fc2ブログ
管理画面

工作員にご用心

竹島の日まであと一ヶ月となりました。竹島プロジェクトも、静かにまったり広がっているようです。

竹島プロジェクトを始めた頃は「これでウリナラチラシを釣ってやろう!」という遊び心の方が大きく、実際釣果があったりして、それはそれで面白かったのですが、既に8回目ともなればウリナラチラシ側もスレて釣れなくなりましたw

しかし祭りは何でもそうですが、歴史を持てば重みを増します。竹島プロジェクトだけの手柄ではありませんが、日本固有の領土竹島に対する日本人の認識も、年を追うごとに増しております。祭りは参加した者勝ちです。今からでも、ブログやサイトをお持ちの方は、是非奮って竹島プロジェクトにご参加戴きたいと思います。

さて今月10日、日本に帰化した朝鮮人工作員が逮捕されました。ただし、日本にはスパイ防止法が存在しないので、著作権法違反容疑での逮捕でした。

日本は、世界の中でも突出したスパイ天国ではないかと思います。スパイ防止法がないというのも問題ですが、前述のニュースのように、工作員であっても日本への帰化が非常に容易というのも問題があるでしょう。

中国朝鮮族出身で日本国籍を取得した張景子は、はっきりと日本国籍を便利使いするために帰化したと公言しておりますが、日本に対する忠誠心など微塵もなく、単に日本国籍を利用するためだけに日本に帰化する者に、日本は実に安易に帰化を認めているのです。

そういう意味で、日本をスパイ天国にしているのはほかならぬ日本人自身であることを、私たち日本人は忘れてはならないのではないかと思います。

以前から何度も言っておりますが、韓国人・北朝鮮人・在日は全て潜在的あるいは無自覚な対日工作員です。日本はその潜在的あるいは無自覚な対日工作員ほど容易且つ優先的に、日本国籍を取得しやすくしているということは、以前にも述べたことがあります

日本では、「工作員」というと、映画か漫画か小説にしか出てこないと思っている人がほとんどです。もし日本で「あの人は工作員ではないか」などと言う人がいれば、工作員ではないかと言われた「あの人」よりも、そう言った人の方が異端視あるいは嘲笑されるでしょう。

しかし現実に、日本には工作員が溢れ返っています。もちろん、映画や漫画や小説に出てくるような、わかりやすい工作員ばかりではありません。それどころか、ほとんどは日々の生活に追われる平凡で目立たぬ一般市民でしょう。逮捕され、新聞に載るほどの工作員は、余程の大仕事を任されている者で、ほとんどの工作員はそんな大仕事に専らに携わることはありません。そんな彼らが、素人目にもわかりやすい工作を仕掛けるということも、そうあることではないでしょう。

わかりにくい工作と言えば、特亞に対する贖罪意識を永久に日本人に持たせるなどというのも、私は対日工作の一種だと確信しています。もちろんそれは、元はと言えば米国のWGIPが発端だったのかもしれません。しかしそれが特亞の「日本絶対悪観」と共鳴し、それに日本人の「相手が自分を責めた時は、その理由がよくわからなくてもとりあえず謝っとけば丸く収まるだろう」という習性が呼応した結果、特亞の尻馬に乗って日本を貶め蔑みドヤ顔をする日本人が大量に発生するまでになりました。

対日工作員は、実は日本ではとても身近な存在であるということを広く周知しなければ、日本は武力を用いられるまでもなく、内部から崩壊させられてしまいます。それが妄想や誇張でないことは、民主党政権の3年3ヶ月で身にしみてお分かりいただけたのではないかと思います。

それは実は、既に韓国で実行されたことでもあります。

20年ほど前の韓国では、毎月15日には民間防衛訓練が行なわれ、街角には立哨兵が小銃を携えており、街中に「間諜通報は113」の貼り紙がありました。撮影が禁止された場所では当然のこととして、撮影可能な場所でも、みだりに写真を撮る者はスパイの疑いで連行されかねなかったのです。

しかし北朝鮮の工作が浸透し切った現在の韓国では、民間防衛訓練はほとんど行なわれなくなり、ごく稀に行なわれても、外国人がその光景を撮影しネットに公開しても何らの警告もなく、街角に立哨兵を見ることはなくなり、航空機に乗った外国人が韓国を上空から撮影しても、何のお咎めもありません。

2002年当時の日韓チャットでも、日本人が北朝鮮のスパイに対する警戒を促しても、ほとんどの韓国人がそれを絵空事を大真面目に語る馬鹿者の戯言と受け取りました。そうして北朝鮮は韓国大統領に金大中・盧武鉉の二人の工作員を就任させることに成功し、故金正日をして「対南工作は完了した」と豪語せしめる状態にまで、韓国を赤化することに成功したのです。

その韓国を、日本人は嗤えません

韓国の場合はそれでも、工作の結果は同じ民族同士の統一ですが、日本に対する工作はどうでしょうか。韓国と北朝鮮だけではなく、中国も日本に工作を仕掛けていないはずがありません

工作員に対する警戒心を日本国民全体で持たなければ、スパイ防止法の成立は実現しません。日本人の多くが「工作員」と聞けば、「自分の周辺にそんな映画や漫画や小説のような存在がいるわけがない」と思い、工作員に対する警戒心を持つ日本人を嘲ることこそが、工作員の思う壺であると私は考えています。


※お知らせ※
2月22日の「竹島の日」に向けて、弊ブログでは、ブログ「さくらのみや日記」執筆者の佐倉純様主催「2013年竹島プロジェクト」に参加しております。
2月22日の「竹島の日」までの期間限定で、弊ブログでは竹島プロジェクトに賛同し、竹島は日本領土であることを改めて強く主張し、島根県の「竹島の日」を応援します。


人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓