fc2ブログ
管理画面

訪韓議員の韓国入国拒否は日韓断交の序曲となるか

8月1日の自民党議員の訪韓は、結局韓国の入国拒否という、まあ概ね予想通りの結果となりました。

この騒動の顛末を、私はYou Tubeで見ましたが、面白いことに空港に詰めかけた抗議集団の掲げる横断幕やプラカードの全てが、例外なくハングル表記でした。これは彼らの抗議の訴求先が誰だったのか、実に明確に示されていたと思います。

こういう韓国人の行動を、「一部の過激で自己顕示欲の旺盛な韓国人の暴走であって、韓国民の大半はこんなことしない」などと言い訳する韓国人や親韓日本人が出てくるのは、カシオミニを賭けても良いぐらいです。確かに、実際にああいう過激な行動に出る韓国人は、韓国全人口から見れば少数派かもしれません。それでも数百人規模だったと言いますから、日本で動員された韓流捏風宣伝用の人数程度はいるわけですがw

ですが問題は、抗議を行なった人数の多寡ではありません。例えああいう行動をしたのが一桁、もっと言えばたった一人であったとしても、それを国際空港という外国人も多く訪れる施設の内外で行なうことが可能だったという事実を見れば、あの行動には韓国政府レベルのバックアップ(というのが大袈裟であれば「黙認」でも良いです)があったと考えるのが自然です。

いくら何でも、まさかそんなことがあるはずがないと思う方は、試しにお近くの国際空港で似たような行動をやってご覧になれば、公権力によるバックアップあるいは黙認なしにそういうことをした人物がどういうことになるか、身をもってご理解いただけるのではないかと思います。

ところで今回の自民党議員訪韓及び入国拒否騒動について、不思議に思うのは何故か「日本側が悪い」あるいは「日本側も悪い」という論調を打ち出している人が韓国人のみならず、日本人側にも結構少なくないことです。

今回の件で、日本側が韓国から責められるような落ち度は、私には全く思いつきません。

今回の訪韓議員は、韓国側の竹島占拠の実態や主張を確認するために、韓国に赴いたわけです。二国間に紛争がある場合、互いに相手側の主張に耳を傾けるというのは、外交における当然の姿勢でしょう。戦争という外交手段を持たない日本であれば、それ以外に二国間の紛争を解決する方法はないのですから、尚更というものです。

なのに、例えば自民党の石原伸晃幹事長でさえ、「内政的に重要なこの時期に、主要メンバーが欠落することは望ましい状態ではない」などと言って(動画では10分22秒頃から)、明言こそしませんが批判的なのは明らかです。

確かに今この時期、日本の内政が大変なのはよくわかります。しかしその日本が大変な時期をあえて狙って、韓国が竹島の不法占拠を強化しようとしているわけです。内憂少なからぬ時こそ、外患を警戒するのが、国を担う政治家であれば当たり前です。

もし石原伸晃自民党幹事長が、今は内政が大変な時だから、外交は後回しで良いと考えているとすれば、政治家としての資質を疑います。そもそもどんな時期であっても、国政を担う政治家が外交だけにかまけていられるほど内政が暇な時期など、あるはずがありません。

先に示した動画では、石原幹事長は韓国が竹島で国会を開こうとしているという話に触れ(12分頃から)、「日韓関係は極めて良好な形で推移をしております。領土問題が存在するということは、事実かもしれませんけれども、そのことで全ての関係を台無しにするようなことのないように、やはり、慎むべきは慎み、守るべきは守る、そういう立場で臨んでいくのが外交ではないかと、私は考えております」と発言しているわけですが、今回「全ての関係を台無しにするようなこと」をしたのは、明らかに韓国側です。

つまり今回日本側は、謂わば被害者の立場です。韓国側が、日本を永遠の加害者とみなし、韓国側のいかなる無理無体無法無礼も、全て無条件で日本側が譲歩許容受諾了承するのが当然だと思っているのは熟知しておりますが、その考えに日本人までもが与せねばならない理由はありません。

私たち日本人は、今回の件については堂々と被害者であることを主張し、韓国側の責任を厳に問うべきだと思います。

とりあえずは、「観光目的で入国しようとした日本人を、一切の根拠なく且つこちらの主張にも全く耳を貸さず、一方的にテロリスト扱いして入国拒否した」という事実について、日本外務省は韓国にその意を問い質し、それを日本国民に周知するのが当然ではないかと思います。

もしそれに対して韓国側から明確な返答がない場合は、韓国の大好きな相互主義に基づいて、日本側も同じことを韓国人に行なうべきです。何なら今回の件を足掛かりに、入国審査において竹島を日本領土と認めるかどうかを韓国人に質問し、認めない韓国人の日本入国を拒否するというのも良いですし、それに続いて短期無査証滞在を撤廃というふうに、段階的に日韓両国の交流を縮小していくのも良いでしょう。もちろん、将来的には日韓断交も視野に入れれば、私個人としては願ったりです。

また韓国側では、今回の件に絡んで日本人の入国拒否者リストを作成しようという動きもあるそうですから、日本側も「相互主義」に基づいて、韓国人に対し同様の対応を行なうのが当然です。

というわけで、今回の自民党訪韓議員入国拒否をきっかけに、今後の日韓関係の展開が楽しみという、何気に不謹慎な私でございます。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓