fc2ブログ
管理画面

天皇陛下の訪韓について

とうとう鳩山政権が誕生することになりましたが、何故か韓国言論は異常なほどに喜んでいます

日韓関係において、韓国が喜ぶものは概ね日本にとって喜ばしからぬものであると考えて良いということは、日韓の過去を振り返れば明らかです。私自身がアンチ民主党ということを抜きにしても、鳩山政権というものが日本にとっては喜ばしからぬものであることが、韓国の反応からもよくわかります。

しかも韓国にこれほどまでに気に入られているわけですから、鳩山政権に対して例の法則が発動する可能性は極めて高いと覚悟せざるを得ません。

鳩山政権に対して例の法則が発動したら、法則発動ざまぁwwwと指さして笑ってやりたいところですが、日本の国政を担う政権に法則が発動すれば、当然日本国民である私も無関係でいられるはずがなく、そう考えると何とも理不尽な気分を満喫しております。

さて、日本で親韓反日政権が発足してしまったことに関係があるのかどうかよくわかりませんが、韓国では天皇陛下の訪韓論議が言論を賑わしているようです。

日本国民としては、あんな瘴気渦巻く穢れた場所へ、天皇陛下の御行幸を願うなどというのは、治安上の面から言っても論外至極な話です。それでもまだ「弊国に陛下の御行幸を賜ることが叶いますれば、至上の光栄でございます。むさくるしいところではございますが、何卒御行幸の御高配を賜りますよう韓国大統領以下国民一同、伏して御願い申し上げ奉ります」ぐらいのことを言うならば、可愛げないこともないと考えられなくもありません。

しかし連中がそんな殊勝な態度を示すはずもなく、それどころか「韓国に来たけりゃ謝罪汁」などという主張が、韓国言論では一般的のようです。

この、韓国言論の主張を見て思い出したのは、日韓チャットに入り浸り始めた頃、韓国人から挨拶代わりに言われていたことでした。

当時、日韓チャットで韓国人と話していると、早い段階で「友達になりましょう」と言われることは珍しくありませんでした。その頃の私は、あまり韓国人のことをよく知らなかったということもあり、大して深く考えもせず「良いですよ」と答えていた時期がありました。

ところが、私がそう答えると韓国人は即座に「では過去に日本が韓国に対してしたことを謝罪してください」と言うのです。

意味も訳もわからないのに、謝罪なんてしたくありません。私がそう言うとある韓国人はがっかりし、またある韓国人は激怒して、私を散々に罵りながら去って行きました。

彼らにとって「日本人」というのは、どうやらブランドのようなもので、「日本人の友達を持つ」というのは、韓国人同士の間では、ブランドバッグやアクセサリーを持つのにも似た一種の優越感を覚えるもののようだということは、以前も述べたことがあります。更にその日本人から謝罪を受けるというのは、彼らにとって自分が完全に日本人の優位に立ったことを確認出来るということになり、この上ない快感を感じることが出来るのでしょう。

インターネットを通じたチャット相手という、本当に日本人なのかどうか確認し得ない相手に対してさえそうなのですから、韓国人から見た【日本人ブランド】の中でも、最高位であり且つ日本国民から唯一にして絶対的な崇敬を集めている天皇陛下を謝罪させることが出来れば、韓国人の有頂天が留まるところを知らず噴きあがるであろうことは、極めて容易に想像がつきます。

噴きあがった韓国人が「日本人の中で最高の天皇陛下がウリに謝罪したのだから、日本国民はすべからくウリに対してへりくだり、ひれ伏すべき」と思うようになるであろうと考えるのは、決して大袈裟でも被害妄想でもありません。

そもそも、個人同士であっても、友好に先立って謝罪を求めるような輩と友誼を結ぶことは出来ません。それが国と国であれば尚更のことです。天皇陛下の訪韓は、日韓友好に何らの寄与もしないどころか、日本人の韓国に対する感情が今以上に悪化する材料になるでしょう。

確かに私は嫌韓で、日本人の対韓感情が悪化することについてはどちらかと言えば歓迎しております。しかし、だからと言って、天皇陛下を犠牲にしてまで日本人の対韓感情を悪化させたいなどとは、微塵も願っておりません。

韓国人が望んでいるのは陛下の訪韓ではなく、陛下を韓国で謝罪させることだということを、日本側は十分理解した上でその是非を判断しなければ、日本の象徴である天皇陛下に対して、取り返しのつかない汚点をつけることになるでしょう。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓