管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国人の自覚なき均質性

民主党が政権公約で子育てに対する支援強化を打ち出しております。少子高齢化日本にとって、子育て支援は確かに重要な政策なのでしょうが、問題はこの支援が「日本人に向けて」のものかどうかということじゃないかなと思っている私です。

以前、朝鮮日報の鮮于鉦東京特派員が書いた「日本政府の子育て」()と題する記事にあるように、日本に一時駐在しているだけの韓国人にも、日本人と同じように手当てを支給している自治体があるようですし、不法滞在していたカルデロン一家の子供が、堂々と日本の公立の義務教育を受けていた例もあります。

そう言えば2002年に「日韓文化交流基金」の招きで来日中の韓国人女性教諭が未熟児を出産し、入院医療費約190万円を京都市が負担した例もありました。他にも報道されない事例があるであろうことは想像に難くありません。

現状がこんな状態なのですから、民主党が打ち出す「子育て支援」は、実は日本人に対するものではなく、不法滞在や一時在留を含んだ在日外国人に対するものではないのかなあと勘繰ってしまう私です。

しかも民主党ったら、一度発表した政権公約を「正式なものではない」とか言ってますんで、後出しジャンケンする気満々なのでしょう。

さて、最近過疎傾向の激しい日韓チャットでは、私もチャットにあまり身が入らず、そもそもチャットに韓国人がいないということもあって、たいていは待機室でダラダラしております。

しかし昨日久しぶりに自分で部屋を作ってみたところ、数名の韓国人が入って来たのですが、韓国人の相変わらずさには感慨を覚えなくもありません。

私は時々ヤフーでブロキシーというゲームをしていることがあるのですが、このゲームには何故かチャットがついております。私はゲーム目的なので、チャットではめったに発言しないのですが、望むと望まざるとに関わらず他人の会話は見えてしまいます。

そのヤフーゲームのチャットを見ていると、日韓チャットの韓国人よりも更に幼い子供がいることも珍しくなく、日本人であっても会話の基本的なマナーが身についてない連中は、少なからずおります。

たとえば、いきなり「どこ住み」「男?女?」「何歳?」という、韓国人と同じレベルの質問を、矢継ぎ早に相手に投げつける例は、実はさほどに珍しくありません。

ただしこれはたいてい中高生ぐらいまでですし、全員が全員そうではなく、ある程度の会話スキルを持って話をする人も、それなりにおります。

ところが、韓国人の場合は紋切り型を通り越して、鋳型で抜いてるのではないかと思うぐらい年齢性別を問わず、どいつもこいつも「どこに住みますか」「年はいくつですか」とたずねます。たずねるのは良いのですが、それに対する答えが気に入らなければ、つまり自分の望むような回答が返って来なければ、後足で砂を掛けるように黙ってぷいっと出て行くのも、まるでそういうルールがあるのかと思うぐらいです。

韓国人のこの均質性の高さを何かに生かせればと私などは思うのですが、韓国人自身は「一人を見て全体を判断しないでください」とか「人ごとに違います」などと、これもまたほぼ全ての韓国人と言って良いぐらいに誰もが思っています。

韓国人自身に、自らの均質性の高さに対する自覚があれば、それを逆手に取ることも出来るのでしょうが、彼らは自分自身を世界にひとつだけの花だと思い、元々特別なオンリーワンだと確信しています。

彼らの、自らに対する認識に甚だしく欠けるという点も、彼らの均質性を担保する一要素なのでしょう。

彼らの均質性の高さが、日本人の想像の域をはるかに超えているためか、日本人はしばしば彼らの「一人を見て全体を云々」や「人ごとに違います」という台詞に惑わされます。

私のように長年日韓チャットで見慣れていて、十分わかっているつもりでも、改めて彼らの均質性の高さを見ると感慨を覚えるぐらいですから、韓国人にあまり接する機会がない日本人や、特定少数の韓国人としか接しない日本人であれば、彼らの「一人を見て全体を云々」「人ごとに違います」という台詞に惑わされるのも、仕方のないことかもしれません。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト

夏のお勧めしない旅行先

先日メールチェックをしていたら、「夏はソウル!」というタイトルの広告メールがありました。

「夏は北海道!」「夏は沖縄!」っていうならわかるのですが、「夏はソウル!」って、いくら何でもムリヤリ過ぎるだろって言うか、それ何て罰ゲーム?と思いつつ、中身も見ずに削除しました。

相変わらずこういう煽りに素直に引っかかって、韓国へ観光目的で旅行する日本人がいるようですが、夏の韓国は正直お勧め出来ません。お勧め出来ませんどころか、全力全開でお止しになることをお勧めします。

ソウルは緯度が高い割に高温多湿ですし、整備された海水浴場があるわけでもないし、何よりソウルのみならず夏の韓国全土の衛生面には、問題があり過ぎます。新型インフルエンザも蔓延していますし、韓国の国民病である肝炎は、現在猖獗(しょうけつ)を極めているそうです。そう言えば韓国で日本脳炎警報も発令されたとやらです。

ぶっちゃけな話、韓国の観光シーズンとしては最悪のシーズンが夏だと言い切っても良いと思います。次が春で、その次が冬でしょう。秋なら、いくらかマシかもしれませんが、その時期に韓国に行くだけの予算があるなら、私なら日本国内の旅行を選択します。

日本国内旅行と言えば、先日スルっとKANSAIという、近畿の私鉄ネットワークで使えるプリペイドカードのサイトを見ていたのですが、何故か同じページに「ソウルシティパス」のリンクが載っていました。

これはソウルの地下鉄やバスに使えるプリペイドカードで、1日券だと2200円なのだそうです。これで地下鉄やバスに20回乗れて、その他いくつかの特典があるということで、「ソウル市内フリータイムに、とても便利な周遊パスです。」と銘打たれております。

確かに、韓国の地下鉄の切符自動販売機は、日本の切符の自動販売機と微妙にシステムが異なっており、切符購入時にまごまごしてパリパリ(早く早く)の韓国人をイラつかせているのは、たいてい日本人観光客です。それに韓国の自動販売機は、ハングルが読めないと非常に取っ付きが悪いのも確かです。

しかし、韓国の地下鉄は初乗り1300ウォン。現在のレートなら100円しません。ところが、このソウルシティパスを使うと、制限一杯の20回乗っても1回当たり110円です。割引が全くないだけなら、特典があるからと考えることが出来なくもありませんが、割増があるってのは、どんだけ日本人観光客を食い物にする気なのでしょうか。だいたい、1日に20回も地下鉄やらバスに乗ってたら、乗り降りに費やす時間だけで1日が終わってしまいそうです。

2日券、3日券になればいくらか割引が発生するようですが、普通韓国旅行と言えば2泊3日。初日と最終日は、物理的に20回も地下鉄やバスに乗れるほどの時間が取れるわけがありません。仮に3泊4日でも、中二日で40回も地下鉄やバスに乗るのは、ほとんど苦行です。と言うわけでこのソウルシティパス、単に乗り降り時に手間がないというだけで買うには、あまりにも割が悪過ぎるプリペイドカードです。

日本人に対する韓国の観光関連業界は、一般にこういうスタンスである傾向が非常に強く、韓国の官民をあげて、日本人からあの手この手でむしり取ろうとするのは、ソウルシティパスに限ったことではありません。

それでも、韓国のサービスの質が高いか、せめて支出に見合うだけのサービスが提供されるならば、まだ許せるかもしれません。

しかし田麗玉が1994年に出版した「悲しい日本人」で、「私はふだんから日本人はサービス部門では全く訓練の必要のない民族だと考えてきた。それこそ、うどん屋の従業員からデパートでスシを売るパートの主婦まで、彼らはまるきり恥もためらいもなしによく働く」と述べていることを見ても、韓国人にとって、サービス部門で働くということは恥やためらいを覚えるものだったということがわかります。

最近、韓国でもようやくわずかにホスピタリティについての理解が進んではきたようですが、それでもサービス業に従事する人間が、就業中に自我を優先させることは珍しくありません。日韓チャットで知り合った韓国人に、サービス業に従事する人がおりますが、その韓国人から、就業中の自我とホスピタリティの葛藤について相談されたことが幾度もあります。

日本のサービスレベルに慣れた日本人が、韓国のサービス業従事者の職業意識の無さに接して驚かされたり、甚だしくは被害を受けることがあっても、最初のうちは「カルチャーショック」で片付けられるかもしれません。しかしそれも精神的あるいは金銭的損失で済んでいる内だけでしょう。

仮に日本人の受けた被害が、(場合によっては不可逆の)肉体的損失に及んだとしても、韓国人にとっては「でも日本人でしょ」の一言でチャラにし得るものだということを十分ご理解の上で、せっかくの夏休みの旅行先は、広告会社の妙な煽りに引っかからず、しっかりご検討を尽くされますよう、衷心よりご忠告申し上げる次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

健康になるためなら死んでも良い?

前々回にいただいたコメントのおかげで、前々回記事、前回記事と大変盛況でした。こうやって時々盛り上げ役が来てくれるのは、本当にありがたいことだと思っております。

何かについて意見を交換する際に、賛成意見ばかりでは話に深みが出ませんし、堂々巡りに陥りがちです。やはり討論や意見交換には、反対意見が必要だと思います。そういう意味でも、弊ブログは親韓さん擁韓さん大歓迎ですw

ところで昨日コメント欄にいただいたよそ様のブログのコピペの丸投げですが、ああいうスタイルでコメント投稿される場合は、全文引用である旨必ず明記いただければと思います。出来れば全文コピペのみではなく、引用された方のご意見ご感想を一言でも添えていただければ、申し上げることはございません。

丸投げ元の、「在日の税金と参政権」論の的外れさについては、最早言い尽くされておりますので、今更私から申し上げることはありません。ただ思うのは、「税金払ってるんだから参政権が与えられて当然」という発想は、「参政権が与えられてないんだから、税金払いたくない」という発想と裏表だよなあ、ということです。こういう発想は容易く「参政権ないんだから、税金払わなくて当然」という発想へ帰結しちゃうんじゃないかなとは思います。そうなれば、その先は想像に難くないですよね。

さて前々回のコメント欄で、民主党擁護、と言うか民主党支持者擁護(と言うよりはおそらく民主党を支持する自分の弁護)の方のご意見を承ったおかげで大変盛り上がってありがたかったわけですが、その方のコメントの中に「行政の長が変わっただけで、行政府が劇的に変わるとでも想ってるの? 」というご意見がありました。

これは確かにその通りです。非常にわかりやすい例では、我が大阪府でしょうか。橋下知事が大阪府知事になってから、かなりの大鉈を振るっておりますが、劇的というほどには変化しておりません。

ただ、政治というものは、劇的に変わるかどうかが問題なのではありません。どのように変えようとするか、どういう方向へ変えようとするかが問題なのです。

朝鮮人のように、時間を連続した流れとしてではなく、その時その時の一瞬一瞬を切り取ってしか認識出来ない生き物にはわからないかも知れませんが、「現在」がほんのわずかでも変化すれば、「未来」は大きく変わります。その舵取りを行なっているのが政治家だと思うのです。

そういう意味では、日本という国は大きな船と言っても良いでしょう。この日本という船を、「日本人のものではない」と言う政治家には、どうしても舵を任せられないのです。

現在の日本には、何か飼い殺しにされているような、両手両足を伸ばし切れないような閉塞感や行き詰まり感は、確かにあります。

先日、日韓チャットで日本人常連会員と話をしていたのですが、「一度民主党にやらせてみれば良い」という方は、そういう閉塞感や行き詰まり感の打破を求めているのだろうなと思います。

現在の日本が、全てに満ち足りた夢の理想郷でないのは事実です。しかし、世界的に見れば経済的に豊かで、秩序の整った平和で安全な国であることは間違いありません。少なくとも特亞三国と比べれば高いレベルで安定しており、そういう意味で既に日本は、ある程度行き着くところまで行き着いていることは確かでしょう。

そこで満足するのではなく、更なる発展を望むのは、人間であれば当然の欲求かもしれません。しかし、ここまで出来上がった日本のシステムを否定し、破壊して、混沌から築き直すという発想は、極めて朝鮮人的です。

朝鮮人的な発想や手段で、日本より良い国が出来上がるのであればそれも悪くはありませんが、現在のところ朝鮮人的発想や手段で運営している北朝鮮も韓国も、日本より良いとはお世辞で言うのも苦しい国です。

先の大戦によって多くのインフラやシステムを破壊された日本は、60年余をかけてここまでの国になりました。今後これ以上の発展を望むのであれば、今の日本を破壊して再構築するのではなく、多少の瑕疵があろうとも、日本に今あるものを最大限に活用し、小さな成果を数多く積み重ねていくのが正道ではないでしょうか。

今の日本に閉塞感を感じて、現状打破を望むあまりに、民主党に一度国政を任せれば良いという発想は、私には「健康になるためなら死んでも良い」と言う狂信的健康第一主義者と同じに見えてしかたがありません。しかも、「死んでも良い」のは自分自身ではなく他人である点が、狂信的健康第一主義者よりも問題だと思います。

実際、「もしかしたら美味しいかもしれないけど、腐ってる可能性もあるよとお菓子をさし出されて食うヤツの気が知れない 」という意見に対して、「まず俺が食って安全かどうか確かめてやるから安心しろ」と言うのではなく、「食って、腹壊せばいいじゃないですか? 」と答える辺り、語るに落ち過ぎてます。

「今まで、誰かが食って、大丈夫だよ言われなければ召し上がらない?どうぞ、人の後ろにくっついていってくださいな」などと他人を小馬鹿にした言い方をしてはおりますが、その割に「俺が食って大丈夫だよと言えば食うのか?じゃあ俺の後ろにくっついて来い」とは決して言わぬ辺りが、無責任極まりありません。

完全無欠の健康体じゃないからとか、多少の不定愁訴があるからとか、生活習慣病の恐れがあるからと言って、それを治すために重篤な後遺症の出る可能性の極めて高い劇薬を服用しろと言われたら、私なら無責任というよりは未必の故意による加害意図を感じます。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

日本の政治と韓国の関連

以前も弊ブログコメント欄にて、「ここは政治ブログではない」とか「政治ブログにするつもりなのか」などと仰って、盛んに弊ブログが政治に関して言及することを牽制されておられた御仁がいらっしゃいました。

今回も弊ブログで「政治について言及した」ということに反応された方がいらっしゃいますが、よほど弊ブログで政治について言及されると困る方がいらっしゃるのかと、思わず勘ぐってしまいます。

弊ブログは、ご心配いただくほど影響力があるブログとも思えないのですがw

それはさておき、弊ブログは確かに「日韓チャットを通して見る韓国」とサブタイトルを打っております。しかし「韓国をただ漠然と見てるだけ」のブログではないということは、一見さんであればともかく、少なくとも以前からご覧の皆様であれば、既に十分ご承知のことかと思っておりました。また時々誤解されておりますが、韓国の短所や欠点を論って嘲り笑うためだけのブログでもありません。

弊ブログの根幹はあくまで「日韓」であり、その軸足と言うか立ち位置は、厳密に「日本」で、韓国はサブです。弊ブログにおいて、これは一貫しております(だから「支那やロシアについても書け」って言わないでくださいねw)。

今でこそ、韓国との関係に疑問を持つ日本人は増えてきました。しかしほんの10年程前には、日韓友好は無条件で肯定され、促進されるべきものとされていました。日本に対して、韓国がどんなに無礼であろうと、無茶を言おうと、無体を働こうと、日本は韓国との友好のために最善の努力を払うべきだと、日韓双方が確信していた時代があったのは事実です。

それは、日本人があまりにも韓国を知らないからではないかと、日韓チャットを通して韓国と韓国人を観察する内に思うようになりました。

それまで日本で得られる韓国についての情報は、激しく粉飾されているものや、「何が何でも悪いのは日本」という前提で語られているものが多かったというのもあるのですが、韓国人の日本に対する関心ほどに、日本人の韓国に対する関心がなかったためというのが一番大きかったでしょう。

もし韓国がアルゼンチンの位置にあるとか、あるいは韓国人が青い肌をしているとか、エラが張ってるんじゃなくて生えてるとか、とにかく日本や日本人と明確に隔絶あるいは分別出来るのであれば、日本人は韓国に対してそのまま無関心で良いと思います。

しかし現実は、日本と韓国の位置は極めて近く、また外見上も黒い髪に黒い瞳黄色い肌と、欧米人から見れば同じ人種に見えるわけです。その上、彼らはとにかく日本と日本人にすり寄ってきますし、ことあるごとに日本人になりすまそうとさえします。

「愛情」の反対は「無関心」と言いますが、日本人に限って言うならば、「無関心」は善意の好意、即ち「知らない国は好きな国」に通じるわけです。そういう日本人の暢気に上手く付け入り、日本に寄生しようとする韓国人が十万人単位で数えるほどになっているのは、日本の不法滞在者の統計を見れば明白です。

更に、帰化済みを入れれば100万人を超えると言われる在日は、外国人参政権を始めとして、日本の政治にも関与しようとしています。

私は「日韓チャットを通して韓国を見」た結果、そういうことを知り得たわけですから、弊ブログでそれらについて語ることを「話が違う」とは寸毫たりとも思いません。またそういう韓国人どもに、積極的に与している民主党を是とは、絶対に考えられません。

ところで、「このブログの戯言は好きだったけど」ってのは、「生粋の日本人だけど」とか「俺も嫌韓だけど」ってのの新しいバージョンなんですか?w



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

一度やらせれば、取り返しがつかなくなることもある

一昨日、ふと思い出したので日韓チャットで「韓国では、キムチの食べ過ぎで覚醒剤反応が出るという話を聞いたことはあるか?」と韓国人に聞いてみました。

その韓国人は、「私は聞いたことがない」と答えました。

韓国におけるキムチの消費量は、年間一人当たりおよそ30kg超と言われており、対する日本は、多く見積もっても一人当たり3kg程度です(「多く見積もっても」というのは、過去日本におけるキムチの生産量の統計が、実際の約2.5倍の数字で報告されていたという事実があったためです)。

いずれにしても、日本人よりも10倍以上多くキムチを摂取する韓国人ですから、日本で30年以上も前から言われているような、「キムチの大量摂取によって覚醒剤反応が出る」という話が事実であれば、韓国ではもっと盛んに言われていなければ不自然です。

しかし実際には、韓国でキムチがSARSにも鳥インフルエンザにも効く万能薬扱いされていることはあっても、覚醒剤反応の出る食品と言われていることはないようです。

と言うことは、日本における「キムチの大量摂取で覚醒剤反応が出る」というのは、デマと考えて良いのではないかと思います。

日本のマンガの多くは、作者や編集者によって誠実且つ綿密に取材を行なわれていることが多く、ウンチクやトリビアの宝庫ではありますが、たまにこういうヨタも紛れ込んでいることがありますので、どうぞご注意ください。

さて、総選挙がどうのこうのと喧しい今日この頃、民主党が政権奪取を狙っているのは、もうずいぶん前から言われております。

先日の都議選では民主党が躍進したとやらで、日本の首都である東京都議会選挙でそんな結果が出れば、国会の選挙でも似たような結果が出るのではないかと思うのは、自然な流れでしょう。

ここで思うのは、「あれだけやりたがっているのだから、一度民主党にやらせてみれば良い」という意見が結構多いことです。この「一度やらせてみれば良い」という意見については、個人的に彷彿とさせられるものがありました。

今から20年程昔の話です。私がまだ新入社員だった頃、各支店を統括する「本部」と呼ばれる部署にいたことがあります。そこには、私が入社したのと同時期に、支店から本部へ異動してきた社員がいました。

私の本部勤務は単にとりあえずの配置だったようですが、その会社では同じ職級であっても、本部勤務の場合は支店勤務より上位という図式があったようです。つまり支店から異動してきたその社員は、栄転扱いとなっておりました。

何故その社員が本部勤務になったかと言うと、どうやら本部の幹部社員が出席していた会議上で、そりゃもう大きな大きな口を叩いたからだそうです。

そこで本部の幹部社員は、「あれだけ言うのだから、一度やらせてみよう」ということで、ほぼその幹部社員の一存で支店から本部に異動させてみたのだそうです。

ところが、その社員は見事に口先ばっかりで、見栄えのする仕事を食い散らかすように手をつけては放り出し、その尻拭いを他の社員にさせ(当時新入社員だった私も、大変なとばっちりを食いました)、最後には業務上必要な確認を怠って詐欺に遭い、会社に大損害を与え、1年経つか経たぬかで本部から追われるように支店に異動させられておりました。

その社員を引き抜いた幹部社員は、仕事は大変よく出来る方なのですが、人を見る目と人を育てる能力に疑問があり、後には直属部下による多額の業務上横領が発覚し、厳しい処分を受けることになりました。

今、巷で盛んに言われている「あれだけ言うのだから、一度やらせてみよう」という状況は、この幹部社員の人材登用のやり方を彷彿とさせます。

「ダメなら切れば良い」というやり方で手当たり次第社内の人材を引き抜いては、便利使いをして、そのくせ自分で育てることはせず、結果本当にダメになったらサクサク切っていった結果、その幹部社員は社内で浮き上がる目を失い、以前とは比べ物にならないほど小さな小さなセクションに押し込められています。

「一度やらせてみよう」で失敗すれば、そのツケは巡り巡って我が身に返ってくるという実例を目の当たりにしている私には、「日本列島は日本人だけの所有物ではない」と公言し、民団と結託して外国人に参政権を与えようとしている民主党に「一度やらせてみよう」と言う人は、自分でツケを払うつもりがないから言えるのだろうとしか思えません。

しかし、ツケを払うつもりがあろうとなかろうと、回ってくる時は必ず回ってきます。更に問題は、「一度やらせてみよう」と言わなかった人にも、とばっちりが来ることです。

特に、民主党が盛んに認めさせようとしている外国人参政権は、絶対に認めてはいけません。一度与えれば、剥奪することはほぼ不可能に近いからです。それは「特別永住許可」という、権利ではないものさえ、一度与えてしまえば剥奪出来ない現実を見れば、まさに火を見るより明らかです。

どうか皆様、次の総選挙では、その辺りをよく考えて、大切な一票を投じるようになさってください。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

キムチと覚醒剤反応

字の無い絵本から専門書まで、本の形をしていたら何でも読む私ですが、中でも漫画はかなり好きです。更にその中でも、かなりお気に入り度の高い漫画雑誌にイブニングという隔週刊の青年漫画雑誌があります。

その漫画雑誌には「喰いタン」という漫画が連載されていました。「連載されていました」と過去形なのは、今号で終了したからですが、最終回の今号は「キムチを大量に食べると、覚醒剤反応が出る」というネタでした。

この「キムチで覚醒剤反応」というネタは、記憶にある限りでは私がまだ小学生だった頃に、新聞の小さな囲み記事で見たことがあります。

と言うことは、15年以上前から、ってごめんなさい、つまんないサバ読みました。まあざっと30年ぐらい前から、「キムチを食べると覚醒剤反応が出る」ということは言われていたわけです。

何しろ四半世紀を超える昔の記憶ですから、当時の記事の内容を一字一句誤り無く覚えているわけではありませんが、要するに尿検査で覚醒剤反応が出たのは、キムチを食べたからだと容疑者(多分在日だったと思います)が釈明しているという内容だったと思います。

ここで疑問なのは、容疑者は何故「キムチを食べたら覚醒剤反応が出る」ということを知っていたのだろうか?ということです。

以前日韓チャットでも、この件について薬学部出身の日本人常連会員と話をしたことがあります。

薬学部出身の日本人常連会員いわく、「キムチを大量に食って、尿検査してみたら、覚醒剤反応が出たという実験結果があるからだ」という説明だったのですが、私が疑問に思っているのは順序が逆ということです。

即ち、「キムチを大量摂取して尿検査すると覚醒剤反応が出た」という実験があった後に「キムチを大量摂取すると覚醒剤反応が出る」と言われ始めたのならわかるのですが、「覚醒剤反応が出た人が、たまたまキムチを大量摂取していた人だった」というのが先なのです。

「キムチには、覚醒作用がある」という経験則は、私が知らないだけでキムチを常食している人々にはあったのかもしれません。しかし「覚醒作用がある」のと、「覚醒剤反応が出る」のとは全く別物です。

例えばお茶やコーヒーのように、経験的に覚醒作用があると知られている食品(と言うか嗜好品)はありますが、お茶やコーヒーに含まれるどんな成分に覚醒作用があるかは、経験ではわかるはずがありません。

即ち、仮にキムチに覚醒作用があると経験的に知っていたとしても、その成分が覚醒剤反応を示す成分と同一であるということは、たとえ覚醒剤常用者であっても、経験だけではわからないのではないかと思います。

ところが、前述の容疑者は覚醒剤反応が出た理由をキムチ摂取と釈明しております。と言うことは、この容疑者は漫然と「キムチを食べると覚醒作用がある」と経験則で知っていたのではなく、「キムチを食べると覚醒剤反応を示すことがある」ということそのものを知っていたわけです。

お茶やコーヒーのように、昔から摂取することで精神的な作用があると知られているものであれば、その成分は何かと調べることはあるでしょう。

しかし、物はキムチです。「覚醒作用を期待してキムチを食べる」などという話は聞いたことがありません。更に「覚醒作用を期待すること」と、「キムチを食べると覚醒剤反応が出る」ということは、全く別物であるにも関わらず、この容疑者は何故それを知っていたのでしょうか。

漫画でネタにされたように、キムチ摂取によって覚醒剤反応が出るという話は、細々ながら言われ続けてはおります。それはキムチに含まれる唐辛子由来のカプサイシンが体内で覚醒剤成分に変化するからだ、という説も見かけたのですが、それが事実ならタイやインドなどの唐辛子大量消費地域でも同様の報告がないと不自然です。

しかし、トムヤムクンを大量に食べたから覚醒剤反応が出たとか、カレーを常食してるから覚醒剤反応が出たなんて話は、何故か一度も聞いたことがありません(余談になりますが、かなり昔の「包丁人味平」という漫画に登場する麻薬的に病みつきになるカレーには、実は麻薬に近い成分を持つスパイスが使われてた、なんて話はありましたw)。

「キムチの大量摂取で覚醒剤反応が出る」ということの真偽はともかく、何故このようなことが言われ始めたのかということには、大いに興味をそそられるものがあります。

個人的には、「キムチの摂取によって覚醒剤反応が生じる」ということについてはきわめて懐疑的なのですが、もしかするとキムチを常食とする朝鮮人に、シャブ中同様の連中があまりにも多いために、そういうことが言われ始めたのかなと思うと、ちょっと説得力があると思わないでもありません。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

何故か日本語の起源が気になる韓国人

10日ほど前に、日韓チャットで韓国の慶一大学総長、李南教教授の寝言について話をしていました。

「日本語の起源は朝鮮半島で用いられていた言語」という説は、もう20年以上も前に破綻しているのですが、こうやって忘れ去られた頃に再び三たびと真顔で持ち出すのは、言語の起源論に限らず日韓間ではもはや一種のパターンとして成立している感があります。

こういう討論スタイルの縮小版は、日韓チャットでも非常によく見られますが、実はかなり厄介です。かつて破綻した説であっても、新しく考察するべき材料が入っていれば話は別なのですが、そんなものが入っていたことは、いまだかつて一度もありません。

こちらが同じことを何度も言うのにうんざりしつつ同じ説明をしても、彼らの耳にはなかなか入りませんから、その説明が直ちに理解されることもありませんし、こちらが同じことを何度も言うのにうんざりして彼らの主張を無視すると、「ウリの主張に反論しない」→「反論しないのは出来ないからだ」→「ウリの主張に論破された」と脳内変換します。

相手の退路をことごとく断った上で、無理やりねじ込むようなやり方でこちらの反論を彼らに聞かせ、徹底的に粉微塵にしてやっても、またしばらくすると別の個体が全く同じことを言ってくるのですから、ゾンビを相手にする方が楽ではないかとさえ思うことがあります。

ところでここで不思議に思うことがあります。韓国で韓国人が、韓国語の起源について考察したり討論したりするならばわかります。しかし何故、何のために韓国で韓国人が「日本語の起源」を言うのでしょうか。

韓国人は、他国文化の起源が自国にあると主張することが非常に多い連中ですが、不思議なほどに韓国そのものの文化の起源を探求することはしません。

それは韓国語についても然りでして、韓国人による韓国語をはじめとする朝鮮半島言語の研究はあまり行なわれていないか、行なわれていないことはないけれど、韓国人全体としてはあまり興味がないようです。

日本人の場合は、日韓チャットでなくとも日本語の起源や考察談義に食いつく人は珍しくないのですが、韓国人で韓国語の起源談義をしていることなど見たことがないのはもちろんのこと、日本人側から韓国語について考察したり議論したりしようとしても、ほとんど関心を示そうとしません。

彼らは、言葉を非常に軽く考え、非常に軽く扱います。たとえば、私が韓国人に「言葉には意味がある」と言うと、彼らは一様にきょとんとします。

最初の頃は、それを、「何を当たり前のことを言ってるのか」と思ってきょとんとしているのかと思っていたのですが、長年日韓チャットで観察した結果、彼らは本当に「言葉には意味がある」ということを考えたことがないとしか思えないのです。

日韓チャットでは機械翻訳を通じて話をするわけですが、機械翻訳の場合、辞書に登録されたとおりにハングルを綴らないと正しく翻訳出来ません。

ところが、韓国人で正しく翻訳される韓国語を用いることの出来る者は、本当に極めてわずかです。酷いのになると、「綴りや文法は重要ではない」と断言して憚らぬ者さえおります。要は、「音としてそのように聞こえれば、綴りや文法は問題ではない」ということです。

そう言えば彼らが英語を自慢する時も、必ず絶対に例外なく間違いなく「発音」を自慢します。いまだかつて一度たりとも、韓国人の英語自慢において英語の文法や語彙の量や、英語を用いて行なう主張の内容やそれによって得た評価の自慢など、見たことも聞いたこともありません。

私は以前から韓国人にとって言語とは、人類が用いる発達した意思疎通の道具と言うよりは、動物の「鳴き声」に近いものだと思っていますが、その韓国人に、古代日本語や現代日本語の起源を云々されるのは、腹立ちよりも脱力を覚えるばかりです。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

頭が高い乞食

前回記事についてですが、まるで「日本人は韓国語を習得する必要はない」と受け取られかねない内容になってしまっておりました。

以前にも述べたことがあるはずですが、私は「日本人は韓国語を習得する必要はない」とは思っておりません。それどころか、韓国人と直に接する機会の少ない日本人であっても、ハングルと片言の会話程度は理解しておいた方が良いと思っております。

もちろん、ハングルと片言の会話レベルに留まらず、ネイティブとガチで討論出来るほどまでに習熟するのも悪いとは思いませんし、自らの習熟度を測るために能力試験を受験することも悪いとは全く思いません。

ただ日本人の場合は、韓国語能力試験で高い級を得ても就職や転職、昇進に有利になることはあまりなく、場合によってはデメリットさえ生じかねず、「資格」としての有用性に甚だ疑問があり、単に自慢するにしても微妙な能力であることもあって、受験のメリットが思いつかないのに対し、韓国人の場合は、日本語能力が試験によって認定されればそれは即ち、周囲に自慢出来るだけではなく、就職や転職、昇進などに大変有利で有用な資格となるものであるとされていることに、韓国人の自覚なきアンビバレンツを感じるということを申し上げたかったのですが、私の筆力不足で誤解を招くような内容になっておりましたことを、お詫び申し上げます<(_"_)>

さて、ここのところ半島関連では北朝鮮のミサイル発射を始め、韓国に対する北朝鮮のサイバーテロとか、李明博大統領が巨額の私財を奨学生のための事業に寄付したとか、結構色んなネタが飛び交ってはいるのですが、どれも今ひとつインパクトに欠けます。

その中でちょっと目を引いたのは、「韓国が厳しい時、日本が最も遅く外貨融通」という、中央日報の記事でした。

この類の論調は、実は韓国ウォッチャーであれば一度ならず耳にしたことがあり、実はあまり目新しいものではありません。それだけにこの考え方、即ち「韓国が苦しい時は、日本が援助するのが当たり前」という考え方は、韓国人にとって極めて普遍的なのだろうなということが見て取れます。

例えば日帝統治において、日本人が「日本は良いこともした」と言うと、多くの韓国人は親の悪口でも言われたかのように、ものすごい勢いで激昂します。日本が朝鮮半島の鉄道や教育などのインフラ整備を行なったと言えば、韓国人の多くが「それは日本の利益にするために行なったもので、純粋に韓国の利益のために行なったものではない!」と怒りを込めて反論します。

つまり日本は、純粋に韓国の利益のためだけに全力で援助するのが当然であって、そこに日本側の欲得がわずかでも入り込めば、その援助は評価に全く値しないというのが、韓国人には普通の考え方のようです。

これは国家間だけの話に留まらず、個人間でもしばしばある話で、盛況だった頃の日韓チャットでは初対面どころか、入室して挨拶するかしないかの時点で「日本に行くからガイドしろ」とか「日本の物で欲しい物があるから送れ」と日本人に要求する韓国人は珍しくありませんでした。

以前にも述べましたが、韓国人の考える「思いやり」とは、基本的に「他人が自分に対して行なうもの」であって、「自分が他人に対して行なうもの」ではありません。

その「思いやり」も、純粋に思いやりを受ける側に利になる場合だけが評価されます。先ほどの李明博の私財寄付についても、ハンギョレの社説が以下のように非難しております。

(前略) だが今回の寄付は形式と内容で惜しくて憂慮される点があることを率直に指摘せざるをえない。 まず、すでにある財団に財産を喜んで寄付する方式でなく、自分の名前の財団を設立する方式を選んだことは苦々しい後味を残す。 寄付者が自ら財団を作る方式は私たちの社会で税金なしで財産を相続する手段でしばしば悪用された。 多くの財産家らが、処分できなかったり処分する理由がない財産を出捐して、公益財団を作った後、良い仕事をするという面目と共に税金恩恵を受けて便法で財産権も行使する通路で活用してきた。 李大統領の財団もこういう誤解から自由になれない。 財団理事陣に婿と親友、側近らを大挙布陣させたことはそのような憂慮を育てる。 将来財団運営に李大統領がいちいち干渉することができるという意でも写るようになったためだ。

財団がこれから李大統領が出捐した財産にだけ運営されるという確固たる原則をたてて守るのも重要だ。 外部出捐可能性を残しておく瞬間、募金と関連した現職大統領の影響力行使論議を避けることはできない。 良い仕事をしても運営を下手するとしない方がましなこともある。

同じ韓国人に対してもこうですから、日本に対して、援助してもらう立場でありながら韓国があれほどまでにいけ図々しいのも、むべなるかなと言ったところでしょう。

韓国人のこういう態度を評して、「頭が高い乞食」とは、本当に上手く言ったものだと思います。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

韓国人の日本語能力試験熱風

7月4日に、北朝鮮が日本海に向けて7発のミサイルを発射したということで、一応日本政府は北朝鮮に抗議したそうですが、何故かアメリカの人々も憤慨しているとか。

7月4日はご存知アメリカ合衆国の独立記念日。「インディペンデンス・デイ」と言えば映画のタイトルにも使われたこともあるように、アメリカ人にとってはかなり特別な日のご様子。よりによってそういう日にミサイルをぶっ放すというのは、俺らに喧嘩売ってんのかゴルァということらしいのですが、実際に至近距離に撃ち込まれた日本のメディアの他人事っぷりに比べると、日本列島を挟んで太平洋を隔てたアメリカ人の方が反応しているというのは、日本人の沸点が高過ぎるのか、それともアメリカ人の沸点が低いのか。

日本人に関しては、60年余をかけて爪をもぎ牙を抜いた成果とも言えるかもしれませんし、アメリカ人は911以降、テロに対しては敏感になっているからかもしれませんが。

でも日本人としては、やっぱりこれだけ至近距離にミサイルぶち込まれてるんだから、少なくともアメリカ人ぐらいの反応をするのが普通なんじゃないかなあとは思います。

と言いつつ、北朝鮮の武力的示威行為については、正直慣れたと言うか麻痺していると言うのもありますが、それより日本政府の対応にほとんど期待していない部分が、私にもあります。

いくら国民の一人として、さっさとキチガイが振り回している刃物を取り上げるか、さもなくばキチガイそのものを無力化しろと言ったって、日本政府にその気が全然ありません。こりゃもう実際に日本領土に直接攻撃が行なわれ、目に見える犠牲者が一定数以上出るまで、日本政府はどうせ何もしないんだろうなと思います。

今でさえこんな具合ですから、これが民主党政権になった日には、更に絶望出来るだろうことは、容易に想像がつきます。もし北朝鮮からの武力攻撃が行なわれれば、日本人の安全確保よりも、在日朝鮮人の安全確保に走るでしょう。下手したら、北朝鮮からの難民受け入れさえやりかねません。

って言うか、もはや実際に北朝鮮は明確な敵国であるにもかかわらず、在日朝鮮人どもが日本で相変わらず大きな顔をしている時点で、日本おかしいよ、って思います。

さて、そんな愚痴々々な今日この頃ですが、昨日7月5日は日本語能力試験が行なわれたとやらで、一昨日の日韓チャットでは、北朝鮮のミサイル話よりもその話題の方が主でした。

昨年までの日本語能力試験は、年に一度、12月に行なわれていたのですが、今年からは1級と2級に限って、7月にも行なわれることになったそうです。韓国人はこの日本語能力試験を受ける割合が非常に高く、人数で言えば中国がトップでしょうが、人口比ならば間違いなく韓国が全国籍中トップであろうと思われます。

日韓チャットでも、日本語能力試験1級というのが大変な自慢になるようで、時々「私は日本語能力試験1級だ」と訊ねもしないのに聞かされることがあります。

日本人にそんなことを言っても、それがどの程度のレベルのものかよくわかりませんが(ちなみに、日本語能力試験のウェブサイトに行けば試験問題のサンプルPDFが見れますが、1級でだいたい公立中学1年生の国語の定期テストぐらいのレベルかな?って思いました)、韓国人の間では、1級と言えば普通にかなり高い自慢になるようです。

実は韓国語にも似たような試験、その名もまんまの「韓国語能力試験」というのがあります。日本と逆なのは認定級の数字で、日本語能力試験では最上級が1級で最下級が4級ですが、韓国語能力試験では1級が最下級で、6級が最上級になっております。

以前ご紹介したことのある、「日韓つっぱり力」や「つきあいきれない韓国人」の著者渡部昌平氏は、韓国語能力試験の6級を取得されておられるそうですが、韓国人が本気で話せば、その内容の6割も理解出来るかどうかだそうです。もっともネイティブの韓国人同士でも、相手の話の内容の5割も理解せずに話していることは珍しくないので、それが渡部昌平氏の韓国語能力の限界かどうかは定かではありませんが、ともあれ日本語能力試験の1級を持っている韓国人の場合も、日本語のネイティブスピーカーとタメで話せるかどうかは甚だ疑問です。

ただ思うのは、日本人が韓国語能力試験の6級を持ってるとかハングル能力検定の最上級である1級を持ってるとか言っても、さほどに自慢にならないし、仕事などで必要に迫られて取得したのでなければ、就職に有利になるだろうとか思って下手に履歴書の資格・特技欄にそれを書いた日には、地雷になる可能性さえあるということです。

だって想像してみてください。もし面接官に「おや?あなたは韓国語が堪能なのですか」と聞かれたらどうします?履歴書に書いちゃった以上は、「はい!」と胸を張って答えるしかありませんが、それで採用されて「では我が社の韓国出張要員に」となるぐらいならまだマシで、「対韓国企業のトラブル時の窓口に」とか、「韓国人研修生受け入れ時の世話係に」となったら、「韓国人と仕事をして困ったこと」スレに行くしかないじゃありませんか。

日本人が韓国語能力試験やハングル能力検定を取得するメリットがあるとすれば、他の国の言語のいくつかと盛り合わせて、「○ヶ国語が話せます」という時に、枯れ木も山の賑わい的に付け足す場合ぐらいかなと思います。

韓流捏風に吹かれたおばさんが嬉しがって取る例も結構あるようですが、仮にそれを自慢されても、類友以外は反応に困ると思いますし、現実問題として韓流ドラマを見る以外に役に立つとも思えません。

そういう日本における韓国語能力に対する評価と比較すると、韓国における日本語能力の人気と評価の高さは相当なものがあります。それほどまでに、日本語能力というものは彼らにとって利用価値が高いのでしょう。

現在の韓国人でさえこれほどまでに日本語能力の取得に熱心なのですから、日帝統治時代に、彼らが進んで喜んで日本語を学んでいたということは、容易に想像出来ると思った日本語能力試験の日でした。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

韓国の反日に最も貢献しているのは

最近、日韓チャットにログインしていても、一言も話さずに寝落ちしていることが多い私です。もっとも、起きて部屋を作っていたとしても、韓国人が来ることは非常に稀になってきました。更にやっと韓国人が来ても、例によって話が続かず、後足で砂を掛けるが如き態度で出て行ってしまいます。

ところで、これまで私が日韓チャットで見てきた韓国人は、極めて大雑把に分けて、三つのタイプに分類することが出来ると思います。

ひとつは、とにかく反日意識旺盛で、倭人成敗が自らの至上の使命と信じているタイプです。倭人に嫌がらせが出来るなら、自身のみならず、韓国や韓国人全体の評判や信頼を損なっても、全然構わないと思っている確信犯です。

もうひとつのタイプは、潜在的な反日意識はあるけれど、それと同じぐらいかそれ以上に日本の文化や日本そのものが好きだったり、強く憧れているタイプ。このタイプは、自身の反日意識について全く自覚がないか、あっても極めて希薄です。また、韓国人全般の反日意識や反日活動に対しては、積極的な賛成や協力はしませんが、積極的に反対したり批判したり、言うまでもありませんが阻止しようとすることもありません。ただし、日本人が韓国の反日について批判したり、非難したりすると何となく不愉快になります。韓国人同士で日本について話す時は、倭奴とか日本奴とかチョッパリと言うこともありますが、それはその場のノリに合わせた軽い冗談のつもりで、本当は日本人の友達が欲しいと思っています。

最後が、日本の文化や日本そのものに強く憧れつつ、自身や韓国人全体の反日意識と、それらが引き起こす問題点をある程度自覚し、整理が出来ているタイプです。韓国人でありながら、比較的韓国や韓国人を客観視出来るタイプと言うことも出来るでしょう。

以上の分類は、私が日韓チャットで感じたものですが、おそらくナマの韓国人も、同じように分類出来るのではないかと思います。

日韓チャットでもナマでも、数はそれほど多くないと思いますが、最も目立つのは最初のタイプの韓国人です。何しろ声がでかいし、無駄に活動的で、疲れを知らぬ勢いで日本人に対するわかりやすい嫌がらせにいそしみます。このタイプに遭遇すると、大変に鬱陶しいのですが、目立つということはわかりやすいということでもありますので、日本人側の迎撃態勢が整っていれば、案外対応がしやすいタイプです。

三つ目のタイプの韓国人は、韓国人としては比較的対話が可能なタイプなので、日本人が韓国や韓国人について知りたい時の貴重な情報源になります。ただ、その中には嫌韓日本人より強い嫌韓の韓国人がいることもあり、そういう韓国人は嫌韓が喜びそうなことを選択的に話すこともありますので、ある程度の注意は必要です。

割合として一番多いのが二つ目の、潜在的な反日意識はあるけれど、それと同じぐらいかそれ以上に日本の文化や日本そのものが好きだったり、強く憧れているタイプでしょう。

このタイプの韓国人は、個人的に反日や侮日を強く主張することは、ほとんどありません。日本人側から韓国の反日について批判や非難をすれば、それに不快を感じつつ、その不快感を前面に出して反論することはあまりありません。

この三つのタイプの韓国人の中では、一番目のタイプが韓国の反日に最も貢献しているように見えますが、実は二番目のタイプこそが、韓国の反日を支え、維持していると思います。何しろこの二番目のタイプは数が多いためにかえって姿が見えません。

しかしこの二番目のタイプの韓国人は、必ず一番目のタイプの韓国人の反日的言動になびきます。ちょうど飛んでいる鳩の大群を構成している鳩のほとんどが、自身の行く先を自分で決めずに、先頭の数羽の動きに引きずられるように方向を変えるように。

もちろん、オピニオンリーダーが民衆の意見を先導することは、韓国に限ったことではなく、どこの国でも見られる現象です。しかし、韓国人が常々言うように、もし今の韓国人の多くが反日ではないと言うならば、三つ目のタイプの言動にも、一つ目のタイプの言動と同じ様な反応を示す韓国人が、せめて半数程度は居て良いはずです。

ところが、韓国で日本擁護風味の韓国批判発言が出れば、これは必ず酷い勢いで叩かれます。しかもそれはオピニオンリーダー同士の論争による叩き合いなどではなく、姿の見えない大多数の韓国人が、こぞって日本擁護風味の韓国批判発言をした韓国人を引っ叩きます。同じ韓国批判発言であっても、日本擁護風味がないか、少なくとも現在の日本を肯定するにとどまっていれば、比較的受け容れられているにも関わらずです。あるいは、韓国批判がなくとも、日本擁護があればこれも叩く対象になります。

結局、韓国の反日というものは、WANKや活貧団のような、見た目に明らかな反日愛国団体が先導しているのではなく、むしろ逆で、大多数の韓国人の自覚に乏しい反日意識が、反日愛国団体の活動を後押ししているというのが実際ではないかと思います。

ただ、日本人の立場で考える場合、この最も多い中間タイプの韓国人の言う「韓国は反日ではない。反日の韓国人もいるが、それはきわめて一部である」という決まり文句を鵜呑みにして、更にそれを日本人に対して再配布する日本人こそが、実は最も韓国の反日に貢献していると考えた方が良いかも知れません。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。