FC2ブログ
管理画面

何故日本政府は、韓国を切り捨てないのか

日本は、世界一の親韓国と言われます。対する韓国は、世界一の反日国と言えるでしょう。

自国にネガティブな態度を示す国に対しては、同じくらいとまではいかずとも、ネガティブな意識を持つのが普通なのに、日本はまるで韓国に媚びるように、甘々な態度を示し続けています。

それには様々な理由があるでしょう。例えばアメリカとの関係がよく言われます。

日本とアメリカは同盟関係にあります。そのアメリカは、韓国と同盟を結んでいます。日本と韓国は同盟を結んでおりませんが、アメリカを介した間接同盟的な関係にあると言えます。

日本と韓国が事を構えることになれば、双方と同盟を結んでいるアメリカは面白かろうはずもありません。そもそも韓国の戦時作戦統制権はアメリカ軍にあります。日本と韓国の間で武力衝突が起きれば、アメリカの立場は非常にややこしくなります。そんなことをアメリカが望むわけがありません。

日本さえおとなしくしていれば、アメリカは韓国軍の戦時作戦統制権を持っているのですから、韓国軍の暴発を抑え込むことは容易です。ですから日本に対しアメリカが「韓国と揉めるな」という圧力を掛けていても、不思議ではないどころか、そういう圧力がない方が不思議と言えるレベルでしょう。

日米同盟が日本にとって重要な同盟であることに異論を唱える人は、余程の反日主義者だけでしょうけれど、日米同盟の重要性は単に日米の二カ国間だけにとどまりません。もし今後日米同盟が破綻するようなことがあれば、世界の軍事的経済的バランスが大きく崩れる恐れは極めて強いのです。

日本の安全保障は当然として、世界の安全保障にも関わってくる問題ですから、万事穏便に運びたい日本としては、アメリカと揉めることだけは避けなければなりません。もっともそういう問題がなくても、「たとえ相手に非があったとしても、他人や他国を怒らせてはいけない」という意識は、日本人の骨髄まで達しています。仮にアメリカからの圧力が全くなくても、日本は積極的に韓国と悶着を起こそうとはしないでしょう。

加えて日本政府は、日韓友好を日本国民の民意と思っているのではないでしょうか。

なにしろ、ほんの10年前の日本では、「韓国が嫌いだ」と口にすることさえ周囲を伺いつつ、声を潜めて言わねばなりませんでした。対する親韓派は、声を大にして韓国を褒めそやし、あばたをえくぼと言い張っていました。

政治家のもとに来る陳情も、韓国や韓国人に好意的な意見や希望ばかりだったでしょう。嫌韓デモなど、日本中のどこを探してもありませんでした。

在日は様々な便宜を期待して、政治家に擦り寄り、数々の特権を獲得していきましたが、日本国民がそれに対する不平や不満を言うこともありませんでした。仮にあっても、政治家に辿り着く前に親韓(あるいは親朝鮮)勢力によって揉み消されていたのでしょう。

「韓国を悪く言ってはならない」「韓国を嫌ってはいけない」という意識は、日本人に広く深く浸透していました。政治家はそれを察知していたはずです。

韓国に厳しい態度をとれば非難や抗議、苦情が殺到します。それを言っているのが日本国籍を持つ日本人とは限りませんが、では韓国に甘い態度をとれば、日本国籍を持つ日本人から非難や抗議、苦情が殺到するかと言えば、そんなことは全くないのです。ばかりか、褒められることさえあります。それを「日本国民の民意」と受け取るなと言う方が無理というものでしょう。

それに朝鮮人は本国韓国人も北朝鮮も在日も、他人に取り入るのは巧みです。その手管に籠絡された政治家も少なくないどころか、はっきり多かったでしょう。否、「多かった」ではありません。現在進行形で多いはずです。

それでも、もし「日本国民の民意」が「嫌韓」とまではいかずとも、「韓国に対する必要以上の配慮は不要」という意志を明白に示していれば、どんなに朝鮮人が上手く取り入ったとしても、政治家がそこまでズブズブにはならなかったでしょう。しかし現実には、「日本国民の民意」も、韓国に対しては甘々だったのです。

「だから日本が韓国に甘くてもしかたない」と言いたいのではありません。これは逆を言えば、韓国に対して厳しい視線を日本国民が持つようになり、それを明白にすれば、政治家も否応もなくそれに応じなければならなくなるということを言いたいのです。

事実、日本で嫌韓気運が高まるにつれ、それに同調を示す政治家もぽつりぽつりと出てきました。もちろん、まだ多数とは言えませんが、それでもはっきりと日本に対する韓国の無理無体を明白に非難する政治家が出てくるようになったのは、明らかに進歩と言えます。

それでもまだ、日本政府は十分に親韓的です。例えば、安倍首相はいまだに韓国を「重要な隣国」と言って憚りません。それを非難する嫌韓も少なくありませんが、安倍首相から見れば、日本の国民はまだまだ親韓傾向が強いということを示しているとも言えるのです。

政治家に嫌韓アピールを続けることが無駄とは思いません。ですが同時に、日本国民のコンセンサスも確立する必要があるでしょう。これはいわば車の両輪です。どちらが欠けても、あるいはどちらかだけが肥大しても、前に進むことが出来ません。

「他人や他国を嫌うこと」は、普通の日本人には抵抗があります。嫌う理由をきちんと説明出来なければ、サベツと言われかねないからです。ある意味、「他人や他国を嫌うこと」には責任が伴うとも言えます。その点、「他人や他国を嫌わないこと」は無責任で良いから楽です。

しかし安易に楽な道を選び続ければ、そのツケはいつか回ってきます。今日の歪んだ日韓関係も在日特権も、そのツケと言えるでしょう。そのツケを、私たちの次の世代に遺して良いはずがありません。

多くの日本人が韓国の事実を知り、現在の歪んだ日韓関係や在日特権の是正を叫ぶようになれば、政治家もそれを無視することは出来なくなります。そういう政治家が増えれば、政府も韓国に対する態度を厳しくせざるを得なくなります。

現時点では、日本からの日韓断交など「夢のまた夢」ですが、もし日本政府が韓国に厳しい態度を取れるようになれば、日本からの日韓断交も「夢か現か」ぐらいにはなるかもしれません。

何でもそうですが、一足飛びに全てが望み通りになることなんてそうあるものじゃありません。面倒でももどかしくても、地味で面倒な作業をひとつひとつこなしていく内に、気がついたら待ち望んでいた場所に辿り着いているものです。

今は面倒でもどかしいかもしれませんが、一人でも多くの日本人に韓国の事実を広め、日本国民の韓国に対するコンセンサスを確立することが重要なのだと私は確信しております。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓