管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国は、日本人の身の安全を保証するつもりがない国

来月一日に、自民党の国会議員が訪韓することが知られてから、韓国はマスコミを筆頭に尻に火が着いたような騒ぎです。日本の国会議員が韓国を訪れることなど、ニュースにもならないほどよくあることでしょうに、何故今回に限りこんな騒ぎになるのでしょうか。

それは訪韓予定の議員が、竹島問題のための視察を目的としているからです。

あれほど世界中で韓国自らドクトウリタンを叫び散らかしておきながら、いざ日本側が正面からそれを受けて立った途端にこの体たらくであるということは、竹島問題の本質を考察するのに大きな材料になりますし、これに対する日本側各方面の反応についても様々な考察が可能ですが、今回はあえて彼らの言ってることを、真正面から受け入れた場合について考えてみようと思います。

韓国側としては、官民を問わずとにかく何が何でもこの議員の訪韓を阻止したいようです。どこの会社かは明確でありませんが、韓国マスコミが訪韓予定の議員に直接その意図をインタビューした動画があります。お時間のある方はご覧いただくとよくわかるのですが、これはインタビューというよりも、議員に訪韓予定を翻意するよう説得しているようにしか見えません。

ちなみに韓国側が、この議員の入国を拒否することは、現実問題として十分可能です。外国人の入国可否を判断するのは、その国の権利でもあるからです。ただし拒否する以上は、正当な理由がなければなりません。

相手が何の力も持たない一般人であれば、理由を全く説明せず一方的且つ高圧的に入国を拒否することも可能でしょう。しかし今回は、今でこそ野党ではありますが、それでも日本で大きな勢力を維持している政党の国会議員です。随行員もいればマスコミも付いて来るでしょうから、もし入国を拒否するならば、理由を説明しないわけにはいきません。

しかし、韓国側は「日本で竹島問題を提起しようとする日本人だから、韓国入国を拒否する」とは絶対に言えません。間違いなくそれが本音なのですが、そんなことを言えば、日本側が「韓国でドクトウリタンを言う韓国人は日本への入国を拒否する」と言っても、韓国は文句が言えなくなってしまいます。

そこで韓国は、苦し紛れにこう言い出しました。「もし議員が訪韓すれば、その身の安全は保証出来ない」と。

なるほど、こう言えば一見正当な理由に見えなくもありません。「あなたの身の安全を心配してあげているのですよ」というポーズも成り立ちます。

が、こんなおためごかしに騙されるのは、韓国人と韓流捏風に釣られるバカぐらいでしょう。これは謂わば、韓国政府による「行政無責任宣言」あるいは「行政無能力宣言」なのですから。

韓国内における外国人の身の安全は、当然韓国政府が責任を持つことになります。ましてや今回のように、事前に訪韓外国人の身の安全が懸念されるとわかっているのであれば、韓国政府はその対策をする義務と責任があります。それを放棄して「身の安全が保証できないから来るな」と言うのは、極論すれば「外国人の身体に危害を加える可能性のある勢力の行動を、韓国は政府として取り締まる能力、あるいは意思がない」という宣言と言っても良いのです。

今回、日本側の議員の訪韓目的は、あくまで視察です。韓国の往来で日の丸振りかざして竹島領有を叫ぶわけでもなければ、自分の指を切り落として韓国の竹島武力占拠に抗議するわけでもありません。青瓦台の前で「韓国は反省しる」と書いたプラカードを持って座り込みすることも、まずないでしょう。

つまり普通に、それこそ韓流ドラマのロケ地を巡ったり、韓国の人々と直接交流してみたいと言って韓国を訪れる日本人と、意図はともかく行動としては何ら違いはありません。

そういう外国人の身の安全を保証できないと、韓国政府が公言したということは、すなわち韓国は、外国人に対する暴力や犯罪に対して、政府でさえそれを取り締まったり、制圧する意思がないと言ったに等しいのです。

と言えば、韓国人は激昂して言うと思います。「そんなことはない。韓国でも普通の外国人の身の安全は保証するのが当然だ。今回は竹島問題を提起するという不純な意図を持った日本人だからだ」と。

しかし、もしそうだとすれば、韓国では、日韓間で対立する問題がある場合、韓国側の意見に従わない日本人には危害を加えても良いと、政府が容認あるいは黙認したことになります。

2002年のW杯の頃、「韓国では日本人が犯罪被害に遭っても、警察官は「日本は昔ウリナラに酷いことをしたのだから、日本人ならそれぐらい我慢しなさい」と言って相手にしない」という噂が、ネットの巷間でまことしやかにささやかれていました。今回韓国政府が「日本人議員の身の安全が保証できない」と言ったことは、その噂が事実だったのではと疑わせるに十分な説得力を持ちます。

もちろん韓国側の本音は、議員の身の安全が保証出来ないからなどということではないに決まっています。彼らは間違いなく、竹島問題で正面切って日本と話し合わねばならなくなるのが嫌なのです。日本人に、韓国では国民に嘘を吹き込んでいることがバレるのが嫌なのです。そんなことは、最初からわかりきっています。

しかし、彼らがそれを否定し、あくまで私たちに対するおためごかしを言い張り、またそれも一面の真実である以上、私たちはそれをそのまま聞き入れ、そのとおりに理解すれば良いと思います。

すなわち、韓国は訪れる日本人の身の安全を保証出来ない、あるいはするつもりがない国なのだと。

今後韓国を訪れる予定の日本人の皆様は、それを十分に承知の上で訪れるよう、衷心よりご忠告申し上げたいと存じます。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト

目指せ「遠くて遠い国」

先日起きた中国の高速鉄道事故を受けて、韓国が我が身を省みるという芸を見せたことに、個人的には少々驚きを禁じ得ませんでした。

何しろ、韓国人にとって反省は敗者の屈辱です。他人に無理やりさせることはあっても、自ら進んですることは、これまでほとんど見聞きしたことがありません。

今回にしても、果たしてどこまで「自ら省み」ているのか怪しくはありますが、形だけでもそういう振りが出来るようになったのも、進歩と言えば進歩です。「反省だけなら猿でも出来る」という謂にならえば、韓国人もやっと猿レベルに近づいたということでしょうか。早く人間になれると良いですね。

さて、本日は韓国人の対日イメージとこれからの日韓関係について、考えてみたいと思います。

韓国人の対日イメージは、表層的には多様ですが、根源的にはそうでもありません。日韓チャットでも、オイタをする韓国人を叱ったり、のらりくらりと言い逃れる韓国人の退路を断ちに断って、胸倉つかんで小突き回すように問い詰めると、たいていの韓国人が同じようなことを言います。すなわち、「やっぱり日本人だね!」です。

これはとりもなおさず、苛烈に韓国人を追い詰め苦しめるのが日本人というイメージを、たいていの韓国人が持っているということでしょう。このように、彼らの根源的な日本人イメージとは、無礼で野蛮で傲慢で狡猾で残酷といったところでしょうか。中でも「日本人=野蛮人」という意識は、案外根強いものがあります。

彼らの常識として、日本に文化を伝えたのは韓国ということになっています。百済は今の韓国とはつながりがないと言っても、彼らには全く通じません。その伝えた内容も、中国のものをそのまま生でスルーパスしただけと言っても、彼らにはそれの何が問題なのか全くわかりません。

彼らにとっては、韓国が日本に文化を伝えなければ、日本は今も未開な島国の蛮地で、日本人は腰蓑に手槍を持った未開人のままだったはずだ、ということこそが最も重要なのです。それ以外はどんなことも、枝葉で尾鰭なのです。

そのイメージを露骨に文章にしたのが、この記事でしょう。

突っ込みどころ満載過ぎて困る文章なのは韓国人の文章の常ですが、この記事で彼らが最も強調したいのは最後の段落、
【王仁博士は死の波を破って日本に渡り漢字を伝えた。未開な島国の人々は文字の光明の中で繁栄を享受して良い暮らしになった。日本が私たちにいつも感謝しなければならない理由はここにある。それでも彼らは私たちを困らせたり被害を与えた。並大抵な背恩忘徳でない。その恩恵を恩恵として千万倍返しても不足なのに私たちをだまし脅迫している。歴史をねつ造したり歪曲して独島妄言を吐き出している。こういう国に<近くて遠い国>と表現することは当然だ。】
という部分でしょう。

日本人が読めば、これは彼らの反日意識が書かせたものだと思うかもしれません。しかし彼らにしてみれば、これは決して反日意識に基づいたものではないでしょう。彼らの間では、「韓国の助けがなければ、日本人は今でも野蛮人だったはずだ」ということは、反日などという感情を抜きにした、動かすことの出来ない厳然たる事実として意識されていると思います。

そんな日本が、大恩ある韓国を差し置いて、先進国でございと大きな顔をしていることが、韓国人にとっては癪に障ってしかたありません。

先だっての震災の時もそうでしたが、あるかないかもはっきりしないような僅かな恩を押し売りし、日本がその恩を千万倍にして返しても不足すると考えているのが韓国です。つまり、日本がどれだけ韓国に援助しようとも、技術提携しようとも、友好の美名の下に譲歩し続けようとも、彼らにとっては全く不足なのです。

そんな国やそんな考えの連中と近しくなって、一体日本や日本人にどんなメリットがあるのでしょうか。奴隷願望でもある人には願ったりかもしれませんが、たいていの日本人はそんな願望を持ってはいないでしょう。

先の記事の韓国人の筆者は、結論として、日本に向かって「近くて近い国」になれと言っています。しかし、あの文章を読む限りでは、韓国だけの立場で考えても、日本が「近くて近い国」になることは到底望ましくありません。

何しろ日本は韓国に対し、並大抵ではない背恩忘徳であるばかりか、恩を千万倍にして返しても不足するというのに、あろうことか韓国人を騙して脅迫するような国なのです。こんな酷い国と韓国は、決して付き合うべきではないと結論づけるのが自然でしょう。

また日本としても、そのように思っている韓国と付き合う理由はありません。韓国に対して一切援助を惜しまず、全力で友好的に振る舞い、全面的な譲歩を続けようとも、韓国から見れば全く不足なのです。日本にとっては、ザルで汲んだ水を底の抜けたバケツに溜めるよりも甲斐のない話です。

ならば日本と日本人は東に向き、韓国と韓国人は西に向き、双方完全に背を向け合えば良いのではないでしょうか。たったそれだけのことで、日本と韓国は、地球上で最も離れた国同士になれるのです。

そうすることで日韓間の「近くて遠い国」というジレンマも一気に解消し、めでたく「遠くて遠い国」となることが出来ます。さらに日本に対して、韓国がどんな些細な恩も与えられないようにしてしまえば、日本も韓国にその恩を千万倍にして返しても不足するなどと言われずに済みますし、韓国にしても恩を返さない日本に苛立ったり、野蛮な日本に脅かされたりせずに済みます。日韓共に、そうすることで互いに利益があり、互いに損がありません。Win-Winとはこのことです。

これこそが、日韓が目指すべき真の友好の形なのかもしれません。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

韓国語における「ウリ」考察

なんかコメントで唐突に韓国製洗濯機のことが書かれてたので、ふと思い出したのが伝説の男・洗濯機御大

個人的に思うのは、企業が製造した商品をカネ払って買ったのであれば、その製品がその製品として当然の能力を発揮するのは、少なくとも日本では当たり前です。その日本で、それをあえて特筆することに、一体どんな意味があるのでしょうか。

その韓国製の洗濯機が、日本製同等品の半額以下で消費電力も半分以下、しかも寿命は倍以上。もちろん核心技術から何から何まで純粋な韓国製で、常々使うたびにその性能の素晴らしさに感動を禁じ得ず、「韓国社会全体がそうだという証左」という記事を見て、「韓国社会はそうかもしれないけど、韓国人が作ってる製品はすげえ良いよ!」と言いたくてやむにやまれずコメントしたと仰るなら、まだ理解出来なくもありません。

しかしコメントにはそういうことは一切書かれておらず、行間にそういうニュアンスもあまり感じられず、何を主張したくて、あるいは何を伝えたくてコメントくださったのか、その意を汲むのに苦しんでおります。ですので、もし補足のコメントがございましたら、是非お願いしたいと思います。

さて、月見チャットでは時々言ってたことですが、ブログではあんまり言ってなかったと思うことがあったので、本日はそれをお題にしてみたいと思います。

韓国を語る際には欠かせないキーワードに、「ウリ」と「ナム」という言葉があります。弊ブログでもかつて記事にしたことがありますし、韓国人を観察するにしても、この「ウリ」「ナム」意識の存在を知って観察するのと、知らずに観察するのではその理解に大きな差が出てくると思います。

この「ウリ」という単語は、日本語では「我々」、あるいは「我ら」「私たち」と翻訳されます。しかし最近思うのは、韓国人が言う「ウリ」という言葉を「我々」などの一人称複数形と理解するのは、日本人の韓国に対する大きな誤解の元になっているのではないかということです。

日本語で「我々」、あるいは「我ら」「私たち」と言えば「私」を含む集団の意味で、「私」はたとえその集団のリーダーであったとしても、原則としては、あくまでその集団の中の一分子です。しかし韓国語で「ウリ」と言えば語義としては「私」「我」の複数形かもしれませんが、実際に使用する場合は「私そのもの(に付属する集団)」と理解した方がしっくり来ることが多いのです。

韓国人はこの「ウリ」という言葉が大変好きで、対義語である「ナム」の方はめったに見かけませんが、「ウリ」の方は様々な言葉にくっつけて使いたがります。

「我が国」の「ウリナラ」を始め、「我が家」の「ウリチプ」、「我が校」の「ウリハッキョ」、「韓国語」を「「我らの言葉」という意味の「ウリマル」と言う場合などの「ウリ」は、「我々」「我ら」などの日本語に翻訳しても特に違和感ありません。

ひとりっ子でない限り、父親を「ウリアボジ」、母親を「ウリオモニ」、両親を「ウリプモニム」と言うのも、特に不思議ではないでしょう。

ところが「ウリ」を「我々」という意味で理解している日本人が聞いたらぶっ飛ぶのが、「ウリナムピョン」「ウリアネ」です。「ナムピョン」「アネ」はそれぞれ「夫」「妻」に当たる朝鮮語です。

一夫一婦制の国の人間ならば、夫や妻を「私を含む集団」で共有するということは、少なくとも建前上はあり得ません。韓国人が「ウリナムピョン」「ウリアネ」と言うのを聞けば、韓国の婚姻形態はもしや一夫多妻あるいは一妻多夫もしくは多夫多妻制なのかと疑ってしまいますが、韓国も一夫一婦制です。

更に言えば、日韓チャットで韓国人が「ウリ北朝鮮(原語ではウリ北韓)」と言ったのも目にしたことがあります。この時はさすがに驚いて「ウリ北朝鮮と言うからには、あなたは北朝鮮人か?」と問い質したほどでした(もちろん韓国人でした)。

これらの使用例を見ると、韓国語の「ウリ」という言葉を、日本語の「我々」や「私たち」の意味で理解するのは、かなり無理が出てきます。そこで最近思うようになったのが、先述した「韓国語における「ウリ」とは、実はそう言っている人そのもののことではないか」ということです。

日本語で「我々」や「私たち」と言えば「集団に属する私」というニュアンスが強いのですが、韓国語の「ウリ」は日本語とは逆で、「私に属する集団」という意識で用いられているのではないでしょうか。

そう考えると、韓国人の「ウリ」の使用例はあまり違和感がなくなります。彼らの考える「ウリ」が何百万人、何千万人いたとしても、それらは全て自分自身に集約して属するものなのです。日本人の「私たち」や「我々」が「集団に属する私」とすると、韓国人の「ウリ」は「集団を取り込んだ私」とでも言いましょうか。何百万、何千万の「ウリ」であろうと、どこまでも「自分自身」が中心で先頭で頂上なのです。

彼らが何かにつけウリウリ言う割に、彼らの集団に対する帰属意識が感じられないのは、彼らにとってウリとは自分に帰属するものであって、自分が帰属するものではないからでしょう。

更に韓国人が常に対外的な自分を「理想の韓国人」に擬するということと考え合わせると、彼らが気軽に吐き散らかす「ウリ」という言葉は、私たちが考える以上に韓国人考察において、示唆に富む言葉なのではないかと思う今日この頃でした。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

韓国社会全体がそうだという証左

女子サッカーW杯で、なでしこジャパンが優勝したことは、悲観材料の多い今の日本に一縷の光明が射し込んだようです。

例によって私はあまりサッカーや野球などのメジャースポーツに興味がないので、今回の快挙についても全く詳しくないのですが、それでも日本人チームが世界の桧舞台で優勝したとなれば、同じ日本人として嬉しくないはずがありません。

まずは選手と関係者の皆様に、心からお祝いとお慶びを申し上げたいと思います。

サッカーに限ったことではありませんが、何かと日本に張り合いたがる韓国は、今回この件については、出来る限りの無関心を装っているようです。

韓国の男子サッカーは国家規模で力を入れていることもあり、また選手にしても国際大会で好成績を収めれば兵役免除というインセンティブがあるので、韓国内でも注目されているスポーツのひとつではあります。それに比べると韓国の女子サッカーは、人気も注目度も選手のレベルもかなり低いようです。

韓国といえども女子には兵役義務がありませんし、日本でさえ「女がサッカーなんて」と言われることがあるようですから、女性蔑視の甚だしい韓国では、選手側のモチベーションもなかなか上がらないのでしょう。

そもそも韓国でサッカーが人気と言いますが、それは厳密には正しくありません。韓国で人気なのは、「韓国が勝ったり、国際的に注目されたりするスポーツ」です。日韓チャットでも韓国人にサッカーについて質問すると、「ゴールポストの間をボールが通過すれば得点になることで分かってます」と胸を張って言う程度で、日本人のサッカー談義には一切全くついてこれません。

ですから、韓国の女子サッカーが世界の桧舞台で活躍するレベルにまだない現状、韓国としては何が何でも無関心を装いたいのが本心でしょう。今後多少ほとぼりが冷めれば、「日本が出来ることならウリにも絶対出来るニダ」と何の根拠もなく思い込む例のパターンで、出来もせず、やろうともしてないことを出来る出来ると吹聴するかもしれませんが。

ともあれ今回の日本女子サッカーの快挙は、日本のあらゆるところで話題になっているわけですが、それは日本に出稼ぎに来ている韓国人タレントが居る場所でも例外ではありません。

韓国ウォッチブログや某巨大匿名掲示板では、日本に出稼ぎに来ているある韓国人タレントが、なでしこジャパン優勝の話題になった途端席を外したということが話題になっております。

これを報じたメディアはその韓国人タレントの態度を「ライバル国らしい対応」と取り繕っておりました。日本のマスコミは、特にサッカー関連では日韓を「ライバル国」と言いたがる傾向が強いわけですが、女子サッカーに関しては、この表現は苦しいところでしょう。また本当に「ライバル国」なのであれば、「ライバル国」の健闘と快挙を称えるのが、それこそ本当に「ライバル国らしい対応」というものです。

もちろん韓国ウォッチブログや某巨大匿名掲示板では、こんな日本のマスコミのとってつけたようなエクスキューズを鵜呑みにする人は少なく、多くの人がこれを韓国人タレントの反日意識の現れと読んだようです。

しかし、私はこれをこの韓国人タレントの単純な反日意識の現れとは思いません。

この韓国人タレントに反日意識があるかないかと言われれば、それはおそらくあると思います。同時に、日本に対する好意もあるでしょう。多くの韓国人が持つ、日本に対する好悪の感情のねじれとアンビバレンツを、おそらくこの韓国人タレントも持っているだろうと思います。

ですがその程度のことであれば、彼らは表面上、日本人に対して祝いの言葉を述べることに、さほどの躊躇はありません。実際、かつての日韓チャットでは、日本が国際大会で好成績を収めるなどすれば、それに祝いの言葉を述べる韓国人は珍しくありませんでした。たとえそれに余計な一言を付け足して、「やっぱり韓国人か」と日本人に呆れられるとしても。

では何故くだんの韓国人タレントは発言を避け席を外したのでしょうか。それは単純に、そこで韓国社会からのバッシングを恐れたからでしょう。

今までも、日本で日本人向けのリップサービスにも満たないような、例えば「キムチ」を日本語風に発音したという程度の発言をした韓国人タレントが、韓国でそれをネタに酷いバッシングを受けたという例がいくつもあります。

今回のこの韓国人タレントも、なでしこジャパンの優勝を祝わなければ飯の種にしようとしている日本人の不興を買うし、かと言って下手に祝いの言葉を述べれば韓国から凄まじいバッシングを受ける恐れが強いと考え、苦肉の策で席を外したのではないかと思います。

私たちが肝に銘じるべきは、この韓国人タレント個人の反日意識などではなく、この韓国人タレントがそういう行動を取らざるを得ない韓国社会全体の対日意識でしょう。

以前から弊ブログでは何度も繰り返し言っておりますが、日本に対する韓国の姿勢は、韓国人個人が問題なのではなく、韓国社会全体が問題なのです。

韓国人個人がいくら良い人だったり、親日的であったとしても、彼らがそれを韓国社会にフィードバックすることは絶対にありません。逆に、日本人に取って物凄く良い韓国人であったとしても、韓国社会からの圧力がかかれば、たちまち普通の韓国人に戻ります。

私たちがそれを忘れたり、意図的に無視すれば、韓国社会はもとより、韓国人個人さえも見誤ることになります。

また、日本にはあえてそれらを無視して、韓国や韓国人に対する日本人の姿勢や考えを非難する人もいます。そういう人は、本当に韓国や韓国人を知らないか、あるいは知っててあえて日本人を陥れようとしているか、もしくは韓国人に騙され陥れられることが日本人の幸福だと本気で思っているかのいずれかです。

そういう日本人が自ら韓国人に騙され陥れられるのはその人の自由ですが、そうしない日本人にそうするように勧めたり、そうすることに抵抗する日本人やそれを警告する日本人を非難する日本人には、韓国人に対するのと同じ程度か、場合によってはそれ以上の警戒が必要になるでしょう。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

嘘、大袈裟、事実と違うのがデフォと知るべし

先日、とある在韓日本人のブログで「ポロロ」という韓国のCGアニメのキャラクターについて書かれていたのを見ました。

内容自体は大して面白いものでもなく、ふーんで終了だったのですが、記事の最後に「アメリカのディズニーがポロロのキャラクターを買収しようとしたけれども、韓国のアニメ会社がそのオファーを断ったということでニュースになっていました。」という一文を見て、「(゚Д゚)ハァ?」と思いました。

私の知る限りでは、ディズニーがどこかの人気キャラクターをそのまま使うということはありません。ディズニーが他国の人気作のアイディアやプロットを原作として用いることは非常にしばしばありますが、その場合でもキャラクターは自作しています。

トンチャモンテコンVでさえオリジナルと言い張る韓国人であるからには、万一ディズニーがポロロを参考にしたデザインのキャラクターを作ったとしても、文句を言える筋合いではありませんが、彼らにそんな理屈は通用しないでしょう。となると、ディズニーがそれだけのリスクを冒してまで、ポロロを参考にしたキャラクターを作るとも考え難いのです。

「ポロロ」という韓国CGアニメは、日本で言えばしまじろうみたいなもので、大人はあんまり知らないけれど、お子様には大変な人気があるそうです。ただ、お子様の情操教育向けアニメなので、ストーリーらしいストーリーはないようです。そういう作品であれば、ディズニーがアイディアやプロットを原作にするというのも無理な話でしょう。

更にウリナラチラシの報道によれば、ディズニーの「ポロロ」買い取り提示額は一兆ウォン。これが事実であれば、どんな理由があろうとも拝金主義者の韓国人が断るはずがないと私は確信しています。これほどの巨額オファーならば、たとえ親や子や恋人を売れと言われても、彼らならふたつ返事で売るでしょう。

と、とっさに幾つもの理由が脳裏に浮かび、これはいかにも胡散臭い、と思って検索してみると案の定、ディズニー側からの「そんなことは言ってない」という発言があった様子。ただし、昨晩韓国人に聞いたところ、「事実無根だという報道はあったが、正確な話は出ないです」ということでした。

この手の話は、韓国では様式美とか予定調和と言っても良いぐらいよくあるパターンなので、今更驚くつもりは毛頭ありません。韓国のこういうパターンを嘲笑するのも、正直飽きました。

ただ、私たちがここで肝に銘じるべきは、韓国ではたった一人の韓国人の吹いた駄法螺であっても、彼らの心の琴線に触れるようなことであれば、裏も取らずあっという間に彼らの社会に拡散されるということです。しかも拡散するのは無名の市民だけではありません。ソウルに本社ビルを構え、ネットに自社ドメインを持ち、多言語で情報発信を行ない、他国に特派員を送っている大新聞社さえも、ネットにたむろする無名の市民と全く同じなのです。

これを見て私たちは思います。「ちゃんと裏を取ってから報道すれば良いのに」と。でもそれは実は、大きな勘違いかもしれません。

私たちには、「報道とは事実を正しく周知すること」という思い込みがあります。だから、今回のような一連の茶番を見ると「あとで「そんなことは言ってない」という報道をするぐらいなら、そんなに急いで報道しなければならないような記事でもないのだから、ちゃんと調べてから報道すれば良いのに」と思います。

しかし彼らの報道の目的は、必ずしも「事実を正しく周知すること」とは限らないのではないでしょうか。

韓国の報道において、非常にしばしば事実よりも願望や妄想を優先した報道が行なわれるのは、韓国ウォッチャーにはすっかりお馴染みのことです。その後こっそり「あれは間違いでした」「あれは事実ではありませんでした」という訂正報道が行なわれるのも、実に頻繁にあります。

訂正報道さえしておけば対外的なエクスキューズは成立するし、訂正報道を見なかった人には、願望報道や妄想報道は事実として定着し、拡散されます。誰もが、一度見た報道の続報を追いかけたり裏取りをするわけではありません。彼らの狙いは、そこにあるのだと私は思います。

私はたまたま、韓国人のそういう習性を知っているので、この手の話を聞くだけで特に裏を取らなくても、腑に落ちない、理屈に合わない点にただちに気付くことが出来ます。だからこそ裏取りに走ることも出来ます。しかし、韓国人のそういう習性を知らない人ならばどうでしょうか。大手と呼ばれるマスコミが報道することですから、そう簡単に疑うことはないでしょうし、報道に疑いを持たない人は、続報を追いかけたり訂正報道に気付くこともないでしょう。

つまり、「そういう人」たちの間では、韓国人の願望報道や妄想報道、もっと端的に言えば嘘報道は、事実として立派に通用し、定着してしまうのです。

嘘、大袈裟、事実と違うハッタリの連発は、特に韓国マスコミに限った習性ではありません。韓国というか、朝鮮人全般に「とりあえずハッタリかまして、相手が上手く騙されてくれれば儲け物」的言動は極めて一般的です。一連の「ポロロ買収」嘘報道は、こういう韓国人の習性を、端的に示したものと言えるかもしれません。

こういう連中を相手にする時は、「相手はとりあえず、スキあらば何かにつけハッタリかまして、こちらを騙そうとしてくるものだ」と考えて対応しなければならず、そういうのにあまり慣れていない日本人としては、まことに疲れる限りです。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

韓国人の対日工作活動は巧妙化の一途

昨晩、久しぶりに日韓チャットでとぐろを巻いていたのですが、私の部屋に訪れた韓国人は全て量産型か工作員という安心のクオリティ。「韓国人鋳型」というものがどこかに存在していると言われれば、そうかもしれないと思ってしまうほどです。

それとは別に、ザパニーズと思しき日本人IDも2名ほど訪れ、内一名は中の人が工作員ではないかと思わせるような言動をしておりました。

具体的には、
「(日韓チャットの)韓国人はみんなやさしい」
「(日本人は)嫌われていると思ってた」
「(嫌われるようなことをしたのか?という問いに対し)そんなことはしませんw」
「(では何故嫌われていると思ったのかという問いに対し)日本の事嫌いな方もいるかもなって思ったからです」
「全員がそうとは限らないですが日本人はいやだという人もいると思います」
「わたしは韓国が好きだし仲良くできたらいいなって思います」
「(【日本は憎まれることをした】と教わりましたか?という問いに対し)教わりました 社会学で」
「(どんなことだと教わりましたか?という問いに対し)歴史的に韓国に対して謝罪して平和的になるべきだと小学の時にならった気がします」
「竹島問題などは中学。高校と習いました」
「(中高で習ったと言う【竹島問題】の内容はどのようなものでしたか?という問いに対し)北方領土問題を習ったときに 竹島問題もきいて そのときにもとは日本の領土だったと聞きました」
などと、「一見それらしいけど、よく見ると何かおかしい」という内容の発言を繰り返しておりました。

特に最後の竹島問題については、以前から弊ブログでも何度も申し上げているとおり、日本では長年黙殺状態にあり、当然ながら学校でもほとんど教えておりませんでした。日本の学校で竹島問題について言及するようになったのは、極めて近年の話です(参考資料※pdf注意)。現役高校生でもない限り(その日本人IDは、自称大学生でした)、「中高で竹島問題について教わった」というのは非常に疑わしい話なのです。

北方領土については昔から学校でも教えており、私も小学校で教わった記憶があります。しかし領土問題について「元は日本の領土だった」などという教え方は、少なくとも教科書や指導要領には絶対にないはずです。私が教わったのも、北方四島の位置と名称、現状と何故領土問題になったのかという歴史的経緯の説明と、「北方四島は日本固有の領土である」ということでした。

自作自演することで「こういう日本人もいる」と言いたいのか、それとも日本人に対してそういう日本人を演じて見せることで同調を誘い、付け入る取っ掛かりを作ろうとしているのか、あるいは肉体的には日本人だけど、思想的には韓国人な人だったのかはわかりませんが、いずれにしても、日本人自身がきちんと知識を持ち、おかしいと思ったら間髪入れずはっきりそう言えるようにならないと、いつまで経ってもこういうのにコロコロ転がされるんだろうなと思いました。

韓国人や、韓国人に取り込まれた連中と話していると、非常にしばしば「僅かな違和感」を覚えることがあります。相手の発言の中で、ごくごく些細なことのように思えて、あえて指摘するとまるで揚げ足取りみたいに思われそうなことだけど、何か引っかかりを感じるとか、明確に間違ってるとは言えないけど、正しいとも言えないという体験をされた方は多いのではないでしょうか。

例えば、「かつて日本は韓国に酷いことをしました。でも大切なのはこれからだと思います。私たちは未来志向で、共に手をとりあって仲良くしていきましょう」などというのは、極めて典型的な例です。「酷いこと」の部分は具体的に、「日本人は韓国人を大量虐殺しました」とか、「幼い少女を無理やり拉致して慰安婦にしました」とか「日本人は韓国人から土地や言葉や姓名を奪いました」などということもあります。

こういうのは、何も知らなければ簡単に転がされるのはもちろんのこと、生半可に知っててもやはり簡単に転がされるでしょう。「何かおかしい」と思っても、「でも何がおかしいのか、正確に誤りなく指摘することができそうにない」と思うと、大抵の日本人は「おかしい」と思った部分を黙過してしまいます。

日本人のこういう態度は、韓国人にしてみれば願ったりです。弊ブログでは、チャットログなどで何度も韓国人の口走る「何かおかしい」の部分を、厳しく問いただしているシーンをご覧いただいておりますが、彼らにしても「何かおかしい」の内容をきちんと説明出来るわけではないのです。単に「そういうイメージ」を持っているに過ぎません。

けれど、彼らが日本人と話している時に、日本人が「何かおかしい」と思った部分を「何かおかしい」と言わなければ、韓国人的にはその部分を日本人が受け容れ、認めたと理解し、それを前提にどんどん話を進めることになります。

韓国関連、特に日韓問題については、調べれば調べるほど不可解あるいは不愉快なものが少なくありません。勢い、日本人同士でそういう話が出来る相手も、どうしても限られます。そのために日本人には、日韓関連の知識が乏しい人が少なくないのかもしれません。何しろ、韓流にはまった日本人でさえ、日韓問題については全くと言って良いぐらい知らないか、あるいは韓国側の主張を丸呑みしているだけのことも珍しくないほどですから。

そういう日本人の無知(と言って悪ければ「無関心」でも良いですが)を良いことに、韓国人の対日工作活動の手口は年々巧妙化しております。韓流捏風ももちろんその一端ですし、韓国人自身ではなく、日本人に語らせるという手口も近年とみに目に付くようになりました。「自分は韓国人と接する機会がないから、日韓問題なんて知らなくても問題ない」と思ってたら、韓国人に取り込まれた日本人に取り込まれた、なんてことも十分起こり得ます。

そういうやり口を目の当たりにした、昨晩の日韓チャットでした。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2018年冬季五輪開催地決定と韓国人の平壌運転

2018年の冬季五輪が韓国の平昌に決まりましたが、個人的にはあそこで冬季五輪って、どの程度のクオリティが出せるのか疑問です。

韓国最大のスキーリゾート、龍平リゾートの公式サイトによると、龍平リゾートのある平昌はソウルの東約200kmに位置します。緯度的には日本の新潟よりやや下、長野よりやや上と言った辺りですから、ウインタースポーツ適地と言えないこともありません。

しかし平昌は、気候的に新潟や長野と大きく異なり、冬期の降水量は極めて少なく、検索でヒットした幾つかの現地レポートを見ても、ゲレンデは人工降雪機に大きく依存しているようです。
  ※参考(白馬と湯沢のデータは日本の気象庁ホームページ、平昌はWikipediaからの引用)
  ・白馬 2月の降水量(1981~2010年の平均値)134.9mm
  ・湯沢 2月の降水量(1981~2010年の平均値)213.mm
  ・平昌 2月の降水量(基準になった年度不明)50.1mm

ウインタースポーツは、気象条件に大きく影響を受けます。確かに、調べ得たデータを見る限りでは、冬期の平昌はかなり寒くなるようですので、雪質はともかくとして、人工降雪機でコース上だけに雪を敷き詰めることも不可能ではないでしょう。ただ、平昌の冬季五輪立候補は今回で三度目ということもあり、10年以上の年月を掛けて、五輪誘致に都合の良いデータばかりをピックアップしている可能性は、何しろ韓国人のすることですから十分に考えられます。

更に言えば、平昌は大変不便なところにあります。同じく上記公式サイトによると、ソウルから車で2時間半かかるそうです。また、韓国におけるスキーを楽しむ習慣は、ごく近年に富裕層を中心に始まったものだそうですから、当然その規模も、少なくとも日本と比べると非常に小さいものです。

日本発の海外スキーツアーのパンフレットの片隅に、「ドラゴンバレー」という名称でこの龍平リゾートが掲載されているのを見たことがありますが、その内容のお粗末さにしては、ツアー代金は決して安くありませんでした。しかも一番安いものは、ソウル市内滞在で、ゲレンデまでは朝晩の送迎になります。これに参加するぐらいなら、北海道スキーの札幌ステイを選んだ方が、内容的にも価格的にも、余裕で納得行くだろうと思いました。

昨年のF1レース開催の時もそうでしたが、会場設備だけでなく、輸送手段や宿泊施設などもおそらく、オリンピックを開催するには現在あるものだけでは全く足りないでしょう。あと7年もあるんだから、いくら韓国人でも余裕で間に合わせることが出来るだろうと思いたいのは山々ですが、何しろ相手は韓国人ですから、楽観は出来ません。

もちろん、韓国人選手を除いて、国家を代表してオリンピックに出場するほどの選手になれば、どんなに粗悪なコンディションと最低のホスピタリティの会場であっても、それを言い訳にしたりはしないでしょう。オリンピックに出場するということだけで、アスリートにとっては十分に名誉なのですから、あとはそれぞれがベストを尽くして結果を出すのみだろうと思います。

ですから、平昌での冬季五輪開催について、その適否を私たちがとやかく言うのは、少々お門違いかもしれません。

ただ、彼らが国際大会を誘致するのは、それが何であれ、あくまで国威発揚のためであり、その箔を私たち日本人を含む外国人に対する騙しの有力な材料に使ってくる可能性が極めて高いということだけは、とりあえず肝に銘じておくべきではないかと思います。

ところで、冬季五輪開催決定の後に、ニューヨーク・タイムズが韓国の五輪関係者の腐敗を暴露したとかで、韓国ではそれを「グローバル恥さらし」などと言って騒いでいるようですが、その内容を見る限り韓国を知る人には、納得の平壌運転でしかありません。

それよりも、たまたま冬季五輪開催地を決定するIOCの総会をネット配信のライブ動画で見ていたのですが、司会者が「Pyongchang」と書かれた紙を封筒から取り出し、読み上げるや、会場に居た韓国人たちが一斉に立ち上がり歓声を揚げたまでは、まあ良いとして、連中がその場で「テーハミング、ドドンガドン」を始めたのにはびっくりしました。

IOC総会、それも冬季五輪開催地決定会場に居るぐらいですから、それなりに地位も権威もあるはずの人々であろうに、さすが韓国人。先述の「グローバル恥さらし」より、あの場違い極まりない「テーハミング、ドドンガドン」の方がよっぽど恥ずかしいと思うのですが(実際、会場の人々はあっけに取られ、司会者は苦笑していたように見えました)、それに言及した報道が全くないところを見ると、彼ら的にはあれは全く恥ずかしいことではなかったのでしょう。

日韓チャットで散々見せつけられた韓国人の均質性を、思いがけないところで改めて確認させられたような気分でした。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

チャットの効能と可能性

韓国の狗肉食絡みで、チャットログをほぼ連続でご覧に入れました。特に前回のログでは、チャットログから読み取れる韓国人のマインドを色々解釈していただきたいと考えたのですが、どうもチャットログでは上手く伝わっていないのではないかというもどかしさを感じました。

サブタイトルで「日韓チャットを通して見る韓国」と銘打ってる通り、私たちは韓国ウォッチに翻訳チャットというツールを選択しております。が、私が日韓チャットを始めたのと同じ頃、日韓翻訳掲示板もかなりの盛況でした。

チャットと掲示板は、ネット上で行なわれる文字による情報の伝達や交換ツールという点では、似ていると言えます。一般にチャットでの発言は短文、掲示板での発言は長文という傾向はありますが、チャットでも比較的長文の発言が可能な場合もありますし、掲示板でも短文レスポンスは珍しくありません。

だから、「チャットも掲示板も似たようなもんじゃね?」と思っておられる方は、案外多いのではないかと思います。

などと偉そうに言っておりますが、実は私も、あまりチャットと掲示板の違いを意識したことがありませんでした。私が日韓チャットを選んだ理由は、単にリアルタイムのレスポンスが欲しかったからで、もし私がリアルタイムのレスポンスを求めていなければ、あるいは日韓翻訳掲示板の方に行っていたかもしれません。

ですが、チャットと掲示板は、思ったよりもその性質を異にします。最も大きな違いは、参加形態でしょう。チャットの場合、参加した時点で「参加している」ということが参加者に周知されます。月見チャットなどでは、一言も発せずログだけ読んで出て行くという人も結構おられますが、そういう人でも、入退室の記録が必ず残るわけです。つまり、チャットには「何も言わず、ただログだけ読んで出て行った」という、その人の行動記録が明白に残されるのです。

掲示板はその点、基本的には誰が読んでいるかは、ほとんどわかりません。当該スレッドの閲覧数が出る掲示板もありますが、それはそのスレッドを閲覧した人の数なのか、それともある程度固定された人数が何度も閲覧したからなのかも、はっきりとはわからないのではないかと思います。

また、チャットはレスポンスの応酬が比較的短時間の内に行なわれますが、掲示板の場合はレスポンスまでに数時間から数日、ヘタをすると年単位の間が開くこともあるという違いも、両者の違いとしては顕著なもののひとつと言えるでしょう。

時に掲示板や、あるいはブログのコメント欄(これも一種の掲示板と言えるでしょう)では、チャットのように即時的なレスポンスの応酬が行なわれることもあります。それは、弊ブログのコメント欄常連の方なら思い当たる例がいくつかおありではないかと思います。

しかしながら、例えば数カ月前に弊ブログで踊り狂った疑問氏のように、あれほどチャット状態の書き込みが行なわれても、コメント欄での投稿からだけでは幾日経っても読み取れなかった本性が、わずか一度のチャットで浮き彫りにされたように、掲示板ではどんなにチャット状態になろうとも、チャットと同様の効能はあまり期待できません。

もちろん、チャットにも短所はあります。ひとつのテーマを深く掘り下げるのは、掲示板と比べれば苦手科目でしょう。話題の展開が速いので、掲示板投稿よりも速いタイプスピードを要求されることも、人によってはチャットの取っ付きの悪さの理由になっているかもしれません。あるいは、掲示板なら既に決まったテーマが提示されていますが、チャットは必ずしも決まったテーマが提示されているわけではありません。また自分の参加時点における現在進行形の話題がどんなものなのかを読み取り、その流れに乗るのも、少々慣れが必要でしょう。

要は、ひとつのテーマを深く長く討論するならば掲示板が適したツールかもしれませんが、鮮度が求められる情報の交換や伝達、あるいは人間観察には、チャットの方が適していると私は考えています。

韓国は、実際に韓国に行ったり滞在したりしても、リアルで韓国人と話をしても、見えないものがあります。リアルだからこそかえって見誤ると言うか、見誤らされると言うか、隠蔽されると言うか、まあぶっちゃけ騙されるのですが、それを見破るのに、チャットというツールは極めて有能です。

しかし残念なことに、いくらチャットが鮮度の良い情報の交換や伝達、人間観察に優れたツールと言っても、実際にチャットをするのと、ログになったものを後から読むのとでは、受け取れるものが半分もあるかどうか怪しいのではないかと思います。

現在、弊ブログでは100に余るチャットログを掲載していますが、おそらく全てのログを熟読しても、一度のチャット体験に劣るのではないでしょうか。それは、実際に月見チャットを経由して日韓チャットを体験された方々には、痛感していただけるでしょう。謂わば、映画のシナリオをどんなに熟読しても、たった一度、実際に映画を見るのに及ばないのと似ています。

他にも、私が気づいていないチャットの効能はあるかもしれません。何しろ、いまだに私は「チャットの効能?グダグダ説明しなくても、一回参加してみりゃわかるじゃん」という考えなので、日韓チャットの常連日本人から「そんなんだから、「たかがチャット如きでわかったつもりになってる」と侮られるのだ」と叱られるほどなのです。

チャットの持つ効能とその可能性は、おそらくそんな私なんかが思うよりずっと大きいと思います。手前味噌で恐縮ですが、月見チャットはそれを探る一助になり得ると思っています。

「たかがチャット」と思っている人ほど、是非月見チャットで、チャットの効能がどれほどのものかを体験していただければと願う次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

狗肉話に対する韓国人の反応

韓国の狗肉食については、前回で一応総括したつもりだったのですが、もう一例、狗肉食について韓国人の反応がわかるログを日韓チャットの常連日本人からの提供していただいたので、ご紹介します。

ご覧になればおわかりいただけると思いますが、今回の韓国人も、取り立てて珍しい反応をしているわけではありません。ただ、このわずかなログの中から読み取れるものは、決して少なくないのではないかと思います。

そこで、このログに現れている韓国人の狗肉食に対するマインドを、読者の皆様で読み取っていただき、色々な解釈を試していただければと思います。
bokuwakakse(K) さんが入場しました。

junchan (J) : こんばんは

bokuwakakse(K) : gonbangwa

bokuwakakse(K) : こんにちは

bokuwakakse(K) : どこです


junchan (J) : 家です

bokuwakakse(K) : 私も

bokuwakakse(K) : このサイトは初めて


junchan (J) : そうですか はじめまして

junchan (J) : ところで、質問があります

junchan (J) : 犬鍋を食べてみたいのですが


bokuwakakse(K) : ?

bokuwakakse(K) : 堅果?
 (筆者註:「犬鍋」の朝鮮語音が「堅果」と同音)

junchan (J) : ソウルに行けば、食べられますか?

bokuwakakse(K) : 堅果が何ですか

junchan (J) : ポシンタン

junchan (J) : 狗鍋


bokuwakakse(K) : ?

bokuwakakse(K) : 補身湯は堅果ではないのに


junchan (J) : 補身湯

bokuwakakse(K) : はい

bokuwakakse(K) : あ

bokuwakakse(K) : ..

bokuwakakse(K) : 拘肉の話ですか

bokuwakakse(K) : ?


junchan (J) : はい、狗肉です

bokuwakakse(K) : うん...

bokuwakakse(K) : 探しにくいでしょう


junchan (J) : ソウルに行けば食べられますか?

bokuwakakse(K) : 衛生的なのか壮語できないです

bokuwakakse(K) : 壮語することができません

bokuwakakse(K) : 衛生問題

bokuwakakse(K) : 非推薦


junchan (J) : 狗肉そのものが、衛生的じゃないのですか?料理屋が衛生的じゃないのですか?

bokuwakakse(K) : 料理屋

junchan (J) : そうですか

bokuwakakse(K) : ただいま検索した

bokuwakakse(K) : 電話番号が 02-851-0988

bokuwakakse(K) : ソウルにあります


junchan (J) : 韓国人は、料理屋では狗肉は食べないのですか?

bokuwakakse(K) : 食べる

junchan (J) : 衛生的じゃない料理屋で食べるんですね?

bokuwakakse(K) : 少数が食べる

bokuwakakse(K) : 年寄りあるいはおじさん

bokuwakakse(K) : a target='_blank' href='http://www.hanbosin.com/' target='_blank'http://www.hanbosin.com//a lt;lt; 写真
 (筆者註:日韓チャットでは、荒らし対策の為、チャット画面に直接URLを入力することが出来ません)

junchan (J) : 少数?

bokuwakakse(K) : 少ない数字の人が食べる

bokuwakakse(K) : a target='_blank' href='http://www.hanbosin.com/' target='_blank'http://www.hanbosin.com//a lt;lt;lt; 写真
 (筆者註:一度やってダメなら、同じやり方では何度やってもダメと理解出来ないのは、韓国人のスタンダード)

junchan (J) : 少数とは、どれくらいの人数でしょうか?

bokuwakakse(K) : a target='_blank' href='http://www.hanbosin.com/' target='_blank'http://www.hanbosin.com//a (筆者註:だから何度やってもダメだって)

bokuwakakse(K) : arrgh (筆者註:何かの誤打)

bokuwakakse(K) : 私は専門家ではない

bokuwakakse(K) : 私の予想は 20%の韓国人は食べた経験がある

bokuwakakse(K) : 10%は一度以上の経験がある

bokuwakakse(K) : 5% よく食べる?


junchan (J) : 専門家ではない人が、少数と言い、20%は食べた経験があると言ってますよ?w

junchan (J) : 推測ですね?w

junchan (J) : 1匹を一人で全部食べるんでしょうかね?


bokuwakakse(K) : 推測だ

junchan (J) : はい、わかります

bokuwakakse(K) : 私は 7歳の頃、拘肉であるものが分からなくて試食した

bokuwakakse(K) : そのまま肉味

bokuwakakse(K) : おいしく食べたように...


junchan (J) : そうですか

bokuwakakse(K) : 1匹を全部食べたかは思い出さない

bokuwakakse(K) : とにかく翻訳機が立派なように

bokuwakakse(K) : このサイトは初めて


junchan (J) : 狗肉料理は、推薦しませんか?

bokuwakakse(K) : 私は新しい経験が好きだ

bokuwakakse(K) : 個人的に一度の経験は推薦

bokuwakakse(K) : 推薦


junchan (J) : 2度は推薦しませんか?

bokuwakakse(K) : 私は一度しか試食する事ができなかった 7歳の頃

bokuwakakse(K) : あなたが食べた時もし気に入ったら推薦

bokuwakakse(K) : ないなら非推薦

bokuwakakse(K) : あほうな質問のようだからkk

bokuwakakse(K) : ww


junchan (J) : 推薦するのは、メリットがあるからですか?

bokuwakakse(K) : 難しい質問

bokuwakakse(K) : これ以上狗肉話をしたくない

bokuwakakse(K) : 私は新しいことを食べるのを好きで推薦

bokuwakakse(K) : それが理由だ

bokuwakakse(K) : それのみ

bokuwakakse(K) : あなた紹介をして


junchan (J) : 狗肉料理を食べてみたいので、質問しているのだが、どこが、難しい質問なのでしょうか?

bokuwakakse(K) : 私は思い出さない

bokuwakakse(K) : 試食しなさい

bokuwakakse(K) : 電話番号とウェブサイト写真まで与えたが


junchan (J) : 美味しい韓国料理じゃないのですか?<狗肉料理

bokuwakakse(K) : あなた変で

bokuwakakse(K) : 私はよく思い出さない


junchan (J) : ?

bokuwakakse(K) : 同じ質問と返事が行き来する

bokuwakakse(K) : ソウルへ来れば食べることができる方法がある

bokuwakakse(K) : GOOD LUCK


bokuwakakse(K) さんが退場しました。
ログ採取日 2011年7月3日午前2時半頃 



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

日韓問題の病巣は深い

日本人の中には、何が何でも韓国の狗肉食は韓国の文化であると言いたがる人が存在するようです。

ところで、「文化」の定義は困難です。極端な話をすれば、「食材を調理する」だけで文化と言うことも可能でしょう。それに従えば、確かに韓国の狗肉食は文化と言えるかもしれません。

しかし「その国固有の文化」と言うからには、少なくとも私は、その国において広く認知され、且つその国の人々がそれに対して肯定的であり、更に今後も出来る限り継承していくことが望ましいと考えているものではないかと思っています。

韓国人にとっての狗肉食は、対外的には嫌悪の対象であり、それを広報することは恥さらしという認識です。これは私の考察だけではなく、前々回の記事にリンクした朝鮮日報のコメント欄で最も賛同票の多かったコメントが「西洋基準が問題でなく多くの韓国人らも極度に嫌悪する。昔、牛/豚が高い時、安い蛋白質供給源だったが、今はそのような時期は過ぎなかったか。そんなに食べたければ静かに食べるか。祭りだなんて、精神ちょっと整えよう。」であることからも明白です。

もちろん、彼らの内部的にどうかという点から考えれば、話は覆るかもしれません。しかしそれは、あくまで彼らの内部的な話です。彼らの内部に入り込むことが出来て、その内容を知り得たとしても、それを外部に発信することは許されません。仮に外部に発信する人がいたとしても、韓国人はそれを全力で否定するでしょう。

また韓国人にとって、韓国文化とは須らく誇らしかるべきものであって、「誇らしくない韓国文化」などは存在しません。逆に言えば、「誇らしければ韓国文化」であり、それを主張するための「韓国起源説」なのでしょう。

いずれにしても彼ら自身が狗肉食を否定する以上、外部たる私たちが彼らの内部を慮り、頼まれもしていないのにそれを文化として評価したり擁護したりする義務はありません。

日本人ならたいてい誰でも、大なり小なり他人の気持ちを慮る習慣があります。

これは当然、外国人に対しても発揮されます。それどころか人間以外の動物や植物、ヘタをすれば無機物に対してまで発揮されることもあります。この習慣自体は、悪いことではありません。むしろ美徳と言って良いでしょう。ですが、この「日本人的美徳」を悪用する生き物も、明らかに存在するのです。

その生き物とは、言うまでもなく、韓国人です。

彼らは、日本人が他者に配慮する習慣があることを知っており、それを当然のものとして考えています。また実際に、日本人の、韓国人に対する配慮が際立って甚だしいのも事実です。

例えば今回のように、韓国人から頼まれたわけでもないのに、日本人は「狗肉食は韓国の食文化なのだから、理解するべきだ」などと言います。「日本人だって、欧米人から鯨肉食を非難されるじゃないか」などと、更にくだらない付け足しをします。酷いのになると、「鯨肉食は日本の文化だが、イルカ肉食は日本の文化ではない」などとわけのわからないこと(鯨とイルカは生物学上も、食肉としても、明確に分類されていません)を言って、「韓国の狗肉食も日本のイルカ肉食みたいなものなのだから理解しろ」とまで言います。

日本の鯨肉食のついてもろくすっぽ知らないのに、もっと知らないであろう韓国の狗肉食に当てはめてまで韓国に配慮しなければならないと考える理由は、他人を思いやる日本人的美徳ゆえでしょうか。

韓国人の狗肉食に対する態度を見る限り、彼らはそれを韓国文化と認められたいと思っているとは思えません。それどころか、日本人からその話を振られるだけで彼らは著しく警戒し、狼狽し、あるいは激高します。彼らのそういう反応を無視してまで、彼らの内部的な意識を慮り、理解したり擁護したり評価してやる必要が、何故日本人側にあるのでしょうか。

もしどうしても韓国の狗肉食を韓国の文化にしたいのであれば、そんな配慮程度では何のご利益もありません。それよりも、日本人が韓国の狗肉食を絶賛し、日本の食文化に取り入れると言い、実際に日本の食文化にすれば、たちまち彼らは狗肉食の韓国起源説を唱え、狗肉食は韓国の固有文化と主張し始めるとは思います。でも、そんなことをしても日本側に何のメリットもないどころか、デメリットがありますし、何より迷惑なので絶対にやらないでくださいね。

更に前回のチャットログでは、この「頼まれもしないのにする配慮」を、日本側の当然の義務と考えている人が意外に多いのにも、改めて驚きました。

あらかじめ釣り宣言をして釣りをした方はともかくとして、それにさっくり釣られた方がいたことにも少々驚きましたが、一番驚いたのは「韓国人になったつもりで回答」してみせた人がいたことです。

それは、日本人が韓国人になったつもりになってまで韓国人を慮るべきだということなのでしょうか。それとも、「チャットログの韓国人はこう答えるべきであったが、たまたまそう答えられなかった韓国人に当たっただけなので、私が代わりに答えることで、韓国人はこのように答えたと考えてくれ」というつもりだったのでしょうか。そこまでして、日本人は韓国人に配慮してやらねばならないと考える理由は何なのでしょうか。

私は、チャットログにある通り、最低限必要な配慮はしていたつもりです。しかし、韓国人側のこちらに対する配慮は、わずかに「こちらの望む回答」をしようとしていた点ぐらい(これは厳密には、配慮と言うよりは責任逃れのためでしょうけれど)で、それ以外はむしろ、私の質問を意図的に逸らし、あるいは話をすり替えようとしていました。

にもかかわらず、それを見てなお「日本人側の、韓国人に対する配慮が足りない」と感じる人がいるようです。

以前から弊ブログでは、「日本側のみが一方的且つ片務的に韓国側に対して配慮すべき」という意識は、日韓問題の温床のひとつであると言ってるはずなのに、それでもなお、いまだにそれを弊ブログに求める人がいるのが現実です。

まことに、日韓問題の病巣は根深いと言わざるを得ないと痛感した次第です。 



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。