fc2ブログ
管理画面

ウリとナム

韓国の基礎知識として、割と早い段階から出てくるものに「ウリ」と「ナム」があります。

「ウリ」は、日本語では「我々」と翻訳されており、少しでも韓国のことを知っている人には耳慣れた言葉です。対する「ナム」の方はあまり見聞きすることはありませんが、「ウリ」の対義語と理解していれば良いかと思います。

私も、韓国について一通りの知識を仕入れておりますので、この「ウリ」と「ナム」についての概略は、かなり早い段階から、一応知ってはおりました。しかし、最近これについて、私は大きな勘違いをしていたことに気づきました。

韓国人の長所としてあげられるものに「人懐っこい」という点があります。個人的には、彼らの「人懐っこさ」は「馴れ馴れしさ」と感じることが多いので、単純に長所として数えて良いものかどうかに若干の疑問があります。が、それはそれとして、彼らは一度「ウリ」と認定すれば、まるで10年来の知己のごとく振舞うことは事実です。

この「ウリ」に対してですが、私は無意識に「遠近」あるいは「濃淡」があると考えていました。つまり「近いウリ」「濃いウリ」と、「遠いウリ」「薄いウリ」というのがあるのだろうと、無意識のうちに理解していました。

例えば、実際に付き合いのある韓国人の友人と、日韓チャットで知り合っただけの日本人とであれば、いくら同じ「ウリ」として接するにしても、当然に前者の方が「濃いウリ」だと思っていました。

しかし最近は「もしかしてこの考え方は、日本人的な解釈だったのではないだろうか」ということに気づきました。

昔、裴勇俊のオフィシャルサイトで、ファンを「家族」と呼んでいるのを見たことがあります。日本人的な感覚では、赤の他人とはっきり理解している相手から「家族」と呼ばれることに対しては、たとえ好意を抱いている相手からであっても、かなり強い違和感を抱くと思います。

ましてや韓国人の裴が日本人のファンに向かって、よくもまあ抜け抜けと「家族」などと呼べるものだなあと、妙に感心したのを覚えています。

で、そんなことはほとんど忘れかけていたのですが、最近になって日韓チャットで「身内」と入力したところ、「家族」と翻訳されていることに気づきました。それを見た瞬間、裴がファンを「家族」と呼んでいたことを思い出し、「あ、そうか、裴はファンに対して、「身内」の意味で「家族」って言ってたんだな」と気づきました。

日本人的感覚では「身内」は、必ずしも「家族」とは限りません。赤の他人同士であっても、例えば同じ会社や同じクラブのメンバーなどに対してならば、「身内」という呼称を用いることがあります。ですから、裴が自らのファンクラブのメンバーを「身内」と呼ぶのであれば、日本人的にもそれほど違和感はありません。

なるほどなるほど、つまり韓国では「身内」と「家族」は同じ意味なのだなと、納得してから、ふと思いました。

日本では、「家族」と「身内」であれば、「家族」の方がより近くより濃い関係にあたります。「家族」と呼ぶ対象全てを「身内」と呼ぶことは出来ても、「身内」と呼ぶ対象全てを「家族」と呼ぶことは出来ません。だから違う言葉で区別しているわけです。しかし韓国では、この言葉がどちらからも行き来出来るようです。

これはどういうことかと言うと、私が無意識に理解していたような「濃いウリ」や「薄いウリ」、「近いウリ」や「遠いウリ」などというものが無いということです。

つまり「ウリ」と言えば濃いも薄いもなく一色の「ウリ」でしかありません。語弊があるかもしれませんが、コンピュータの「1」と「0」のようなもの、と言えば近いかもしれません。韓国人にとって「ウリ」と言えば「1」であり、「ナム」と言えば「0」で、その中間など無いのではないかということに気づきました。

そう考えると、彼らがたちまち親密になるくせに、一瞬で裏切る理由も理解できます。日本人の場合、対人関係とは積み重ねなのですが、彼らの場合は単に「1」と「0」を切り替えるだけなのです。

韓国や韓国人についてある程度知っているつもりでも、実は日本人的に解釈している部分というのはあるものだなあと痛感した「ウリ」と「ナム」でした。



banner_03 fc2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>


※お知らせ※
2月22日の「竹島の日」に向けて、弊ブログでは、ブログ「桜日和」執筆者の佐倉純様主催「2008年竹島プロジェクト」に参加しております。
2月22日の「竹島の日」までの期間限定で、弊ブログの扉絵を竹島プロジェクト仕様にすることで、竹島は日本領土であることを改めて主張し、島根県の「竹島の日」を応援します。
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓