fc2ブログ
管理画面

危険な臭いには敏感であるべき

日韓チャットで無礼で無作法な韓国人を蹴り飛ばしまくっていたり、こういうブログを書いていると「お前は韓国や韓国人を蔑視している」と言われることが大変よくあります。

そう言われると、私は非常に不思議な気持ちになります。何故なら、私には韓国や韓国人を蔑視しているという意識がないからです。

私にあるのは、見たまま接したままの韓国や韓国人に対する感想と評価と、それらに対して備えるべき対策です。それらがどれほど韓国や韓国人、及び擁韓な方々のお気に召さないとしても、それを改めるべきは私ではなく、韓国や韓国人の方だと思います。

クサい臭いの元を断たずに、それに蓋をしてこれはクサくないと言い張り、「だって蓋してても臭いが漏れてるからクサいんだよ」と私が言えば、「それは悪口だ」「それは蔑視だ」と言われるようなもので、言われた方としては何とも釈然としません。

「そんなにクサいなら、臭いの元に近寄らなきゃ良いじゃないか」と言う人も少なくありません。確かにそれはその通りだと思います。そのクサいものの臭いが私に届かぬほど遠いところにあれば、それがどれほどの激臭であっても問題はありません。

しかしこの「クサいもの」は、仮にこちらが近寄らなくても向こうから近寄ってくることがあるのです。

世間には、「クサいもの」に惹きつけられる方もおられるようです。一般には悪臭と感じられているものに強い魅力を感じる人も、世の中には少なからずいらっしゃるのは、存じております。

人の好みは様々ですから、それぞれが個人的にひっそり楽しむ分には、それがどんな趣味や嗜好であっても、口出しするつもりは私には毛頭ありません。だから私は擁韓や親韓な方々に、転向を求めたことはいまだかつて一度もありません。

しかし逆は時々あります。

私が「これは一般的にとてもクサいので、注意しましょう」「出来れば近寄らない方が良いでしょう」「もしそれが近くにあれば、可及的速やかに廃棄する方が、公衆衛生的にも精神衛生的にも好ましいと思います」と言えば、「どこがクサいニカ!クサくなんかないニダ!良い香りニダ!たとえクサいものがあったとしても、それはごく一部ニダ!一部の臭いで全体を判断するな!」と臭いの元が言います。

もうそれだけで十分にクサいのですが、言ってる本人には自分が悪臭を放っている自覚がありません。

さらには「それは悪口だ」「それは蔑視だ」と非難し、「よく嗅いでから言え」などと言う方にも遭遇したことがあります(もう既に、頭痛がするほど嗅いでます)。

嗅覚は、非常に順応性が高い(あるいは疲労しやすい)そうです。同じ臭いを嗅ぎ続けると、段々その臭いがわからなくなることは、日常的にもよく経験することです。

ですが嗅覚は、人間にとってかなり重要な感覚でもあります。これを失うと、食べ物の味がわからなくなるという現象を、風邪をひいた時などに体験された方も多いでしょう。

これが、何を食べても味気ないというだけならすぐさま生命に関わるほどの問題でもありませんが、腐ったものや危険なものを食べてもわからなくなるということであれば、生命の危険に容易に結びつきます。

故に危険な臭いというものに対して、人は常に敏感であった方が良いと私は確信しています。

弊ブログは、単にそう言ってるだけであって、決して臭いそのものの悪口を言ったり蔑視したりしているわけではないことを、ここに改めて申し上げる次第であります。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓