管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日韓ダラダラ随想

祝・先帝陛下御生誕記念日。という訳でゴールデンウィークですが、皆様如何お過ごしでしょうか。

私はと言えば、別にゴールデンウィークが理由ではありませんが、最近ちょっと執筆意欲が盛り上がりません。半島ネタはあると言えば腐るほどあるのですが、如何せん腐ってるものばかりですし、最近では日本の内政の方が半島ネタより痛かったりしますし、日韓チャットは相変わらずの閑古鳥です。

たまに来る韓国人も、入室して1分も経たぬ内に退室勧告を食らうような連中ばかりですし、居残る連中も例外なく話が噛み合いません。こちらが話を盛り上げてやろうと当たり障りの無い質問をしてみても、意識的か無意識的かはわかりませんが、どいつもこいつもそれは見事にこちらの質問をはぐらかします。こちらもしばらく食い下がってはみるのですが、どうしても話になりません。

そんなこんなでネタもまとまらないので、今回はダラダラと日韓チャットや韓国人と接しての所感などを書き連ねてみようかと思います。いつもそうだろというツッコミは、どうか無しの方向で<(_"_)>

その前に前々回記事の「騙すより騙される方が良い」に対する是非でコメント欄が賑やかですが、個人的には「騙すより騙される方が良い」という意識を美徳と考える精神が日本人から失われるのは、よろしくないと思います。

なぜなら、もし日本人社会において「騙すより騙される方が良い」という考えを美徳と考える精神が失われれば、それは相互不信で成立している朝鮮社会に近づくと考えるからです。ですから、自らを戒める言葉としての「騙すより騙される方が良い」は失われるべきではないと思います。

しかし、他人を騙すための「騙すより騙される方が良い」は、当然ですが許容されるものではありません。「騙すより騙される方が良い」という言葉は、「騙すことは悪いこと」という前提の下に、「悪いことをするぐらいなら、される方が良い」という清廉の気持ちを失わぬための戒めの言葉として理解するべきであって、決して「是非騙してくれ」と願う言葉ではないということを、言う方聞く方が共に理解していなければ意味がありません。

これは例えば、スポーツの「八百長で勝つ」「正々堂々と負ける」に置き換えれば、わかりやすいと思います。スポーツ選手が試合の前に「八百長で勝つより、正々堂々と負ける方が良い」と言ったからと言って、その選手が「負けたい」と思っているわけではないのと同じです。また、たとえ対戦相手が八百長で来るとわかっていても、八百長選手と同じように八百長で対抗したりしない方が、日本人的にはやはり好ましいと思います。

さて日韓チャットですが、最近実験的に「韓国人より先に怒る」ということを試してみました。普段の私は、彼らの発言に対して冷静に、怒らずに対応し、しかし彼らの望みとは異なるとわかっている回答をします。すると韓国人は、自分の望む回答が得られない苛立ちから、いきなりブチ切れることがよくあります。

ところが、彼らが怒る前にこちらが先に怒って見せると、不思議と彼らはおとなしいのです。それは、韓国では法よりも理よりも【感情的になっている人優先社会】だからだと日韓チャットの常連日本人会員が仰っておりましたが、実に炯眼だと思います。

日本にも「泣く子と地頭には勝てぬ」という諺がありますが、まさにその「泣く子」状態になった者が韓国では勝ちます。逆に、冷静に対処する者ほど、韓国では貧乏くじを引かされます。

だからと言って、日本人も一緒になって、癇癪を破裂させて奇声を発しながら地面をのた打ち回るべきだとは、やはり思いません。しかし、彼らと対峙する場合においては、そういう手段も(実行するかどうかは別として)選択肢に入れておかざるを得ないのは確かです。

そういう状況に長く晒される日韓チャットに、年単位で住み着いていると、人が悪くなって困るというのは、日韓チャットの常連日本人なら、たいていの方が持つ悩み(別に悩んでない人もいるかも知れませんがw)ではないかと思います。

日本人の美徳や矜持のために、朝鮮人と対峙する際に不利な選択肢を自ら選ぶか、あるいは自らの美意識に逆らう選択肢を選ばざるを得ない場合があることを考えると、日本人はまことにしんどいと思います。

日本列島が日本人だけのものになるか、せめて朝鮮人が朝鮮半島から出られないようになれば、こういうしんどさも幾らかは軽減されるのかもしれませんが、それも夢のまた夢でしょう。

このゴールデンウィーク、そんな韓国に「安いから」という理由で、わざわざ数万から十数万の費用を注ぎ込んで韓国にお出かけの日本人も少なくないようですが、どうせ行くならそういう方は是非とも、彼らの上っ面に惑わされずに、その本質を観察してきていただきたいものです。

もちろん、いくら彼らの本質を観察すると言っても、まずは身の安全を第一にされますように。特に女性はくれぐれもご注意ください。以前も、推定日本人が燭火デモに巻き込まれたことがありましたが、万一韓国で事件や犯罪に巻き込まれても、韓国内では「日本人にはちょっとくらい悪さしてもケンチャナヨ」と思われますし、日本に帰ってきても、「韓国なんかに行くからだ」と言われてしまう可能性があります。

それを覚悟の上でお出かけの方なら良いのですが、この時期にわざわざ韓国に行くような方が、そういう覚悟をお持ちとも思えませんので老婆心ながらご忠告申し上げます。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト

春なのに

先日から報道されている尼崎の在日韓国人555人子供手当て要求ネタについては、もう予定調和過ぎて失笑しか漏れませんでした。

子供手当てについては、それに釣られて民主党に投票した日本人が多かったのがそもそもの発端であり、それに対して朝鮮人が朝鮮人らしい恥知らずな行動をしただけのことでしょう。いや、日本人から見ればあれは「恥知らずな行動」ですが、朝鮮人的には「叡智に富んだ行動」だと思います。

「騙すより騙されろ」というのは、「騙すことは悪いこと」という共通認識がある者同士であれば、美徳として共有することが出来ます。しかし「騙すこと」を、「叡智」とか「他者より秀でる、あるいは他者を出し抜く、または他者を貶めるための、正当ではないかもしれないが、当然の手段」と考えてる相手に対しては、美徳どころか単なる弱点か、あるいは愚行にしかなりません。

今回の子供手当てについても、当初から「詐取が可能ではないか」と言われていたにも関わらず施行されたものであり、まさに「騙すより騙されろ」を具現化した法律であるなあとしみじみ感じ入っておりました。

というわけで、最近は半島ネタよりも日本の現政権と言うか、鳩山総理のルーピーっぷりの方がインパクトがあり過ぎて困っている筆者です、こんにちは。

もっとも、相変わらず日韓チャットでは、ルーピー話は全く話題になりません。日本人の方から「鳩山は盧武鉉を超えたかもしれぬ」などと自嘲気味に話を振っても、韓国人はまるで食いつきません。「政治話をするならドクトウリタン」などと素っ頓狂なことを言うのが精一杯です。

長年日韓チャットで韓国人の発言を眺めてきて思うことは、どうやら彼らの考える「対話」とは、「共通の話題について、互いの意見を交換し合い、出来ればそれなりの結論に至ることを目指すこと」ではなく、「各自が好悪などの単純で原始的な感情を抱く事柄に対して、それぞれが抱く感情をほしいままに垂れ流し合うこと」のようです。さもなくば、上っ面だけの意味のない言葉の応酬です。

ですので、何事についても、彼らが好悪などの原始的な感情を抱いていることであれば盛んにそれについて話題にしたがりますが、そういう感情を抱けないものについては、まことに無関心です。

ルーピー鳩山についても、しばらく前には「ハトヤマは親韓らしい」→「日本の総理がウリナラの味方!」→「チョッパリざまぁwww」とか、竹島日本領土発言の時は「ハトヤマの裏切り者!」とか言いたそうな韓国人は時々いましたが、ルーピー呼ばわりの現在では、まるで関心がなさそうです。

関心がないと言えば、韓国のホットイシューであるはずの例の軍艦沈没破裂騒動も、彼らはあまり話題にしません。こちらが振っても、ほとんど反応しません。実際に関心がないのか、それとも意図的に話題にしようとしないのかはわかりませんが、好悪などの単純な感情を抱く対象でないのは間違いなさそうです。

この軍艦沈没破裂騒動、韓国の言論機関による報道は意外なほどに頻繁に大量に行なわれておりますが、どれもこれも情報の発信者があらかじめ持つ「結論」へ導こうとするばかりで、発信される文章量の割に、情報量は多くありません。

ただ、この件に関しては、事件の原因とか真相とか、韓国人の感情とか考えとか感想なんかよりも、半島有事に結びついた場合の日本に対する影響の方が、私には重大な関心事です。

おそらくですが、今回の軍艦沈没破裂騒動が明白に北朝鮮の攻撃であったと判明したとしても、既に韓国は「北朝鮮関与が明白になっても、単独では報復しない」と明言しておりますので、西海交戦の時のように、泣き寝入りする可能性が高いとは思います。

韓国が素直に泣き寝入りして一切の報復を行なわず、北朝鮮もこれ以上いらんことをせず、これまでに起きた南北関連の事件と同じくウヤムヤに終われば、火種は残りますが、とりあえず日本は安泰でいられるだろうとは思います。火種が残ることについても、今まで通りなだけで、さほどの問題とは思いません。

しかし、もし韓国が北朝鮮に報復を行なう場合は、単独では報復しないと言ってる以上、米軍を巻き込む可能性が高いと思われます。もし米軍が半島有事に巻き込まれれば、自動的に日本も知らん顔は出来ません。

ところが、皆様既にご承知の通り、日本は現在普天間問題で米国と揉めております。更にここのところの、中国さまの露骨な日本に対する軍事的挑発行動もあり、素人目にも半島有事勃発は東アジア全体の安全保障問題を活性化させる引き金になるであろうことが見て取れます。

もしそうなった場合、日本の現政権が勃発する事態に対して的確迅速に対応出来るとは、どう贔屓目に考えても、微塵も思えません。

万一半島有事が勃発した際に、日本政府が的確迅速に対応出来なければどうなるかと言えば、将棋で言えば自分の番なのに腕組みしたまま漫然と持ち時間を消費するのと同じ状態になるでしょう。つまり、対戦相手の思うがままに駒を進められ続け、あれよあれよと言う間に詰みます。その上現実は将棋と異なり、対戦相手はひとりだけではありません。

朝鮮人同士で食い合い殺し合うだけなら、南北朝鮮人が互いに絶滅するまでやってくれても全く構わないのですが、日本が巻き込まれた場合のシナリオを考えると、味方を敵に回そうとしている政権だとか、敵の敵も敵とか、どこへどう転んでも日本にとって悲観的な材料しか出てこず、春なのにため息またひとつな気分の今日この頃なのでした。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

平和ボケの起源は日本

BBCの国際輿論調査結果について、「政権与党がルーピーズだからだと信じたい」というご意見がありましたが、同様の意見が日韓チャットの常連日本人からも出ておりました。

このご意見は、かなり説得力のあるご意見だと私も思います。つまり韓国人が、「日本に、ウリの意のままになる政権が誕生した」と理解したが故の親日意識と思えば、なるほど納得です。

以前日韓チャットで韓国人が、「日本の政治は在日僑胞(※韓国では在日韓国人のことをこう言う)が担当するようになる。その準備はもう出来ている」と言ったことがありました。

その時は「日本の政治は在日僑胞が担当する」というのを、在日外国人特別永住者限定参政権のことだと思っていました。しかし実は、それは現政権与党のことを言ってたのかも知れません。

いずれにせよ、以前申し上げたように、鳩山総理の竹島日本領土発言に韓国人が奇妙な反応を示したことからも、日本の現政権与党が日本の将来や国益のためではなく、韓国のために行動すると韓国人から思われていた可能性は濃厚です。

さてその韓国。例の軍艦沈没破裂騒動は、相変わらず順調にグダグダ中です。韓国軍や韓国政府、韓国主要言論は北朝鮮の関与を強く疑っているようですが、韓国左派市民や韓国左派言論は韓国軍の自爆だと言いたい様子。

また韓国に亡命した黄長を暗殺するために、北朝鮮のスパイが韓国に偽装脱北していたとやらで、朝鮮半島は大変きな臭い今日この頃です。

今回韓国で逮捕された北朝鮮工作員は2名ですが、北朝鮮の対南工作員がこの2名だけということは絶対に有り得ません。今回の2名は氷山の一角で、現在も更に多くの対南工作員が韓国に潜伏しているであろうことは、想像に難くありません。

にもかかわらず、前政権、前々政権の10年で、現在の韓国では南北親和を唱える韓国人が少なくありません。朝鮮戦争を体験した韓国人が北朝鮮に対する警戒を唱えると、若い韓国人は「いつの話をしているのか」とか「まだそんな話をするのか」「今はそんな時代ではない」と言うのだそうです。

朝鮮戦争の時の北朝鮮人の所業を話し、北朝鮮に対する警戒を唱える朝鮮戦争体験者に対して、「今は過去の戦争を忘れて南北和親をする時代」と言った若い韓国人がいたと日韓チャットの常連韓国人が話しておりましたが、韓国人は過去の戦争を忘れる前に、その「過去の戦争」がまだ終わっていないことを思い出さなければならないのではないかと思います。

こういう今の若い韓国人の言動を、「韓国人の平和ボケ」と笑うことは出来ます。出来ますが、同じぐらい、いやそれ以上の可能性で日本にも北朝鮮の工作員が潜伏しているのであろうなと思うと、あまり笑えません。その上、日本には北朝鮮だけではなく、韓国からの工作員も多数潜伏していると思われます。むしろ総連や民団という受け皿のある日本の方が、南北朝鮮人工作員は潜入・潜伏しやすいでしょう。

国交がなく、往来が困難な北朝鮮籍の者はまだしも、韓国籍で90日以内の短期滞在目的の者ならば、日本に堂々と無査証で入国・滞在が可能です。竹島の日にも、日本でのデモが目的でやってきた韓国人どもがおりましたが、彼らが政治活動を入国目的と正直に申告して日本に入国したとは思えません。WANKなどの団体が日本で工作活動を行うことも、極めて容易です。

韓国籍であれば、わざわざ取りづらいビザや滞在資格を無理して取らなくても、90日ごとに日本を出国して韓国に帰れば1年の大半を日本で過ごすことも理屈の上では可能で合法です。福岡辺りなら、高速船を使って極めて安価に日本と韓国を往来することが可能ですから、実際にそうして日本に長期滞在している韓国人も、きっと少なからずいるでしょう。

更に韓国の場合は、本人にもその自覚のある工作員だけではありません。善意の工作員とでも申しましょうか、韓国人は全くの素人や一般市民でさえも、無自覚かつナチュラルに工作活動を行ないます。

例えば現在の日韓チャットでは、日本人IDで盛んに韓国人に謝罪して回っている奴がいます。「日韓歴史討論」などという部屋を作って韓国人を呼び込んでは、討論も何もいきなり「日本が悪い。謝罪します」とやらかします。それがあまりに不自然な展開なので、韓国人でさえドン引きするほどです。あるいは某脳足りん君のように、誰に頼まれているのか知りませんが、ネットで一所懸命対日工作活動に勤しんでいる韓国人もおります。

日本(人)に強いシンパシーを抱いている韓国人であっても、善意の工作員である可能性は低くありません。そういう韓国人であっても、日本(人)に良かれと思って(無自覚の)工作活動を行なう可能性があります。

朝鮮人社会は相互不信で成立しておりますから、韓国人は物心ついた頃から他者を騙す訓練が出来ております。彼らは心の底から本心で誠実に自然にスムーズに他人を騙します。それに引き換え日本人の方は、いまだに「騙すより騙される方が良い」などと真顔で言う人がおり、それに共感する人も少なくありません。韓国人から見れば、これほど騙しやすい人々もないでしょう。

「韓国の平和ボケ」を見て笑うのも良いですが、笑いながらもそれを以て他山の石として、我が身を省みることは忘れないようにしたいものだなと、韓国関連の報道を見ながら思った次第です。

と言うかもし今、半島有事が勃発したら、それに伴って発生するさまざまな事態に日本の現政権が対応出来るとは到底思えず、最近の半島情勢をウォッチするのは、韓国を観察するためと言うよりは、半島有事が勃発したときに起こるであろう日本の大混乱に対する心の準備をするためになっている私でした。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

韓国が親日になるという恐怖

せっかくお題のリクエストをコメントにていただいたのですが、我が家は合法的にNHKの受信料を支払っておりません。故に大変残念ながらNHKスペシャルを見ることは出来ませんでした。ネタ不足の折から、お題をいただくことは大変にありがたいのですが、お応えすることが出来ず、まことに申し訳ございませんでした<(_"_)>

昔、NHK特集「永平寺」のVTRを大学の図書館で見たことがあります。たまたま全く同じテーマで、別のドキュメンタリー制作会社(制作会社名、作品名失念)VTRがあり、図らずも見比べることになりました。

このふたつのVTR、全く同じテーマのドキュメンタリーだったために、素人目にもNHK特集のクオリティの高さがはっきりと見て取れ、NHKのドキュメンタリー番組制作能力の高さに驚いた記憶があります。

それだけに、NHKスペシャル番組の内容は真実っぽく見えてしまうわけで、制作側に妙な意図や思想が入り込むと非常に危険でもあると思います。

もっとも、番組制作側に妙な意図や思想があることは、日本のマスコミに限ったことではないかもしれませんが、珍しくありません。問題は「制作側に妙な意図や思想がある」ということを、知らない視聴者側が多いということでしょう。こればっかりは各人がそれぞれ自発的に意識を持たない限り、どうしようもありません。

そう言えば日韓チャットの韓国人も、資料にテレビ番組を出すことがしばしばあります。それを嘲笑すると、「テレビのドキュメンタリー番組やニュースは、ちゃんと調査しているから全て事実だ」とむきになって言い張る韓国人が珍しくありません。そんな韓国人のように、自分で資料を確認して自分の頭で考えるということをしない(あるいは出来ない)人に対しては、ああいうドキュメンタリー番組による工作活動は、極めて有効なのだろうなと思います。

さて先日、BBCによる国際輿論調査結果の発表がありました。日本はドイツに次ぐ世界2位(EUと同率2位)で、比較的良好な評価を得ているのはいつもどおりとして、個人的に大変気になったのが日本に対する韓国の評価です。

私の記憶によれば、前回の調査結果では、日本に対して、確か中国と韓国の2カ国だけが突出して悪い印象を持っていたはずでした。ところが今回の調査結果では、中国1カ国のみが日本に対して悪い評価を下しているとなっています。

そこで前回の資料を探して、日本に対する韓国の調査結果を確認してみました。

2010y04m20d_090108772.jpg
クリックで拡大します。
左が2007年の調査結果、右が2010年の調査結果です。
(※赤下線は筆者加筆)

表をご覧いただければ一目瞭然ですが、前回(2007年)調査の時はPositive31% Negative58%に対し、今回(2010年)調査ではPositive64% Negative29%と、何と前回調査の結果とは真逆と言って良いほどの逆転っぷり。同じ国で同じことについて、わずか3年後に調査した結果とは思えないほどです。他の国の前回評価と比較しても、ここまで見事にひっくり返っている例はありません。

これは、例えば反日政権だった盧武鉉から、比較的親日な李明博政権に変わったためとか、日本文化の開放政策が韓国で実施された結果とか、景気が悪くなったので日本に韓国が事大し始めているだけとか、色々理由は考えられるでしょう。

しかし理由はこの際どうでも良いのです。私が何より恐れるのは、韓国が「ウリナラはこのとおり親日ニダ。だからチョッパリはウリナラと仲良くするジマ」などと言い出し、「そうだなあ、資料を見れば韓国は親日だし、仲良くしなきゃいけないかもしれないな」などと言い出す人の好い日本人が増えることです。

以前も申し上げたことがありますが、韓国が反日をやめたからと言って、韓国人が変わることはありません。彼らの異常性は反日から来るものではないからです。反日は、単に彼らの異常性の発露の一表現形なだけです。逆に日本にとっては、韓国の反日は彼らの異常性が理解し易いという意味で、歓迎材料とさえ考えられます。

多くの韓国人の性格が、自己愛性人格障害者の性格と酷似していることはよく指摘されています。そういう人と接しざるを得ない環境にあると、好かれても嫌われても被害を免れることは難しいのですが、好かれる方が被害が深刻になる可能性があります。

自己愛性人格障害者と接しざるを得ない場合の接し方については、【基本的に「彼ら」を常に誉めそやし、「彼ら」から常時貶められる事に耐えるしかない】と言われています。それは例え「彼ら」がこちらに好意を持っていたとしても、同じです。

むしろ「彼ら」がこちらに好意を持っていれば、こちらがどれほど「彼ら」を拒絶しても、「彼ら」はこちらに執着するであろう分だけ危険と思われます。それはストーカー被害が時に凄惨な結果を招くことからも、容易にご理解いただけるでしょう。おまけに自己愛性人格障害者と共依存関係に陥る人は、自己愛性人格障害者と共依存関係に陥る人との二者だけの関係に収まらず、たいてい周囲の人をも巻き込みます。

そういう危険性を鑑み、今回のBBC国際輿論調査の結果を受けて、日本は今後韓国に対し竹島や靖国を連発し、次回には2007年以上の結果に戻るように邁進努力しなければならないと強く思った次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

現在可能で、最も現実的な日韓友好の実現方法

桜も散ったと言うのに、ここ数日の寒さは、寒の戻りというにはあまりにも寒過ぎます。関東辺りのように雪や霙までは降りませんが、最高気温が10度を割り込むというのは、この辺りでは真冬並みと言って良い冷え込みです。

冷え込みと言えば、このところの内閣支持率の冷え込みっぷりは、凄まじい勢いがあります。以前から個人的に、マスコミが発表する現在の内閣支持率には、30%程度の底上げがされてるのではないかと思っていたのですが、とうとうそのプラス補正効果もなくなってしまったようです。

そう言えば、「宇宙人を信じる」という日本人が29%いるそうですが、この期に及んだ内閣支持率と微妙な一致を見せていると笑っていたら、その後更にそれを割り込んだのには、笑わせていただきました。

もっとも個人的には、鳩山総理には宇宙人よりも、故盧武鉉が憑依しているのではないかと思うことが少なくありません。

鳩山総理の言うことやることなすことのあまりの盧武鉉っぷりに、もし日韓チャットで韓国人に、「日本のハトヤマ総理の盧武鉉っぷりワロタ」とか言われたら、それが奴らを喜ばせるとわかっていても思わずマジギレするんじゃないかと思うぐらいなのですが、不思議なことにそう言う韓国人には、いまだに一人も遭遇しません。

ただ、鳩山総理が「竹島は日本領土」と明言したことについて、韓国人は妙な反応を示しております。

妙な反応と言うのは、彼らはまるで鳩山総理が竹島を日本領土と言うなどとは夢にも思っていなかったというような反応です。もっと端的に言うならば、「韓国の味方のはずのハトヤマがウリナラを裏切った」という反応です。

日本の総理大臣が竹島を日本領土と言うのは当然過ぎるほど当然で、今更それをとやかく言うことさえ違和感を感じることなのですが、韓国人は今回の鳩山総理の発言に、在韓日本人や在日韓国人が韓国内で「竹島は日本領土」と言った時と同じような受け取り方と反応を見せております。

この反応から、鳩山総理が日本ではなく韓国に全面的に肩入れするのが当然という韓国人の確信が伺えます。果たしてその確信は、一体どこからやってきたものなのでしょうか。

ネタレベルではありますが、鳩山総理夫人や小沢一郎という、鳩山総理に大きな影響力を持つ周辺人物が朝鮮人だからという説があります。

確かにこの二名については、朝鮮人を思わせる言動が少なくありません。

鳩山総理夫人は韓流ファンを公言しており、夫の留守中に「プライベートに」韓国男優を首相公邸に引っ張り込んだりしており、ご本人の血統が実際に朝鮮人かどうかはともかく、精神が朝鮮人の可能性は低くないと思います。

小沢一郎についても、血統は存じ上げませんが、その言動は非常に朝鮮人らしいと思います。特に記者から質問されると、都合の悪い質問に対しては「法律で決まってない」とか、まともに答えずに「もっと勉強しなさい」などと言って煙に巻くのは日韓チャットの韓国人にも大変ポピュラーに見られる行動様式です。こちらも精神は朝鮮人と遜色ないと言って良いでしょう。

しかし総理の周辺人物が朝鮮人だとか、朝鮮人的精神を持っているかどうかなどということよりも、総理本人に盧武鉉が憑依しているのではないかと思うような状態が、一番の問題ではないかと思います。韓国人も、それを本能的に察して、鳩山総理を韓国の政治家と同一視しているのではないでしょうか。

実際に憑依されているかどうかはさておき、盧武鉉のような行動や発言をする人物が日本の国益のために働くとも働けるとも思えず、韓国人がいないことの多い日韓チャットでは、日本人同士で現政権についてぼやくことしきりです。

ぼやく勢いが余って「G型トラクターの広告ってどこに出せば良いの?」という話が出たことがありました。

その時、「何もプロに頼まなくても、【独島妄言を討て!】と言って煽れば、喜んで踊る朝鮮人テロリストがいるんじゃないか?」という話になり、「もし朝鮮人テロリストが鳩山総理を【処断】(韓国では、朝鮮人テロリストによる日本人暗殺は【処断】と表現されることが多い)すればどうなるか」という話になりました。

皆様既にご存知の通り、朝鮮人が民族的英雄になる一番確実な方法は、日本人を殺害することです。そのターゲットが無名の庶民よりは有名人、有名人の中でも権威や権力者であればあるほど、あるいは殺害した人数が多ければ多いほど、朝鮮人から英雄視される度合いは強くなります。それは金嬉老や、尹奉吉安重根を見れば説明する必要もないでしょう。

もし朝鮮人テロリストによる鳩山総理の【処断】が実現すれば、日本人にとっては、「国が持たなくなる」という危険を回避出来、朝鮮人にとっては新たな民族的英雄を得ることが出来、日韓双方がWin-Winの結果を得ることが出来ます。その結果、両国民の感情も緩和されることが期待出来、これほど日韓友好を現実化するのに理想的な方法は、少なくとも現在の時点では他にないでしょう。

個人的に日韓友好については、全く積極的に望むものではありません。しかし日本が持たなくなるのは困ります。それが真に日本の国益となるのであれば、私個人如きの望まぬ日韓友好が実現化することになったとしても、文句を言う筋合いはありません。

ついては鳩山総理におかれましては、是非とも「一粒のもし麦死なずば」の精神を発揮していただき、より一層朝鮮人テロリストを煽り倒して、日韓友好の礎となっていただければと願う次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

確信犯的ミスリードを図る人たち

なんかもう、現政権のダメダメさにかてて加えて、中国さまがUPを始めたニュースまで出てきてしまいました。いろんな意味で、これはもうだめかもわからんねな気分がする今日この頃です。

そういう気分から目を逸らしても韓国ってのが情けない話ですが、それも自ら選んだ道。本日も粛々と参ります。

韓流捏風に浮かれた人や、韓国(人)にはまって脱けたくても脱けられなくなった人、あるいは朝鮮人的マインドの人の中には、韓国(人)について意図的に日本人をミスリードしようとする人がいます。

そのミスリードとは、彼らの言を借りて言えば「ポジティブに」でしょう。例えば、韓国人については、「情が厚くて人懐っこくて裏表がなくて思ったことを率直に言うので時に激しい口論になることはあるが根に持たないので尾を引かない」などとよく言います。これなどはミスリードの最たるものと言って良いでしょう。こういうふうに、韓国(人)について日本人をミスリードに誘う人は、必ずしも朝鮮人やその血統の保持者とは限りません。

そういう人々は、朝鮮人がどういう生き物なのかあまり詳しくないという場合も、ないわけではありません。かつて在日朝鮮人の帰国事業が行なわれた頃に、無責任に北朝鮮を褒め讃えた人々などは、まさにその「朝鮮人がどのような生き物なのかあまり詳しくない人々」でしょう。あれは、無責任に北朝鮮を賛美することで、相対的に日本を貶め蔑みたいという薄汚い下心から行なわれたものであったことは、既に歴史が証明しています。

もっともミスリードを促されたとしても、北朝鮮に関しては、韓国と比べると情報量が圧倒的に少ないし、実際に現地を訪れるにしても、韓国と比べると数倍の手間と渡航費用が掛かります。そのためよほどの物好きか、さもなければ北朝鮮の宣伝工作に利用されるために招待される人ぐらいしか行かないでしょう。その分、ミスリードの余地も韓国と比較すれば少ないと言えます。もっともいくら良いようにミスリードしようとしても、北朝鮮自らイメージを悪化させるようなことをやり続けているというのもありますが。

対する韓国の方は、少々厄介です。韓流捏風だけではなく、何故か日本から訪れる場合、まるでそう決められてでもいるかのように、最も渡航費用の安い国が韓国とされており、その上短期滞在査証が免除されていたり、ワーキングホリデー枠が拡大されたりと、やたらと両国間の交流を煽る風潮が官民共に強烈です。

その結果、韓国をよく知るようになった人や、韓国人と結婚した人、自主的強制的を問わず韓国に住むようになった人がずいぶん増えたわけですが、その中には、韓国(人)の悪い点危険な点をある程度熟知していながら、あえてそれを伏せたり、あるいは(良いように)ねじ曲げて日本人に伝えようとする人がいます。

本来そういうことは、主に日本に詳しかったり、日本語が堪能な韓国人(在日含む)が行なっていた工作活動なのですが、ネットの普及もあってか、日本人でありながら、特に誰に頼まれたわけでもないだろうに、そういうことをする人を散見するようになりました。

そういう人の韓国(人)に関する言い分は、まるで韓国人と同じです。即ち「韓国(人)の悪いところは見ないで、良いところだけを見るようにする」「韓国(人)の悪いところもがあっても、良いように考える」「もしどうしても、韓国(人)の悪いところを見ないようにすることも、良いように考えることも出来なければ、日本の悪いところをあげつらうことで相殺する」というものです。

韓国人がこういうことをする理由は、わからなくもありません。しかし何故日本人が、しかも韓国のことを熟知した日本人がそういうことをするのでしょうか。

ひとつには、「自分が信じたものを否定したくない」という気持ちがあると思います。一度でも「良い」と思ったものを否定するのは、そう思った自分を否定することでもあります。要するに、「私はバカでした」と表明するようなもので、これは結構つらいものがあります。

もうひとつには、同じ穴のムジナを増やそうという魂胆があるのかもしれません。韓国は、韓国人化してしまえば案外住み良い部分があるようです。糞壷に頭まで浸かりきってしまえば、それ以上汚れる心配をしなくて済む、という安心感のようなものではないかと推測します。

そういう「安心感」は、私には到底理解も共感も出来ませんが、それを心地よいと感じている人がいるのは事実であり、その心地よさを理解してもらいたい、分かち合いたいという気持ちが、彼らをして韓国人がするような工作活動に勤しませているのかもしれません。

いずれにしても、また相手が日本人であろうと韓国人であろうと、「韓国(人)の悪いところは見ないで、良いところだけを見るようにする」「悪いところもがあっても、良いように受け止める」「もしどうしても、悪いところを見ないようにすることも、良いように受け止めることも出来なければ、日本の悪いところをあげつらって相殺する」という論法を用いる者の言は、眉に唾をつけつつ聞くのが正しい姿勢ということを、改めて強調しておきたいと思います。

共に糞壷に頭まで浸かるというのもまた一興と思える方ならば、そこまで警戒する必要もないかもしれませんが、そうでない方は是非に。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

そういう隣人と仲良くなりたいですか?

長年韓国(人)をウォッチしてきて痛感するのは、「彼らは決して変わらない」ということです。

実は日本人韓国ウォッチャーの中には、「韓国人も変わってきた」とか「変わり得る」と考えている人もいます。確かに表面上の多少の変化は、ないこともありません。以前も述べましたが、昔の日韓チャットでは日本人に韓国人が、挨拶代わりに日韓の過去についての謝罪と賠償を求めるのが普通でした。しかし最近、そんな韓国人はとんと見ません。これは確かに変化と言えるでしょう。

では彼らが、日韓の過去の歴史について認識を新たにしたのかと言えば、先だっての日韓歴史共同研究報告を見ても、そんなことは全くないということが明白過ぎるほど明白です。

日本人に「ざまぁみろ」と言うためのネタの変化、有り体に言えばネタの流行り廃りは確かにあります。しかし「日本人に【ざまぁみろ】と言いたい」という彼らの本質は、微塵の揺るぎもありません。

また前回の記事で書いた通り、彼らの精神的均質性は極めて高く、「ウリ」として韓国人社会に精神的に同化しない韓国人は、韓国社会からオミットされます。そのため、仮に個人の韓国人が変わり得るとしても、韓国人社会としては永遠に変わりません。

もし本気で韓国人(社会)を変えようと思ったら、韓国人一人に付き先進国の外国人を二人以上付けて、韓国人同士が精神的均質性を共有出来ないようにしなければなりますまい。そんなことは現実として不可能ですし、仮に可能だとしても、それをやったところで誰が得をするのかという問題があります。

日韓関係において韓国人が変わり得ないのであれば、変わるべきは日本人側でしょう。

しかし現実問題として、いまだに韓流捏風に浮かれる日本人もいるように、日本人と言ってもさまざまです。はっきり申し上げると、マインド的に朝鮮人な日本人は、さほどに珍しくありません。社会人を普通に何年かやれば、朝鮮人的マインドの日本人に遭遇しない方が難しいでしょう。また某巨大匿名掲示板の家庭板にある幾つかの名物スレッドや、あるいは某小町を覗くと、そういう日本人の具体例をたくさん見ることが出来ます。

朝鮮人マインドの日本人は、日本人的美徳どころか、常識や道徳観さえ備えておらず、その代わり自分に都合の良いように解釈した人権意識や社会通念をふりかざします。また無駄に行動力があり、地道で真面目な努力は一寸でも惜しむけれど、ズルやインチキをすることについては労力を惜しみません。他人が得をすることは全て自分の損になることと考え、常に自分より得をしている誰かがいないかアンテナを張っています。「お前の物は俺の物、俺の物は俺の物」というジャイアニズムを、大の大人が何の疑問も抱かず平然と実行します。それに対して非難されたり責任を問われれば弱者面や被害者面をし、それが通用せず強制的に責任を取らされれば、逆恨みして暴力や犯罪行為に訴えることも全く躊躇しません。

そういう人とは会話が通じないことが多く、こちらの日本語が通じませんし、相手の話す日本語も、確かに日本語なのに意味がわかりません。

そういう人の話を他人事として見聞きたり、読み物として読んでいる分には、結構面白いのです。何しろ話の展開がいつも想像を絶します。「何故そうなる」、「どうしてこうなった」がくるくると目まぐるしく展開するので、下手な小説よりスリリングでエキサイティングです。

問題は、それが他人事ではなく、自分の身に降りかかる場合でしょう。

例えば、爪に火を灯して買った小さな戸建て。これでようやくオレ様も、小さいながらも一国一城の主と悦に入っていたら、隣の人が「そういう人」だった場合などは、本当に泣くに泣けません。

更につらいのは、周囲の人から「そんなこと言っても、隣人なんだから仲良くしなきゃ」と言われる場合でしょう。仲良くすることでこちらには何のメリットもないどころか、明白な被害が発生するにも関わらず、周囲からは「でも隣人なんだから仲良くしなきゃ」と言われるのです。どんなに隣人から受ける被害と苦痛を訴えても「でも隣人なんだから仲良くしなきゃ」で、誰にも聞いてもらえないのです。酷い場合には、同居の家族からさえも「隣人なんだから」と言って交際を続けるように言われることがあるでしょう。

だからと言って、ウン十年のローンを組んだばかりの、まだ床の間の柱一本の代金も払ってない状態の家です。簡単に手放して転居するわけにもいきません。

まさに日韓とはそういう関係ではないかと思います。「【隣国だから】仲良くしなければならない」というのが、どれほど理不尽な理由か、そういう状態に陥ったことのある方には、実感としてご理解いただけるのではないでしょうか。

「そういう人」をマトモな人に変える努力をするよりも、家族及び周辺住人に対して「そういう人とは極力関係を断ち、可能な限り接触しない」というコンセンサスを構築する方が現実的な対応という点も、そのまま日韓関係に言えることではないかと思います。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

いくら考えても無理

長らく日韓チャットを通して韓国人を見て、更にこんなブログを書いていて思うのが、韓国人という生き物の面倒臭さです。

まず彼らの、薄くて浅くて上っ面という点です。彼らの「薄くて浅くて上っ面」は日本人の想像を遥かに凌駕しております。普通はどんなにつまらないものに見えても、深く調べたり関わったりしてみると、驚くほど色んな発見があるものです。しかし韓国人については、逆に驚くほど単純で浅薄です。私も、まさかこんなに薄くて浅くて薄っぺらなはずがないと必死で調べたり考えてたりしているのですが、今のところめぼしい収穫はありません。

それから、日本人から見れば、まさかこんなつまらない見栄を張ったり、まさかこんな見え透いた嘘を吐いたり、まさかこんなくだらない主張をしたりするまいと思うようなことを、彼らはつるりするりとやってのけます。それがあまりにもナチュラルでスムーズなので、日本人はまさかと思うことさえ出来ないことがあります。

更に彼らは幾重にもねじれており、表と裏が不規則に入れ替わります。思考や行動の軸がいつも必ずブレまくるという点で彼らはブレが無く、3人居れば4つ派閥が出来るというぐらい節操がありません。このため、「薄くて浅くて上っ面」なのに把握が困難で、誤解を生じやすい傾向があります。

韓国人について説明する場合、基本は「ウリ」と「ナム」と「恨」で大方説明出来る(と言うか、それ以外ないに等しい)のですが、問題はこの「ウリ」「ナム」「恨」の概念が日本人にはなかなか理解しづらい点でしょう。

「ナム」は、「ウリ以外」と考えれば比較的理解が容易いかと思います。問題は「ウリ」でして、これは実に変幻自在で恣意的な概念です。日本人にわかりやすく言うならば、「自我に無条件で共感、あるいは同調する者」でしょうか。

本来、「自我」と言えば、普通はそれこそ人ごとに違います。ところが韓国人の場合は、この「自我」が個人の枠をはみ出て、他者を取り込みます。取り込まれない他者は自動的に「ナム」となってしまいます。

韓国社会で「ナム」となることは、その個体の生存を危うくさせることでもありますから、韓国人は積極的にその「自我」同調しようとします。あるいは、いろんな意味で強い個体がいれば、自らの自我をもって「ウリの自我」とするかもしれません。

韓国人を評して「量産型」とか「金太郎飴」などと言うように、彼らの精神的均質性が極めて高いのも、彼らが自分自身の自我よりは、「ウリの自我」に依拠しているからでしょう。

日本人は、他者を慮るということを美徳としております。そのためか、韓国人は「ウリ」に同調してもらいたがっているということを察して、一所懸命同調しようとする日本人も、少なくありません。

しかし日本人の場合は、一方的に他者を慮るばかりではありません。互いに慮り、譲り合うことを期待しています。日本人同士であればそれを察して、互いに慮れる部分は慮り、譲れる部分は譲り合うことでバランスを取るわけです。

ところが韓国人の場合は、「他者を慮る」という意識がありません。何故なら「他者」=「ナム」は慮るべき存在ではないからです。慮るべきは「ウリ」だけで、「ナム」は徹底排除するのが彼らの流儀です。

以前ご覧に入れた、人種による韓国人の態度の違いについても、あれは人種差別意識に由来すると言うよりは、韓国人の「欧米人にはウリと思われたい」という意識と、「東南アジア人はナム」という意識に由来するのではないかと思います。まぁ、それを「人種差別意識」と言うことも出来ますがw

いずれにしても、日本人が韓国人と接する場合は、常に一方的に日本人が韓国人を慮るばかりになります。

いや、そんなことはない、韓国人だって日本人を慮ることはある、と言う人もいるでしょう。特に韓国人と接したことのある(あるいは現在進行形で韓国人と接している)人などは、そう言うのではないかと思います。

しかしその「慮り」は、たいてい韓国人の一方的で自己陶酔的な「慮り」です。以前弊ブログでご紹介した、韓国人高校生の贈り物の話を思い出していただければわかりやすいかと思います。

確かに、韓国人も日本人を慮る姿勢を見せることはありますが、それは決して日本人の考える「慮り」ではなく、「チョッパリを慮るウリって、誇らしい」という意識から来る「慮り」です。日本人はそれを「ああ、これは韓国人の慮りなのだな」と積極的且つ好意的に理解してあげなくてはならないわけです。

逆に韓国人から見れば、日本人的なさりげない慮りとは、まことに曖昧模糊としていて実感のないものなのかもしれません。

「ウリの自我」をはっきりと打ち出し、それに同調を求めることで親しくなれると考えている韓国人から見れば、「ウリ」という意識のない日本人の、「自我を他者に押し付けない」という態度は、実に奇々怪々で不可思議なものに見えるでしょう。

日韓について考察を重ねれば重ねるほど、少なくとも日本人側から見れば、日韓とは互いに相容れない存在であると結論づけざるを得ないと、痛感する次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

対抗手段はあるのだけれど

前回記事のコメントに「韓国人にとって怒っている日本人をなだめることはどのような状態なんでしょうか。」というご質問がありましたが、これは単に彼らの本能的反応でしょう。

猫の尻尾と思って思いっきり踏んづけたら、実は虎の尾でした、みたいなものです。ご高察の通り、憤る日本人をなだめることで優越感に浸るというようなことはないと、私も思います。彼らは、激怒する日本人にはかなり怯えますからw

さて、今回は前回記事に関連してのお話です。

前回記事に書いた通り、何事につけ彼らは日本人に対して「ざまぁみろ」と言いたがります。直近の例では、日本の教科書に韓国がケチをつけておりますが、まさにあれが典型例です。そうすることで彼らは、日本(人)より韓国(人)が優位にあることを確認しようとするのでしょう。これも理屈ではありません。彼らの本能です。

先日、日韓チャットの常連日本人会員とそういう話になった時に、韓国人の「ざまぁみろ」にどう対応するかという話をしてもらいました。

曰く、こちらも「ざまぁみろ」で返せば良し、ということでした。

例えば、日帝統治について韓国人にとやかく言われれば、こちらは「ざまぁみろ」と答えるのです。「日帝による朝鮮統治は、人類史上最悪の残酷な統治だった」と韓国人が日本人を責めれば、日本人は韓国人に「日本人に支配されたことがそんなに悔しいかw」と言えば良いわけです。

これは実は、日本人にはとっさに思いつかない対応だったりします。私も長らく日韓チャットをやっていますが、韓国人から日本の非を穿たれた時に「知らねぇよ」とか「うるせぇ」「うぜぇ」「資料出せ」などとはよく言いましたが、「ざまぁみろ」と答えた経験は記憶にありません。

韓国人はそれを知っているのです。日本人に何を言っても、日本人が決して「ざまぁみろ」とは言わないことを。だから彼らは安心して、日本人に向かって「ざまぁみろ」と言いたがります。

韓国人が日本人に向かって「ざまぁみろ」と言うのは、そう言えば日本人が地団駄踏んで悔しがると期待しているからです。それは裏返せば、彼らが日本人に「ざまぁみろ」と言われると、地団駄踏んで悔しがるということでもあるわけです。

そう言われてみれば思い当たることはあります。

私が日韓チャットを始めたばかりの頃、例によってチャットで韓国人に日帝統治について責められました。責められたと言うよりは、恨み言を並べられ、切々と謝罪を求められました。それに対し、まだ日本についても韓国についてもさほどに知識のなかった私は、特に激昂することもなく強く反駁することもなく、淡々と答えていたと思います。

そういう私の態度は、韓国人から見れば、一見反省しているように見えたのでしょう。やがてその韓国人は、私に対して非常に好意的な態度を見せ始めました。具体的には「あなたも日本の過去で苦しんでいるのですね」というようなことを言っておりました。

ところが、その後私がぽつりと言った一言で、その韓国人は激怒します。その一言とは「韓国人が日本に対して、日帝統治を謝罪しろ反省しろと言うならば、日本人が韓国人に対して、日帝統治を感謝しろ・・・」でした。

実はこの「感謝しろ・・・」の後に、「と言ってもしかたないのではないか?」という問いかけが続くはずだったのですが、その韓国人は「感謝しろ」と私が発言した瞬間に、物凄い勢いで激怒し始め、それまでの穏やかで好意的な態度が別人だったのだろうかと思うぐらいありったけの罵詈雑言を吐き散らかし、私に発言する暇を与えず、憤然と部屋を出て行きました。

当時の私は、韓国人気ぃ短けーと呆気に取られるばかりでしたが、今から思えばあれは期せずして、「ざまぁみろ」返しをやったような形になったわけです。

この「ざまぁみろ」返し、韓国人に対する効果は抜群だと思うのですが、難点は日本人から非難を受けるであろうことです。

韓国人の「ざまぁみろ」に対して日本人も「ざまぁみろ」で応じれば、いわゆる「良心的日本人」の皆様はおそらく、品がない、同じ日本人として恥ずかしい、韓国人と同じレベルに落ちている等々の非難を、「ざまぁみろ」返しした日本人にぶつけるでしょう。

韓国人からの正面攻撃よりも、こういう日本人からされる背後からの攻撃を捌く方が、実は心身両面のパワーを奪われます。

何しろ、それらは確かに全て仰る通りなのです。韓国人の「ざまぁみろ」と同じレベルの「ざまぁみろ」返しは大変下品ですし、そういう下品な発言は日本人として慚愧に堪えないというのはよくわかります。

ならば日本人として品格を保ちながら、韓国人からの攻撃を捌けるのかと言えば、それは大変に難しいと思います。何しろ韓国人は、日本人の「日本人としての品格を保ちたい」という部分を巧みに突いてくるからです。

それは言わば、禁じ手無し武器凶器兵器使用も多勢に無勢も飛び入り助っ人も何でもありルール一切無用の喧嘩で、「私はスポーツマンとして(自分で自分に課した)ルールに則って、正々堂々と闘う」と宣言しているようなものです。そう言う者がよほど強ければどうかわかりませんが、並の力量の者では、相手が子供であってもまず勝てないでしょう。

韓国人と闘う時、日本人は常にそういう闘い方を強いられます。それでは日本人は、いつまでも韓国人の良いようにされるばかりでしょう。

品がない相手に品格で対抗しても意味がありません。言葉の意味を持たない者に、言葉で理解を求めても通じるはずがありません。韓国人を相手にする日本人は、まずそういう認識を持つところから始めなければならないというのもまた、日本人が背負ったハンディキャップなのです。

その上更に、日本側は前線に立つ者を背後から撃つ者までいるのですから、いつまで経っても韓国人の「ざまぁみろ」をやめさせることが出来ないのも当然のことで、しみじみ日本人はしんどいなあと思う今日この頃です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

それを「友好」と言うならば

前回記事に「コリアンって、日本人をいじることが楽しくてやめられない愚かな生き物」というコメントをいただきましたが、これは日韓チャットの常連日本人も似たようなことを言ってましたし、他所様の韓国ウォッチ系ブログのコメント欄でも、似たようなコメントを見かけたことがあります。

彼らが日本(人)に粘着する大きな理由に、「日本人を悔しがらせたい」というのがあります。竹島問題などはその最たるものと言って良いでしょう。

何故彼らはそんなに日本人を悔しがらせたいのでしょうか。

まず日本人が悔しがることによって得られるであろう優越感というのが、大きな理由のひとつかもしれません。しかし、例えば中国の反日デモ騒動の時がそうでしたが、彼らが「日本人は心底悔しがっている」とか「心底恐れている」と思った時は、日本人に対してまるで心配したり、かばうような態度を取ることがあります。

私がウォッチしている在韓日本人のブログでも、韓国中が反日ムード一色の時に、その在韓日本人の周囲の韓国人は心配してくれたりかばってくれたりしたと書いていましたし、確か以前ご紹介した「つきあいきれない韓国人」にも、似たような話が載っていました。

これにほだされる日本人は少なくありません。そういう日本人はたいてい「国同士は色々あるけど、個人個人なら韓国人は良いヒトが多い」などとノタマいます。

けれど、そういう韓国人は本当に日本人をかばっているのだろうかという疑問が、実は私にはあります。

「コリアンって、日本人をいじることが楽しくてやめられない愚かな生き物」「朝鮮人の対日行動の真実の動機を喝破すれば「ざまぁみろ」以外の何物でもない」と言われてみれば、確かにそれで彼らの行動のほとんどが説明出来ます。

竹島問題も対馬も日本海問題も、安重根を始めとして日本人を殺害した韓国人を英雄視するのも、ソニーが三星に抜かれたという話にしても、日本が近い将来沈没するという話にしても、原爆の話にしても、「いわゆる従軍慰安婦」問題も、日帝統治にしても全てそれで説明が付きます。

ここで面白いのは、そうすることで日本人が激怒するかもしれないということを、彼らはほとんど想定していないことです。

もう4年も前の話になりますが、原爆酒ネタが韓国のテレビで放映された時、日韓チャットで韓国人に対して私が激怒してみせたことがありました。

もし韓国人が単に日本人に対して「ざまぁみろ」と嘲笑することで溜飲を下げたいだけならば、彼らにとって日本人の激怒は望むところでしょう。日本人が怒り狂えば怒り狂うほど、彼らとしては願ったり叶ったりです。心から嬉々として、怒り狂う私たち日本人を嘲笑うでしょう。

日本人の私が、韓国人にされたことで憤りを露にすれば、彼らの望みを叶えることになるだろうと思っていましたが、それでも私は憤りを抑えられず、チャットルームに訪れる韓国人に対して、見境無しに噛み付かんばかりの憤怒をぶつけました。噛み付かれた韓国人にしてみれば理不尽な話ではありますが、彼らにとって日本人の激怒は、どんな理由であれ望ましいことであろうから構わないだろうと、その時は思ったのです。

ところが案に相違して、噛み付かれた韓国人は皆が皆、誰も彼も低姿勢でした。普段チャットでの態度の悪さや無礼を日本人に咎められると、怒り返すことで対抗しようとする彼らが、誰も怒りませんでした。怒らないどころか、理不尽な私の怒りを、なんとかなだめようとする者さえいました。

彼らが日本人に向かって「ざまぁみろ」と言いたくて言いたくてしかたないのは、おそらく間違いありません。しかしそう言われた日本人が激怒するということを、韓国人はおそらく想定していません。いや、「想定していない」というのは正しくないでしょう。

彼らはおそらく「ざまぁみろ」と言うことで自らの優位を確認し、「ざまぁみろ」と言われた日本人が悔しがり泣き叫ぶことで自らの劣位を自覚することを期待しているのではないかと思います。だから彼らは、自分より劣位にあると思った日本人に対しては、妙に優しくなります。弱っている(悔しがったり泣き叫んだりしている)日本人に優しくすれば、彼らは自らの優位を確かめることが出来るからです。

もちろんその「優しさ」も、決して日本人のためのものではありません。例えば前述の「つきあいきれない韓国人」に出てくるエピソードで、馴染みの韓国人のおばちゃんは日本人の著者らに向かって、怒り狂う韓国民に対して早く謝れと促すのです。

怒り狂う韓国民と日本人の間に立って、命を賭してでも日本人をかばうんでなきゃ優しさとは認めないとまでは言いません。しかし韓国民の怒りをなだめるために日本人に謝れと促すのは、果たして優しさと言えるのだろうかと思うのですが、韓国人的にはそれが日本人に対する心からの純粋な優しさらしいのです。

それは日本人にしてみれば、韓国人の日本人に対する「ざまぁみろ」を満たすように仕向けるための「優しさ」でしかありません。

そんな韓国人の「優しさ」が、日韓友好の取っ掛かりになり得ると考える日本人は、結構多いようです。そんな日本人は、個人個人ならば韓国人とも仲良く出来る可能性があると言います。

私はそれに否やを唱えるつもりはありません。しかしそんな韓国人との友好を維持するには、日本人が常に彼らに阿諛迎合することが条件になります。

日本人が一歩どころか百歩も二百歩も譲り、韓国人の意に沿うことを常に第一に心掛けることによって、韓国人の「優しさ」を得ることによって日韓友好が成り立つのだと言うのであれば、私はそんな「友好」は、某鳩山総理が唱える「友愛」と共に、固く辞退したいと思います。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。