fc2ブログ
管理画面

日本を取り戻させない工作の実例

その手の行為がある度に申し上げておりますが、弊ブログではコメント投稿において記名は、必ずしも強制しておりません(但し無記名コメントは、「コメント内容に責任を持たない」という意思表示とみなしておりますので、あしからずご了承ください)。

ですが無記名を含む複数のハンドルネームを、読者から見てわからぬように使い分け、自分の意見をまるで複数の人物の意見の如く見せかけて意見誘導を目論む行為は、当人がどのような考えで行なっていようと、またその行為を当人がどのように弁解しようと、荒らし行為とみなしております。

自分の主張が容れられないとなるやそういった荒らし行為に及ぶのは、日韓チャットの韓国人には極めてポピュラーな行動様式でした。ですのでこれもまた、「朝鮮人のような真似」の一種と考えて良いでしょう。

荒らし行為は単純に不快ですが、それと同時に基本的に韓国ウォッチブログの弊ブログコメント欄で、執拗に繰り返される安倍首相に対するネガティブキャンペーンがこれほどまでに必死なのは、一体どういう理由からなのかということを、嫌でも考えてしまいます。

誰も聞いてないのに幾度も「私は自民党支持者だが」とか、「私は安倍首相の支持者だが」と言いながら、これほどまでに安倍首相のネガキャンに執着するのは、やはり誰も聞いてないのに「私は生粋の日本人だが」と前置きしてから日本を熱心に貶め蔑む連中を彷彿とさせます。

そう言えば気づいた方がいらっしゃるかもしれませんが、弊ブログのコメント欄で安倍首相のネガティブキャンペーンに勤しんでいる御仁は、嫌韓をにおわせてはいますが、韓国に対するネガティブな意見は全くと言って良いぐらい述べておられません。ただひたすら「安倍首相は親韓だ」「親韓の安倍に首相を任せたのは間違いだ」という印象を読み手に植え付けようとするばかりです。

弊ブログの管理人とその読者を侮る「朝鮮人のような真似」を何度も繰り返し、嫌韓を装いながら韓国よりも安倍首相のネガティブキャンペーンに熱心に勤しむのは一体どんな目的を持ったどういう人物なのでしょうか。誠に想像を掻き立てられます。しかも「工作員にご用心」という記事にまでその手のコメントを書き込むのですから、よほど自分の工作意図の隠蔽に自信があるのか、さもなくば本気で無自覚な工作員なのでしょう。

この御仁、安倍首相の新しい著書についてしれっとコメントに書いていたのですが、初っ端からその本を全く読んでないのが丸わかりの記述で、失笑を禁じ得ませんでした。大方、どこぞの安倍首相バッシングブログか掲示板で拾ってきたのでしょう。

まず安倍首相の新著の題名は「新しい日本へ」ではなく、「新しい国へ」であり、文藝春秋からではなく、文春新書からの出版です。

前著「美しい国へ」を改訂し、昨年と言うか先月10日に発行された文藝春秋2013年新年特別号寄せられた稿を加え、完全版として出されたものなので、その辺りがごっちゃになったのでしょう。ちなみに「新しい国へ」は奥付によると、2013年(平成25年)1月20日第一版発行となっております。

コメントに引用されている文章は、一部の段落構成が原文と異なる以外は概ね正確です。ただし、これは「日本とアジアそして中国」という15ページに及ぶ章の中の1ページ弱、見出しを入れてもわずか18行しかない文章であり、この文章の前には中国との関係についての記述が10ページ余、後には4ページに渡るアジア諸国との外交、及びインド、オーストラリア、アメリカとの連携について書かれております。

この文章量の割り振りからも容易に察せられるように、きちんとその章を読んでいれば、安倍首相が殊更に韓国を重視したり、優遇しようとしたり、ましてや阿ろうとしているわけではないのが、誰にでも読み取れるでしょう。

仮にコメントに掲載された文章だけを読むとしても、「両国間に問題があるからといって、それらをすべてに波及させるというのは、どうだろうか。おたがいの違いは違いとして尊重することも必要ではないか」というのは、韓国に対する牽制と取ることも出来ます(同書第三章「ナショナリズムとはなにか」において、「偏狭な、あるいは排他的なナショナリズムという言葉は、他国の国旗を焼くような行為にこそあてはまるのではないだろうか」とあり、安倍首相が韓国の対日姿勢、韓国人の性格を熟知していることが伺われます)。

「かならず両国の関係は、よりよいほうに発展していくと思っている」というのも、「わたしたちが過去にたいして謙虚であり、礼儀正しく未来志向で向き合うかぎり」という前提に基づいています。この「わたしたち」というのが日本人に限ったことではないのは、その後に「向き合うかぎり」とあることから明らかです。これが日本人だけに求められたことならば、「向き合う」ではなく、「対する」とか「接する」となるでしょう。安倍首相は、日本人だけではなく韓国人も「過去にたいして謙虚で」「礼儀正しく未来志向で」向き合うことが、「両国の関係」を「よりよいほうに発展」させるための前提と考えておられることがわかります。

これは取りようによっては、韓国に対する非常に強い姿勢と考えることも出来ます。韓国と、その同調勢力は常に日本側だけに一方的に韓国のことを慮り、譲歩し、優遇するよう求めますが、安倍首相は韓国にも日本と同じ姿勢を求めているのですから。

しかも日本は「過去にたいして謙虚であり、礼儀正しく未来志向」であることにほとんど抵抗がありませんし、実際これまでもそのようにし続けてきましたが、韓国は口先だけでそう言うことはあっても、実際に行動に移すには非常に強い抵抗があり、また実際にやってきたことはそれに反することばかりであったことを、おそらく安倍首相は熟知しておられるでしょう。

この本を読めば、安倍首相が決して韓国や朝鮮人のことを知らないわけではないことがわかります。それどころか、国家機密にも触れられる立場の方です。アドバイザーやブレインも、わんさかいることでしょう。私のような、情報の入手手段が貧弱な市井の韓国ウォッチャーなどより、余程韓国のことをよくご存知かもしれません。何しろ北朝鮮との拉致被害者返還交渉で手腕を発揮した実績をお持ちの方です。朝鮮人を下手に刺激すれば、なりふり構わぬ暴挙に出ることも、きっとよくご存知でしょう。

今回の安倍政権は、民主党政権でズタボロになった状態からの、いわばマイナスからのスタートです。震災復興や経済政策など、日本国内向けの運営は言うまでもなく、国際情勢も多方面から待ったなしの状態です。韓国なんかに煩わされている場合ではありません。

しがない韓国ウォッチブログである弊ブログにまで、安倍首相バッシング工作が及んでいるのですから、あえて日本側から韓国に何か働きかけるまでもなく、本丸は既に韓国からの激しい攻撃に晒されていることでしょう。その挑発に乗せられて、下手に韓国を構って火病らせれば、日本は震災復興や経済政策へ向けるべき力を無駄に分散させられることになります。それは韓国からすれば、何の得にもならなくても、日本に構ってもらえる上に損をさせることが出来るわけですから、チビるほど嬉しいことなのです。

随分昔に書いたことがありますが、一国の総理大臣ともなれば、全てを大所高所から見る必要があります。私みたいに、気楽に自分の興味あることだけを自分の目の高さで調べ考察し、言いたいことを言っていれば良いわけではありません。

ともあれ、何が何でもどうやってでも安倍首相の足を引っ張らなければならないと考えている勢力が、実際にこの日本に存在し、実際に活動していることを、目の当たりにしていただけたかと思います。

この手の工作員は、今回弊ブログで披露したような自作自演を含め、想定内のものから予想の斜め上を行くものまで、あの手この手で工作を仕掛けてきます。それらを全て排除することは、現実的には不可能でしょう。ならば工作員や工作を遮断したり排除するのではなく、こちらが工作を察知し、工作員の思惑に乗せられぬようにすることで対処するしかありません。

読者諸姉諸兄におかれましては、どうぞ「どこかで見かけた誰かの意見をそのまま鵜呑みにするのではなく、いろんな意見に触れ、それらを見比べ、必要に応じて資料を確認し、最終的には自分の頭で考えて判断する」という習慣を付けることで工作に対抗する力をつけ、且つ工作に対する警戒を怠ることのなきよう、心よりご進言申し上げます。


※お知らせ※
2月22日の「竹島の日」に向けて、弊ブログでは、ブログ「さくらのみや日記」執筆者の佐倉純様主催「2013年竹島プロジェクト」に参加しております。
2月22日の「竹島の日」までの期間限定で、弊ブログでは竹島プロジェクトに賛同し、竹島は日本領土であることを改めて強く主張し、島根県の「竹島の日」を応援します。


人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓