fc2ブログ
管理画面

真の日韓友好を成立させるには

年末年始にかけて、韓国関連の笑える報道は幾つかありましたが、概ね想定の範囲内と言うか、普通に韓国らしさ溢れるネタばかりでした。

例えば韓国でも大晦日に除夜の鐘を鳴らすという報道を見ましたが、これは明白に日本統治時代の名残り、韓国で言うところの「日帝残滓」です。しかも検索してみると、韓国の除夜の鐘は108回ではなく、33回なのだとか。これは刀利天(別名三十三天)にちなんだものだそうです。

何事につけ日本より上を行かなきゃ気が済まない韓国人にしては、日本の除夜の鐘よりもずいぶん少ない鐘の数なのは、多分除夜の鐘に対して特に宗教的な意義を感じていたり、季節的な感慨を持っていないためと、108回も鐘を撞くのがまだるっこしくて面倒だからでしょう。

日本人の場合、除夜の鐘が厳かに鳴り始めると、宗教的な意義はともかくとして、大なり小なり「ああ、今年も終わるなあ」とか「新しい年が始まるなあ」という感慨を覚えるものです。

しかし韓国人は中国式の正月を迎えます。いわゆる「旧正(旧正月の略。但しこの言葉もおそらく日帝残滓)」です。そのため新暦の12月31日と1月1日は、旧正月と比べると極めて地味な扱いになっておりますし、韓国人の意識としても、さほど感慨を覚えるものではありません。ですから新暦の大晦日に除夜の鐘を鳴らしても、韓国人的にはクリスマスにクリスマスソングが流れる程度にしか感じていないので、鐘を多く撞くことに執着していないのでしょう。

韓国が何故中国式の正月を迎えるのかと言うと、おそらくかつて日本統治時代に日本式の正月を「強制された」反動だろうと思います。ならば明らかに日本式の越年行事である除夜の鐘など止せば良いと思うのですが、不思議な事に報道で見る限り韓国人は、結構喜んでやっているようです。

日本に憎悪と反感、敵意と怨恨を抱いていながら、そのくせ日本のあらゆる事物に強く惹きつけられ、しがみつき、離れようとしないのですから、繰り返し言うのも飽きましたがねじれにねじれた生き物です。

さて、韓国関連で年末年始の笑えない報道と言えば、やはり靖國神社放火犯の日本への引き渡しを韓国が拒否したことでしょう。

韓国側の言い分としては、この中国朝鮮族あるいは朝鮮人との混血中国人を政治犯とみなし、日・韓犯罪人引渡条約(リンク先pdfファイル注意)の第三条(c)項に基いて拒否したということになっているようです。しかしこの靖國神社放火犯である中国朝鮮族あるいは朝鮮人との混血中国人は、政治犯なのでしょうか。そもそも政治犯とは、具体的にどういう犯罪者を指すのでしょうか。

Wikipediaによると政治犯とは、「ある国の政治体制の中で「反政府的」とされる態度・言動をとったり、「反政府的」とみなされる組織をつくるなど革命運動・抵抗運動・反政府活動を展開したことが元で、政治的理由で逮捕状が出されていたり、刑務所・収容所などに収監されている者を指す。「思想犯(しそうはん)」とも言う」とされております。

しかし実は「政治犯」という概念については、どうやらいまだ国際法的に具体的な定義が確立していない(リンク先pdfファイル注意)ようなのです。考えてみればそれは当然でしょう。「国の政治体制」は、当たり前ですが国によって異なるのですから、全ての国で通用する定義など作りようがありません。

このように定義が確立していない事柄については、恣意的解釈が容易です。即ち今回韓国の司法は、靖國神社放火犯に対してこの恣意的解釈を適用したのです。

もし韓国が、今後この恣意的解釈を全ての犯罪者に適用するならば、日本において犯罪を働いても韓国へ逃げれば、仮に韓国で捕まっても政治犯を主張あるいは装うことで、その犯罪者は日本へ引き渡されることがなくなるということです。

今回は韓国を覆う反日意識ばかりではなく、中国の圧力がかなりものを言ったという部分はあるでしょうから、今後全ての犯罪者に対して韓国がこういう恣意的解釈を適用するとはないだろうと思いたいのは山々ですが、相手が韓国なだけに、絶対と言い切る自信は全くありません。

起きるか起きないかわからない物事に対しては、起きるものと考えて対策を取るのが最善です。即ち、今回の件で日韓犯罪者引渡条約は有名無実化したものと考えた方が良いでしょう。

日韓犯罪者引渡条約に限らず、日韓間の条約や取り決めに関しては、常に日本が韓国に対する譲歩や配慮を求められてきました。しかも日本がどれほど譲歩や配慮をしても、韓国は決してそれに感謝することなく、それどころか日本の譲歩や配慮を当然と思い、更なる譲歩や配慮を求めるようになりました。

今回の件に関しても、日本側が韓国に対し条約不履行のペナルティを負わせれば、韓国は火を噴くばかりに憤るでしょう。あるいは今後日本が、今回韓国がやったことと同じようなことをやっても、韓国は凄まじい憤りを発するに違いありません。

以前にもお話したことがありますが、彼らにどれほど恩恵や特典を与えても、彼らはそれを当然と考えて、決して感謝することはありませんし、更に恩恵や特典を求めるようになります。もしその要求が容れられなければ、彼らは激しく憤り、永久に恨み続けます。

即ち日本が韓国に良かれと思って譲歩や配慮をすればするほど、韓国は日本に対する憎悪や怨恨を募らせることになるのです。それはある意味、日本が韓国の反日を助長しているとも言えるでしょう。

日本と韓国は、近づけば近づくほど、少なくとも韓国にとっては負の感情を刺激される国です。日本が良かれと思ってやることなすこと全てに対し、韓国はその恩恵を貪りながら恨を募らせるばかりなのです。

もし日韓が発展的関係解消を成立させれば、その悪連鎖を断ち切ることが出来るでしょう。そういう意味で、真の日韓友好とは、日本と韓国が完全に没交渉になることによってのみ成立するものだと私は確信しております。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓