管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザパビールにご用心

韓国とほとんど関係ないのに、盛んに弊ブログのサイドバーで宣伝していることからもお分かりいただけるかと存じますが、私は個人的にマンガ「もやしもん」が大好きです。

で、先月23日に発売された最新刊のもやしもん8巻は、丸ごと一冊ビール編になっております。その影響で、最近の私はビールをよく飲んでいる(と言っても、週に350ml缶換算で2本ぐらい)わけですが、一口にビールと言っても色々です。ビールの種類(エール、ラガー等)の違い以外にも皆様既にご存知の通り、発泡酒とか「第三のビール」と呼ばれるカテゴリに位置する、ビールモドキ飲料もたくさんあります。

何故ビールモドキ飲料があるかというと、まず日本の酒税法におけるビールに対する税率が高いということがあり、だったらビールの定義から外れたビアテイストのアルコールドリンクにすりゃ、税金が安く出来んじゃね?ひいては価格競争で有利になるんじゃね?という企業努力の結果でありまして、その善し悪しや功罪はここでは言及いたしません。

つっか、納得した上で飲むなら発泡酒だろうがホッピーだろうが、飲む人の自由で良いんじゃね?というのが正直なところです。

さて、そのもやしもん8巻は、単にビール編と言うよりは「地ビール編」と言った方が良いぐらいの内容でして、私はその影響を素直に食らって、最近いろんな地ビールを試しております。ちなみに作中では樽ナマで出てくるピルスナー・ウルケル、私は瓶のものを飲んでみましたが大変美味しゅうございました。作中のビールの中では一番飲んでみたいと思ったヴァイツェンは、まだ飲んでませんw

そんなこんなで酒屋やスーパーのビール棚を眺める機会が増えたわけですが、最近非常に気になるのが、韓国製ビール(発泡酒、第三のビールを含む)が目立つことです。

地ビールということで、棚に並んだビールの中でも、日頃見慣れぬデザインの瓶や缶のビールをあえてピックアップしていたりするのですが、見慣れぬデザインの缶で、妙に安いなと思ったビールが韓国製であるということが、これまでに数度ありました。

それも韓国で普通に売られているOBビールやHITEではなく、もちろんそれらのように一目で外国産とわかるようなデザインの缶ではなく(OBもHITEも、欧米風のデザインです)、いかにも日本のビールメーカーが作っているのかなと思わせるようなデザインなのです。

韓国におけるビール製造は、韓国の近代工業や製造業、加工業のご多分に漏れず、日帝統治期に日本の資本と技術で始まったと記憶しています。ですから、元になる技術は日本と同じものになるわけで、そう考えればさほどに酷い製品ではないだろうとは思います。

思いますが、韓国製のビールにはどうしても手が出ません。以前、酒の大手ディスカウントスーパーで買い物をしたら、キャンペーンか何かでHITEビールを1缶もらったことがありました(確かそのスーパーでは、HITEの350ml缶を80円ぐらいで売ってたように思います)が、タダでも要らないとはまさにこのことでした。

レジが混み合っていたために突っ返すタイミングを逸し、しかたなく持ち帰ったのですが結局誰も飲まず、かといってただ無闇に捨てるのももったいないオバケに出てこられそうで気が咎め、果てしなく途方に暮れた記憶があります(その後自宅に置いておいても誰も飲まないので、職場に持っていって職場の冷蔵庫に入れておいたら、誰かが勝手に飲んだか持って帰ったようですw)。

飲みもしないで何が気に入らないのかと言われるかもしれませんが、問題は味ではありません。生ゴミ餃子事件の時に「(生ゴミ入り餃子は)韓国内向けの商品ではなく、日本やアメリカに輸出する商品だからケンチャナヨ」という言い訳を、公然と通用させようとした韓国で作られたビールなど、何が混入しているか、あるいはどんな原材料を用いているのか、表示だけでは全く信用がおけないからです。

もちろん、最初の方で述べましたとおり「納得の上で飲むなら」日本産ビールだろうが韓国産ビールだろうが、飲む人の自由だと思います。問題は、例によってこれらのビールが「日本産ビールをイメージさせるデザインの缶」で売られているということでしょう。

この韓国製ビールに関しては、日本の大手流通業者などがPB商品として販売しているものがあるようなのですが、価格破壊に目がくらんで韓国なんかと組んだら、もっと大事なものまでも破壊されてしまうのではないかなと他人事ながら少々心配しております。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト

何故知れば知るほど嫌いになるのか

少し前から考えていることに、「何故知れば知るほど、韓国人が嫌いになるのだろう」ということがあります。

それが何であれ、たいていのものは、知れば知るほど好きになるものですし、知れば知るほど愛着も深くなるものです。

ところが韓国人に限っては、何故か知れば知るほど嫌悪が増します。どうして私たちは、韓国人を知れば知るほど嫌いになるのでしょうか。

最近思うのは、韓国人自身が押し付けてくる韓国人像と、私たちが実際に見聞きして知ることになる韓国人像とのギャップが原因ではないかということです。

韓国人が押し付けてくる韓国人像と、私たちが知ることになる韓国人像のギャップは非常に大きいものがあります。

韓国人は、自らの欠点や短所は極めて過小に、場合によっては全く無いものにしますが、美点や長所は過大に言うばかりではなく、全く無いものを捏造することさえします。

日本人は、良い意味でも悪い意味でも素直な人が多いので、最初は韓国人の言う韓国人像を鵜呑みにします。

ですから、韓国や韓国人のことを知らない日本人や、あるいはあまり接触する機会のない日本人であれば、韓国人の言う韓国人像に好感を持つのは当然でしょう。何しろ韓国人の言う韓国人像は、情にあつく裏表がなく礼儀正しい好人物なのです。

ところが実際の韓国人を知れば知るほど、韓国人の言う韓国人像とのギャップを痛感することになります。

もし韓国人にそのギャップを指摘すれば、返ってくるのは「一人を見て全体を判断するな」とか「ひとごとに違う」などの、要するに「それは標準的な韓国人像ではない」という否定の言葉です。

確かに、そのギャップを感じることが一度か、せいぜい二度までならば、なるほどたまたま例外を見てしまったのかと思うことも出来ましょう。しかしそれが幾度も幾度も(中略)幾度も幾度も数重なれば、いくら素直な日本人であっても疑念は深まります。

更に韓国人の考える日本人像というのもあります。それは狡猾で残忍な裏表のある陰険な小人物というものです。

例えば、韓国人が日本に長らく住んで、一般的な日本人は、韓国人が考えるほど狡猾でも残忍でもないと知ったとしても、それを韓国で公言するのは難しいでしょう。

世間話で何気なく言う程度であればその場の賛同を得ることが出来るかもしれませんが、例えば政治家や言論人、あるいは芸能人などが公けに韓国人の考える日本人像を否定するならば、韓国内では残酷なまでのバッシングを受ける覚悟をしなければなりません。

つまり彼らは自身に対しても、また他者に対しても、事実や真実を知ろうとすることがありません。彼らは、自分にとって都合の良いものだけを信じ、それを他者に押し付けようとします。それ以外のことを知ろうと努力することもなければ、その意欲もありません。

彼らは常に自身を被害者であり且つ債権者であると考えており、他者、特に日本人を加害者であり且つ債務者であると考えています。それを疑うことも否定することも絶対に認めません。

韓国人を知れば知るほどそういうことが嫌ほど見えてくる上に、それを韓国人が決して知ろうともせず、必然的に認めようともしないということも、わかってきます。韓国人がそれを決して知ろうとせず、認めようともしないということは、それらが今後決して改善されることはないということでもあります。

他にもたくさん理由はあると思いますが、韓国人の「(自分にとって都合の悪いことは)知ろうとしない」という態度が、私たちの「知れば知るほど韓国人が嫌いになる」という原因のひとつになっているのではないかと思った次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

実現不可能な目標より、実現可能な目標を

衆院選まであと1週間ほどになりました。そろそろ期日前投票に行かなきゃです。

私はこれまでの選挙のほとんどを、期日前投票で行なっております(ちなみに、棄権したことは一度もありません)。仕事の関係でそういう習慣が付いたわけですが、期日前投票だと自分の都合に合わせて行けるのが非常に便利だと思います。

選挙と言えばどこかのブログで「政党選びは恋人選びと同じ」というご意見を拝見したのですが、その理由のひとつに「一発やってみないとわからん」というのがあって少し笑いました。

どのような意図でそう書かれたのかは存じ上げませんが、政党選びでも恋人選びでも「一発やってみないとわからん」ということで気軽に一発やってみたらデキちゃって、取り返しの付かないことになる可能性があるという意味で、なるほどなーと思った次第ですw

さて、昨日こんなニュースを見かけました。

“お粗末”韓国格闘技イベント「本当にエライ目に」
転三転“ギャラ”しぶり、終いには「国際訴訟」

 韓国で開催された総合格闘技イベントに招待された日本の格闘技団体が大迷惑を被った。世界的な大会を目指すという触れ込みだったが、お粗末な大会運営のためにトラブルが続出。“逆ギレ”した韓国側の主催者が「日本に帰さない」と言い出す事態にまで発展したという。

 「本当にエライ目に遭いました」と語るのは和術慧舟會の久保豊喜代表(48)。同団体は日本の総合格闘技イベント「DREAM」などで活躍する宇野薫らを輩出した老舗団体だ。その慧舟會に韓国のFMCという格闘技団体から試合参加のオファーがあったのが事の発端という。

 FMCは「総合格闘技の世界的メジャーイベント」として8月16日にソウルで「FMC1~譲れない勝負」を開催、慧舟會から7人、別の格闘団体から3人の日本人選手を招聘して10対10の日韓対抗戦を企画した。しかし、大会直前までトラブルが続出したという。

 「大会7日前までに契約金の半額を支払うはずだったのに払われない。『とりあえず来てくれ』の一点張りで、仕方なく14日に出場選手を韓国に派遣しました。すると、『大会前日の15日までに支払う』と告げてきたのです。これも仕方なく了承しました」(久保氏)

 ところがFMCはギャラの支払いを大会当日の正午まで延期したうえ、正午を過ぎても結局支払おうとしなかった。さらに、当日午前中には信じがたい“事件”も発生したという。

 「『リングの手配ができていない』とか『運営資金が持ち逃げされた』と言い始めた。あきれた私たちは欠場を決めました。すると一転、『ギャラを払うから出てくれ』と契約金を出してきたのです。とりあえず受け取りましたが、二転三転する先方の態度に選手のモチベーションは低下し、試合どころではありません。大会参加は固辞しました」(慧舟會関係者)

 その結果、イベントは試合数を4試合に減らして強行。別の団体から参加した日本人選手が出場した“日韓戦”は韓国の全敗に終わり、中継予定だった韓国のテレビ局MBCが放送をとりやめる騒ぎもあったという。だが、慧舟會の受難はこれでは終わらなかった。

 「試合後、FMCは契約不履行を理由に『渡したギャラ半額分を返さないと日本には帰さない』と脅迫してきた。その場で返却すると、今度は多額の損害賠償を請求してきた。あまりにも無茶な要求なので日本大使館に相談し、ほうほうの体で帰国しました」(同)

 大会後、FMCは韓国メディアの取材に「契約金を定められた日に入金できなかった過ちは認める」としつつも、損害賠償を求めて国際訴訟を行う意向を表明。慧舟會は徹底抗戦する構えだが、前出の久保氏はあきれ顔で次のようにも語る。

 「実はFMCから『秋山成勲選手を会場に連れてきてほしい』とも依頼され、彼も韓国に同行したのです。韓国で人気の高い秋山選手を客寄せにしたかったのでしょう。リング上で歌ってほしいなどと要求してきました。結局彼は断りましたが、身勝手な要求ばかりして自分の非は認めない。厚かましいにも程がありますよ」

ZAKZAK 2009/08/22

被害に遭われた方や団体には大変気の毒ですが、これは絵に描いたように見事な日韓間のビジネストラブルで、私は一種の感動を覚えたほどです。

日本側の関係者が事前に「韓国人と仕事をして困ったこと」を見ていれば防げたかもしれないと思いつつ、それでも日韓が交流しようとする限り、このような酷い目に遭わされる日本人は後を絶たないのであろうなとも思いました。

昨日、日韓チャットでログを提供していただいて読んでおりました。そのログは「日韓は仲直りしなければならない」という韓国人に対して、日本人側が「具体的には?」と問い詰めていくものでした。

「具体的には?」と聞かれ何故か答えを渋る韓国人に、根気良く畳み掛ける日本人という構図はいつものことですが、やがて渋々その韓国人が出した答えは「日本は昔の過ちを認めて韓国に謝るのがあって、韓国はもう許さなければならないでしょう」というものでした。

これは今まで何度も弊ブログで述べてきている、韓国人としては極めて標準的な、「日本は絶対悪」という意識に基づいた意見だと思います。

先日もハンギョレで、「国際社会が日本に投げるメッセージ“say sorry”」と題する記事で‘慰安婦問題世界連帯集会’参加のためにオーストラリアのキャンベラを訪れた元慰安婦の背景の青空に、飛行機雲で「Say Sorry」と書かれた写真が載せられていました。

韓国人にとって日本は絶対悪であり、日本が韓国に対して頭を下げる(=下に位置する)のが当然という意識が普遍的であるのは、これらの記事や日韓チャットにおける韓国人の発言からも、ありありと伺えます。

こんな日韓が本当に仲良くなる可能性があるとすれば、日本人側が韓国人の意見を全面的且つ無条件に受け入れるか、あるいは韓国人側が「日本は絶対悪」という意識を完全に失くすかのどちらかが実現されない限り不可能だと思います。

が、もし日本人側が韓国人の意見を部分的且つ条件をつけてであっても受け入れればどうなるかは、前述の格闘技団体が体現してくれております。ビジネスシーンであのような事態を望む日本人は、多分存在しないでしょう。

かと言って韓国人から「日本は絶対悪」という意識を完全に失くすことは、犬に代数をマスターさせるより困難だと思われます。

以前から幾度も申し上げておりますが、日韓はこのような実ることのない友好を目指すよりは、発展的関係解消を目指す方が明らかに現実的ですし、少なくとも日韓双方の国民の精神衛生上、特に韓国側の国民には大きなメリットがあるのではないかと思います。

もちろん日韓の発展的関係解消による韓国側の経済的デメリットも、精神衛生上のメリットと同じぐらいか、それ以上に大きいでしょうが、「韓国人が考えるような韓国人」ならば、カネよりも心穏やかな日々の方を喜ぶのではないかと思います。

現実の韓国人的にはどうか知りませんが。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

韓国二大北朝鮮工作員の死

8月18日、金大中元韓国大統領が亡くなったそうです。享年83歳。いろんな意味で「やってくれた」人でありました。一応哀悼の意を表しておきますが、年齢的に不足はないでしょう。むしろ彼の生涯を顧みれば、ベッドの上で死ねたのは幸いだったと言っても良いぐらいです。

稀代のお笑い芸人でもあった前大統領の盧武鉉とは、ベクトルの違う方向で目立った人でもありました。と言うか、盧武鉉をプロデュースしたのが金大中と考えるべきかもしれません。

韓国における北朝鮮工作員のこれら二人の巨頭が相次いで死に、当の北朝鮮の独裁者である金正日も長くはなさそうですから、今後1年ぐらいで朝鮮半島情勢は大きく動くかも知れません。

もっとも、今後朝鮮半島の情勢がどう変わろうとも、朝鮮人そのものが変わることはないでしょうけれど。

思えば、この金大中元大統領が北朝鮮を現在まで存続させることとなった原動力でした。金大中が韓国大統領に就任した当時、韓国を含む国際社会では、北朝鮮は今後10年以内に破綻するだろうという予測が大勢だったと思います。事実、現在の北朝鮮は、普通の国家としては既に破綻していると言って良い状態です。

ところが「太陽政策」と呼ばれた金大中の政策は、普通ではない状態ながら北朝鮮国家の存続を助け、結果として北朝鮮に核を保有させることとなり、国際社会への脅威を生み出しております。

北朝鮮人民にとって、金正日及びその一族郎党による独裁政権が続くことが望ましいことかそうでないことかは、北朝鮮人ならぬ身には何とも判断のしようがありませんが、韓国国民にとっては、朝鮮半島の南北分断は喉に刺さった魚の骨のようなものです。韓国人の本音で言えば、朝鮮半島の南北統一は、出来ればやりたくない仕事のひとつなのです。

金大中から盧武鉉政権の10年間で、韓国人の北朝鮮に対する意識は180度変わりました。

ほんの20年前、韓国で北朝鮮と言えば正しく敵国でした。より正確に言えば「国」として認めてさえおりませんでした。北朝鮮の支配する領土と国民は、本来であれば韓国の領土と国民であり、共産主義国による傀儡政権によって不当に奪われたものという意識が、韓国人にはありました。もちろん酸鼻を極めた朝鮮戦争の記憶もまだ生々しく残っており、離散家族の悲哀は、現実として韓国人の社会に数多存在しておりました。

ところが現在では、韓国人にとって北朝鮮とは血を分けた兄弟国であり、共に戦うべき友邦となっております。「625(朝鮮語音でユギオ。朝鮮戦争を意味する)」が忘れ去られ、その代わりに「615(朝鮮語音でユギルオ。金正日・金大中の南北首脳会談を意味する)」が言われるようになりました。

また南北の経済格差があまりにも大きく、南北が統一した場合は韓国側の経済的負担が大きくなるであろうことは明白です。そのために、南北統一に対して反対だと大っぴらに言うことは出来ないが、現実問題を考えれば否定的な韓国人は少なくありません。

南北統一に肯定的な韓国人であっても、韓国が経済的な援助を行ない、北朝鮮が安価な労働力と中国への陸路を提供することによって、経済を中心とした南北交流が進められ、やがてはそれが南北分断を解決するだろうという、極めて楽観的かつ韓国人側にだけ一方的に都合の良いことを考えている人が多いようです(もちろん、韓国人的には「韓国人側にだけ一方的に都合が良い」という意識はありませんが)。

しかし韓国人が自分たちに都合の良い南北の将来像を想像しているのと同じ程度に、北朝鮮人も自分たちに都合の良い南北の将来像を期待しております。

そんな中で、北朝鮮が放った金大中・盧武鉉の二大工作員は、北朝鮮から見てまことに良い仕事をしたと思います。

これら二人の北朝鮮工作員を失った朝鮮半島が、今後どのような展開を見せるかは、利害を被る可能性の高い近隣国である日本国民としても、また韓国ウォッチャーとしても、大変興味深いところであります。

個人的には、南北統一よりも南北共存よりも、南北消滅が一番すっきりするような気がしておりますが。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

「朝鮮人のような真似をするな」考

最近、日韓チャットに行っても待機室でとぐろを巻いて終了ということが多い上に、昨日から実家に帰省中のせいで日韓チャットに接続することさえ出来ません。

日韓チャットに接続できないのは、自宅のPCと実家のPCで設定が異なるためです。日韓チャットの為に、実家のPCの設定をいじるわけにはいかないので(と言うか、いじった後戻すのが面倒くさいのでw)、自宅に戻るまで日韓チャットはお休みせざるを得ません。

というわけで、ただでさえ枯渇しているブログネタが更に無く、気分は乾いた手ぬぐいを絞ってるようなものですw

まあそれでも、韓国人考察はやればそれなりに出てくるものです。今日は昔よく言われていた「朝鮮人のような真似をするな」という叱言の現代版について考えてみました。

かつて、「朝鮮人のような真似をするな」という叱言がありました。それは例えば立て膝をしたり、犬食い(もちろん犬肉を食べることではなく、茶碗を持たずに食べること)をしたりという、どちらかと言えば行儀作法の分野での叱言でした。

その後、戦後左傾教育禍が猛威を奮ったためか、「朝鮮人のような真似をするな」という叱言は即ち「人種サベツである」として猛烈に非難されるようになり、今はあまり言われないように思います。

しかし最近ネットの巷を見ていると、「そういうことをするのはかの国の人ではないか」という表現が散見されるようになりました。この場合の「そういうこと」とは、以前のような行儀作法に対するものよりも、発言内容や行動様式に対するものであることが多いように思われます。

例えば、呼吸をするかのごとく嘘をついたり、被害者意識や権利意識が異常なほど(他人の権利を侵害することも躊躇しないほど)強かったり、義務を回避することをクレバーだと信じていたり、他人の非はどれほど小さくても全力で非難するが自分の非は決して認めないか無理やり相手に転嫁したり、冷静な話し合いが出来ず自分の主張が通らなければいい年をした大人のはずなのに子供のように癇癪を起こして、本当に子供のように地団駄を踏んだり、酷い場合には泣き喚いたり、自分の主張を通そうとして相手の身体に危害を加えようとしたりなどというようなことをすれば、「かの国の人(あるいは率直に「韓国人」)ではないか」と言われる可能性は高いでしょう。

「朝鮮人みたいな真似をするな」という文言に対しては、多くの日本人はいまだに抵抗があるようですが、上記の例のような言動を見て「かの国(韓国)の人?」と言うことについては、かなりハードルが下がっている印象を感じます。

もちろん、ハードルが下がってるのは「言う方」の話であって、言われる方はかつて「朝鮮人みたいな真似をするな」と言われたのと同等以上のダメージを感じるでしょう。

ではここで言う「かの国の人(=韓国人)」に対してどのようなイメージを持っているかと聞けば、これまではたいていの日本人が当たり障りのないどころか、むしろ褒め言葉を並べることが多かったように思います。曰く「情が濃い」、「愛国心や自尊心が強い」、「体格が良い」、「情熱的」、「長幼の序に厳しい」etc.etc.・・・。

ネットの普及によって韓国人の実態が知れ渡るようになると、さすがにここまで手放しの賞賛は少なくなってきましたが、それでも韓国人を擁護したい人々によって、伝家の宝刀「人ごとに違います!」は頻繁に抜かれまくります。

しかし、そういう人でもおそらくは、「かの国(韓国)の人?」と言われるのを、褒め言葉とは受け取らないでしょう。

それどころか「かの国の人」に迎合しまくって、本物の「かの国の人」から、「お前、本当はウリナラサラム(我が国の人)だろう?」と半ば本気、半ば褒め言葉のつもりで言われて、複雑な気持ちになる擁韓日本人は、結構いるのではないかと思います。

「人種サベツ」とか「アジア蔑視」とかとはまったく無関係に、実際の朝鮮人の言動が日本人的美意識や道徳観から大きく逸脱しているのを知った日本人なら、それが当然の反応でしょう。

時代がいくら移り変わろうとも、朝鮮人そのものが変わらない限り、あるいは日本人が朝鮮人のようになってしまわない限り、日本で「朝鮮人のような真似をするな」という類の叱言は言われ続けるのではないかと思います。

ちなみに日韓チャットでは、参加者の表示をよく見ずに日本人参加者に「韓国人ですか?」と聞く韓国人がかなり多いのですが、その言葉に悪意があろうとなかろうと、そう言った韓国人は常連日本人からたちまち強い不興を買うことになるのは、言うまでもありません。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

Not your businessと言える日本

選挙間近ということもあってかこの数日というもの、共産党の宣伝車がうるさいうるさい。今回の選挙は、都議選でそうだったように、共産党にとって漁夫の利を狙えるチャンスなので必死なのでしょうね。他は共産党よりはマシでしたが、公明党と民主党と日本新党がうるさかったです。公示日以降は、もっとうるさくなるのかと思うと、心底うんざりします。

かつて左巻きだったからというわけでもないのですが、個人的に共産党はそれほど嫌いではありません。寿司にワサビ、ぜんざいに塩みたいなものだと思っております(まったく無いとメリハリが出ないが、過ぎると全てが台無しになる、という意味でw)。

ただ、更に個人的な理由になりますが、繰り返し繰り返し割れたマイク音声を轟かせながら、街中を車で巡回する連中(選挙カーや街宣車だけでなく、竿竹屋や家電リサイクル車なんかも)は大嫌いなので、それが選挙関連だったら、その候補者には絶対入れたくねーと思ってしまいます。

今から20年ぐらい前だと、投票日間近になれば絶叫に近い声でひたすら候補者名とお願いしますを繰り返している選挙カーは珍しくありませんでしたが、最近はやはり騒音とみなされて悪いイメージがつくからか、そこまで叫んでいる候補者は減っているような気がします。

さて明日は終戦記念日でして、かつての日韓チャットでは3月1日と並ぶ韓国側大攻勢の特異日でした。日韓チャットにおける韓国側大攻勢は、今となっては昔の物語ですが、韓国言論では相変わらず定番の反日・侮日ネタが舞い踊ることでしょう。

特にこの時期の靖国神社への公人参拝問題は、韓国言論においても定番のネタになっております。もっともこの問題に関しては、日本側にも大いに責任があると私は思っております。

靖国参拝について、国内問題として扱う分には日本人同士で好きなだけ是非を論ずれば良いと思います。しかしこの問題について非を唱える日本国内の人々は、何故か必ずと言って良いほど、「アジアの人々の感情も配慮しろ」と言います。この場合の「アジア」は、ほぼ例外なく「特定アジア」で、この日本国内の人々に呼応する形で、特定アジアからの靖国問題干渉があるわけです。

しかし例えば韓国には顕忠院という国立墓地があり、毎年6月6日の顕忠日には大統領を始めとする閣僚や議員が参拝します。この墓地には李承晩元大統領も葬られておりますが、李承晩元大統領と言えばかつて李承晩ラインを設置して日本の漁民を多数殺傷せしめ、現在まで残る竹島問題を残した人物で、日本人側から見れば悪逆非道この上ない人物とみなすことも出来ます。

これを理由に日本側が韓国に対し、公人による顕忠院参拝をやめろと言えば、韓国側が火を噴くような反発を示すことは想像に難くありません。

確かに先の大戦で、日本は負けました。これは動かしようのない事実です。しかしどの国にも、国家のために身体生命を捧げた人々に対する感謝と崇敬の念はあるわけで、それは戦争の結果に左右されるものではありません。また、国民の感謝と崇敬の念を公人が代表して示すことは、どの国であっても当然のことでしょう。ところが全世界で日本だけが、その当然のことを非難され、干渉されています。

しかも日本は、他国からの干渉に反発も反論もせず、それどころか「靖国神社に参拝しない」ということをまるで「褒めて」と言わんばかりに吹聴する議員までいる始末です。国民の意見を代弁する立場にある議員がこれでは、他国からの干渉に毅然と対応するなんて、夢のまた夢かもしれません。

まずは国内輿論において、日本人の靖国参拝の是非に関する他国の干渉は一切排除するというコンセンサスを確立するのが、靖国問題における最初の第一歩ではないかなと思います。

蛇足ですが、タイトルにある「Not your business」の由来はこちらをご参照ください。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

毎度の手口

昨晩、FC2ブログ全体で大きな障害があり、ブログの閲覧に異常が発生していたようで、読者の皆様には大変ご不便をおかけいたしました。当然のように管理者画面も吹っ飛んでいたために、更新前夜というのに作業が出来ず、まことに閉口しました(結局更新作業を断念して、不貞寝しちゃったわけですがw)。

こういうことがあると、別のブログサービスでミラーを作っておいたのは正解だったかなーと思わなくもありません。ただミラーの方は月イチの更新なので、月半ばとか月末とか、最悪の場合月が替わった直後とかだと、最大10記事が吹っ飛ぶことも有り得ますが。

そんなこんなで昨晩は「更新出来ねー」とぼやきながら日韓チャットでとぐろを巻いておったわけですが、その時に出た話題が、関東大震災の時の「朝鮮人大虐殺」についてでした(元ネタはこちら)。

関東大震災は1923年、大正12年9月1日の正午近くに発生した大地震で、関東一円に甚大な被害を及ぼしました。この時「不逞鮮人が井戸に毒を入れた」等の「デマ」が流布され、一説には六千人あまりの朝鮮人が日本人自警団によって虐殺されたと言われております。

その中には、「毒入り」とされた井戸水を飲むパフォーマンスで、自警団に追われる朝鮮人をかばった日本人警察官がいたなどの「美談」もありますが、全体的なトーンとしては「哀れで無力な朝鮮人を、粗暴で残虐な日本人が集団で暴行・虐殺した」ということになっております。

この話は韓国人もよく知っており、日韓チャットでもしばしば「日本人の非道徳性」を強調するための挿話として用いられておりますが、ここで素朴な疑問が浮かぶわけです。

関東大震災時における「虐殺された」とされる朝鮮人の数は、何故か【六千人】という数字が一人歩きしているわけですが、不思議なことに「震災そのもの」で死亡した朝鮮人の数は、全く言われません。旧日本軍最強伝説ではありませんが、死者行方不明者10万人超を出した大震災でも死なない朝鮮人を、重火器も用いず六千人余りも殺害した日本人、最強です。

冗談はさておき、10万人余の死者・行方不明者を出した大震災において、震災そのものによる死者・行方不明者の数が全くはっきりしていないのに、何故「虐殺された」とされる死者・行方不明者の数だけがしきりに取り上げられるのでしょうか。そもそも当時、被災地にいた朝鮮人全体の数は、把握されていたのでしょうか。

詩人の金素雲は若い頃、大震災に遭い、一時東京を離れて大阪の親戚に身を寄せていたようですが、その大阪で日本人からあわや袋叩きの憂き目に遭うところを、これまた日本人紳士の介入で救われたというエピソードを書いております。

この時金素雲はまだ15~6歳の少年ですが、あえて真っ白な朝鮮服を着て大阪の街を闊歩しており、自身でも「震災のドサクサに、根も葉もない流言が原因した、六千人の朝鮮人が竹槍の犠牲になったその直後である。わざと朝鮮服を着て日本人の中を歩き回るような、客気と反発意識が私にあったとしても、それは見逃してもらえると思う」と、日本人に対し意識的に挑発するような行動をとっていたことを告白しております。

しかし考えてみればこれは不思議な話です。「根も葉もない流言が原因したとされる六千人の朝鮮人が竹槍の犠牲になった」とされるその直後に、15~6歳の少年が単独で、あえて朝鮮人であることを誇示して日本人を挑発するというのは、それがいくら被災地現場でないとは言え、危険きわまりありません。

そもそも金素雲が大阪に避難していた当時(=震災直後)では、まだ「六千人説」は出ていなかったはずです。にも拘らず、金素雲はこれを根拠に日本人を挑発するような行動をとったというのですから、甚だしく不自然です。

もちろん、「六千人」という数字は後付けで、その時点では「たくさん」というぐらいの認識だったのかもしれません。が、いずれにしてもそれが15~6歳の朝鮮人の少年が知ってるような話だとしたら、当然に日本人の多くも知っていると考えるのが自然ですし、それを踏まえての挑発行動だったわけです。

それほどまでに日本人がナーバスになっているとされていたその時期に、いくら被災現場でないとはいえ、昔から朝鮮人が多いとされている大阪で、あえて朝鮮人であることを誇示して日本人を挑発するような行為は自殺行為に近いものがあり、客気とか反発意識などといったものでは説明がつきません。

しかもこの金素雲のエピソードは、2~30人の日本人から袋叩きに遭いそうになった哀れな朝鮮人少年を、たった一人の日本人紳士が救ったという「美談」で結ばれております。ここら辺りは、「朝鮮人が毒を入れたという井戸水を持ってこい」と言って朝鮮人をかばった警官の「美談」とイメージがかぶりますが、いずれにしても日本人社会には、昔からそういうバランスがあったことを明確に示唆しております。そんな日本で、六千人もの朝鮮人が殺すことが可能でしょうか。

更に不思議なのは、その後の大災害時における同様の事態が、一切起きていないことです。たとえば東京大空襲などは、地震災害ではありませんが、万人単位の死者・行方不明者を出し、都市機能が壊滅したという意味では関東大震災同様の事件と言えなくもないでしょう。

その時に、朝鮮人が大量虐殺されたという話は、寡聞にして存じません。広島、長崎の原爆投下時でも同様です。阪神淡路大震災の際も、日本人が徒党を組んで朝鮮人狩りを行なったなどという話は全く聞いたことがありません。

というか、阪神淡路大震災が他人事ではなかった私の体験から言うと、ああいう非常時に、その場限りの興奮と激情による単発の暴力事件なら数多くあっても不思議はありません(私も実際に目撃したことがあります)が、六千人を超すような人数を殺して回るような継続的且つ精力的な活動は、正直やっていられません。

阪神淡路大震災当時、朝鮮人に限らず、不逞の輩は少なからずおりました。震災直後から数日間は、警察機能が完全に麻痺したのですから、それは仕方のないことです。当然、そういう不逞の輩共から身を守るための自警団も結成されたでしょう。しかし基本的には、あの時は誰もが自分と自分の家族の食う物寝る場所を確保することで精一杯でした。

関東大震災の際に殺害された朝鮮人の数が六千人余りというのがもし事実であれば、それを殺した日本人の数も、どれほど少なく見積もっても千人単位になります(仮に数十人から数百人程度の日本人が、六千人余りの朝鮮人を殺戮してまわったとすれば、その日本人の殺戮集団の殺傷能力の高さは驚異的なものになりますから、これまた日本人最強伝説に付記すべきでしょう)。

関東大震災は、死者・行方不明者数だけで言えば阪神淡路大震災よりも遥かに大きな災害です。阪神淡路大震災でさえ自分と自分の家族を守るだけで一杯一杯だったのに、更に規模の大きな関東大震災で、千人単位の被災者がそんな余裕ある行動を取れたとは思えません。

考えれば考えるほど疑問と矛盾が出てくる「関東大震災時における日本人による朝鮮人大量虐殺説」ですが、この話題を出した常連日本人会員の次のような一言で、深く納得した私でした。

「 関東大震災のときだけ、不逞鮮人の暴挙が報道されたんですよ」

要するに、チマチョゴリ切り裂き事件と同じ構造というわけで、今も昔も朝鮮人のやることは変わっていないということが、大変よくわかる一言でした。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

言語レイプ

世間ではのりぴーのりぴーと騒がしい昨今ですが、日韓チャットでもその話題が出ておりました。もっとも私はあまり興味も関心もありません。芸能人やその周辺の人々の麻薬や大麻、覚醒剤汚染なんて、今更珍しいものでもありませんから。

日韓チャットで、のりぴーの覚醒剤使用を信じたくない人が話題を変えるために出したのが、「インドネシアの少数民族、ハングルを公式文字に採用」というネタでした。

このニュースを見たときの私の第一印象は、「可哀想に」でした。

文字が無い民族が、他国の文字を利用する例は、さほどに珍しいものではありません。通常は国際的認知度や普及率の高いローマ字を用いることが多いようですが、近接する地域で行なわれている文字を用いる例もあるようです。

しかしインドネシアは、朝鮮半島に近接しているとは言い難く、更に国際的認知度も普及率も低いハングルを用いれば、世界のどこかにその言語を研究しようと思う学者がいたとしても、その学者はまずハングルを学習する必要に迫られることになります。

そこまでしてその少数民族の言語を研究しようと思う学者が多いとも思えませんし、ではハングルを使用する朝鮮人が率先してその言語を研究するかと言えば、自国語でさえろくすっぽ研究しない彼らが、そんな超マイナー言語を研究するとは全く思えません。

もちろん、ハングルがその少数民族の言語を表記するのに優れているのであれば、どのように採択させたとしても、問題はないと思います。

しかし、朝鮮語に対してでさえいくつかの問題点(音の清濁や、甚だしくは発音そのものが、文字の書かれた位置によって変化したり、長音や子音連続音が表記出来ない等)を有するハングルが、他民族の言語、しかも文字がないということは、おそらくはあまり深く研究されていない言語を表記するのに優れていると判断するのは、あまりにも無理があります。

要するに「ウリハングルが他言語の文字として用いられている♪」とホルホルしたいだけの韓国人の欲望に、その少数民族の言語がレイプされているとしか私には見えず、まことに同情を禁じ得ません。

おそらくは韓国人の布教方法にも似たやり方で採択させたのだろうなと思います。

気の毒に、この少数民族の人々は公用語であるインドネシア語の表記に用いられているローマ字(ラテン文字)に加えて、母語を表記するためにはハングルも覚えねばなりません。

インドネシア南東スラウェシ州バウバウ市へは、スラウェシ州の州都ケンダリからスーパージェットといわれる高速船で約5時間かかるそうで、これは僻地と言っても良い地域だと思います。

その僻地の、人口わずか6万人ほどの少数民族の母語読解のためだけに、約2億2千万人のインドネシア人(インドネシア人全体の識字率については、今回は考えておりません)がハングルを学習するようになるとは到底思えず、その少数民族の言語がハングルで表記されることによって、必然的にほとんどのインドネシア人からは、その少数民族の言語を読み書きする機会を奪うことになるわけです。

韓国人がハングルで表記されたその少数民族の言語を積極的に学び、広く普及させるとでも言うなら話は別ですが、彼らの目的は「ハングルの普及」であって、少数民族の言語の保護でも普及でもありません。

結局、その少数民族の言語がハングルで表記されるようになったと言っても、レコーダーに音声で録音するよりはいくらか保存しやすいという程度のメリットぐらいしか思いつかないのです。

もうひとつ、この記事において個人的に疑問に思ったことがあります。それは「公式文字」なる単語についてです。

「公用文字」や「公用語」という単語は見聞きしたことがあるのですが、「公式文字」という単語を見たのは初めてでした。この「公式文字」という語彙に、何となく「消防署の方から来ました」的ニュアンスを感じるのは、私だけでしょうか。

ところで「海外でハングルが公式文字として採択されるのはこれが初めてで、ハングル世界化プロジェクトが実を結んだといえる。」と記事にあるので、嫌日流で【文字がない国々に国連が提供する文字はハングル(アフリカのいくつかの国々ではハングルを用いている)】と誇らしげに書かれていたのは、やっぱり大嘘だったということで良いみたいですね。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

目にはさやかに見えねども

今朝方、ツクツクボーシが鳴いておりました。今年の秋到来は、早いかもしれません。

飽き到来と言えば韓国。弊ブログ常連読者の皆様は既にご存知のことと存じますが、弊ブログの更新時刻は午前9時を目処にしております。が、最近なかなかこの時間が守れておりません。それは単純に、筆が(正確にはキータッチが)進まないからです。

日韓チャットは相変わらず順調に過疎ったままですし、日韓チャット以外にネタを求めようとて、韓国関連のめぼしい時事ネタも見当たりません。それ故に筆が進まぬわけですが、そんな現状を静かで良いと思ってたりする私は、韓国ウォッチャーとしては失格でしょう。

もっとも、韓国内は静かとは言い難いようです。景気悪化やら労働争議やら市民運動やらで、内向きに傷つけあうのに大変忙そうなご様子。そのまま半島内に留まって、元気に食い合い殺し合っていてくれれば、こちらとしては静かで良いのですが、実際にはそんな半島から日本に逃げてくる連中も少なくないのが困ったものです。

移民で、あるいは出稼ぎで一攫千金を狙うならば日本よりもアメリカでしょうが、日本でならば大いに威力を発揮する「サベツニダ!」が、彼らにとっては残念なことにアメリカではさほどに通用しません。

日本の場合、まず何より朝鮮半島から非常に距離が近いということがあります。その上、新旧の在日ネットワークが首都圏や大都市圏を中心に存在しており、片言の日本語しか話せない韓国人が着のみ着のままいきなり日本に訪れても、在日ネットワークに頼ることが出来れば、とりあえずは日本で生活することが可能です。

日本ならば、外見的には日本人に紛れやすく、韓国人とバレたら「サベツ」を盾にすることが出来るので、少なくとも韓国にいるよりは、何をするにしても稼ぎやすいようです。

数日前に日韓チャットで、最近の日本には韓国人の出稼ぎ売春婦が多いという話をしていたところ、横から韓国人が「これからもっと増えると思います」と口を挟んできましたが、韓国内では売春は違法なために、近場でお手軽で実入りの良いアルバイト感覚で、日本で売春する韓国人女性は本当に多いようです。

何しろ売春は元手要らず。言葉もさほどに必要ではありません。容姿はある程度のレベルを求められるでしょうが、それはいくらでも改造可能ですし、元々韓国人らは売春するしないに関わらず、と言うか老若男女を問わず、外貌の改造が大好きです。

それに加えて日本側からは、不法滞在者数ナンバーワン、犯罪率では支那にトップを奪われるものの、凶悪犯罪に絞ればナンバーワンの韓国人に対し、短期来日無査証を施行したり、ワーキングホリデー枠を倍増するなど、諸手を挙げての受け入れ態勢ですから、今後来日韓国人は増える一方でしょう。

しかし、自国の居心地が悪いからと言って、それを是正する努力もせずに逃げ出し、居心地の良さそうな他国に鞍替えする連中が、他国の居心地を維持するために努力するなどということがあるでしょうか。

私は日本に、お客様としての外国人が多数訪れることを拒みはしません。日本の治安と秩序と環境を維持することに貢献し得る外国人が日本に居住することも、否みません。

しかし、日本の治安と秩序と環境を必要以上に消耗させたり、甚だしくは破壊しようとしたりする者は、たとえ日本人であっても排斥されるべきだと思いますし、その犯罪者が外国人であったとしても、それを理由に排斥すべきではないなどとは思いません。

それを指して、「外国人排斥」と言うのは見当違いも甚だしいというものですし、言われる方としても心外極まりありません。もし、どうしても「排斥」という語を用いたいのであれば、「犯罪者排斥」「治安や秩序、環境の破壊者排斥」と言うならば、妥当と思います。

韓国人は、日本人とは見た目だけで俄かに判別することが難しいだけではなく、彼らはしばしば積極的に日本人になりすまそうとします。それは彼らにとって、日本人になりすました方が何かと便利だからでしょう。その「便利」も、しばしば「犯罪に便利だから」だったりします。

見た目に俄かにわかりづらいなら尚更に、日本人と韓国人の峻別を徹底し、日本人になりすますことで有利に犯罪を行なおうとする者にはより厳しく対処していくように、日本は法や対策を整備する必要があるのではないかと思いますが、それはすぐには無理でしょう。

ならばせめて「犯罪者は排斥されて当然。それは日本人外国人を問わず平等に」という意識が、日本人に徹底されるようになればと願います。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

日本人が朝鮮語を用いた時の、韓国人の反応について

6月下旬より7月下旬の方が梅雨っぽい日々でしたし、昨日8月1日も雨降りましたし、今日2日の未明も盛んに降っておりました。近畿地方はまだ梅雨明けしてないんでしたっけ。

でも暑さも日照もしっかり夏本番っぽいし、降る雨もたいてい雷を伴ったスコールっぽいのが多いしで、長梅雨という感じはしません。ただ、6月に漬けた梅をいまだに干せないのが困りものな今日この頃です。

ところで昨日、非公開コメントでご質問をいただきました。日韓チャットが激しく過疎っております昨今、こういう形でのネタ提供は大変ありがたく、あつく御礼申し上げます<(_"_)>

コメント原文については非公開でいただいております関係上、全文引用はいたしませんが、その概略は「日本人が韓国人に朝鮮語を習っていると言うと、韓国人によっては頑なになったりすることがあるのは何故か」という内容です。

私の経験から言うと、本国北朝鮮人とは接触がないのでわかりませんが、本国韓国人の場合は、日本人が朝鮮語を片言なりとも話せば、どちらかと言えば妙に喜びます。

日韓チャットでも、一つ覚えの朝鮮語自己紹介フレーズをカタカナで表記すると、韓国人にはかなりウケます。ネット上だけではなく、実際に韓国に行った時にも、片言の朝鮮語を話せば、やたら驚かれたり喜ばれたりしました。

これは別に韓国に限ったことではありません。極端な話、国内であっても、よそ者がその土地の言葉を話すと、現地人の反応が大変良好になるのは、およそたいていの国や地域で共通ではないかと思います。

ただし、その相手が在日になると話が大変微妙になります。まず在日にとっての「現地」は日本であり、当然朝鮮語は明白に「現地語」ではありません。

日本国内で、在日が朝鮮語を用いる場合は、その話の内容を日本人に知られたくないか、あるいは日本人を疎外するという意識で用いているか、もしくは日本人に対する恫喝が目的です。

要は在日は朝鮮語を話すことによって、朝鮮人であることをあえて誇示し、それによって(その場限りではありますが)日本人より優位に立つのが目的なわけです。

ところが、その相手が朝鮮語を理解するとなれば、彼らの「あえて朝鮮人であることを誇示することで、日本人を疎外し、日本人より優位に立つ」という目論見は大きく外れますし、もしかすると相手も在日かもしれないという疑惑も浮かびます。

たとえて言うならば、往来で仲間内でしか通用しない隠語を用いて傍若無人に話していたら、通りすがりの人にその隠語を用いて話しかけられるようなイメージでしょうか。

日本人が在日に朝鮮語で話しかけると、在日の態度が頑なになることがあるというのは、それまで周囲の連中にはわかるまいと思って仲間内でしか通用しない隠語を用いて傍若無人に話していたのに、それが全部筒抜けだったのか?という狼狽や、俺たちしか知らないはずの隠語を知ってるなんていったい何者?という困惑などから、相手に対する警戒心が高まるような状態に似ているのではないかと思っています。

そもそも在日にとってのmother tongueは日本語であり、朝鮮語を自在に使える者はさほど多くありません。また朝鮮語をある程度自在に使える在日であっても、在日の朝鮮語は本国のそれと比べると必然的に訛っております。

日本人と思われれば、韓国で訛った朝鮮語を用いても喜ばれたり褒められたりするのですが、ひとたび在日と知られれば、その対応は極端に変わるそうです。在日が韓国で、「韓国人なのに何故ちゃんとした韓国語を話せないのか」と残酷なまでに責めたてられることがあるというのは、よく聞く話です。

そういう諸事情が複雑に絡み合うことで、朝鮮語を用いる日本人に対する在日の感情も複雑なものになっており、その感情が朝鮮語を用いる日本人に対する態度に表れるのではないかと、私は考えております。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。