管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国人はすべて分かります歴史時間に学ぶんです

新設した月見チャットは、おかげさまを持ちまして順調に盛況です。同じく新設した人気記事ランキングは絶不調ですがw 

人気記事ランキングについては、いい加減しびれも切れてきてはいるのですが、ぼちぼちデータが集まれば表示されるようになるだろうという期待をまだ捨て切れませんので、もうしばらくお時間をください。

月見チャットは携帯電話からのアクセスも容易なようですので、よろしければ奮ってご参加ください。特に、「日韓チャットを実際に体験してみたい」とお考えの方は、月見チャットを経由される方が、おそらくかなりスムーズだと思います。

また、月見チャットでは日韓チャットからの実況生中継も結構頻繁に行われております。直接被爆するのは嫌だけど、リアルタイムで繰り広げられる日韓チャットの雰囲気を味わってみたいとお考えの方にはうってつけだと思います。どうぞお気軽にご利用下さい。

弊ブログがわちゃくちゃしていたここ数日の間に、韓国時事関連では色々ネタがあるにはありました。例えば、韓国の情報機関員が、韓国を訪れたインドネシア大統領特使団の宿泊ホテルに侵入して、機密情報を盗もうとしたが失敗したとか、口蹄疫で殺処分した家畜の処理法が不適切なために、口蹄疫の蔓延のみならず、環境汚染や健康被害の恐れも出てきた等のニュースがありましたが、どれも「いつもの韓国(人)」の域を出るほどのものではありません。

そこで時事関連とは関係ない韓国考察を書き、それが8割ほど書きあがったところで、「あれ?これ昔書いたことあるような気がする」と思って過去記事を検索してみると、やはりほぼ丸ごと内容が被ってる記事を発見したので、残念ながらボツになりましたw

たとえ自分で消したとしても、ある程度形になった文章が消えるショックは、ネットで文章を公開しようとしたことがある方なら大なり小なり経験していることではないかと思いますが、結構きついものです。それに再度別のネタで記事を書く気力の復活を待つには少々時間が押しておりますので、急遽今回はチャットログを掲載することにしようと思います。

今回の登場人物は韓国の自称10代青少年です。この10代青少年が語る「日帝強占期」(韓国では日韓併合期間をこう呼ぶ)が、全体としては漠然としているのに、「日本による残酷で非道な支配が行われた時期である」という印象だけは強烈かつ濃厚に植え付けられていること、最近よく言われる「若い韓国人に反日感情はない」というのが大嘘であることが、実によくわかるログになりました。

また、随所に見られる本場【朝鮮侮り】にも、是非ご注目ください。
jinsol365さんが入場しました。

jinsol365: こんにちは~

fetia : こんばんは

jinsol365: "ダルグギョングノ-"の意味が何でしょうか??

fetia : 月見櫓という意味です。

jinsol365: そうですね ^ ^

fetia : はい。

jinsol365: 韓国のどんな文化に関心がありますか?

fetia : 興味はありますが関心はありません。

jinsol365: うーん... k pop みたいなものが興味がありますか?

fetia : 全くありません。

jinsol365: それでは韓国そのものに少しの興味がありますね?

fetia : 韓国の歴史や現在の韓国人の思想や思考などに興味があります。

jinsol365: あ...そうですね^ ^ 私は日本の歴史はよく分からないです;;; 思想みたいなことも..

jinsol365: 日本はどんな思想があるんですか?


fetia : さまざまです。

jinsol365: 代表的にどんなのがあるのか知りたいです~

fetia : 自分で調べてください。

jinsol365: うーん...はい;;;;;

jinsol365: 韓国の思想みたいなことはたくさんご存じですか?


fetia : そうですね。私たち日本人に関係のあるところでは、反日思想について詳しく調べています。

jinsol365: 反日思想なら........日帝強占期の時のことですね 

fetia : 現在もありますよ。

jinsol365: 現在もあるがその時もっとひどかったでしょう^ ^

fetia : 何故そう思いますか?

jinsol365: どうしても遭う時にもっとひどいですね. 遭わない時よりは?

jinsol365: うーん...もしかしたら反対だと思うこともできますね

jinsol365: 反対の側面で見ようとするとその時は押えつけられてまともに表現ができなかったが


fetia : 私の調べた限りでは、戦後の方が韓国の反日思想は激烈ですね。

jinsol365: どうですか?

fetia : 実際に日帝統治期を知らない人の方が、強い反日思想を持っています。

jinsol365: 私がただいまその話をしようと思いましたkk

fetia : では話をしてください。

jinsol365: いや、なんか詳しいことではなくて...あの時に暮さない人が言うこともできるんだよ

jinsol365: しかしその時に暮した人も反日思想を持っているんです


fetia : どうぞ続けてください。

jinsol365: うーん....私は歴史専門家ではないなので深く分かることはできません. そのまま私の考えを話しただけです;;;

fetia : はい、ですからあなたの考えを続けて話してください。

jinsol365: 日本人の反韓国感情もあるようだが, それはどうですか?

jinsol365: あ、はい..^ ^

jinsol365: うーん..続いては


fetia : 静かに聞きますよ。^^

jinsol365: 一応その時は抑圧のため多い人が死にました

jinsol365: 臨時政府も樹立になったんです

jinsol365: 幾多の人々が徴用を行って帰って来ることができなかったそうです.

jinsol365: そしてさまざまの独立運動もあったんです.

jinsol365: 代表的に 3.1運動がありますね^ ^

jinsol365: それだけ多い人が犠牲にされました. だからそれを見守る人はいくら気に障って頭に来ましたか?

jinsol365: 子供達はそのためにオンマ、アッパ
(筆者註:「オンマ、アッパ」=朝鮮語「お母ちゃん、お父ちゃん」)が死んで

jinsol365: 大人たちは子たちが死んで行く成り行きを見るのに非常に腹立ったでしょう.

jinsol365: しかしその頃の抑圧のため何だと言うこともできなくて.

jinsol365: せいぜい表現するといえば独立運動であるだけです

jinsol365: あれほど人々は本当に苦しく暮しました. だから今の人よりもっとひどいですね

jinsol365: 表現ができなかったことだけだろう....

jinsol365: 今は韓国が自由でインターネットが開放されたから、そのように人々が言って, 考えするのであって

jinsol365: 根本的なことがないでしょう.

jinsol365: だから日帝強制占領期間の時の人々がもっとひどいと思うこともできますね

jinsol365: 一応これの外に考えが思い浮かびませんね^ ^

jinsol365: あの..........?


fetia : つまり、日帝統治期の朝鮮人は、反日思想を表現することが出来なかっただけで、実際には現在の韓国人と同じぐらいの反日思想を持っていた、ということで良いですか?

jinsol365: うーん.....そうだから...簡単に整理して上げますよ

fetia : はい。

jinsol365: 年寄りの反韓国感情 : あの時 ≧ 現在

jinsol365: 10代青少年たちの反韓国感情 : 大きい (しかし意味がちょっと違う)

jinsol365: 全体的な韓国の反韓国感情 : あの時 ≧ 現在

jinsol365: こんなに整理することができます^ ^


fetia : 今説明してもらった内容を、復唱しますね。

fetia : 年寄りの反韓国感情 : あの時 ≧ 現在

fetia : 10代青少年たちの反韓国感情 : 大きい (しかし意味がちょっと違う)

fetia : 全体的な韓国の反韓国感情 : あの時 ≧ 現在

fetia : このような整理で正しいですか?


jinsol365: あ, 反韓国感情ではなく反日感情です. 間違って使いましたね;;

fetia : 反韓国感情は、反日感情の間違いですか?

jinsol365: キーボードを間違って押しました

fetia : 3度も繰り返して「反韓国感情」と言ったので、そのまま理解するところでした。

fetia : あなたが整理した内容について、質問がありますが、答えてくれますか?


jinsol365: はい

fetia : 10代青少年たちの反日感情 : 大きい (しかし意味がちょっと違う)←この「意味が違う」とは、どのような意味ですか?

jinsol365: それは... 理解を助けるために..質問をします

jinsol365: もし ARASHIをご存じですか?


fetia : ?

jinsol365: だから説明をするために先に質問をするんです。それでこそもっと易しく説明することができます^ ^

fetia : ARASHIとは、一般名詞ですか?固有名詞ですか?

jinsol365: アルボン(筆者註:原文ママ)のアイドルです....AKB48みたいなアイドルを言うんです^ ^

fetia : 日本語にも、「ARASHI」と発音する単語はありますが、朝鮮語のARASHIは知りません。

jinsol365: 日本のアイドルです;;;; "嵐:

fetia : 知りません。

jinsol365: それでは AKB48はご存知でしょう?

fetia : 名前と、グループだと言うことは知りますが、メンバーの顔やどんな活動をしているかは知りません。

jinsol365: そうです, そんな日本のアイドルです

fetia : それで、ARASHIと反日感情にどのような関係がありますか?

jinsol365: 韓国の 10代青少年の中でも日本のアイドルはほどほどに人気があります

fetia : どうぞ続けてください。

jinsol365: だから青少年はそんな点では日本が好きだが

jinsol365: 日帝強占期同じ点では好きなことで多いということです
(筆者註:これは多分「日帝強占期も同じ点で好きなわけではないことが多い」と言いたかったのではないかと思います)

jinsol365: そのため "意味が違う"と表現しました^ ^

fetia : 質問ですが、韓国には、日帝統治期を体験した老人と、10代の青少年しかいませんか?

jinsol365: もちろん中年層もありますね

fetia : 中高年層も、ARASHIが好きですか?

jinsol365: 日本に関心がある方ならそうかも知れないが, まあまあの程度ではそのようにしないですね;;

jinsol365: 日本はアイドル文化が大衆的だが


fetia : では、韓国では、10代の青少年が社会の意見を表明する主な存在ですか?

jinsol365: 韓国は 10代と 20代, 30代に主に分布するんですよ

fetia : それで10代が主に意見を表明する存在なのですね?

jinsol365: うーん...

jinsol365: そうですね、それは私も易しく思うことができない問題ですね


fetia : ?

fetia : あなたは、現在の韓国人の代表として、10代の青少年を例にあげましたよね?


jinsol365: 政治もそんな方ではないが,

fetia : それはどういう意味で10代の青少年を例にあげたのですか?

jinsol365: アイドル文化はほとんど 10代が導いて行っています

fetia : 今していたのは、アイドル文化の話ではなく、韓国人の反日思想についてです。

jinsol365: 10代を例であげたことは旧世代と新世代を区別するためだからです

fetia : ところで質問ですが、日帝統治期に、日帝の抑圧によって多くの朝鮮人が殺されたというのは、事実ですか?

jinsol365: はい

fetia : 具体的にはどれぐらい?

fetia : あなたの説明によると、「子供たちは父母を、大人たちは子供を殺された」と言いますね。


jinsol365: はい

jinsol365: もしヨングファング
(筆者註:おそらく「ヨンファ」(「映画」の朝鮮語)の入力ミス)みたいなもので見ましたか?

jinsol365: 人をすごく集めておいて


fetia : すると、老若男女を問わず、何万人も殺されましたか?

jinsol365: 一人ずつ出なさいと言って鉄砲で殺します

fetia : 何ですか、それは。

jinsol365: はい、殺害されたんです

fetia : ?

fetia : 具体的な話をお願いします。


jinsol365: 一旦鉄砲でそのように殺して,独立運動の時にもたくさん死んだから、何万人が殺害されたことは事実です

fetia : いつ、どこで、何故、誰が、何のために、どうやって。←これを説明に加えてください。

fetia : 説明を待ちます。


jinsol365: 一応できるだけして簡単に申し上げますね

jinsol365: いつ : 日帝強制占領期間

jinsol365: どこで : 韓国のどこでも

jinsol365: なぜ : 日本の帝国主義によって, または中国を占領するためには韓国の占領が先に必要で

jinsol365: 誰が : 日本軍が

jinsol365: 何のため : 国の富強のために

jinsol365: どのように : 江華島で先に侵略. 2. 首都を陷落 3. 韓国に不利な条約を結び 4. そのような方式でますます韓国を統治して行く


fetia : 続きますか?

jinsol365: うん一応そうして

jinsol365: 5. いよいよ植民地を作る.

jinsol365: こんな過程ですね


fetia : 終わりですか?

jinsol365: 植民地を作ってさまざまの事件も発生します。しかしそのことまで言えばとても長くて

jinsol365: 私は歴史をとても深く分からないです.


fetia : 私が質問したのは、韓国で、何万人もの人々が殺された事実についての話で、それについてのあなたの説明をまとめますね。

jinsol365: うん...そうですね。 一応それを説明しました。

jinsol365: もし他の知りたい点はないでしょうか?
 (筆者註:話題を変えたくてしかたない様子w)

fetia : 日帝統治期1910年から1945年までの間、韓国全土で、日本の帝国主義あるいは中国を占領するために韓国を占領することが先に必要だったので、日本軍が、国の富強のために、江華島で先に侵略して首都を陥落し韓国に不利な条約を結んで韓国を統治し、植民地を作って、何万人も朝鮮人を殺したのですか?

jinsol365: はい.

fetia : このまとめは、あなたが言ったとおりで間違いありませんね?

jinsol365: 大体のフレームだけ言ったから, 私の言ったことはそうです

jinsol365: 要点だけ言ったから私の言ったことはそうです


fetia : 日本軍が、韓国全土で朝鮮人を何万人も殺したというのが事実であれば、資料や事件の記録があると思いますが、それを見せてもらえますか?

fetia : 事件が起きた年月日や、事件の名前だけでも良いです。


jinsol365: インタネットを検索しなくちゃいけないですね. 別にそんな資料が整理されていないです

fetia : ?

jinsol365: 少々お待ちください

fetia : 有名な事件で良いですよ。検索しなければわからないほど珍しい事件じゃなくて良いです。

fetia : 何万人も殺したのであれば、そんな事件はたくさんわかるでしょう?


jinsol365: 韓国人はすべて分かります歴史時間に学ぶんですよ^ ^

fetia : そうですね^^

fetia : だから、そのわかる部分だけで良いです。 わざわざ検索する必要はありません。


jinsol365: はい^^ 私が先ほど言った条約です.

fetia : 何という条約ですか?

jinsol365: 江華島条約

fetia : 江華島条約で、日本軍が何万人も朝鮮人を殺しましたか?

jinsol365: ウンヨホ事件(筆者註:雲揚号事件=江華島事件)を言葉尻で 1876年朝鮮と日本間に締結された我が国の最初の近代式条約にいっしょに不平等修好條約だ.

jinsol365: 私はこんなに学びました


fetia : 江華島条約事件(筆者註:こんな事件存在しませんw)によって殺された朝鮮人の数を教えてください。

fetia : あれ?


jinsol365: 江華島条約のため朝鮮人が殺害されたのではないです~

fetia : 江華島条約事件は1876年ですか?

jinsol365: はい

fetia : 日帝統治期ではありませんね。

fetia : 1910年以降の事件を言ってください。


jinsol365: 江華島条約で

fetia : あなたが言った説明の内容に沿って、話をしてください。お願いします。

jinsol365: ちょっと待ってください.

jinsol365: メッセージ送りました.


fetia : 私は韓国の 10代青少年で←これは何の意味ですか?(筆者註:「私は韓国の 10代青少年で」は、この韓国人から送られてきたメッセージです。

jinsol365: 明日かあさってにまた会います. ニックネーム憶えますよ~(筆者註:この日から10日ほど経ちますが、その後一度も見かけません)

jinsol365: そのまま私が青少年であることを言ったんです^ ^

jinsol365: 皆さようなら今度また会います^ ^


jinsol365さんが退場しました。
ログ採取日時2011年02月15日23時30分~2011年02月16日午前0時34分



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト

一日遅れですが竹島の日

ここ数日来、弊ブログに粘着している踊り子さんですが、ネタも力も尽きて、息絶え絶えで「言うに事欠いた」捨て台詞を放っておきながら、「中国朝鮮族」ネタを振った途端、再びヨタヨタ踊り始めました。もしかして本当に「かのブログ」由来ですか?

多数の厳しいご指摘に多少は反省したか、それとも中の人が複数いるのか、とりあえず言葉づかいを改めているつもりらしい辺りは、多少の可愛げがないと言えなくもありませんが、残念。それが可愛げとして評価されるのは、どんなに大目に見ても小学生までです。昭和40年代生まれを捕まえて若造呼ばわりするほどのお年の方では、お世辞でも可愛いとは言えません。

比較的最近の記事にも書いておりますが、私は異論反論を唱えようと思う意見には、少なくとも必ずひと通りは目を通します。それは何も特別なことではなく、異論反論を唱えようと思う者ならば必ず、予め行なっておくべき、極めて普通且つ当然のお作法だと思っていたのですが、【朝鮮侮り】をされる方は往々にして、私が反対意見にひと通りでも目を通していることに驚きます。

これを裏返せば、【朝鮮侮り】をされる方は、自分が他人に対して異論反論を唱える際には、相手の意見に一切目を通さないのが普通であり当然ということなのでしょう。実際、今回弊ブログで踊り狂ってる踊り子さんも、ご多分に漏れません。まことに、いつまでもどこまでも朝鮮風味に溢れた振る舞いを、さも得意げに見せびらかし続ける踊り子さんです。

ちなみに私は、踊り子さんに対して【朝鮮侮り】や【朝鮮話法】、【朝鮮サブリミナル】を使う方だという認定は幾度も行なっておりますが、かの踊り子さんそのものが【朝鮮人】であると決めつけてはおりません。ただ、踊り子さんが本当に血統・国籍共に日本人であるにも関わらず、ここで【朝鮮人のような真似】をてんこ盛り披露したことに、一切の羞恥を覚えておいででないとしたら、速やかに日本国籍を離脱し、南北いずれなりともお好みの朝鮮に帰化なさった方が、ご本人にとっては幸せな余生を送れるのではないかと思います。

踊り子さんがふにゃふにゃと見苦しい言い訳を並べながら私に問いかけたことは、全て過去記事に回答があります。逃げも隠しもしておりません。そのことは最初っからコメントでたくさんの方が再三再四そう仰ってくださっておりましたし、見苦しい踊りをグダグダ踊り続ける時間も見ている者がうんざりするほどあったのに、いまだに過去記事をろくすっぽ読んでないのが丸分かりです。

仏の顔も三度までと言いますが、私は神でも仏でもありません。意図的なチャットログの抜き書きで愚にも付かない印象操作を行おうとする時間があるなら、その記事をちゃんと読みなさい。ネット上とはいえ、人前で「最近の若いモンは」みたいなことを言うほどの年ならば、人並み程度の恥ぐらい知っておきなさい、薄みっともない。

とりあえず踊り子さんには、このブログにある全記事を、最初からコメントも含めてきっちり読んで内容を把握してから出直せ間抜けとだけ申し上げ、これをもって最終通告とします。

もし踊り子さんが、過去記事全部なんて自分には膨大過ぎて読む能力と根気がないと仰るのであれば、私が「月見チャット」に在室してる際にお越しください。直接の質疑応答を承ります。全過去記事読破かあるいは月見チャットでの直接の質疑応答、どちらでもお好きな方をお選びください。武士の情けで「どちらも嫌だから、尻尾巻いて逃げる」という選択肢も付けて差し上げます。いずれなりともお好きなものをお選び下さい。

この記事以後、踊り子さんが「ああ、ちゃんと全過去記事読んできたんだな」とわかるようなコメントをしない限り、私は一切踊り子さんに反応しません。まだ踊り子さんをいじりたい方がいらっしゃいましたら、引き続きいじってくださっても私は構いませんが、コメント欄を読む他の方が見苦しいと感じるような応酬にならぬよう、それだけはくれぐれもご配慮ください。

さて踊り子さんへの諸注意事項はこれまでにして、本日のお題は我が苦手科目、竹島についてです。昨日が竹島の日だったからなんですが。

2006年以来毎年行われている竹島プロジェクトですが、始めた頃はダボハゼ並だったウリナラチラシの反応も今は昔の物語。その上、今年は尖閣諸島や北方領土のような、竹島よりも認知度の高い問題がクローズアップされたこともあってか、今年度の竹島プロジェクトはかなり参加者が少なくなっているようです。

そもそも、自民党政権時でさえ日本政府は、竹島問題で韓国を出来るだけ刺激しないような姿勢を取り続けておりました。現在の政権与党は、特亞への売国を目指す民主党なのですから、国レベルで事態が好転する要素などあろうはずもありません。そこへ韓国よりよりずっと重要な中国やロシアとの問題がクローズアップされれば、竹島はどうしても注目度が下がってしまうのでしょう。それはそれでしかたないことだと思います。

それでも弊ブログは立場上粛々と、竹島が日本領土であることを主張し続けようと思います。私は何の背景も持たない無名で無力な一庶民ですが、継続は力なりと言います。僅かな力でもゼロよりはマシと思って、続けていきたいと思います。

ということで、ここ数日苦手科目の竹島問題関連をおさらいしていたのですが、ある韓国ウォッチブログを見ていると、韓国のDAUMというポータルサイトで、グーグルのストリートビューのようなサービスをしていることを知りました。

なんとそのサービスでは、竹島までも見ることも出来るとのこと。そこで実際にアクセスしてみました。すると、竹島が現在、どのように韓国に不法占拠されているのかが、まことに鮮明に映し出されておりました。

表示がハングルばかりで、使い方が分かりにくいと思いますが、ロードビューというボタンをクリックすると、グーグルストリートビューのような画像を閲覧することも出来ますので、お時間のある方は是非ともご覧になってください。韓国人がどれほど日本の領土竹島を蹂躙しているか、詳細に見ることが出来ます。

ふと思いついて、グーグルマップとも比較してみたのですが、グーグルマップの竹島は何らかの配慮のつもりなのか、島のイメージさえ掴みづらい画像になっておりました。

このグーグルマップの画像に限らず、日本人が見ることの出来る竹島は極めて少なく、たいてい決まりきった構図の定番航空写真ばかりです。これでは日本人が竹島に対する具体的イメージを持つことが難しいのは、当然と言えましょう。

しかし、こうして具体的に日本の領土竹島が韓国人によって侵略されている画像を目の当たりにすると、やはり韓国の不法占拠に対する激しい憤りが改めて沸き起こります。

更新日の関係で一日遅れになりましたし、個人的にはまだまだ苦手科目の竹島問題ですが、それでも竹島は日本の領土であることを確認し、現在行われている韓国の不法占拠を糾弾し、問題解決に向けて小さくても良いので声を上げ続けていかなければならないと、改めて強く思った竹島の日でした。


※お知らせ※
2月22日の「竹島の日」に向けて、弊ブログでは、ブログ「さくら日和」執筆者の佐倉純様主催「2011年竹島プロジェクト」に参加しております。
2月22日の「竹島の日」までの期間限定で、弊ブログでは竹島プロジェクトに賛同し、竹島は日本領土であることを改めて強く主張し、島根県の「竹島の日」を応援します。


人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

当たり前のことではありますが

新規設置した人気記事ランキングは、いまだ集計が不十分なのか上手く表示されないようで大変ご迷惑をおかけしております。今しばらく様子を見て、それでも表示されないようなら別の人気記事ランキングを探そうと思います。

同じく新規設置した月見チャットの方は、意外に多くのご利用があり、正直驚いております。当初、規定値では7行しかログが残らない設定になっていたので、15行(最大値)まで増やしたのですが、それでも全然追いつかないので、日韓チャット常連日本人の皆様のご協力で、急遽別のチャットに差し替えました。

コメントで質問するのはまどろっこしいとか、リアルタイムで反応するブログ主を観察してみたいwとか、純粋にチャットを楽しみたいという方ももちろん歓迎です。話題も別に、ブログについてとか朝鮮関連じゃないとダメなんて言いません。って言うか、そうしろと言われたら私が困りますw 

多分、日韓チャットで常連日本人同士がするのと同じような会話を、月見チャットでもすると思いますので、「日韓チャットに登録までするのはちょっとなー」という方も、どうぞお気軽にご参加ください。

ところで踊り子さん、とうとうネタも力も尽きたのか、【ブログ主は嫌韓を金儲けの手段にするな。】とつぶやいて息絶えたようです。心からご冥福を祈りたいと存じます(実はまだ、時々このブログを覗いてるようですがw)。ちなみに、踊り子さんのコメントのあまりの変遷に、「ホントに同一人物か?」の声がコメント欄からあがっておりますが、少なくとも「疑問」と名乗るコメントが全て同じ環境から発信されたコメントであることは、当方で把握しております。

しかし【嫌韓を金儲けの手段にするな】と言われても、ぶっちゃけな話、嫌韓は金儲けの手段としては最悪だと思います。これを金儲けの手段に出来る能力があるなら、飛び込み営業で石ころと木っ端を売りつけることも出来るでしょう。はっきり言って金儲けの手段にするなら、絶対に親韓です。いや、親韓は金儲けのカモにされるってのが正しいかもしれませんw いずれにせよ、嫌韓で金儲けと言えるほど儲かったのはおそらく、マンガ嫌韓流ぐらいじゃないでしょうか。

また仮に、踊り子さんの主張通り、私が嫌韓を金儲けの手段にしようとしていたとしても、それの何が問題でしょうか。嫌韓を唱える者は、あらゆる見返りを求めず期待せず、黙々と、まるで修行僧のように禁欲的に嫌韓に邁進しなければならないとでも仰るのでしょうか。もし嫌韓が金儲けの手段たり得るならば、私はむしろそれをもっと大々的にアピールして、嫌韓を増やしたいぐらいです。「嫌韓になればネットで楽々副収入」とか、なんだか怪しいサイドビジネスの勧誘みたいですがw

まことに、「言うに事欠く」というのはこういう状態なのであるなと、しみじみ思った次第です。

さて、踊り子さんオンステージでコメント欄が繁盛したのは非常に嬉しかったのですが、その反面、その回の記事の内容がほぼスルーされたのは、執筆者として少々残念でした。というわけで、性懲りもなく今回も中国朝鮮族を取り上げたいと思います。これでまた踊り子さんが踊り始めたら、「かのブログ」由来で確定かもしれないと本気で思いつつw

中国朝鮮族という人々は、日本人には非常に見えにくい人々です。まず、その存在そのものを知らない人が多いのではないかと思います。更に、その存在を知っても、果たして彼らが中国人なのか朝鮮人なのか、日本人にはよくわかりません。

前々回の記事で述べたように、彼らのアイデンティティと国籍は中国です。ですから、彼らに国籍を聞けば、彼らは必ず「私は中国人です」と答えます。しかし、彼らの血統と意識は濃厚に朝鮮人です。母語は朝鮮語ですが、中国人ですから中国語ももちろん出来ますし、また比較的親日ということもあって、日本語をそれなりに話せる人も、珍しくありません。

日本で著名な中国朝鮮族としては、金文学氏と張景子氏が、比較的広く知られているようです。

この2名の内、金文学氏について、私は著書を幾つか読んだことがあります。それらの著書は、日中韓のいずれにも接していながら、いずれにも完全に同化し得ない微妙なスタンスから来る独特の視点と、それに由来する独特の論調を持つものでした。中国はともかくとして、日韓に関する考察を始めていた私にとって、金文学氏の考察と主張は大変興味深く、また大変参考になりました。

私が初めて知った中国朝鮮族が、この金文学氏であったために、私の中国朝鮮族に対する第一印象は極めて良いものでした。「少なくともキチガイじみた反日を前提にしなければ、日本についての主張を公けに述べられない韓国人よりも、中国朝鮮族はずっとまともな人々であろう」と心から思ったほどです。

その次に私が知った中国朝鮮族が、「かのブログ」に登場する中国朝鮮族です。その時点で、私は金文学氏に由来する中国朝鮮族への好意を持っておりましたので、もちろん悪い印象は全く持っておりませんでした。

実は私は、「かのブログ」に登場する中国朝鮮族の女性とは、ほとんど直接的なコミュニケーションを行なったことがありません。しかし日韓チャットで十分に韓国人を見てきた「かのブログ」の執筆者が配偶者として選んだぐらいですから、まさか日韓チャットで見る韓国人のような朝鮮人であるはずがないという先入観は、大いにありました。また実際、「かのブログ」の執筆者はこの中国朝鮮族配偶者を絶賛しており、当時その言に疑いを持たなかった私は、悪い印象など、まさに微塵も持ちようがなかったのです。

それから数年して、再び「かのブログ」を見る機会を得て、ほのぼのとした懐かしい気分で読み進め、愕然としたのは、先日記事にしたとおりです。

ここで私は、中国朝鮮族についてふたつの極端なサンプルを得たことになります。即ち、ひとつは日中韓いずれからも一歩離れた冷静で公平で視点から考察が可能な中国朝鮮族と、もうひとつは親日的な態度と意見を見せびらかすように示しながら、その実は日本に対する思想工作的行為を、日本人配偶者を隠れ蓑として行なおうとしている中国朝鮮族です。

もちろん、このふたつのサンプルだけで、中国朝鮮族全てを語るつもりはありません。ただこの2例によって、私が持っていた非常に良好な中国朝鮮族観に、迷いが生じたことは事実です。

そういう話を日韓チャットでしていたときに教えてもらった第三の中国朝鮮族が、コメント欄でも指摘のあった張景子氏でした。この人については、私がくどくどしく述べるまでもなく、この動画を見れば一目瞭然です。

もちろん、このわずか3例だけで中国朝鮮族全体を語るつもりは微塵もありません。ただ私が知る中国朝鮮族3例の内2例に見た独特の違和感は、私が常々韓国人や在日から感じる違和感と通じるものがありました。

即ち、自己という意識が極めて強烈でありながら、他者への意識にいびつな偏りを持ち、他者に強く依存したり、依存している他者そのものに偽装しながら、同時に自己の優位性に強く拘泥し、それを声高に、あるいは誰かの口を借りて主張するという、例えば日本人のふりをする韓国人や在日などからも感じる、あの独特の違和感です。

中国朝鮮族という人々が、全体としてどのような人々か、私はまだよく知りません。ですから、私には【中国朝鮮族とはこのような人々である】と言うことは出来ません。しかし私が知る中国朝鮮族たった3例の中の2例に、私が嫌というほど知る韓国人と同じ臭いを嗅いだのは事実です。

中国朝鮮族がれっきとした朝鮮人であるという揺るがぬ事実があり、韓国人とは全く異なる環境で、地理的にも完全に分離して生活しているにも関わらず、韓国人と同じような臭いというか傾向を示す中国朝鮮族が紛れもなく実在する以上、それは「韓国人」とか「中国朝鮮族」というカテゴリーではなく、【朝鮮人】というカテゴリーで見るしかないでしょう。

という訳で、極めて当たり前のことなのに、何故か日本ではそう言うだけでレイシスト呼ばわりされることもある「朝鮮人は朝鮮人である」ということを、私はもう一度、改めて主張したいと思います。


※お知らせ※
2月22日の「竹島の日」に向けて、弊ブログでは、ブログ「さくら日和」執筆者の佐倉純様主催「2011年竹島プロジェクト」に参加しております。
2月22日の「竹島の日」までの期間限定で、弊ブログでは竹島プロジェクトに賛同し、竹島は日本領土であることを改めて強く主張し、島根県の「竹島の日」を応援します。


人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

徒労感の体験

踊り子さんの大奮闘で、前記事はコメント数が初の300超えとなりました。2011年2月17日午前8時半現在で、その内の70余りが踊り子さんのものですがw (但し前々回記事のコメントは含まず)

お相手された皆様は、本当にお疲れさまでした。さぞやお疲れになられたこととお察し申し上げ、心よりお見舞い申し上げます。

踊り子さんはご苦労様でした。たくさん構ってくれる人がいて、さぞや嬉しかったことでしょう。

日韓チャットの韓国人も、無視されるよりは、構ってもらえるならそれが罵詈雑言でも嬉しいらしく粘着してきますが、それとまったく同様の行動をされるのには腹抱えて笑わせていただきました感心いたしました。自分にとって都合の悪い質問や追及には一切答えず、またははぐらかし、自分に有利と思える話題ばかりに無理矢理焦点を合わせて連呼する【朝鮮話法】も、既に皆様十分堪能されたようですので、今後は一切出てこなくて結構です。

以後はご自身で仰ってた通り、自前のブログを作り、そこで思う存分踊られればよろしいでしょう。その際は弊ブログまでお知らせいただければ、こちらの記事として取り上げるかもしれません。面白かったらですけど。

なお弊ブログへの踊り子さんのコメントやアクセスは、以後も特に禁じるつもりはありませんが、踊り子さんが書けば書くほど、【朝鮮話法】のデータとして蓄積されるだけであることをご了解の上、ご投稿ください。

弊ブログで踊る方は、ほとんどが弊ブログの過去記事をろくすっぽお読みでない方であることが多く、今回の踊り子さんも、例外ではありませんでした。しかし、「ご新規さんに、まず過去記事全部読めと言うには、お前のブログは記事数が多過ぎる」というご指摘も、実はあります。

確かに弊ブログは、この記事を入れて総記事数909。1日10記事読んでも、リアルタイム更新に追いつくには3ヶ月ちょいかかります。某巨大匿名掲示板の「半年ROMれ」と比べれば半分で済みますが、やはり短い期間とは言えません。

そこで、手っ取り早く弊ブログの内容をご理解いただくために「よりぬきサザエさん」ならぬ「よりぬき月見櫓」を作れば?というご提案を戴いたのですが、それを作るためには、私自身が全部の過去記事を読み返さなければなりません。もし私が全記事を読み返せば、多分「この記事には言いたいことが入ってる」「あ、こっちにも」「そうそう、この記事も」となるでしょう。

結局、書いた当人的には「やっぱり全部読んでほしい」となってしまうので、それならばと思い、ブログパーツに「人気記事ランキング」を新設しました。これなら、弊ブログの記事の中でよく読まれている記事がピックアップしやすいのではないかと存じます。2011年2月17日現在では設置間もない為に、集計が十分でなかったり、表示されなかったりしてるみたいですがorz

あと、あまりにもコメント欄がチャット状態なので、それならいっそと思い「月見チャット」も新設しております。これは7行しかログが残らない簡素なものなので、あまり大勢では使用出来ませんが、コメント残すほどでもないけどちょっと言いたい、ガス抜きしたいという方は、こちらもご活用ください。たまに私も接続します。時間帯は概ね深夜になると思います。その時はリアルタイムでの質疑応答も承ります。ごく普通の礼儀をお持ちの方には、いきなり咬みついたりしませんので、安心してお気軽にお声をおかけください。

人気記事ランキング、月見チャット、いずれもブログ右サイドバーに設置しておりますので、ご活用いただければ幸いです。

それから、今回のコメント欄を見て、ブログ管理人として、コメント投稿をされる皆様に申し上げたいことがあります。

弊ブログのコメント欄では、賛同はもちろんのこと、異論や反論、コメンテータ同士の議論討論も広く受け付けております。が、いずれの意見であれ、節度と誠意を持って行なっていただきたいということは以前も申し上げました。

それに加えて、コメント投稿の際には、ここで使うだけの簡単なもので良いので、出来るだけハンドルネームをお付けになった方が良いということと、コメント応酬の途中で故意にハンドルネームを変えたり、複数のハンドルネームを使ったり、ハンドルネームと名無しを使い分けたりするのはおやめになった方が良いということを申し上げたいと存じます。

ハンドルネームを付ける付けないは、もちろん個人の自由ですから強制はいたしません。その代わり、自分の発言に背乗りされたり、あるいは他人の発言と混同されたりするリスクを負うことはご承知ください。また、名無しでの発言は、どうしても発言の責任から逃れたいという意識の現れとみなされます。名無しであるということで、発言に責任を持たない人と思われてしまうのは、個人の価値観にもよると思いますが、私は大変もったいないと思います。なお、コメント投稿時に編集用パスワードを入力すれば、ハンドルネームの後ろに某巨大匿名掲示板におけるIDのような文字列が発生しますが、これはIDではありません。ですので、これをID代わりに使うのはお勧め致しかねます。

また故意に、あるときはハンドルネームを名乗ったりある時は名乗らなかったり、複数のハンドルネームを使ってコメントするのは、コメントの内容如何に関わらず、ご自身の信用を自ら大きく失墜させる行為です。それは発言内容の良し悪しによって損なわれる信用よりもずっと大きなものになりますので、やはりお勧め出来ません。

引き続き気軽にコメントしていただくのは歓迎しておりますが、コメントする際に、以上の点を今一度ご考慮いただければ幸甚です。

さて、今回の踊り子さんは過去に登場した踊り子さんの中でもダントツにピッチピチ。昭和40年代生まれを捕まえて「若い人」(ちょっと嬉しかったw)と呼ぶほどの年長者でおられるにも関わらず、その精力的な踊りっぷりには感嘆の意を禁じ得ません。

この踊り子さんについて、ご登場のタイミング的に、「かのブログ」のメイン執筆者ではないかと疑っておられた方もいらっしゃったようです。が、「かのブログ」の執筆者と比べると、いくらか能文でいらっしゃいますので、踊り子さんご本人の主張どおり、「かのブログ」のメイン執筆者とは別人だろうと思います。もっともやはり踊り子さん登場のタイミング的に、「かのブログ」のメイン執筆者あるいは中国朝鮮族に強いシンパシーを持つ方である可能性は、どうしても残りますがw

しかしそんなことは正直どうでも良いことです。仮に本人が否定しようと肯定しようと、それを証明することが出来ない以上、意味はありません。

重要なことは、今回の踊り子さんの活躍が、リアルタイムでご覧になっていた読者諸姉諸兄にある種の実感をもたらしたことではないかと思います。その実感とは「既に誰もが分かっているはずのことを、改めて最初から説明することのもどかしさと労苦」及び「共有概念を持たず、且つ持とうとしない者との対話や討論の困難さと不快さと徒労感」ではないかと思います。

今回の踊り子さんとのやり取りのように、弊ブログの内容にひと通り以上目を通しているならば既に得られているはずの理解を持たず、また持とうともせず、【朝鮮話法】で対話に臨む者との「討論のようなもの」が、果てしなく不毛であるという現実に直面したときの徒労感と脱力感は、実は日韓チャットの常連日本人なら、たいてい誰もが経験し、今も常に感じているものです。

「日韓チャットで長年韓国人と話をしていれば、誰もが獲得するであろう結論」を既に得ている私たち日韓チャット常連日本人にとって、韓国(人)を知らない日本人に、例えば「何故韓国人に対しては、尊大に振る舞わなければならないのか」とか、「朝鮮人は朝鮮人として理解すべきである」いうことを説明するのは、実は大変に面倒臭いことです。

その面倒臭さを乗り越えて、懇切丁寧に説明したとしても、たいていの日本人は話の内容を日本人的解釈で理解しようとしますので、なかなかすんなり理解してくれません。いくらこちらが事を分けて例をあげて説明しても、「そんなの一部の韓国人だけでしょ」とか「韓国人と言っても同じ人間なんだから、話せばわかるでしょ」「私の知ってる韓国人はそうじゃなかったし」などと言い続けます。

どんなにこちらが一所懸命説明しても、普通の日本人には想像を絶することなので、言葉の説明だけでは、せいぜい半信半疑にこぎつけられれば上出来なのです。ですから、弊ブログでは、読者によっては一見投げやりにも無責任にも思えるであろう「このブログに書いてあることを信じたくない人は信じなくても良いよ」的スタンスを、ずっと取っております。

しかし、そんな日本人でも、日韓チャットでしばらく韓国人と話せば、自分の認識が如何に日本人的解釈の中で行われていたものかを嫌と言うほど痛感させられます。「そんなの」は一部の韓国人ではないし、「話せばわかる」というのは日本人側の一方的な願望と夢想(ついでに言えば、そう考える日本人は韓国人にとって美味しい餌)でしかないし、「知り合いの韓国人」がどんなに聡明で公正で冷静でも、そんな韓国を変えられるわけではないということを。

もちろん、それを感じ、理解出来るようになるまでの時間の長短には、個人差があります。早い方なら話し始めて30分で理解の端緒に取り付く方もいるでしょうし、理解どころか問題点に気付くまでに2年3年と要する方もいるかもしれません。しかし、たいていの方はやがて一定の理解を獲得します。

稀に一生理解を獲得出来ない方や、「かのブログ」のメイン執筆者のように、一度理解を獲得していながら、それよりも現実の朝鮮人との情実を優先してしまう日本人もいますが、そういう連中は血統や国籍の如何に関わらず韓国人と同一のものと考え、そのように扱えば良いという理解と周知が徹底出来れば、実はさほど問題はありません。韓国人と同一視されるべき日本人がその力を発揮するのは、中途半端な日本人的解釈で韓国人を理解しようとする人々が多い場合です。

日韓チャット常連日本人の一人であるTokyoCat氏がコメントで指摘されておられましたが、日韓チャット常連日本人たちは身をもってそれを知っているので、自分の言葉で懇切丁寧に説明することを怠る傾向があるのは否めません。千万言の言葉を費やすより、実際に体験する方が早くて確実だし、実際に体験してみなければ理解が難しいということを熟知しているからです。

実際、今回の踊り子さんとのやり取りで、【朝鮮侮り】や【朝鮮話法】【朝鮮サブリミナル】等を駆使する者に対する一定の理解を獲得した方は、ずいぶんたくさんおられることだろうと推察します。が、そういう方々でも、これを言葉だけで誰かに伝えようと思ったとき、おそらく獲得した理解を表現する言葉の乏しさや難しさに、ただ絶句するしかないご自身を発見されるのではないかと思います。

あわせて、【朝鮮侮り】や【朝鮮話法】等を使う者に寛容な態度で接すれば、相手はそれに乗じて果てしなくつけあがるということも、今回踊り子さんの熱演をリアルタイムでご覧になった皆様には、痛いほどご理解いただけたのではないかと存じます。

それに気付くためには、こういう徒労感を実際に体験してみなければ、なかなか実感としてわかりません。そういう意味で、今回の踊り子さんオンステージは、かなり大きな収穫だったのではないかと思っております。

それと、半信半疑であっても、事前に一定の知識があるに越したことはありません。そのための資料のひとつとしても、今回のようにリアルタイムで踊ってくださる踊り子さんのステージとしても、弊ブログの存在は、案外無意味ではないかもしれないと思った次第です。


※お知らせ※
2月22日の「竹島の日」に向けて、弊ブログでは、ブログ「さくら日和」執筆者の佐倉純様主催「2011年竹島プロジェクト」に参加しております。
2月22日の「竹島の日」までの期間限定で、弊ブログでは竹島プロジェクトに賛同し、竹島は日本領土であることを改めて強く主張し、島根県の「竹島の日」を応援します。


人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

北でも南でも中の国でも

弊ブログには、不定期にコメント欄を盛り上げてくださる踊り子役が訪れるようで、管理人としては嬉しい限りです。「踊り子さんにはお手を触れないでください」的野暮は、ここでは申しません。どうぞ皆様、ガッツンガッツンいじってくださって結構です。踊り子ご本人も、きっとそれでこそ本望でしょうw

しかも今回の踊り子さんは、私がこちらで述べてることを「知ったかぶり」と断じるほど韓国に詳しい方のようです。若輩韓国ウォッチブロガーとしては、是非とも韓国に関わるご高説を賜りたいものです。今のところ、韓国を論じる以前のところで右往左往されておられるようですがw

ただ過去記事にうんざりするほど書いてあることを、さも弊ブログ史上初出の意見の如く並べ立てるのでは、仰る方ご自身が「知ったかぶり」の謗りを免れないのではないかと存じます。他人に向かって「逆のケースを考えてみよう」とか「想像力をめぐらせてほしい」と仰る場合は、その言葉がご自身へのブーメランにならないかどうか、今一度ご自身の行動と言説を見直すことも大切だと、私も自らへの戒めを込めて、僭越ながらご進言申し上げます。

しかしまあ、何を基準に「韓国を語るなら韓国に最低五年住め」とか「韓国人の友人1万人以上」などと仰ってるのでしょうね?韓国に生まれ育った由緒正しい韓国人でさえ、韓国のことをよく分かってない韓国人が極めて一般的というのが、私が長年韓国人に韓国について質問し続けて出さざるを得なかった結論ですし、韓国に生まれ育った由緒正しい韓国人でさえ、1万人以上もの韓国人の友人がいると断言出来る者は、絶対少数派でしょうに。

私は基本的に親切なので、「こういう【朝鮮侮り】は私たちの得点に、あなた方の失点になりますよ」とあらかじめはっきりと申し上げているのですが、【朝鮮侮り】をされる方々は全く改めようとしません。そうやって【朝鮮侮り】で私たちにせっせとアドバンテージを進呈してくださるのは、もしかして「強者の余裕」のおつもりでしょうか?しかし古諺にも窮鼠猫を咬むと申しますので、いくら踊り子さんが強者のつもりでも、【朝鮮侮り】は大概にされた方が御身の為かと存じます。 

おそらく踊り子さんが一所懸命踊る理由は、弊ブログの読者諸氏に【朝鮮サブリミナル】を植えつけるためなのでしょうけれど、もう少し上手にやらないと誰も引っかかりませんよ?「これぐらいの【朝鮮サブリミナル】でも、十分引っかかるだろう」と考えてること自体が既に、紛れもない【朝鮮侮り】であることに、どうぞ一刻も早くお気づきくださいませ。

さて、踊り子さんにかまってばかりもいられませんので、今回の本題に入りたいと存じます。

先だってから弊ブログでは「かのブログ」を取り上げておりましたが、「かのブログ」に登場する「中国朝鮮族」とは一体如何なる人々なのかという根本的な疑問をお持ちの方も、結構いらっしゃるのではないかと思います。実は私も、中国朝鮮族という人々に対する理解は、今ひとつ明快ではありません。

私の中国朝鮮族に対する理解は、全くなかったわけではありませんが、「中国に数多ある少数民族のひとつ」程度で留まっておりました。朝鮮人といえども中国人ですから、あえて手を出そうと思わなかったのが、彼らに対する関心が薄かった理由です。

彼らの血統は朝鮮人ですが、国籍とアイデンティティは中国にあります。同じく血統は朝鮮人でも、アイデンティティが不明瞭で、日本国籍のない在日朝鮮人とは、その点で大きく異なります。

彼らのルーツは、もちろん朝鮮です。その歴史は浅く、日本が1932年に建てた満州国に移り住んだ朝鮮人(但しその当時は日本臣民)が、現在の中国朝鮮族の主たる祖先となりました。彼らのアイデンティティは確かに中国にあるのですが、同時に朝鮮血統も強く意識しており、北朝鮮人や韓国人に対しては、明確に「同胞」という意識を持っているようです。

北朝鮮や韓国では、当時の為政者の恣意もありましたが、国内をまとめるためにも反日カードを切らねばならなかったという事情もあり、社会全体もそれを支持しております。そのため韓国では、実際の日帝統治を経験した老人よりも、日帝時代を知らない比較的若年の韓国人の方が、激烈な反日傾向を示すことは珍しくありません。

その点、中国朝鮮族は自らが中国という巨大な国における少数民族という立場上、反日カードを切るまでもなくまとまらざるを得なかったという事情からか、中共による反日教育を受けてはいても、反日感情はそれほど強くなく、現地を訪れた方や駐在している方のレポートを見る限りでは、北朝鮮や韓国と比べて親日的と言っても良いようです。

お人好しというか浅はかというか、日本人は「親日的」と聞くと、途端に警戒を緩めてしまう人が多いと思います。私もそういう浅はかな日本人のひとりです。ですから「中国朝鮮族」と聞けば、「キチガイじみた反日じゃない分、韓国人よりマシ」と本気で思っていた時期も、私にははっきりあります。確かに、キチガイじみた反日で日本人に謝罪の賠償のドクトウリタンのと詰め寄らないだけマシと思うことは、今でも出来ます。

以前、ふと「韓国から反日がなくなればどうなるだろう?」と考え、それを「もし韓国が。」という記事にしたことがあります。

先日から、中国朝鮮族について改めて調べているうちに、何やら強い既視感に襲われ、過去記事を検索してこの記事を読み返し、その内容の少なからぬ点が中国朝鮮族にそのまま当てはまることに、我乍ら驚愕しました。日本人にとってわずかに幸いと思えるのは、中国朝鮮族はあくまで中国の少数民族であり、いくら彼らが親日であっても、国家ぐるみで親密な交流を求めることは出来ないということぐらいでしょうか。

朝鮮人には、北朝鮮、韓国を始め、在日、在米、在中、在欧その他の在外等様々な種類があり、当然それぞれ異なる性質・性格・特徴を持っております。しかし根本の部分で、彼らが朝鮮人ということは揺るぎません。国籍とアイデンティティが中国にあろうと、如何に親日的であろうと、中国朝鮮族は紛れもない朝鮮人であるということを忘れてはならないと、「かのブログ」に登場する中国朝鮮族を見て、改めて自らを戒めました。

もちろん、数多いる朝鮮人の中には、対話可能な朝鮮人も間違いなくおりますし、日本人以上に冷静にフラットに東アジアを見つめ、考え、語ることが出来る朝鮮人も皆無ではありません。

しかし、そういう微々たる数の人々を朝鮮人の総体と考えることは、どんなに贔屓目に見ても出来ませんし、そういう微々たる数の朝鮮人が、朝鮮人の総体を変えることも絶対にありません。総体としてはあくまで、どこに住んでいようと、どんな教育を受けようと、基本的に朝鮮人は朝鮮人と考えるべきです。朝鮮人を理解しようと思う日本人はまずそれを頭に叩き込み、その上で各種の朝鮮人や個体差に合わせて、理解を深めるべきでしょう。

それを失念した朝鮮人理解は必ず間違った理解へ帰結すると、私自身の経験と反省も含めて、申し上げたいと存じます。


※お知らせ※
2月22日の「竹島の日」に向けて、弊ブログでは、ブログ「さくら日和」執筆者の佐倉純様主催「2011年竹島プロジェクト」に参加しております。
2月22日の「竹島の日」までの期間限定で、弊ブログでは竹島プロジェクトに賛同し、竹島は日本領土であることを改めて強く主張し、島根県の「竹島の日」を応援します。


人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

ネットの韓国人は嫌韓の想像上の生き物ではない

前回記事の流れが、何だかよくわからないと感じていらっしゃる読者の方は、ひょっとすると割とおられるのではないかと存じます。

というわけで前回記事の流れをごく簡単に補足しますと【日韓チャットで長年韓国人の本性を見るなどして、韓国や朝鮮について十分熟知しているつもりであっても、一旦リアルの朝鮮人に取り込まれると、日本の国益や憂国をカモフラージュにして、特亞的印象操作を行なうようになる者がいる】という実例のご紹介でした。

更に、そうなってしまったが為に、中国朝鮮族配偶者が信じる中国の政治的プロパガンダの発信を黙認するのみならず、それに対する日本人側の異論は一切受け入れないという姿勢を支持している(少なくとも一切否定しない)ことが、かのブログのご紹介に踏み切る最大のポイントになりました。

他人の個人的な家庭内事情に干渉する意志は、私には全くありません。ましてや相手は、成人式ダブルスコアクラスの大人です。その大人が、自ら選んだ朝鮮人配偶者のために自らの人生を擲ったとしても、本人が十分に納得していることであれば、それはそれでひとつの幸せの形と言えるでしょう。少なくとも本人が十分に納得し満足している以上、それをブログで発信したとしても、「おめでとうございます末永くお幸せに」以外に他人が言うべき言葉はありません。

あるいは、同じ穴にはまった同士で、自分たちは幸せだよねそうだよねと確かめあうのも、もちろん有りです。それで彼らが、自分たちは幸せだと思い続けることが出来るのであれば、これもまた他人がとやかく言うべき筋合いではありません。

もし彼らのブログが、そういう主旨の仲良し夫婦ブログであるだけだったなら、私は間違いなく何も言わなかったでしょう。

ところが実際には、かのブログでは、本当に少しずつですが、徐々に中国朝鮮族配偶者の政治的意見や日本批判の記事が目立ち始めておりました。それらは日本人配偶者が中国朝鮮族配偶者の意見を聞いて書くというスタイルを取っておりましたので、わずかに気になりつつも、様子を見ておりました。

以前にも書きましたが、ターゲットとする相手にわずかな譲歩を迫り、それを少しずつ積み重ね、最終的に相手の完全譲歩を獲得しようとする手法は、モラル・ハラスメントを行なう者の常套手段であり、朝鮮人が得意とすることでもあります。

ことに朝鮮人のそういう行為は、ネットよりは現実の方に多くのサンプルがあります。例えば竹島問題もそのひとつと言えますが、それ以外にも日韓問題や在日朝鮮人関連に若干の知識がある方なら誰でもすぐに「ああそう言えばあれはそうだよな」「これもそうだよな」と数え上げることが出来るでしょう。日韓関係や在日朝鮮人問題の多くは、それで成り立ってると言っても過言ではありません。

そのことを知らぬわけでもないどころか、並以上に知っていながら、自分ひとりが納得尽くで取り込まれるだけならいざしらず、ネットを通じて不特定多数の日本人に向け、日本の国益や憂国をカモフラージュにして、さももっともらしく配信する行為は、どんなに好意的に解釈するとしても限界があります。そこへ駄目押しに、中国朝鮮族配偶者自らが中国の政治的プロパガンダを発信されたので、これは黙過すべきではないと思ったのが、弊ブログでかのブログを取り上げることになった経緯です。

ただそれは別として、かのブログの日本人執筆者側の朝鮮人に対する心情については、部分的ではありますが同意出来る点があります。

日韓チャットを離れると、私もかのブログの日本人執筆者のように、「チャットで見た、およそ人類とは思えないほどの、少なくともインターネットを自由自在に使える環境にある文明人とは絶対に思えないほどキチガイじみた韓国人たちは、私の勘違いか、あるいは何かの間違いではないだろうか」と思うことがあります。その気持ちは、実は痛いほどよくわかります。それほどまでにチャットで見る韓国人は、酷い生き物なのです。

翻って現実の韓国人はと言えば、確かにチャットで見るほどキチガイじみた者は、まずおりません。日本人を見るや否や、いきなり猿のチョッパリのと喚き散らしたり、何度追い払われても狂ったようにドクトウリタンを連呼しながら日本人につきまとう韓国人は、いくら韓国人社会であっても、極めて少ないでしょう。

それどころか、ネット上ではあれほどまでに傲岸不遜で無礼千万なくせに、現実では年長者に対する礼を守り(大抵の場合、私たちの方が年長ですので)、親しみを込めつつも丁寧な言葉遣いとへりくだった態度を崩さない韓国人の方が普通です。それはおそらく、韓国人以外の朝鮮人も同様だと思います。

並の日本人の感性ならば、存在そのものを認めたくないほど見苦しいネット上の韓国人と、現実の韓国人や朝鮮人の、礼儀正しくも人懐っこい好意を示す姿を見比べれば、やはり好ましいと思った方を信じたいと思ってしまうものです。

しかしここで私たちが忘れてはならないのは、ネットと現実の韓国人、どちらがより真実の彼らの姿に近いかということです。

ネットの韓国人は、嫌韓の想像上の生き物でもなければ、インターネット内の電子信号が偶発的に示す機械的な現象でもありません。現実では礼儀正しくも人懐っこい好意を示す韓国人たちが、自らの手で表現する、彼ら自身の赤裸々な内面なのです。

私たちは、彼らのその二面性にこそ全力で意を注ぐべきなのですが、それを失念させようとするのもまた、彼らの常套手段のひとつです。

それらの事実に目をつぶり、朝鮮人の薄くて浅くて上っ面が全てと信じ込み、またそれをこそ信じるべきと唱えて行なう朝鮮(人)考察など、少なくとも日本人にとっては、害にこそなれ益になることは絶対にないと、私は断言いたします。


※お知らせ※
2月22日の「竹島の日」に向けて、弊ブログでは、ブログ「さくら日和」執筆者の佐倉純様主催「2011年竹島プロジェクト」に参加しております。
2月22日の「竹島の日」までの期間限定で、弊ブログでは竹島プロジェクトに賛同し、竹島は日本領土であることを改めて強く主張し、島根県の「竹島の日」を応援します。


人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

本物の興宣大院君も工作活動を好んだ人でしたが

目ざとい方はお気づきになっておられたかもしれませんが、先日から私は、ちょっとよそのブログでやんちゃしておりました。

「よそのブログ」とは「(新)第三の隣人 中国朝鮮族」というブログで、先日の「【良心的日本人】と【日本人的良心】」という記事で取り上げたブログでもあります。

もしかするとお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、このブログは以前弊ブログでリンクしていた「第三の隣人 中国朝鮮族」というブログの新装版で、更に言えば「極東三国朝鮮特派員」と、中の人が同じです。

異なるのは、「極東三国朝鮮特派員」は執筆者が独身時代に日韓チャットに参加していた頃のもので単独執筆ですが、次のブログが中国朝鮮族の女性と結婚する前後でところどころ中国朝鮮族の女性が執筆に参加しているもの、現在のブログが中国朝鮮族女性との完全なコラボレーションブログとなっているというものという点です。

私は、日韓チャットからだけでは情報が偏り過ぎるので、ネットでは様々な立場の人々によって書かれたブログも読んでおります。その中には、私と意見を異にするものもたくさんあります。

が、原則として余程でない限り、それらのブログで展開される意見に異論反論があっても、それらのブログに直接コメントはしておりません。そういうブログは、たいてい異論反論を歓迎していないということもありますが、それよりも大きな理由は、私の余力の問題です。

弊ブログでは、既に皆様ご存知のとおり、皆様からいただいたコメントに対する私のレスポンスを省略させていただいております。ひとつひとつご返事さしあげたい気持ちは強くあるのですが、悲しいことに非才の身なれば、そうすると本記事を書く時間と、何より私の乏しい文章構築力に大きな影響が出るのです。

本記事をご覧になるためにお越しくださった皆様のコメントに、本記事を書く力を削ってお返事差し上げることは、本末転倒になるのではないかと思い、非常に心苦しくはありますが、基本的に個別のコメント返しは省略させていただいております。

同様に、弊ブログの本記事を書く力を削ってよそのブログでコメントの応酬をするのも、やはり本末転倒になると思います。ですので、ネタとしてよそのブログを本記事で取り上げることはあっても、直接コメントすることは原則差し控えております。ですから、私がよそさまのブログにコメント(しかも長文)を残すのは、「余程のこと」と判断した場合に限ります。

まず大抵の場合、日本人の書く親韓ブログというのは、さほどに害にはならないと私は考えております。もちろん、韓国人の付け入る隙になる等全く害にならないとは思いませんが、それらのブログは基本的に「無邪気」なものが多いと思います。

すなわち執筆者に、日韓問題について気付く能力がないか、あるいは気付いても考える能力がないか、さもなくば気付いているし考える能力もないわけではないが、そんな面倒なことしたくないか、そんなことをすれば実生活に支障が出たり身体に直接危害が及んだりするからしたくても出来ないかのいずれかであることがほとんどです。

最後の例は別として、そういう彼らに何を言っても、届く望みはほとんどありません。仮に届いて、彼らの考えが変わったとしても、それで日韓問題に気付く能力や考える能力、あるいはそんな面倒なことをしようと思う気力がにわかに身に付くはずもありません。そこが変わらないと、何にもならないのです。また最後の例のような方に、それでも日韓の問題点について「日本人として」の意見を述べろと詰め寄るのは、あまりにも気の毒です。

ならば親韓のままでいてもらって、日本人の問題点を「無邪気」にどんどん表出してもらっている方が、多少の害にはなったとしても、日韓問題における日本人側の問題点の実例という薬として役立てることが出来るのではないかと思い、基本的には彼らが「無邪気」である限り私は放置というか、いわゆるROMの方針です。

先述の「(新)第三の隣人 中国朝鮮族」も、当初私は「無邪気」な日中カップルの仲良し夫婦ブログだと判断しておりました。

このブログ、メインの執筆者はかつて日韓チャットの常連日本人の一人で、私の知己でもあった、ハンドルネームを「大院君」あるいは「daewongun」と名乗っておられた方です。

弊ブログ内を「大院君」あるいは「daewongun」で検索していただければいくつかの記事が出てきますが、この方は私と同じ日韓チャット常連日本人と言っても、私が韓国人に容赦のない態度であったのに対し、彼は「自分は親韓である」と公言し、基本的に、終始韓国人に対しては優しく穏やかに接する方でした。気の毒なことに韓国人たちからは、私たちと一緒くたに嫌韓とみなされて、しばしば攻撃されておられましたがw

彼が中国朝鮮族の女性と結婚すると聞いても、普通に知人が結婚すると知らされたのと同じく、めでたいことだと思っただけです。それをもって「特亞人なんかと結婚しやがって裏切りやがったなこの野郎」などとは微塵も思いませんでした。ただ、私の知る限りでは、特亞人と結婚した日本人は色々ホニャララ(ごめんなさい、ここは他人の家庭内事情なので、言葉を濁させてください。ただ、単純な「親韓」とか「親中」とかそういう話ではありません)になってしまう例が多かったのがわずかに心配ではありましたが、日韓チャットで長年韓国人の本性をあれだけ見ていた人なのだから、そういう人が選んだ女性であれば、朝鮮人でもきっと大丈夫だろうと思うことにしました。

私は、原則として他人の親韓・嫌韓にはあまり干渉しません。親韓の人を無理矢理嫌韓に変えようとか、せめて親韓をやめさせようなどとは、一切しません。気付く能力があれば、無理強いしなくとも気付くことですし、気付かないということは、そういう能力がないか、あっても気付く気がないということだからです。しかし、私と意見を異にする人であっても、日韓チャット等で普通に親しく話をすることは出来ます。それは日本人ばかりではありません。韓国人とでも、親しく話をすることは出来ます。

ただしそれは、その人が変な工作を仕掛けてこなければの話です。

例えば、韓国人は他人の個人情報を詮索するのが好きですし、知り得た他人の個人情報をその当人への攻撃材料にすることは、もっと好きです。以前も申し上げたように、彼らは必ず相手の年齢を知りたがりますが、自分より年上と知れば「年寄りは黙れ」と言って侮り蔑み、逆に年下と知れば「年下のくせに生意気だ黙れ」と言って見下すというのが、最もわかりやすい例でしょう。

あるいは、このブログを検索して訪れたらしき韓国人が、日韓チャットでこのブログのプロフィール欄に書いてあることを、それはそれは嬉しそうに私にぶつけたことも実際にありました。

ですから私は原則として、よほど信用した韓国人でなければ、如何なる個人情報も知らせません。それに対して日韓チャットの悪質常連韓国人などは、どうにかして常連日本人の個人情報を探ろうと、様々な工作行動を現在も活発に繰り広げております。

その中には、日本IDを取得し、日本人のふりをして近づいてくる韓国人も全く珍しくありません。むしろ本物の日本人会員より多いのではないかというぐらいです。私たちが見慣れぬ日本人IDに対して、非常に懐疑的なのはそのためです。それでも中身が韓国人ならば、突けばすぐにボロが出ますから、対処のしようはいくらでもあります。しかし、いくらザパニーズを見破るのが得意でも、中身が本当に日本人であればどうしようもありません。そうやって私たちに近づいた親韓日本人が、私たちの個人情報を韓国人に流すような真似をすれば、私たちには防ぎようがありません。

つまり親韓の余り、韓国人の工作活動に加担するような日本人であれば、それは親韓とか嫌韓といった主義主張とは全く無関係な、単なる卑劣漢とか判断出来ませんし、そのように接するしかないでしょう。

これはブログであっても同様です。「無邪気」な親特亞ブログに対して、私が矛先を向けることは原則ありません。例え親韓、親特亞であるが故に、嫌韓を無条件で嘲罵するものであったとしても、彼らが類友と戯れている限りは放置です。あるいは、既に異議を唱える方ががっつり監視しておられるブログならば、今更私がしゃしゃり出ることはありません。

しかし、「(新)第三の隣人 中国朝鮮族」というブログは、そのいずれにも該当しません。先述したとおり、当該ブログはかつて日韓チャットの常連日本人であり、私の知己の一人であった方が主に書いておられるブログですが、現在では中国朝鮮族の思想を軸に展開しようとしつつあるブログになっております。ただし表向きは、日本人執筆者が日中韓の問題点を指摘することによって、日本の問題点と改善策及び日本の国益について考え提案するブログという体裁をとることでカモフラージュしています。

それは私の先入観だ誤解だ偏見だとお考えの方は、どうぞかのブログ及び過去のブログのコメント欄までも含めて、詳細にご覧になってください。かのブログは、大変読みづらい文章構成をされておられるので、詳細に読むのはかなり大変だと思いますが、お時間とご気力のある方は、修正されたり消されたりする前にご自身でご確認いただき、判断なさってください。それでもお前の先入観だ誤解だ偏見だと仰る方もおられるだろうと思いますが、私のそういった指摘に対し、当該ブログのメイン執筆者ご本人自身が、反論する意志は一切ないと明言されておられます。

そういったご本人の言を受け、弊ブログとしては、かのブログをそういうスタンスのブログであると捉え、日韓チャットであれほど韓国人の本性を見ていても、一旦そこから長く離れ、更にリアルの特亞人に取り込まれれば、どのように変遷していくかの記録と実例として、また特亞の政治的プロパガンダに対する警鐘も兼ねて、ご紹介させていただきたいと存じます。

実在した興宣大院君も、憂国に名を借りた利己的工作活動を好んだ人でしたが、その名を借りた人もどうやらそういう方だったようです。名は体を表すと言いますが、ハンドルネームといえども案外馬鹿にしたものではないのかもしれません。

あ、そうそう。あちらのブログで「「国士」「ネットウヨ」とレッテル貼りされたことを、fetiaさんが怒ったのではないか」というコメントをされた方がいらっしゃいましたが、「ネットウヨク」という、思慮の足りない方が脊髄反射で発する傾向の強い意味不明な文字列はさておき、「国士」や「愛国者」と呼ばれることは、歓迎こそすれ、怒ったりなんかしませんので、どうぞご安心くださいw それらを自ら称することは、あまりにも僭越なので憚りますけどねw 

って言うか、そもそも「怒って」なんかいませんからw


※お知らせ※
2月22日の「竹島の日」に向けて、弊ブログでは、ブログ「さくら日和」執筆者の佐倉純様主催「2011年竹島プロジェクト」に参加しております。
2月22日の「竹島の日」までの期間限定で、弊ブログでは竹島プロジェクトに賛同し、竹島は日本領土であることを改めて強く主張し、島根県の「竹島の日」を応援します。


人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

「韓国を見習え」と言う方が示す言行一致

最近、「もしかして私を、【朝鮮関連しか眼中にない視野狭窄思考停止のバカ】と思ってますか?」と感じることが幾度かありました。

確かに私は、朝鮮関連には結構長く接しております。親韓の時期から数えるならば軽く20年以上になりますし、日韓チャットを始めた頃から数えるとしても、今年で丸9年です。ブログを始めてから数えたとしても、丸5年余りになりますので、朝鮮関連については、接した年数程度に詳しいという多少の自負はあります。

が、はっきり言って朝鮮関連は、あくまで私が関心を持つ分野の中のひとつであって、唯一でもなければ全てでもなく、最大でもありません。

私が関心を持つ分野の中には、朝鮮関連など比較にならないほど好きな分野が他にありますし、好き嫌いで言うならば、関心を持っている分野の中の朝鮮関連に対する私の好悪の感情は、もはや嫌いと表現するのさえ適切ではありません。叶うことなら朝鮮関連など、地球上から消し去ってしまえればどれほど清々しいだろうと、心の底から思います。

ただ朝鮮関連については、長年やってきただけに、ここまで積み上げてきたものもあります。このブログもそのうちのひとつと言えますし、朝鮮関連とは直接関係のないことであっても、朝鮮関連で得た情報や知識を、理解や考察に援用することが出来るのは確かです。

ですから、朝鮮関連の知識や情報が全くの無駄だとか不要だとは思っておりません。それに一度朝鮮関連から距離を置くと、韓国(人)がとてつもなく素っ頓狂で、日本(人)とは絶対に相容れ得ない国(人々)であるということを、たちまち忘れ去ってしまうので(多分、余程覚えていたくないという潜在意識があるのでしょうw)、自戒の意味も込めて、このブログを書き続けております。

ところがこのブログを延々書き続けているせいか、議論の際に相手が私のことを【朝鮮関連しか眼中にない視野狭窄思考停止のバカ】と思ってるんじゃないかと勘繰りたくなるようなことが、ここのところ幾度かありました。

朝鮮関連に限らず、あるテーマに対し、批判や反論をしようと思う場合、私は必ず、自分の意見に対抗する意見をひととおり見ることにしています。

例えばあるテーマにおいて、私の意見が賛成であるならば、賛成意見よりは反対の意見の方をじっくり見ることにしています。なぜなら、賛成派の意見はどうせ私と同じか似たような意見でしょうから、今更あわてて見る必要はありませんが、反対派の意見には、私を含めた賛成派が見落としているポイントがあるやもしれないと思うからです。また、反対派の意見が、賛成派の意見を誤って解釈していることも、その逆も十分に考えられます。ですから、まずはそういうポイントの有無を確認する意味でも、私は必ず対抗意見を確認することにしております。

こういう作業は特別なものでも何でもなく、少なくとも自らの意見を表明したり、違う意見の人と議論を交わそうと考えている人ならば、誰でも普通に当然にするものだと思っておりました。

ところが、議論が朝鮮関連に限定したものではない場合で、私を【朝鮮関連しか眼中にない視野狭窄思考停止のバカ】だと思ってるらしき方々に共通だったのは、私が対抗意見を見ているはずなどないという確信と、それを見ていると知った時の驚愕でした。

実際には、議論の中で相手側から、私が対抗意見など全く見ずに批判や反論を行なっていると確信しているのがありありと伝わる物言いをされ、それに対してきちんと対抗意見を見ていることを示すとあからさまに驚くことから、「ああ、この人は私のことを、【朝鮮関連(しかも嫌韓的なこと限定)しか眼中にない視野狭窄思考停止のバカ】だと思ってるんだな」と感じたのですが。

こういう態度は、実は日韓チャットの韓国人には極めて頻繁に見られます。日韓チャットの常連日本人の間では、韓国人のそういう態度を、【朝鮮侮り】と呼んでおります。

私たちが日韓チャットで韓国人相手に批判や反論をすると、たいていの韓国人は私たちのことを「捏造と歪曲で誤った日本の教育を信じているバカ」だと確信し、韓国のことを全然、あるいはほとんど、少なくとも韓国人である自分よりは知らないと確信して、嘘やハッタリ、混ぜっ返しや欺瞞を議論の中でふんだんに織りまぜてきます。

彼らのそういう行為は、議論においては往々にしてこちら側の得点に、彼らにとっては手痛い失点になることが多いのですが、幾度痛い目にあっても、彼らがその【朝鮮侮り】を改めることはほとんどありません。

私はあまり優秀ではない上に肝の小さい日本人なので、どれだけ多くの知識や情報を揃えても、相手が誰であっても(もちろん韓国人であっても)、議論をする際には、自分が知らないことがあるのではないかと思って不安に打ち震えますが、韓国人の多くは、日本人よりも優秀だと自負している上に、日本人よりも肝が大きいといつも自慢しておりますので、【朝鮮侮り】によって私たちにアドバンテージを与えてくれているつもりなのかもしれません。

この【朝鮮侮り】、韓国人には非常に顕著に見られるものですが、必ずしも韓国人の専売特許というわけではないらしいのは、前述したとおりです。更に、何故か私が遭遇した【朝鮮侮り】をする日本人(多分)の方々は、揃って「韓国を見習え」とか「韓国人は優秀だ」とおっしゃっておられました

そう言う彼らが、韓国人と同じような【朝鮮侮り】をするのは、おそらく「韓国を見習え」というご自身の主張を実践していらっしゃるからではないかと思います。

素晴らしい言行一致だとは思いますが、何故かあまり見習いたいとは思えません。


※お知らせ※
2月22日の「竹島の日」に向けて、弊ブログでは、ブログ「さくら日和」執筆者の佐倉純様主催「2011年竹島プロジェクト」に参加しております。
2月22日の「竹島の日」までの期間限定で、弊ブログでは竹島プロジェクトに賛同し、竹島は日本領土であることを改めて強く主張し、島根県の「竹島の日」を応援します。


人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

「自爆逆切れ捨て台詞」と書いて「いつものパターン」と読む

韓国では率直を美徳と考えているので、韓国人が思ったことを深く考えずに口走ることは、ごく普通にあります。また、他者を自己と同一化することが他者への最大の親愛の表現だと思っているので、自分の感情を他人にぶちまけることも頻繁にあります。

それはある種の可愛気と言えなくもありませんが、初対面の相手にもそれが可愛気として通用するのは、少なくとも日本では一桁年齢まででしょう。

なお、もし他人に自分の非を咎められたら、どんな些細なものでも良いので相手の非をあげつらうことで相殺もしくは相手の非が大きいと主張すること、もしそれが出来ない場合は、相手に非があるかないかに関わらずあると勝手に決めつけ、その非を糾弾して相殺もしくは相手の非が大きいと主張することが、韓国では一般的なお作法となっております。(ex.猿パフォーマンス)
▶ チャットルームが作成されました。

fetia : 2011/01/27 22:21 (筆者註:部屋を作成した時刻)

sep1472 さんが入場しました。

sep1472 : こんにちは

fetia : こんばんは

sep1472 : いよいよ普通日本人に会いましたよね !

fetia : ?

sep1472 : 正常な日本人に会って嬉しいです.

fetia : 何の意味ですか?

sep1472 : 大部分人々は右翼補修者ドルバッゲオブスブニだ.  (筆者註:おそらくですが「大部分の人々は右翼保守者たち、受け入れられません」だと思います)

sep1472 : 韓国を一方的に卑下する人々です

fetia : あなたは「日本人は大部分右翼保守者で韓国を一方的に卑下する人々だ」と言うのですか?



        (30秒ほどの沈黙)



sep1472 : ないです,,

sep1472 : この部屋を除いて他の部屋にいる人たち大部分そうです.

sep1472 : 特に Tokyo cat この人


fetia : ではどういう意味ですか?>「大部分人々は右翼保守者たち」

fetia : いきなり日本人をそのように言うのを聞けば、日本人としてものすごく不快ですね。

fetia : 韓国人は皆あなたのように失礼な人ですか?


sep1472 : ないです

fetia : そうですか。あなただけがそのように失礼なのですね。

fetia : わかりました。


sep1472 : Tokyo cat様と交わる人々だけそうです.

sep1472 : Toky cat様は有名です.


fetia : 今、Tokyo catという人はここにいません。

sep1472 : 他の部屋にあります.

fetia : 他の部屋のことはこの部屋には関係ありません。

sep1472 : 申し訳ありません.

fetia : 今、この部屋で起きたのは、韓国人のあなたが、突然一方的に日本人を卑下したという事実だけです。

sep1472 : 他の人々がそうだということです.

fetia : あなたのように失礼な韓国人とは話をしたくありません。

fetia : さようなら。

fetia : 私は礼儀ある韓国人と話をしたい。


sep1472 : 私は

sep1472 : そういうつもりではなかったです.


fetia : あなたのような失礼な韓国人が同じ部屋にいるだけで不快です。

fetia : 出ていきなさい。


sep1472 : あなたもそうですね

sep1472 : グルだったです

sep1472 : 右翼保守者


sep1472 さんが退場しました。
ログ採取日 2011年1月27日午後10時21分~午後10時34分


※お知らせ※
2月22日の「竹島の日」に向けて、弊ブログでは、ブログ「さくら日和」執筆者の佐倉純様主催「2011年竹島プロジェクト」に参加しております。
2月22日の「竹島の日」までの期間限定で、弊ブログでは竹島プロジェクトに賛同し、竹島は日本領土であることを改めて強く主張し、島根県の「竹島の日」を応援します。


人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。