fc2ブログ
管理画面

今、為すべきこと

現在、安倍政権の韓国に対する「弱腰」とやらにイラついてる(素振りをしている)人は、それなりにいるようで、弊ブログのコメント欄にもそういう方がいらっしゃいます。そういう人が少数派なのか多数派なのかは今のところはっきりしませんが、ノイジーであることは確かです。

何事につけ満足している人がそのことを殊更に喚き散らすことはあんまりありませんが、不平不満を持つ人はそのことを愚痴ったり騒ぎ立てるのが普通ですから、それは当然かもしれません。

どんな社会であっても不平不満はありますし、健全な社会であればあるほど、不平不満は鳴らしやすいものです。不平不満を鳴らすことが許されない認められない社会というのも、どういう北朝鮮かと思いますのでそれはそれで良いでしょう。

ですが、鳴らされる不平不満が妥当なものかどうかは、当然に検討されるべきです。今回あちこちで展開されている安倍政権批判ですが、今の時点で全ての公約を果たせとか、それが出来なきゃ期限を示せとか、今すぐ韓国に対してあからさまな強硬姿勢を取れというのは性急と言うのも間に合わないほど早過ぎる要求ではないでしょうか。

韓国を含む特亞が最も恐れ、最も嫌がることは、日本が強くなることです。

軍事的経済的、あるいは今盛んに唱えられている日本の国土強靭化も含め、どんな形であっても日本が強くなることを、韓国は非常に強く恐れ、厭い、何とかしてそれを阻止しようとしています。

日本が考えるような日韓友好を、韓国も同じように望んでいるのであれば、日本が強くなることを喜ぶことはあっても、それを恐れ拒み妨害しようとするはずなどあるわけないのですが、現実の韓国は日本が強くなることを強く警戒し、どうにかしてそれを阻止しようとして、陰に陽にあの手この手で妨害や工作を繰り出しています。

今、安倍政権に対して盛んに鳴らされている不平不満の中には、健全で正当な不平不満もあるのかもしれません。しかし日本の強靭化を阻止する目的で行なわれているとしか思えないものもあるわけで、そういうものほど大きな声で騒がれます。その声が韓国の意に沿ったものであれば、それを工作活動とみなし、それに乗せられたりつられたりするのもまた、本人にその意志があるかないかに関わらず、特亞の工作活動に加わる者、あるいは助長する者とみなすのは已むを得ません。

そもそも安倍政権は韓国に対して弱腰だ弱腰だと言いますが、韓国に対して弱腰とは一体どういう姿勢を指しているのでしょうか。韓国に対して外交儀礼を守ることでしょうか。韓国が嫌がることを最優先で積極的に行なわないことでしょうか。

確かに「韓国の立場で見れば」、日本が韓国に対して儀礼を守ることは韓国に対する弱腰であり、へつらいに見えるかもしれません。しかし外交儀礼というものは、単に相手国に対してのみ示すものではありません。当事国以外の第三国に対しても、「日本は外交儀礼を守れる国である」ということを見せる必要があるのです。

例えば先般の日本からの首相特使に対して、韓国は空港のVIP用通路ではなく、一般用通路を使用させました。額賀特使は閣僚ではないからという理由のようですが、閣僚ではないと言っても首相特使なのですから、これは外交儀礼的には大変失礼な行為と言えるでしょう。

もちろん韓国もそれを意識して意図的に行なった無礼でした。その行為は、「韓国内では」大変に支持されているようですが、それを見た第三国はどう思ったでしょうか。日本人が感じるような憤りまで感じる国はそんなにないでしょうが、「韓国は外交儀礼を守らない国」と思うのではないでしょうか。

これを日韓逆転して考えてみれば良いのです。日本が韓国に対し無礼を極めれば、嫌韓厨的にはさぞかし気持ちが良いでしょう。しかしそれを見た諸外国は、日本をどう思うでしょうか。それは日本にとって、得点になることでしょうか。

日本の首相が韓国に儀礼的発言をし、韓国の大統領に首相特使を送れば、韓国は日本がへつらったと思って大喜びし、日本を侮るでしょう。それを業腹だと思う気持ちは、私も嫌韓を通って来た者ですからよくわかります。しかし結果的にそれで日本が得をするのであれば、あるいは韓国が損をするのであれば、それは日本のポイントです。取れるポイントは取っておくべきでしょう。

政府主催で竹島の日式典をするしないについても、すると決まれば韓国が火病るのは必至です。当然、単に竹島の日政府式典を行なうテマヒマだけではなく、韓国の火病発作に対する策を講じる必要も出てきますが、そんなことより問題になるのは、日本政府を後ろから撃つ者の存在です。その存在の行動を日本国民が制止出来るのであれば、政府も安心して韓国に的を絞って対策を講じることが出来るでしょうけれど、残念なことに日本国民はその存在に乗せられ煽られ、一緒になって日本政府を背後から撃ちかねないのです。

「野党でいたほうが日本の為に仕事するなら、自民党は永遠に野党でいて欲しい」というコメントもありましたが、野党でいたのでは日本国のための仕事が出来ないから、自民党は政権を奪還したのです。それを知っての上か知らずに言ってるのかわかりませんが、「野党でいたほうが日本の為に仕事するなら、自民党は永遠に野党でいて欲しい」と言うのは、言った人の思惑がどこにあろうと、「日本のために仕事をする政党には、永遠に与党になって欲しくない」という意思表示にほかなりません。

おそらくそう言った当人は、そんなつもりではないと言うでしょう。皆そうなのです。日本政府を背後から撃つ者全てが、その自覚を持って撃ってるわけではないでしょう。しかし現実的には、そうなるのです。

そういう現実を鑑みれば、政府与党は軽々に韓国や特亞に直接的な強硬姿勢を取れるものではありませんし、また取るべきではありません。安倍首相も自民党も、一度奈落に落ちたのです。もう一度落ちれば、次はありません。もし再び自民党が奈落に落ちれば、今の日本に次を任せ得る政党はないのです。日本に次を任せ得る政党及び政治家が育つまでは、安倍首相にも自民党にも、失敗は許されません。それは誰よりも、安倍首相自身が最も強く理解していることでしょう。

私は自民党の支持者ではなく、安倍首相個人の支持者でもありませんが、少なくとも現時点における自民党の姿勢や行動、対応には、さほどの不満を感じておりません。安倍内閣は、遅いどころか速過ぎて見てる方がハラハラするほど、日本を取り戻すためにフルスロットルで動いています。

日本が今為すべきは、韓国に泥仕合を仕掛けることなんかではありません。安倍首相が唱えたスローガンのように、日本を取り戻すことです。それがひいては、日本の強化を厭い恐れる韓国に対する最大最強の強硬姿勢にもなるのです。

まずは日本を取り戻さなければ、何も始まらないし何も始められないのです。


※お知らせ※
2月22日の「竹島の日」に向けて、弊ブログでは、ブログ「さくらのみや日記」執筆者の佐倉純様主催「2013年竹島プロジェクト」に参加しております。
2月22日の「竹島の日」までの期間限定で、弊ブログでは竹島プロジェクトに賛同し、竹島は日本領土であることを改めて強く主張し、島根県の「竹島の日」を応援します。


人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓