fc2ブログ
管理画面

日本が良くなることを望むなら

日本の「竹島の日」に、案の定韓国が火病りました。韓国の言い分は、「ウリナラは日本に好意を示してきたのに、日本はそれを踏みにじった」というものです。

けれど、日本に示した韓国の好意とはどんなものなのでしょうか。東日本大震災の時に日本に送った救援物資の対価を期待していたことでしょうか。同じく東日本大震災に募った義捐金を、竹島の不法占拠に流用したことでしょうか。サッカーの試合で「日本の大地震をお祝います」というメッセージを掲げたことでしょうか。それともオリンピックでの政治的アピールでしょうか。あるいは、竹島に現役大統領が不法上陸(pdfファイル注意)し、あまつさえ天皇陛下を侮辱する発言を行なったことでしょうか。

韓国の考える好意とやらがそういうものであるならば、そんなものはない方がずっとマシです。

「好き」の反対は「嫌い」ではなく「無関心」だとよく聞きます。「好きと嫌いは同じものだ」などと言う人までいます。

韓国が嫌いだと言うと、本当に嫌いなら見るのも嫌なはずだ、そんなに韓国のことに詳しく、長年韓国を観察し続けているということは、本当は韓国のことが好きなのだろうと嘲笑を含みながら言われたことは幾度もあります。「好きと嫌いは同じものだ」と言うのも、たいていこういう人です。

「好き」と「嫌い」の共通点は、「その対象に心理的焦点が合ってる」という点だと言います。「好き」の反対が「無関心」と言われるのも、「無関心」は「その対象に心理的焦点が合ってない」からでしょう。

ですが「好き」という心理にはいくつかのバリエーションがあるように、「嫌い」という心理にもいくつかのバリエーションがあります。「好き」と同義語になり得る「嫌い」が存在することは否定はしません。日本に対する韓国の感情などは、明らかに「好き」と同義語になり得る「嫌い」と言えるからです。だからと言って全ての「嫌い」が、「好き」と同義語になり得るわけではありません。

日本人の韓国に対する「嫌い」は、「好き」とは同義語になり得ません。何故なら日本人の嫌韓は、韓国の反日によって惹起されたものだからです。

韓国がもし日本に関心を示さなければ、それが無理ならせめて日本に向かって恨を喚き散らさなければ、日本は韓国に無関心だったでしょう。事実、韓国に関する情報が貧弱だった頃、日本人の多くは韓国に対して極めて無関心だったのです。

よく言われることですが、日本と韓国はストーカーの被害者と加害者の関係です。日本の嫌韓に対し、「そんなに韓国に詳しい(or韓国のことが気になる)ってことは、本当は韓国のことが好きなんじゃないの?w」と言うのは、ストーカー加害者に怯え、その動向に警戒を怠らず、自衛対策を講じるストーカー被害者に対して、「そんなにストーカーのことが気になるのは、実はストーカーのことが好きだからじゃないの?w」と言うに等しいのです。

ストーカー被害者がストーカー加害者を嫌悪することを「好きの表現形のひとつ」と言う人がもしいるとすれば、それは当人がどう思っていようと、ストーカー加害者に加担する者であり、程度によっては共犯者とみなし得ます。

日本にとって韓国というストーカー国家の存在は明確に不幸のひとつですが、更に日本にとって不幸なのはこのストーカーの共犯者が、日本には少なくないという現実でしょう。

日本人にとって韓国というストーカー国家からの被害も軽視出来ませんが、実はそれ以上に、日本人の中に、韓国のストーカー行為の共犯者が少なくないことによる被害が多いということが問題だと私は考えています。

ネットでは「日本から在日がいなくなれば今よりずっと良い日本になる」とか「日韓断交が実現すれば日本は良くなる」と言う人をしばしば見かけます。ですが今のままの日本では、日本から在日がいなくなることも、日韓断交を実現させることも出来ないでしょう。

「在日がいなくなれば」と願うだけで在日がいなくなることは絶対にありません。日本から韓国に対して断交を申し出る期待も、現状ではまずないでしょう。仮に神様が存在し、どんな無理難題でも神様なら叶えることが出来るとしても、神頼みは人間側がやるべきことをやり尽くしてからすることです。何もせずにただ願い事を述べるだけでは、いくら神様でも聞く耳を持つとは思えません。

日本から在日を駆逐したいのであれば、私たち日本人がやらなければならないことはたくさんあります。例えば特別永住という特権を廃止するというのも、日本人がすべきことです。韓国人がするわけありませんし、させるわけにもいきません。

「特別永住資格は、(一般の)永住資格とほぼ変わらない」などと書いているブログを見たことがありますが、それが事実であるならば、特別永住資格を一般の永住資格と分別する理由は全くありません。特別永住資格が「特別」と銘打たれているのは、その資格に一般の永住資格とは異なる特別に有利な条件が付与されているからです。

韓国との断交実現にしても、「日韓断交を提起している日本の政党はないから無理だ」などと書いているブログがありましたが、別に日本側が断交を言い出す必要など全くありません。日本が韓国に対し毅然とした態度を取り続ければ、そのうち韓国の方から国交断絶を宣言するでしょう。

日本がどれほど韓国に対し毅然とした態度を取っても、韓国が国交断絶を言い出さない可能性は当然にありますが、それならそれで今までのように日本が韓国に対して配慮に配慮を重ねているにも関わらず、日本は韓国に煮え湯を飲まされるばかりということもなくなります。そうなれば無理やり国交断絶に結びつける必要はありません。

問題は国交そのものにあるのではなく、日本が韓国というキチガイ国家の言いなりになっていることです。目的はその是正であって、断交そのものではありません。

実際、今まで日本の国内輿論がふにゃふにゃだった頃は、竹島問題で韓国が騒げば、日本は引くか黙るかだったのに、今は日本も毅然とした態度を見せるようになりました。日本政府のこの姿勢は、日本の国内輿論の後押しがあってこそなのです。

日本を良くしたいと願うなら、「自分の願いは、ただひたすら願っていれば自分が言わなくても動かなくても、いつかどこかで誰かがきっと叶えてくれる」などという朝鮮人のような考えではいけません。日本人ひとりひとりが「日本を良くしたい」という確固とした意志を持ち、そのためには何をすれば良いのか、何が障壁になっているのか、その障壁をなくすにはどうすれば良いかを真摯に考え、議論し、各自が自分の出来る範囲で(これ重要!)行動することです。

日本の有権者の多くがそうならなければ、日本から在日がいなくなることも日韓断交も、ただの夢想で終わるしかないという意識を、一人でも多くの日本人に持ってもらうことが出来れば、弊ブログとしても本望です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓