fc2ブログ
管理画面

厄介な国、韓国

日本人にとって韓国とは、本当に厄介な国だと思います。

知り始めてからしばらくのうちは、結構面白いのです。何故なら、日本によく似ている部分が多いからです。何も知らない間は、アレも似てるコレも似てると面白くてしかたがありません。ここら辺りで、第一の罠が仕掛けられているのですが、何も知らない間はもちろんそんなことに気づきもせずに、嬉々としてウォーリーを探すでしょう。

ここで仕掛けられている第一の罠とは、お察しの方もいらっしゃると思いますが、「韓国起源説」です。「日本のものとそっくりなものが韓国にもある」となると、それだけで韓国に親しみを感じてしまう日本人は多いのですが、同時に何故か無条件に「それは韓国が起源だからだ」と思い込む日本人も一般的です。

「韓国にある、日本とよく似た文化」について当の韓国人に聞くと、躊躇なく韓国のものだと言われるからかもしれません。では逆に、日本に韓国のものとそっくりの文化があればどうかと言えば、これまた当然のように韓国が起源だと思う日本人は多いのです。

ですが前回記事でも述べたとおり、実は韓国には日本文化の影響を受けたものが少なくありません。日本人は、日本独自文化であっても、その源は海外から渡来したものだと言うことも言われることにもさほど抵抗がありません。対する韓国人は、韓国のものが「ウリのものでないこと」に、絶対に耐えられません。

日韓はそういうところが、悪い意味で共鳴してしまうのです。そのため日本人も韓国人も、日本にあるものも韓国にあるものも何でも韓国起源にしてしまい勝ちですが、そう言われているもの中には、日本の文化が韓国に流れたものではないかと思われるものもちょくちょくあります。日本における嫌韓の台頭で、何でもかんでも韓国起源という主張に対する視線はかなり厳しくはなりましたが、いまだにそういう考え方に固執する日本人も、決して珍しくはありません。

韓国をある程度知るようになれば、そういう「何でもかんでも韓国起源」という主張に対抗することが出来るようになります。これも最初のうちはそれなりに楽しいのですが、やがて飽きてきます。何しろ韓国は薄くて浅くて上っ面ですし、韓国起源説を主張する韓国人は、皆判で押して鋳型で抜いた連中ばかりです。

ある程度場数を踏めば、たいていの日本人は連中の主張のパターンが読めるようになります。そうなれば、シナリオを読んでから映画を見るようなもので、一度目は面白いかもしれませんが、芝居の興行でもあるまいに、二度三度どころか十も二十も同じ口上を繰り返させられるようになれば、大抵うんざりします。これが、韓国を知ることで嵌まる第二の罠かもしれません。

そうこう言いながらそのうち、自分たちが知り得た対韓国人戦略というものを、日本人同士で共有するようになります。これは日韓チャットでもそうでしたが、日韓翻訳掲示板でも同様でした。

日本人は誰が言うともなく自分が知り得た知識や経験、集めた資料を見せ合い、整理し、共有します。対する韓国人はと言えば、その場で団結することはあっても、ブラウザを閉じてしまえばそれっきりです。稀に、日本人に対抗するべくいろいろ調べたり議論する韓国人も皆無ではありませんが、そういう韓国人たちが寄り集まり、一致協力して意見や資料を持ち合い、対策を練り、共有しようとしたことは少なくとも日韓チャットでは皆無でした。

今、WANKの何のと時々韓国人がわだかまってサイトを作ったりスパムメールを送りつけたりして情報発信しているようですが、それらは全て我田引水と自画自賛ばかりです。

韓国人は基本的に、既に存在する「お手本」に従って迅速に「模範解答」に達することを最上とします。そのためか、「自分で考え、知りたいことに関する資料を探し、該当する箇所を読み解き、自分なりの結論を得、それを持ち寄り議論する」という作業が大変に苦手なのです。この傾向は、日韓歴史共同研究に参加されていた筑波大学の古田博司教授も指摘されています。

それなりに真面目に調べ、考え、議論するという経験を重ねた日本人ならば、その辺の韓国人ではまず歯が立ちません。そういう日本人が束になっててぐすね引いているのが、日韓チャットや日韓翻訳掲示板というところでした。

そうやって韓国人を地味に地道に撃破していると、ある時日本人(と思しき人物)がやってきて、私たちが韓国人を血祭りにあげてるのを見て非難します。あるいは、既に結論の出た話を蒸し返します。

私は日本人だろうと韓国人だろうと、基本的に等しく接します。即ち、たとえ日本人と名乗り、事実そうであったとしても、朝鮮人のような真似をする者には朝鮮人に接するように接します。ですが、全ての日本人がそうではありません。中には、朝鮮人のような真似をすると言っても、日本人なら話が通じるだろうと信じて、親切丁寧に説明を試みる人もいます。

しかし、その親切が実を結ぶ例は稀です。逆に、その親切故に侮られたり、一度結論の出た議論を、同じ材料で繰り返させられる羽目になるばかりです(何しろ相手は「朝鮮人のような真似をする者」ですから)。出るのが同じ結論とわかっていて繰り返す議論ほど、神経を消耗するものはありません。これもまた、罠のひとつと言って良いでしょう。

これらの罠を掻い潜り、首尾よく生き残ったとしても、得られるのは「嫌韓」という称号です。「嫌韓」が良いとか悪いということではなく、与えられた称号に付いている「韓」の字が疎ましいのです。ですから逆にこれが「親韓」であっても同じことです。嫌おうと親しもうと、韓国なんかに関わりあって、意識しているという時点で何かに負けてるような気にならなくもありません。

何度も申し上げますが、韓国関連は薄くて浅くて上っ面ですから、ある程度掘り下げてしまえばたちまち底を打ちます。そのせいか好悪に関わらず韓国に対する関心を維持するのは、極めて難しいのです。その上、韓国関連には前述したとおりいくつもの罠が仕掛けられています。それらを乗り越え掻い潜っても、得られるものが到底褒賞とは言いがたいものなのです。

だからと言って、日本人が韓国のことをきれいさっぱり忘れ去り、警戒さえしなくなればどうなるかということまで知ってしまった以上、無関心に戻ることも出来ません。

まことに日本人にとって韓国という国は、厄介と言うほかない国であると、しみじみ思う次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓