に韓国に何年かの間住んだとしても、日韓チャットで彼らが見せるほど赤裸々な対日感情を見ることは難しいと思います。

しかし、インターネットによって情報を得ることが出来る人は、実はまだそれほど多くありません。インターネットに接続出来る環境にあったとしても、それを使って情報を得ることが出来ない人を見たことは、皆様も幾度かおありかと存じます。そういう人達の対韓意識は、まだ2002年以前の状態である可能性が高いと思います。

2002年以前の一般的な日本人の対韓意識とは、即ち「アメリカを嫌いだと言うことは出来る。フランスを嫌いだと言うことも出来る。しかし、韓国を嫌いだと言うことは出来ない」という意識です。

この辺りが難しいところなのです。例えば私が「韓国人は人間の皮を被った爬虫類だ」と言います。ある程度韓国について知っている人なら、諸手を挙げて賛成するほどではなくとも、「それはちょっと言い過ぎだけど、言いたくなる気持ちはわからないでもないな」という程度には理解してくださいます。

しかし韓国に対する意識が2002年以前の人は「何故そこまで言うのか」「そこまで言うほどの何があったのか」ということをまったく考えずに「それは差別だ!」と叫んで、私の言葉に耳をふさいでしまうでしょう。

ですから、そういう人達には、迂遠でも面倒くさくても、わかりやすい例を小出しに見せて(いきなり一気に見せるとショックが強いのでw)理解してもらうように持って行かなければならないわけです。このブログを始めた頃は、本当にその辺りには気を配っておりました。

弊ブログをご覧の方は、85%がリピーターです。そのため最近では、筆者が手取り足取り微に入り細を穿たずとも、ツーと言えばスリーとご理解いただけるであろうという甘えが出て、時々暴走しております。

この2周年を期に、時には初心に立ち返って、一見さんにもわかりやすく取っ付きやすいブログを目指し、今後も私が知り得た韓国人のアレコレをお伝えしていきたいと思います。

つきましては、皆様のご指導ご鞭撻を、今後ともどうぞよろしくお願いいたします<(_"_)>



banner_03 fc2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓