fc2ブログ
管理画面

嫌韓が韓国を救う?

最近の日本では、嫌韓が定着しつつありますが、その契機は2002年の日韓共催ワールドカップとするのが定説でしょう。同時にその当時は、日本に対する韓国の工作活動が盛んな時期でもありました。

日本に対する、韓国の思想工作活動の一環であったと思われる韓流ブームは、それまで潜在的であった親韓派を飛躍的に台頭させました。

今でもそうですが、当時から親韓派というのは盲目的に韓国を全肯定する人が少なくありませんでした。全肯定とまではいかなくても、韓国の欠点や短所には目をつぶるか、韓国で言われているとおりの言い訳、即ち「日本が悪い」を免罪符とし、韓国の長所は針小棒大に受け取るのが、親韓の標準でした。

故に親韓の人々は意外に韓国のことを知らなかったり、妄想に近い過大評価をしていることがよくありましたし、今もそれは変わりません。

翻って嫌韓の人々は、当時はバリバリの知韓派ばかりでもありました。それは、これまで何度も申し上げているとおり、この当時韓国を嫌いと公言することは、今と比べればかなり強い抵抗があったためです。

今日では、韓国を嫌いと公言しても、問答無用で人種差別主義者とみなされることはさほど多くなくなりました。ともすれば、全面的な同意を得られることも珍しくありません。

ですが当時の日本では、韓国を嫌いと言うだけではなく、日韓関係について、日本人が日本の立場で説明するだけでも、人種差別主義者とみなされかねませんでした。それどころか、おどけて「アイゴー」と言っただけで、「それ、韓国の人が聞いたら気を悪くするよ」とたしなめられたことさえあります(実話)。ちなみにおどけて「オーマイガッ!」と言うこともよくありましたが、「それを英米人が聞いたら気を悪くするよ」などと言われたことはいまだかつて一度もありません。

そんな風潮の中、自信を持って嫌韓であることの理由を説明するためには、どうしても韓国について詳しくある必要があったのです。

そのためか、その頃は「韓国が本当に嫌われるようになったときに助けてくれるのは、親韓ではなく嫌韓である」というようなことが、時々言われていました。

私もその頃から嫌韓でしたが、どんなに韓国が困っていても、自分が韓国を助ける姿は想像出来ませんでした。むしろ日本人に韓国の本当の姿が周知され、日本人が揃って韓国を嫌うようになれば、さぞや胸がすく思いがするだろうと思っていました。

人間誰しも、どんなに客観的になろうとしても主観でしか考えることが出来ないものです。もちろん、私にしても例外ではありません。ですから私は、日本人が嫌韓になるということは、自分同様、日本人の多くが韓国についてある程度詳しくなった上で嫌韓になるのだと無意識のうちに思っていたのです。

ところが最近実際に日本に明確な嫌韓とまではいかずとも、韓国について否定的に考える日本人が増えてきましたが、では多くの日本人が韓国についてある程度以上詳しくなったのかと言えば、私の体感ではそうでもありません(ちなみに「体感」というのは、私はネットだけではなく、リアルでも韓国について説明することがしばしばあるのですが、その際の相手の反応が、今も10年前とほとんど変わらないということです)。

それどころか「試し腹」などという、出来の悪い嫌韓ネタに乗せられてしまう日本人が、案外少なくないのです。

私の誤算は、「韓国を嫌いになること」とは、無条件で「韓国について詳しくなること」と思っていたことです。ところが現実はそうではありませんでした。現在日本で台頭する嫌韓勢力の中には、どうやら韓国についてさほど詳しくないまま、韓国を嫌いになっている人々が少なくないようなのです。

そのため、日本の嫌韓勢力の代名詞的存在となった在特会ですら、主にネットを中心に出回る在日特権ネタについて、否定的な発言を余儀なくされました

その時日本の親韓派は、在特会の米田氏の発言の一部を切り取って「あの在特会がネットで出回る在日特権を全否定!!」などとここぞとばかりに嫌韓派への攻撃材料としていましたが、どうやら現状では、そういうやり方が日本の親韓派の精一杯の韓国擁護のようです。

弊ブログにおける「試し腹」の否定や、在特会の米田氏による「ネットに出回る在日特権ネタ」の否定は、見ようによっては「韓国が本当に嫌われるようになったときに助けてくれるのは、親韓ではなく嫌韓である」という予言の成就を意味するものかもしれません。

ですが誤解のないように念を押しておきたいのは、弊ブログの「試し腹」の否定は言うまでもなく、確認しておりませんがおそらく在特会の米田氏の「ネットに出回る在日特権ネタ」の否定発言の真意も、決して「韓国が嫌われているのを助けるため」では断じてありません。

以前から申し上げているとおり、日本人が韓国を嫌うに足る理由が、正当な事実に基づくものであるならば、胸を張って嫌韓を主張出来ますが、もしその理由が虚偽や捏造といった不当なものであるならば、嫌韓そのものが不当な主張とされかねないことを懸念してのことなのです。

韓国の反日が非難されるのも、その多くが正当な事実に基づいたものではないからです。その韓国の反日を、単純に反射しただけのものが日本の嫌韓であるべきだとは、私は全く思っていません。もしそうなれば、日韓対立とは互いに虚偽や捏造をぶつけ合う醜く汚い泥仕合にしかならないからです。

本当に微々たるものではありますが、私が力となりたいのは、決して韓国ではありません。これまでもこれからも、一貫して日本なのです。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓