fc2ブログ
管理画面

話せばわかるという幻想、あるいは思い上がり

Googleから、新しいブラウザが出たというのを聞いて、早速インストールしてみましたが、かなり快適です。もっとも、まだベータ版ですから、そのうち何か不具合が出てくるかもしれませんが(って言ってたら既に出てましたw>Google Chromeに早くも複数の脆弱性)

ところで、前回お話した「グリズリー・マン」ですが、興味のある方は「グリズリー・マン」や「ティモシー・トレッドウェル」などのキーワードで検索してみてください。なお日本語版Wikipediaに「ティモシー・トレッドウェル」の項目は現在作成されておりませんが、英語版には存在します。興味のある方はご参照ください。

検索すると、彼の最後の瞬間の音声と言われるものも必ずヒットしますので、それをお聞きになるか否かは、各自の自己責任でご判断ください。ちなみに、私は最後まで聞くことが出来ませんでした。

このグリズリー・マンの話は、どこぞの半島人が熊の子孫ということは抜きにしても、韓国ウォッチャーとしては、実に示唆に富んだものと思います。

グリズリー・マンことティモシー・トレッドウェルは、グリズリーを心から愛し、グリズリーを密猟者から守るための団体を設立し、保護に積極的でない(ようにティモシーには感じられた)政府などを罵り倒します。

丁度韓国を愛し、韓国との友好促進を叫び、それに好意的ではない人を罵り倒す人の如く。

You Tubeで「Timothy Treadwell」をキーワードに検索すれば、彼の撮った映像が山盛り出てきます。それらを見ると、彼はグリズリーに盛んに「I love you」と話しかけながら、丸腰で、今にも触れられそうなぐらいの距離まで近付いています。

その姿は、見る人によっては、感動的で共感を覚えるものなのかもしれません。特に動物好きな人ほど、強い感動や共感を覚えるのではないかと思います。

「グリズリーのことを、凶暴で獰猛で残虐で危険な動物などといった悪いイメージばかり宣伝するのは間違っている。この姿も、グリズリーの真実である」とティモシーが言ったかどうかは知りませんが、その映像を見れば、そう考える人が出てきてもおかしくはないでしょう。

丁度「韓国の悪い面ばかりをクローズアップしてあげつらうのは間違っている。韓国にもこのような良い面がある」と韓流捏風を演出した人たちが言ったかどうかはわかりませんが、そう思う人が出てきてもおかしくないようなドラマを作って宣伝していたように。

しかし、例えば北海道に棲息するエゾヒグマもグリズリーの近縁種です。もしティモシーの撮った映像を見て「なるほど、ならばエゾヒグマにも人間の愛情が通じるだろう」と思って、エゾヒグマの出没しそうな場所にも無防備に立ち入る人が増えれば、どうなるでしょうか。

結局、ティモシー・トレッドウェルは、自身の生命のみならず、恋人の生命と、彼が愛したグリズリー2頭の生命をも犠牲にした結果、おそらくは彼が望まなかったであろう教訓、即ち人間の思想や感情が、動物相手に理解されているとか、理解され得ると考えることそのものが、実は非常に傲慢で危険で、傍迷惑なものだという教訓を私たちに残したことになります。

と言うか、別に動物相手に限ったことではなく、相手が人間の場合も、それはあまり変わりません。

これもやはり左巻きの方に非常に多いのですが、韓国人が相手でも、話せばわかると仰る方が時々いらっしゃいます。しかし、そういう考えは非常に独善的な願望でなければ単なる幻想、さもなくば思い上がりであると私は断言します。

「話せばわかる」という理由について、「日本人も韓国人も、同じ人間なのだから」と仰る方が大変多くいらっしゃいます。と言うかほとんどがそう言います。しかし、その前提からして既に間違っています。日本人と韓国人は、断じて「同じ人間」などではありません。

ここで言う「日本人と韓国人は断じて同じ人間ではない」という考えについて、脊髄反射を起こしそうな方にあらかじめお断り申し上げておきます。韓国人を「人間」と呼ぶことそのものについて、私が個人的に極めて強い抵抗を感じているのは確かに事実ですが、今回はそういう話ではありません。

日本人と韓国人は、現在のところ、同じ「ホモ・サピエンス」という種として分類されています。実はどこにそういう記述がされているのか知らないし、そもそもそんな記述がどこにあるのか見当もつかないので、実際に確認したことはありませんが、多分そうだろうと思います。確認したことがないので、確実にそうだと言うことは出来ませんが、とりあえずそうだろうと考えて、日本人と韓国人を「同じホモ・サピエンスに分類されている種」と言うことは出来ます。

もっとも、とある在日に言わせると、「ホモ・アンサピエンス」という分類があるらしいのですがw

それはさておき、日本人と韓国人が、同じホモ・サピエンスという種に分類されているだろうということはとりあえず認めるとしても、そのことは「話せばわかる」ということとは、まったく何の関係もありません。また「同じホモ・サピエンスという種に分類されている」ということが、「話せばわかる」ということを担保することも、絶対にありません。

それは歴史を見れば明らかです。いや、歴史に問うまでもありません。社会経験のある方であれば、同じホモ・サピエンスであるばかりではなく、同じ日本人同士でありながら、話が通じない人と遭遇した経験のない方は、おそらくいらっしゃらないと思います。

もっと言えば、同じホモ・サピエンスであるばかりか、同じ血を持つはずの実の親子や兄弟であっても、あるいは血は繋がらずとも互いに愛し合っているはずの夫婦や恋人同士であっても、「話してもわからなかった」という経験をお持ちの方は、間違いなくいるはずです。

北朝鮮人のことを、韓国人は「同胞」「兄弟」と言います。実際、彼らは同じ言語を持つ同じ民族であり、血統的にも比較的近い親戚関係である場合が、少なからずあります。その彼らが、何かあるたびに反発しあい、決裂していることは、韓国ウォッチャーならずとも周知の事実でありましょう。

それどころか、同じ韓国人同士でさえ「話し合ってもわからない」という事例は、依然くすぶり続けているあの馬鹿げた燭火デモを例にあげるまでもなく、枚挙に暇がありません。

これらは全て「同じ人間なのだから、話せばわかる」などという文言が、実は根拠のない願望であることを表しています。

私たちは、「同じ人間」という種ではあっても、一人一人がそれぞれ異なる人間です。まずそれを認め、理解しなければ、相互理解など得られようはずがありません。ましてや韓国人に限らず、外国人相手ならば、より一層そのように考えて然るべきでしょう。

今回の「日本人と韓国人は、同じ人間ではない」というのは、そういう意味だとご理解ください。今回は、ね。

ところで、「同じ人間なのだから話せばわかる」というフレーズを発する人を見るたびに、「【ウリ】ならば同じ考えなのが当然」と考えている韓国人とオーバーラップしてしまうのは、私だけでしょうか。



banner_03 fc2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓