fc2ブログ
管理画面

「朝鮮人だからさ」

日韓チャットの常連日本人会員から時々、「お前は朝鮮人を解釈する際に、無駄にこねくり回し過ぎる」という指摘を受けます。これは全くその通りで、朝鮮人を理解するには、本来ならば「朝鮮人だから」という一言で理解するのが、最もシンプルで無駄がなく、的確だと思います。

ただ、それで私自身は理解出来ますが、他の日本人に朝鮮人について説明する場合、「朝鮮人だから」という一言では、なかなかすぐに納得してもらえません。日本人は微に入り、細を穿ち、例をあげ、事実を見せて説明しないと、「朝鮮人だから」の一言では、「人種差別だ」「偏見だ」と言って受け容れようとしない人が多いのです。

微に入り細を穿ち、例をあげ事実を見せて説明するには、膨大な時間と語句が必要です。かつて盛況だった日韓チャットでは、新参の日本人会員が、常連の日本人会員の韓国人に関する会話を見て、「それは人種差別だ!」と常連日本人会員に対して食ってかかることが時々ありました。しかしその新参の日本人会員に、具体的に何が人種差別なのか、どこが人種差別なのかと聞き返しても、まず答えられません。

同様の現象は弊ブログのコメント欄でも時々発生していたので、弊ブログをご覧の皆様には容易にご理解いただけると思います。最近弊ブログをご覧になり始めた方は、過去記事全てとは申しませんので、人気記事ベストテンだけでも、コメント欄を含めてお読みいただきたいと思います。

要するに、そういう日本人は、「無闇に他人を悪く言うものではない」という日本人的常識で韓国人を見たり語ったりしようとしているわけです。それは日本人同士であれば美しく麗しき良識ある行動として通用するかもしれませんが、韓国人相手には、付け入る隙でしかありません。

それによって韓国人から「お人好し」と見下される程度で済めば御の字です。最悪の場合は「ネギを背負って鍋に入って、煮られるのを待っている鴨」と看做される可能性も、決して低くはないのです。

そう説明しても、たいていの日本人は俄かにそれを信じません。それどころか日本人の場合は、実際に自分か、自分に近しい人が韓国人の被害に遭っても、【一発だけなら、誤射かもしれない】精神を発揮する人さえ珍しくはないのです。

そんな日本人相手には、時間をかけ言葉を費やして説明するしかありませんが、こちらが時間をかけ言葉を費やしたとしても、相手がそれにどこまでついてきてくれるかという問題があります。仮についてきてくれたとしても、そうやって朝鮮人という生き物に対する理解が深まれば深まるほど、たいていの日本人は朝鮮人という生き物から距離を置き、意識と視界から追い出したくなります。

しかし朝鮮人と距離が出来、意識と視界から追い出してしまえば、朝鮮人が余りにも日本人的常識からかけ離れているために、日本人はすぐに彼らの異常さを失念してしまいます。それは、「悪いことはなるべく早く忘れた方が良い」と考える習性が、日本人に染み付いているからかもしれません。

日本で幾度も韓国ブームが起きる理由は、日本人が韓国のことを忘れてしまうからだということは以前も書いたことがありますが、韓国や韓国人に対する理解など覚えていたくないという気持ちが無意識的に働くのも、日本人が韓国を忘れ去る理由のひとつに数えることが出来るでしょう。

逆に韓国人はどうでしょうか。これは面白いことに、日本人とまるっきり逆です。彼らが、日本人を詳細に分析し、様々な角度からアプローチを試みるということは、ほぼありません。

韓国でも、日本や日本人を分析し考察する書籍がいくつも出ています。そのうちの幾冊かの日本語版を私も読んだことがありますが、それらの本に書かれているどんな理屈よりも、どんな事実よりも、どんな例示よりも、「日本人だから」の一言が韓国人には強い説得力を持っているのが、実によくわかります。

韓国人の言う「日本人だから」の一言には、侮蔑や憎悪、嫉妬や羨望、憧憬、執着などの複合感情が綯い交ぜにされております。これを仔細に分析し、考察し、説明しようとすれば、やはり膨大な字数と時間が必要になるでしょう。

しかし韓国人は、そんなものを必要としません。彼らは日本人に対しては、「日本人だから」の一言ですんなり納得出来てしまえるのです。

それと同じように、日本人から見た韓国人も、「朝鮮人だからさ」の一言だけですんなり納得出来るようになれば、日本人の韓国や朝鮮に対する理解はずいぶん楽になるでしょうし、日韓の関係もよりシンプルでより明快になるのではないかと思います。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓