fc2ブログ
管理画面

話を尚更にややこしくしている人たち

韓国人を知らない日本人は、韓国人を日本人と何ら変わるところのない、普通の人々だと思うでしょう。即ち、韓国人と言っても、単に話す言葉や属する文化が異なるだけで、日本人と同じ人々だと思っています。そう思っているから、そういう人々は韓国人とも「話せばわかる」とか「交流で相互理解が可能である」と無意識に思い込んでいます。

韓国人と直接接触する機会がない人や、その機会が極めて少ない人であれば、概ねこの段階から先へ進むことはありません。韓国人と接しなければ、彼らを日本人と同じと思い込んでいたとしても、特に何の支障も問題もないからです。

ただ、「韓国人と直接接する機会がない人」や「その機会が極めて少ない人」は、かなり恵まれた人でしょう。日本で一番多いのは、望むと望まざるとに関わらず韓国人と直接接する機会が多少ある人だと思います。

そういう人々は最初、韓国人と接する内に微妙な違和感を感じるでしょう。しかし大抵の人は、その微妙な違和感をあえて意識しようとしません。それどころか、自らさまざまな理由をつけて、積極的にその違和感を打ち消したり、意識しないようにします。

日本人の圧倒的多数はおそらく、この段階までの人々だと思います。

次に、韓国人を更にある程度知るようになった人は、今度は彼らに嫌悪を感じるようになります。韓国人とは、さまざまな点で日本人と相容れず、分かり合うことが出来ない人々であることを、嫌程思い知らされます。

但し、この段階に来た人の多くは、それをあまり露にしません。何故なら、韓国人の醜怪な部分は必ず、彼らが標準装備している「薄くて浅くて上っ面」に覆い隠されているからです。

彼らの「薄くて浅くて上っ面」は、確かに薄いし浅いし上っ面だけではありますが、遠巻きにするだけの人や、すれ違うだけの人には十分通用します。それを引っ剥がす行為自体が、日本人にとってはあまりお行儀のよろしいことになりません。日本人だって、装ったり鎧ったりすることはありますから。

綺麗にお化粧している女性をいきなり取っ捕まえ、その化粧を無理やり剥ぎ落として、「見ろ!こいつは化粧でごまかしているが、本当はこんなにブスだ!」と叫ぶような行為は、たとえその女性が本当にブスであったとしても、やはり褒められた行ないではありません。韓国人の本質を暴き、それを周知する行為は、往々にしてそういう行為と混同されるのです。

ただ、もしその女性自身が、綺麗に化粧を施し、美しく装ったその姿を、生まれながらの天然自然のものであると心の底から信じており、そう主張するのみに留まらず、それを以て相対的に周囲の者を貶め、あるいは無意識的に騙し、もしくは積極的に誑かすのであれば、どうでしょう。

そう考えていただければ、韓国人の表層とその内部のギャップを知る者が、それを周知したい気持ちに駆られるのも多少はご理解いただけるかもしれません。

韓国人の表層と内部のギャップを知るほどの者になれば、周囲にそれを周知したくなるのと同時に、出来れば韓国人と関わりたくないと思うようになるでしょう。

何しろ彼らは、日本人の精神衛生に大変よろしくありません。知れば知るほど嫌悪を抱きます。それを周知する行為は、する者もされる者にとっても、精神衛生的に大きなダメージがあります。その存在を物理的に滅することが叶わぬ望みであるならば、せめて自分との関わりだけでも断絶したいと願うのは、極めて自然な感情だと思います。

ここで、その願いの障壁になるのは、「薄くて浅くて上っ面」を引っ剥がされたくない、あるいは「薄くて浅くて上っ面」そのものを認めたくない韓国人自身だけではありません。韓国人をよく知らない日本人や、韓国人を知る知らないに関わらず、何らかの意図や魂胆があって、韓国人の「薄くて浅くて上っ面」を支援する人々です。

韓国人をよく知らない日本人は、しかたがありません。そういう人の前でいきなり嫌がる韓国人をねじ伏せて、その表層を引っ剥がして見せても、そういう日本人がまず見るのは、暴かれた韓国人の内部ではなく、「嫌がる韓国人をねじ伏せる日本人の極悪非道な姿」です。

だから韓国人をよく知らない日本人には、段階を追い、言葉を選び、資料を揃え、実例を見せ、時間をかけて徐々に伝えていくようにしております。あるいはいきなり襟首を捕まえて、海に放り込むという方法もありますが(在特会なんかはこちらのやり方ですね)、それで泳げるようになる人ばかりではありません。そうすることで、人によっては水に近寄ることそのものを嫌うようになるかもしれませんし、泳げるようになったとしても、我流の泳ぎ方を覚えてしまって、そこから先へ進めなくなる人もいるかもしれません。

この辺のメソッドについては、人それぞれの考え方や、あるいは向き不向きがあるので、一概にどのやり方が正しいと言うつもりはありません。時間をかけて徐々に知る方法のあまりのコストパフォーマンスの悪さ迂遠さに、途中で倦んで投げ出す人も多いのです。それは日韓チャットの日本人参加者の数や、弊ブログの読者数の変遷からもよくわかります。

いずれにしても、韓国人をよく知らないという人々については、追々よく知ってもらうしかしかたがありません。

それより問題は、「何らかの意図や魂胆があって、あえて韓国人の内部の周知を阻止しようとする人々」でしょう。彼らは字義通りの確信犯です。

彼らの戸籍上や血統上の国籍は、この際あえて問いません。問うべきは精神的な国籍でしょう。その場合も、別に特亜国籍とは限りません。日本人でありながら、何故か「私は日本人です」と公言したくない人々も、日本人の中には厳然と存在します

そういう人々にとって日本人が日本人という自覚を持ち、日本を愛し、日本に誇りを持つことほど鼻持ちならないことはありません。彼らは、日本人が日本人であることに罪悪感を抱き、常にへりくだり、周辺諸国、ことに特亜三国の顔色を窺い、恥じ、萎縮し、卑屈になっているべきであり、それこそが日本人的美徳であると考える人々です。

そういう人々の日本人観は、韓国人と非常にシンクロしやすいのです。実はそういう人々は、必ずしも韓国人に詳しくありません。おそらく韓国人そのものについてさほどに関心がないか、あるいは韓国人の内部の醜悪さを認めることで、相対的に彼らが貶めたい日本人の方がずいぶんマシということを認めたくないが故に見ようとしないためでしょう。

韓国人の方も、韓国人の「薄くて浅くて上っ面」しか見ようとしなかったり、韓国人の日本人観とシンクロする日本人観を持つ日本人を、「良心的日本人」と言って殊更に褒め讃えるので、彼らは尚更に癒着しやすいのです。

韓国人単品であっても、彼らの「薄くて浅くて上っ面」や「マジェマジェ癖」にてこずらされるのに、更にそれを確信犯的にバックアップする日本人がおり、その存在が日本人と韓国人との関係を尚更ややこしくしていることを、枚方市の人権政策室動画を見て、改めて痛感し、頭を抱えた次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓