fc2ブログ
管理画面

中国の反日暴動と朝鮮思考

中国の反日暴動騒ぎで、韓国がすっかり霞んでしまっている今日この頃です。

一応韓国でも、この年末の大統領選に備えて色々動きがあることはあるのですが、誰が大統領になっても、どうせ韓国人です。個人としてならばまともと言える人物が大統領になったとしても、その人が「韓国人」という巨大な「ウリ」に抗し、支配し、随意に制御することなど到底出来はしないでしょうから、誰が韓国大統領になろうとも日本人から見れば同じことです。

日本にとっては、誰がなっても同じ韓国大統領なんかのことよりも、中国の反日暴動の方がずっと深刻です。

反日暴動の影響で尖閣近海に集結すると言われていた1000隻もの中国漁船(に偽装した軍船という説も)ですが、今のところはまだ、尖閣周辺に多数の中国船が集結しているという情報は入っておりません。

たとえそれが本当に漁船であったとしても、1000隻の船と言えば総乗員数は少なく見積もっても3千人以上にはなるでしょう。それだけの兵力を、当該海域の海上保安庁が単独で掃討するのは、どう考えても物理的に不可能です。ですからもし本当に尖閣近海に中国の船団が集結すれば、日本が取るべき対応は、素直に中国のされるがままに蹂躙されて尖閣を占拠されるか、日本国として海上自衛隊及び航空自衛隊を防衛出動させて抗戦するかのふたつにひとつしかありません。

前者であれば、これは日本の無条件降伏と同じことです。当然、中国の要求は更にエスカレートし、次は沖縄を取りに来る可能性が跳ね上がります。後者であれば、これは日中戦争の開戦と理解するべきでしょう。

この期に及んでなお、「日中戦争の勃発などあり得ない」と思っている人も、日本人には、殊に親中・親特亞日本人には多いようです。これは、「自分が望まないことは起きない」という思考だと思います。

この「自分が望まないことは起きない」という思考は、朝鮮人に非常に顕著なものです。自分が望むと望まないとに関わらず、起こり得ることは起こると考え、万が一に備えるのが、常に台風や地震などの自然災害と密接に生きて来ざるを得なかった日本人の考え方ではないでしょうか。「自分が望まないことは起きない」と考え、それに従って行動した結果、朝鮮はまるで趣味か年中行事のように、何度も何度も国を滅ぼしました。

かつて、日本の明治元勲や昭和初期までの政治的軍事的指導者たちは、常に本当に戦争が起きることを想定し、それに備えていたと思います。

翻って、現在の政治家はどうでしょうか。今の民主党政権で、日本は防衛戦争が出来るでしょうか。仮にこれが自民党政権であったとしても甚だ心細いものがありますが、現在の民主党政権では心細いを通り越して絶望的です。

原発事故の際の民主党政権が、ろくに効果的な対策を講じることも出来ず、大物政治家と言われた被災地を地盤とする議員は2週間も雲隠れし、執行部は責任を負うことになるのを恐れて強権発動さえ出来ず、ただ無為に時間が過ぎるのを待っていただけ状態でした。

それを思うと、実際に防衛戦争をしなければならなくなった時には、民主党政権がアワアワ言って右往左往するか、中国様の顔色伺いに専念しながら時間が経つのを待つばかりで、何もしない(出来ない)だけならいっそマシです。刻一刻と変わる戦況に、最高指揮監督者がろくな指示を出さず、必死で出来る範囲のことをやって命懸けで踏ん張る現場の足を引っ張り士気を挫き、利敵行為に走る可能性さえ大いに考えられます。

日本から戦争を仕掛けなければ、未来永劫戦争は起こり得ないという考えが、全く根拠のない妄想でしかなかったということは、今回の中国反日暴動で証明されました。

まだ実際に戦争は起きていないじゃないかと考えるのは、朝鮮人的思考です。戦争は、実際に起きてから考えたのでは、全く間に合わないのです。将棋で言えば、相手が既に最初の一手を指しているのに、こちらはまだ駒を並べてもいない状態なわけです。そんな状態で将棋を始めれば、負けるに決まっています。

ごく近年に原発事故という深刻な有事を体験した私たち日本人は、今後起こり得る戦争という有事についても、「起こらないから考えなくても良い」という朝鮮思考を徹底的に改めなければならないということを、今回の中国反日暴動を見て心から痛感した次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓