FC2ブログ
管理画面

狂牛病騒動と嫌韓気運

クリスマスイブの今宵、皆様方におかれましては、楽しくお過ごしだったでしょうか。私はクリスチャンではないので、鶏の腿肉も食わずパーティもせず、淡々と夜を迎え、その勢いで寝落ちしてしまって更新が大幅に遅れたことをまずはお詫びいたします<(_"_)>

さて、クリスマスとは全く関係のない話ですが、昨今の日本における嫌韓気運を見てるうちに、何となく狂牛病騒動に似ているなと思ったのでそれについて書こうと思います。

狂牛病と言えば、私にはふたつの記憶があります。ひとつは、日本で狂牛病が注目される以前の話です。

当時、欧州旅行のパッケージツアーにセットされていた昼食に、ご当地名物の牛肉料理がありました。ところがそれが狂牛病騒動のために、牛肉を使わない別の料理に変更されるという通達が、欧州旅行の専門業者からあったのです。

当時の私たちは、狂牛病について名前ぐらいは知っていましたが、それが人間に感染するとか、その原因が牛肉料理だとかいうことについては知らないのが普通でしたし、知識として知っていても、現実感は皆無でした。

ですからその通達を見て、私たちは「大げさな」と笑ったものです。

その頃、私は某巨大匿名掲示板の食べ物板をよく見ていました。今は食べ物板もずいぶん細分化されていますが、当時のカテゴリーは「食べ物」だけしかありませんでした。その中に、狂牛病に関するスレッドがあったのです。

当時の私は、特に狂牛病に関心があったわけではありませんが、よく訪れる板の中にあるので、見るともなしに見てしまいます。その内に、狂牛病の危険性について嫌でも知ることになりました。

となれば、欧州旅行のパッケージツアーで名物の牛肉料理が自粛された理由も腑に落ちます。

それどころか、某巨大匿名掲示板に書かれた情報を見る限り、危険なのは牛肉料理に限らないのです。インスタント食品には牛肉エキスが使われているし、ゼラチンにも牛の腱が使われていることがありますから、ゼラチンを使ったお菓子類も危険です。

しかし周囲の人にその話をしても、誰も真に受けません。私が名物の牛肉料理の提供を自粛した欧州旅行の専門業者を嘲笑したように、私も周囲の人に嘲笑されました。

しかたないので、私はひとりで牛関連食品を避ける生活をしていたのです。

それからしばらく経って、狂牛病騒動の波は日本にも到達しました。その頃には私は、狂牛病に関する知識もある程度備わり、闇雲に牛関連食品を恐れる必要はなく、また用心のために自粛したいのであれば、どういう食品を避ければ良いのかがだいたいわかっていました。ですから、日本に狂牛病騒動が到達した時には、さほど驚きも慌てもしませんでした。

ですが私の周囲の人々は、少し前の私と同じく、牛関連食品に関してはパニックとヒステリーに近い状態になりました。

私はそれに対して、自分の経験も踏まえて牛関連食品に関する危険性と対処法について説明したのですが、マスコミという一種の権威が述べることと、私という何の権威も持たない一個人が述べることに温度差が有り過ぎて、私の言うことに耳を傾ける人は多くありませんでした。

そんな日本での狂牛病騒動も一段落して、そんなことがあったことさえ忘れられた頃、韓国で狂牛病騒動が勃発しました。これが狂牛病に関するふたつめの記憶です。

しかもそれは政治と絡んで、日本における狂牛病パニック及びヒステリーとは比較にならないほどの激しさだったのです。

当時日韓チャットにいた私は、自分の経験と日本での反応を踏まえた上で、日韓チャットにいた韓国人に狂牛病について説明しました。しかしそれに耳を貸そうとする韓国人がいなかったことは、これまでにもちらっと述べたことがあります。

狂牛病に関する騒動という観点では、日本と韓国の反応の違いというのも興味深いのですが、今回私が思うのはその点ではありません。

今回思ったのは、時に現実はネットを後追いすることがある、ということです。

もちろん、何か事態が起きるのは現実が先です。けれどそれが話題になり、人々の注目を集めるに至るには、現実よりもネットの方が先になることが、ままあるのです。

まさに狂牛病はそのパターンを踏襲しましたが、私にとっては、現在の日本における嫌韓気運も同じなのです。

私がネットを通じて、韓国のキチガイっぷりを知った頃、私はパニックとヒステリーに近い状態で韓国について周囲に説きました。しかし周囲は韓流捏風真っ只中です。誰もが、私の嫌韓主張に耳を貸さないか、貸しても半ば嘲笑をもって聞いたものです。

それから幾星霜。私の嫌韓ももはや諦韓に至り、韓国の危険性とその対処法についてある程度の知識を得、比較的冷静に韓国について考えたり話したりすることが出来るようになりました。

対する現実の方はと言えば、私が韓国を知ってパニックとヒステリーに近い状態になったのと同じような現象が起きつつあります。

自分の経験を顧みれば、初めて韓国を知った人々がそういう状態に陥ることはよく理解出来ます。いわば韓国を知った者の通過儀礼のようなものでしょう。

日本における狂牛病騒動がそうだったように、日本における嫌韓気運もやがて落ち着きを見せるようになるかもしれません。しかし狂牛病が忘れ去られたことによって落ち着いたわけではなく、狂牛病に関する公的な検査やトレーサビリティの徹底によって落ち着いたように、韓国についても、日本の公的な対処法が確立し、韓国の狂気にある程度のバリアが成立しなければ、落ち着くことはないのではないかとも思います。

何事につけ危険性しか知らされず、自衛する以外にバリアがないとなれば、パニックやヒステリーに陥りやすいのは当たり前です。今の日本における嫌韓気運の高まりはまさに、韓国の危険性のみが流布され、その対処法がまだ徹底されていないためでしょう。

かつてのように、テレビとラジオと紙媒体しか情報伝達手段がなかった時代であれば、これまでのように忘却による鎮静化も期待出来ました。しかし今日のようにネットが身近な情報ツールになれば、忘却による鎮静化はほぼ期待出来ません。

となれば、日本における嫌韓気運が鎮静するには、日本人各人が韓国に関する知識を拡充し、個人的にその対処法に自信を持てるようになるか、日本政府が公的に韓国に対する防御壁を作り、日本国民を韓国から守るシステムを構築し、それを日本国民に周知させるかしかないでしょう。

前者は、知識量やその理解に個人差もあるでしょうから、なかなか難しいものがあるし時間もかかります。仮に実現すれば日本にとってはその方がより望ましいと思いますが、韓国にとっては文字通り致命的な事態になるでしょう。

後者ももちろん、万全に行なおうとすれば決して容易とは言い難いのですが、最低ラインとして、政府主導で在日特権や韓国に対する特恵的待遇を撤廃すれば、相当の効果は期待出来ます。その程度の対処では日本にとって万全とは全く言えませんが、その分韓国にとっては、完全に息の根を断たれるまでの事態には至らずに済むでしょう。

くり返しになりますが、もし日本政府が韓国の狂気に公的な対処を取らなければ、忘却による鎮静化が期待出来ない以上、日本人は各人で韓国に対する知識を深める=韓国に対する嫌悪感が限界まで高まり、それを突き抜けて諦めに至ることによって鎮静化するしかありません。

個人的には、その方が日本にとってはより望ましいとは思います。ですがそれには余りに時間がかかりますし、個人差が大き過ぎますから、それによるひずみも避けられません。

それよりは、韓国の息の根を断つには至らないという点で若干物足りずもどかしいものはありますが、比較的穏やかで迅速で均質な効果が期待出来る公的対処の方が良いのかもしれないなと、狂牛病騒動のパターンと照らし合わせて考える次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓