fc2ブログ
管理画面

何度も同じ事を言うようですが

4月も中旬に差し掛かり、昨日辺りは夏日を記録した地域もあったそうですが、まだまだ朝晩は冷え込みます。私は花粉症ではないのですが、どうも血管運動性鼻炎のようで、この季節はティッシュの消費量が増大します。

私の場合、垂れるというよりは流れ出る鼻水に対応するには、ティッシュを丸めて鼻の穴に詰めるのが一番です。ただし、そうするためには家に引きこもるか、マスクを付けっぱなしにする必要があります。

昨今はマスクを付けっぱなしにすることに社会が寛容なので非常に助かっているのですが、時々鼻の穴にティッシュを詰めていることをうっかり忘れてマスクを外してしまうという悲劇が起きることもあります。

私の場合、それを逆手に取って「一発芸」と言って皆の前でマスクを一瞬外して見せ、笑いを取ったりしているのですがw

さて、前回記事に対するコメントを見て思ったのは、本当に日本人は「いい人」でいたい人が多いのだなあということです。日本人が「いい人」でいようとしたがるのは、自らが汚れることを忌み嫌う日本人の潔癖さも大きく作用しているのでしょう。

対する韓国人は、不潔に対して極めて鈍感と言うか、寛容です。と言うよりも下半身に関すること、中でも排泄物に対する執着は、甚だしいものがあります。そういう生き物と対峙するならば、大なり小なりこちらも汚れることを覚悟する必要があるのは、当たり前のことだと思っています。

弊ブログでは、いつも当たり前のことを書いているつもりです。観察対象がアレですから、素っ頓狂な内容になりがちということは否定しませんが、意識して奇を衒っているつもりはありません。

前回の記事についても同様です。前回記事で私は、これまでにこのブログで述べてきたことを覆すようなことを一切書いていません。私は在特会を消極的ではありますが支持しており、それはこのブログに在特会のバナーを常設することで明らかにしております。

そもそも弊ブログは、年寄りの繰り言の如く、同じようなことを何度も繰り返し述べております。前回記事についても、2007年11月19日付の記事で、非常によく似た内容のことを書いています。

ですからコメントで「こりゃ、初めてだ。 月見櫓で、共感を覚えないのは」と言われて、私の方が驚きました。驚いたのは、共感を覚えていただけなかったからではありません。以前にも似たようなことを書いているのに、「こりゃ、初めてだ」と言われたからです。

「こりゃ、初めてだ」と言うのが、「一昨日(あるいは先週、または先月、さもなくば去年でも良いのですが)以来、初めてだ」と言うならばまだしも、何の断りもなく「こりゃ、初めてだ」と言われれば、「ブログ月見櫓開設以来初めて」と受け取ってしまうのが自然でしょう。

私の記事に共感を覚えていただけないのは、残念ではありますが仕方のないことだと思います。人にはそれぞれ考え方があり、それに基づいた行動があります。私の考えと相容れないという方がいるのは、当たり前のことです。

また「いい人でいたい」「他人からいい人と思われたい」という気持ちもよくわかります。怒声や罵声を耳にすれば、それがまるで自分に向けられたもののような気がして、嫌悪感や不快感を催す気持ちも、非常によくわかります。汚い言葉を使わなくても、嫌韓を周知することは出来るはずだという主張も、否定しません。

ですが、何事にもTPOというものがあります。

ブログ月見櫓では、比較的汚い言葉を用いず韓国に関する考察を行ない、韓国についての情報の共有に努めております。それが良いと仰ってくださる方も、そこそこおられます。では嫌韓デモで、ブログ月見櫓の記事を朗読すれば、どの程度の人に私の考えが伝わるでしょうか。

デモなどのシュプレヒコールは数秒、せいぜい数十秒のうちに主張を込める必要があります。いきおい、簡潔で刺激的な言葉を用いることになります。そもそもデモ自体が、さほどの時間を持っておりません。詳しいことは知りませんが、正式に届け出たデモに許可される時間は、せいぜい2時間程度でしょう。

その短い時間内に、伝えたいエッセンスだけを瞬間的に表現するには、刺激的で攻撃的な言葉を使ってしまうのも無理はありません。立場の左右を問わず、デモとはそういうものです。

デモという戦い方があり、それで一定の効果をあげている以上、それが自分の意に染まぬとしても、矢面に立って自らが汚れ傷つくことも厭わず戦っている人を後ろから撃つような真似だけはするまいということは、「こちら側」に立っている人なら誰にでも理解出来る「当たり前」のことだと私は考えています。前回記事で言っていることはそういうことであり、それが理解出来ないということは、その人は「こちら側」ではない人としか考えようがないのです。

こちらでもあちらでも、どちらに立とうとそれはその人の自由であり、私はそのことに干渉するつもりは全くありません。ただし、その人が「こちら側」を名乗りつつ、「あちら側」に利するようなことを言い、しかもそれを「こちら側」に強いようとするならば、話は別です。

その人は「「あちら側」に利するつもりなど全くない。むしろ「こちら側」の尊厳を守る為に言ってるのだ」と言うかも知れません。それは本心かも知れません。ですが韓国人という生き物はそこに付け入り、それを踏み台にしてこちら側を攻撃してくるのだということを、私はこれまでに幾度も述べているはずです。

それでも尚、「たとえ韓国人に付け入られ、踏み台にされても良いから、自分は自分の尊厳を守る為に、韓国人に対しても徹頭徹尾日本人の美徳を貫き通す」と言うならば、それはそれで、その人の信念として評価しても良いでしょう。

しかし、「だからおまいらもそうしろ」とか、「そうしないと日本はホロン部!」と言われても聞けません。「あちら側」の人たちに「ヘイトスピーチ!!」と言われ蔑まれることよりも、韓国人に付け込まれ利用されることの方が、汚されたり傷つけられる度合いは激しく大きいのですから。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓