fc2ブログ
管理画面

急がば回れと言いますし

私の住む地域では、陽当りの良いところにある桜の木はちらほらと咲き始めました。

日中の最高気温も20度に迫る勢いで、今月上旬辺りまでは積雪を気にしていたとは思えないほど、あっという間に春らしくなってきました。

しかし花冷えという言葉もある通り、この時期は突然寒くなる日もあって、体調を崩しやすい時期でもあります。読者諸姉諸兄におかれましては、くれぐれもご自愛くださいませ。

さて、いつ頃からそういうことになったのか、嫌韓とは韓国を汚い言葉で感情的に罵るものだという先入観が、ネットの巷にはあるようです。しかしながら弊ブログではそういう表現を極力用いないようにしております。そのためか弊ブログはしばしば、韓国に対して「優しい表現」とか「冷静な考察」とか「上品な文章」などと評されることがあります。

月見チャットにお越しいただけばたちまちバレるというか、もとより隠しているつもりは全くないのですが、私自身は決して冷静な方ではありませんし、上品と言われるのも何やらこそばゆいものがあります。ただし優しいということは否定しませんw

確かに、嫌韓系ブログでは韓国や朝鮮人に対する激しく汚い罵倒語が用いられることが珍しくありませんし、ネットばかりではなく、リアルにおける嫌韓デモのシュプレヒコールも同様でした。

私も嫌韓を自ら名乗る者ですから、韓国に対して激しく汚い罵倒語が出てくる心情は十分に理解出来ます。それでも弊ブログでは、あえてそういう表現を用いないようにしています。

それは何故かというと、まず弊ブログは「今まで韓国のことをそんなに知らなかった人」に向けて書いてる部分が大きいからです。

韓国をある程度知っている者ならば、韓国をどれだけ汚い言葉で罵っても足りないという気持ちは理解出来るでしょう。そういう人とだけ、韓国について話をするならば、思いつく限りの汚く激しい表現を用いる方が共感を得やすくもあると思います。

しかし韓国を知らない人に、いきなりそういう表現を用いて話をすれば、軽蔑されるのは韓国ではありません。そういう表現を用いて話をした者の方です。

しかもただ軽蔑されるだけで済むなら、まだ傷は浅いと言えます。困るのは「軽蔑すべき人間」の言は共感を得づらいということです。逆に言えば、「軽蔑すべき人間」の主張は反感を買いやすいとも言えます。

話を聞いてもらうためにブログを書いているのに、反感を得て耳を貸してもらえなくなってしまえば本末転倒です。自分の主張を聞いてもらいたいと思っているのであれば、何をおいてもまず、自分の主張を聞かせたいと思う相手に耳を貸してもらえなければ話は始まりません。

弊ブログの場合、「既に韓国について十分に詳しい人」には、さほど強く訴えておりません。「韓国についてほとんど知らなくて、最近興味を持った」「今度、初めて韓国に行くから情報収集」というような方に、真っ先にお伝えしたいと思っています。

ですから弊ブログでは、韓国に対してあからさまで汚い罵倒語は、出来るだけ用いないように心がけています。すると今度は、「ブログ月見櫓は、丁寧な(あるいは「上品な」、または「優しげな」)言葉で韓国を罵倒している」と言われることも、時々あります。

これもまた、実は心外な評価です。もし弊ブログの表現にそう思えるものがあったとしても、それは別に韓国を罵ろうと思って言ってるわけではありません。単に韓国についての事実を書いているだけなのです。もしそれが韓国に対する侮蔑や罵倒に見えるとすれば、それは私が韓国を罵ったり蔑んだりしていることを伝えたいのではなく、韓国人が自ら貶め蔑まれるようなことをしていることをお伝えしているだけの話なのです。

つまり弊ブログでは、基本的に事実を連ね、それを見て各人で判断してもらいたいと思っています。もちろんそれは、私という主観を通して見聞き考え、文章化したことですから、神の視点のように絶対的に中立公正とは言えないでしょう。だからこそ、私的な感情を表に出して共感をねだるのではなく、出来る限り淡々と事実を提示し、それを読む人の判断で是非を決定してもらいたいと思っているのです。

こういう表現方法は、既に韓国をある程度知っている人から見れば、実にもどかしくまどろっこしく、お上品を気取った鼻持ちならないものなのかもしれません。しかし韓国をろくに知らない人にはこれでもまだ、反感を覚えるほど酷く罵ってるように見えるようなのです。

更に、私は今もまだ嫌韓を名乗ってはいますが、実は既に嫌韓の域を抜け始め諦韓に差し掛かりつつあります。ぶっちゃけ、私にとってもはや韓国など罵るにも値しません。彼らに意識を向ける時間すらもったいないと思うこともあります。

そうなってくると、彼らが如何に酷いかということを強調するために、日本語の罵倒語を探したり考えたりする労力が惜しくなってきます。そんなことに思考力や文章構成力を割く気力は、今の私にはほとんどありません。

彼らが酷いということは、あえて酷く汚い侮蔑語や罵倒語を用いずとも、ただ彼らが行なった事実を連ねるだけで、普通の理解力がある人には必ず理解出来ると私は確信しています。

逆に普通の理解力を持たない人、即ち韓国に関する事実を知ってなお韓国や韓国人が酷いということが理解出来ない人には、どんなに酷い罵倒語を用いて説明しても、決して理解出来ないでしょう。

そんなわけで、弊ブログでは、韓国に対し出来るだけ感情的で刺激的な侮蔑語や罵倒語を用いないようにしております。韓国の酷さを一刻も早く日本国民に周知徹底したいと願う方には、私のやり方はあまりにも遅い歩みに見えるかもしれません。

ですが、たとえ歩みは遅くとも、その分長く続けることで、帳尻を合わせているつもりだということをご理解いただければと願う次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓