fc2ブログ
管理画面

寝る前の15分で友達作り

ここ数日で、韓国関連ではちょっと目を引くニュースがふたつほどありました。

ひとつは2007年4月に起きた在米韓国人によるバージニア工科大学大量虐殺事件の八ヵ月後に自殺した在米韓国人学生の両親が、大学側を相手に4300万ドルの賠償を求める訴訟を起こしたというニュースで、もうひとつは韓国でミキサーに生きたハムスターを入れ作動させた動画をインターネットにUPした韓国人がいたというニュースでした。

どちらも実に韓国人らしさの溢れるニュースで、詳細や論評については今更申し上げることはありません。ただ、彼らがそういう生き物であるということが、広く知られるということはまことに良いことだと思います。

殺伐とした現実の韓国人社会と比べれば、日韓チャットの方は概ね平和と言えましょう。

日韓チャットに来る韓国人の言動は、これまでご紹介してきたとおり、だいたいそのパターンが決まっているので、ある程度対応を覚えればさほどに扱いに苦しむことはありません。ただし、そのパターンをはずされると、逆に困惑させられることは時々あります。

先日、日韓チャットで部屋を作っていたら、韓国人女性が入ってきました。時刻は午前0時を20分ほど過ぎた頃でした。

その韓国人女性は挨拶もそこそこに、「紹介ちょっと」と言いました。「紹介ちょっと」とは、「紹介ちょっとお願いします」の略だということは知っています。しかし初対面の人に向かって言うには、あまりにも横柄な物言いです。むっとした私は、「紹介ちょっと?」とすっとぼけて聞き返しました。

しかし相手は韓国人。その程度でめげる生き物ではありません。翻訳が悪いと思ったか、今度は英語で「introduce~」と言いました。それでもやはり「please」は付きません。私は再びすっとぼけて「introduceがどうかしましたか?」と聞き返しました。

空気の読めなさでは定評のある韓国人ですが、さすがにこの辺りで私が放つ不穏な空気に気づいたようです。今度は丁寧に「紹介お願いいたします」と言いました。

相手を尊重する気持ちが一片でもあれば、韓国人といえども自分から先に自己紹介を始めるものです。が、この韓国人女性には、まるっきりそういう気持ちがないのが余りにも透け透けです。それに仮に相手が自己紹介してからでも、こちらの個人情報を渡すつもりなど毛頭ありません。

そこで私は無愛想に「日本に住む日本人です」とだけ言いました。これでも日韓チャットでの普段の私を知る人が見れば、驚くほど寛容な対応なのですが、その韓国人はあからさまに不満そうな態度を見せます。

しかし、それでもめげないのが韓国人という生き物です。彼女は「私は韓国に住む20歳大学生です^^」と、ようやく自己紹介らしきものをしました。

が、一度斜めになった私のご機嫌はなかなか直りません。そっけなく「そうですか」とだけ答えました。

それでもめげないのが以下略。その韓国人女性は「お会い出来て嬉しいです^^」と続けます。通常この挨拶は「嬉しいです」だけであることが多いのですが、最初と比べるとかなり丁寧な物言いになりました。先ほどまでのやりとりの中で、彼女なりに学習したのでしょう。

しかしながらこの「(お会い出来て)嬉しいです」というフレーズには、毎度毎度当惑します。

「お会い出来て嬉しい」というのが単なる慣用句としても、事前にその人に会うことを多少なりとも期待していた場合でなければ適切なフレーズとは思えません。その韓国人が事前に私と会うことを期待してたとは思えませんし、もちろん私もその韓国人と会うことを全く期待していなかったのは言うまでもありません。ですから答える言葉が、私には咄嗟に思いつきません。しかたがないので、無難に「初めまして」と答えました。

この辺りまでは、比較的パターンどおりで私も余裕綽々でした。

ところが次にその韓国人、いきなり「どんなに韓国に関心を持ったの?」と言い出しました。日韓チャットにいる日本人が、韓国人に韓国について関心があるかどうかを聞かれることは頻繁にあります。しかしそれをすっ飛ばしていきなり「何故韓国に関心があるのか」と聞かれることは極めて珍しく、しかも突然タメグチを叩かれたこともあり、虚を突かれて私はしばし言葉を失います。

その「しばし」が、30秒もなかったことは八百万の神に誓えます。しかしその韓国人は、私の沈黙に対して苛立たしげに「???返事がないですね」と言いました。

気を取り直した私がようやく「質問の意味がわかりません」と言うと、その韓国人は「あ、申し訳ありません!」といきなり謝りました。それはおそらく、私の不機嫌そうな態度をなだめるために行なった無責任な謝罪ではないかと、今は思います。が、その時は何故謝られるのか訳がわかりませんでした。

困惑する私の気配にも気づかず、その韓国人女性は続けて「もし私と友達になりますか??」と言い放ちました。話があっちへ飛びこっちへ跳ねるのは韓国人の会話の仕様で、パターンのひとつでもありますが、これだけは何度やられても慣れません。

それでもどうにか気を取り直して「よく知らない人と友達になれるかどうかわかりません」と私が答えると、「あ、申し訳ありません。一方的に言って」と彼女はまたいきなり謝りました。今度の謝罪は、私にもわからないでもありません。

しかし彼女が続けて言った言葉に、私はまた絶句しました。

「私が今寝なければならないから、出てみないといけないようです」「すぐコンピューターを消さねばならないから急ぎました」

この展開で私に言えることは多くありません。説教しようったって怒鳴りつけようったって、どうせまともに聞きもせず出て行くのがわかっているのです。

私は不快を噛み殺して、「そうですか。おやすみなさい」と言うのが精一杯でした。韓国人は、私の言葉に「はい^^」と、少なくとも字面上では機嫌良く答えて出て行きました。

この間わずか15分足らず。この15分足らずで、彼女は日本人友達を作って寝るつもりであったようです。

韓国人の「お友達作り」が、インスタントでお手軽なことについては、これまでの日韓チャットでお手軽に友達になりたいと言う韓国人が数え切れないほどいたことからも、既に承知しております。かつて盛況だった日韓チャットでは、チャットルームに入るや否や「私と友達になる人、手(を挙げろ)!」と言い放つ韓国人は、さほどに珍しくありませんでした。

が、寝る前のわずか15分間ほどで日本人友達を作るつもりだったと言った韓国人は、数年来のチャット経験でも初めてでした。

日韓チャットで韓国人同士が話しているのを見ていると、彼らは初対面の相手にも非常に気軽に個人情報を晒します。もし住んでいるところが近ければ、翌日やその週末に会う約束を取り付けている者も見ます。それはリスク意識の低い若者ばかりではありません。20代後半や30代の、どこの世界に出しても大人で通用する年代の男女もしばしば見られます。そんな彼らからしてみれば、チャットを利用して就寝前の15分で日本人友達を作ろうと思うのも、それほど突飛な発想ではないのかもしれません。

韓国のニュースを見ていると、チャットで話をした相手と会ってレイプされたり、それをネタに脅迫されたりする若い女性が結構頻繁にいるようですが、私がその被害女性たちに対してあまり同情する気になれないのは、韓国人女性がチャットで極めて無防備に個人情報をおっ広げ、初対面の相手と一瞬で友達になろうとしているのをしょっちゅう見ているせいではないかと思います。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓