fc2ブログ
管理画面

「だろう運転」を推奨?

本日4月4日から8日までの間に、北朝鮮がミサイルを発射するとかニュースで言っていたような気がします。それだけでは飽き足らず、北朝鮮は「日本が迎撃しようとしたら全力で報復する」とまで言っております。

引き鉄に指をかけた状態でこちらに銃口を向けておいて、「これ空砲だから大丈夫!って、お前何身構えてんだよ!これは空砲だっつってんだろうが!何だその目は!その握り拳は!もし俺が引き鉄引いた時に、お前が俺に反撃しようとしたら、今度は本当に実弾込めて撃つぞ!」と言ってるようなものですね。

相手が引き鉄に指をかけたままこちらに銃口を向けた時点で、弾が入ってようがいまいが、速やかに相手を無力化するべきですし、その行為は当然に正当防衛が成立すると思うんです。

ですから北朝鮮が誰に対して何を言おうと、粛々とこちらに銃口を向けてる奴らの無力化のための態勢作りを行なえば良いだけですし、実際そういう態度こそが、北朝鮮が最も恐れているものであろうと思います。

ところが、日本人(かどうか定かでない人含む)の中には、【「ミサイル発射」に過剰反応 日本政府の対応は北の“思う壺”】などと言う人が、どこぞのバカ政党のバカ党首以外にも、実は結構いたりします。

「ミサイル発射」に過剰反応 日本政府の対応は北の“思う壺”
NEW 04月03日(金) 18時00分
文:東

 「人工衛星と称するミサイル発射」の実態は、“ミサイル性能向上のための人工衛星打ち上げ”のはず。

 「ならず者国家」「瀬戸際外交」…独裁国家・北朝鮮を指弾する言葉は数多い。

 それでも、今回のミサイル発射問題に関する日本政府やマスコミの報道は、北の喧伝、謀略に欺かれたというほかない。

 日本では、北が国際民間航空機関(ICAO)と国際海事機関(IMO)に、「人工衛星」と称する長距離弾道ミサイルを4月4日から8日の午前11時から午後4時にかけて発射すると通告したことを受け、過剰ともいえる反応を示している。

 政府は3月27日、ミサイルが日本の領土や領海に落下する場合、MD(ミサイル防衛)システムで迎撃することを決め、浜田靖一防衛相が自衛隊に「破壊措置命令」(自衛隊法第82条の2 弾道ミサイル等に対する破壊措置)を発令した。

 迎撃命令は、莫大な費用を投じて配備したMDシステムの必要性を強調するばかりか、迎撃に成功すれば、低迷する麻生政権の延命にも寄与するはずだ。
 政府は3月27日、ミサイルが日本の領土や領海に落下する場合、MD(ミサイル防衛)システムで迎撃することを決め、浜田靖一防衛相が自衛隊に「破壊措置命令」(自衛隊法第82条の2 弾道ミサイル等に対する破壊措置)を発令した。

 迎撃命令は、莫大な費用を投じて配備したMDシステムの必要性を強調するばかりか、迎撃に成功すれば、低迷する麻生政権の延命にも寄与するはずだ。

 しかし、軍事や北朝鮮問題に精通するジャーナリスト・惠谷治氏は「北が打ち上げるのは人工衛星以外に考えられない。ロケットの発射を傍受したり落下物を調べることは、性能を把握する絶好のチャンス。その機会を失ってしまうことになる迎撃の可能性はない」と話す。

 ミサイルと人工衛星の違いは、先端に搭載されているものが「爆弾」か「人工衛星」かということ。北の保有する弾道ミサイルは、「スカッド」(射程 300~500キロ)、「ノドン」(同1,300キロ)、「テポドン」(同6,000キロ)の3種。それぞれの射程から標的となるのは「スカッド」が韓国(在韓米軍)、「ノドン」が日本(在日米軍)、「テポドン」が米・アラスカになる。「テポドン2号」は射程が長すぎるため、日本を狙うことはできない。

 これまでにも北は「テポドン」の打ち上げに失敗しており、巷間報じられている「人工衛星の打ち上げを名目とした弾道ミサイル発射」の実態は、「技術的に未完成である弾道ミサイル(テポドン2号)の性能向上を目的とした人工衛星の打ち上げ」である可能性が濃厚。

 にもかかわらず、海上自衛隊はイージス艦に搭載されるSM3(スタンダード・ミサイル3)の発射による大気圏外での迎撃、さらに地上からは航空自衛隊のPAC3(地対空誘導弾パトリオット・ミサイル3)を発射して迎撃を計画している。

 北からすれば、政府のこうした措置は「日本がミサイル発射に恐れをなしている」と内外に喧伝できる好機にほかならない。万が一、人工衛星が迎撃された場合でも、国際社会に自国の正当性を主張できるばかりか、日本からさまざまな外交カードを引き出す材料になり得るものだ。

 北の謀略は決して座視できないが、「テポドン2号」の脅威よりも、結果として北を利するかのように振舞っている日本政府の対応こそが、日本の安全保障を損ないかねない脅威である。

こちらに向けられているのが銃である限り、それが空砲か実弾入りかは問題ではありません。にも関わらず「相手が銃を向けてると言っても、それは空砲の可能性が極めて高い。それに反応して身構えたり反撃したりするのは過剰反応。過剰反応は相手の利益になる。相手に利する過剰反応はこちらの安全保障を損なう脅威」という訳のわからない論法に、膝から力が抜けていくのを覚えました。

これはまるで運転免許を持っている者なら、誰もが一度は聞いたことのある「だろう運転」と同様の、「楽観的な予測に基づいた行動」を推奨しているようなものです。

車両を運転する場合には、厳に戒められる「だろう運転」を、国家を運営する人々に向けて推奨するのは、その結果「危機回避が遅れて事故につながる」ことを、積極的に望んでいないとしても、「その結果そうなったとしてもしかたない」ということなのでしょうか。

たとえわずかな可能性であったとしても、国を、国民を危機に陥らせる可能性がある事柄に対して万全の姿勢で臨むという、極めて当然のことを批判あるいは非難する真意は何処から来ているのか、日本に「だろう運転」をさせることで得をするのは誰なのかを、どうしても勘繰ってしまう私でした。



banner_03 fc2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓