fc2ブログ
管理画面

韓国は不要

日韓関係が冷え込むようになってずいぶんになります。李明博前大統領退任直前から朴槿惠大統領就任前にかけてですから、もうかれこれ二年近くになりますでしょうか。それと歩調を合わせるが如くに、日本は普通の国へと順調に邁進しております。

翻って韓国はと言えば、今年の頭ぐらいまでは現実から目を逸らして、日本など無くてもケンチャナヨと吹いていたようですが、それもそろそろ限界に達しつつあるようです。

以前から繰り返し申し上げていることですが、日本という国は韓国にとって複合意識を強く刺激される存在のようです。日本を憎むと同時に灼けつくような憧れを抱き、見下すと同時に見習わねばならず、いなくなれば良いのにと願いつつ、その存在に依存せざるを得ないのです。

その複合意識を合理化するために、彼らは日本に向けてのみならず、自分自身に向けても嘘をつきます。

これまで日本は、韓国の嘘に騙されたり、あるいはそれが嘘とわかっていても絆されたりしてきました。それが日韓友好のためだと信じていたのでしょう。

この「日韓友好」がクセモノで、今でも日韓の間柄が悪いよりは良い方が良いんじゃないの?と思っている日本人はきっと多いと思います。日本が誠意を尽くせば、いくら韓国が反日だと言っても、いつかはわかってくれるようになるんじゃないの?と思っている日本人も、絶対に多いと思います。

しかし、韓国を知る者ならば、それが絶対に叶わぬ願いということを知っています。何故なら、彼らは日本が自分たちに誠意を尽くすことを、当然だと思っているからです。

彼らの考えでは、韓国人は世界一優秀で尊敬されるべき存在です。と韓国人に言えば、シニカルに笑ってそれを否定する韓国人は珍しくありませんが、そう言う当人が、自分は世界一優秀で尊敬されるべきだと思っていたりします。

日本は、韓国人から見れば卑怯で矮小で狭量に見えます。日本人が世界で評価されるのも、もとはと言えば韓国人が文化を教えてやったおかげと韓国人は考えています。もしウリが日本に文化を伝えてやらなければ、日本人は今でも未開の蛮族だと、韓国人はかなり本気で思っています。

それなのに日本人は、「自画自賛症候群」に陥り自惚れ、韓国に感謝しようとさえしません。そう言えばかつての日本の蛮行についても、日本人はちっとも謝りません。それどころか、もう何度も謝ったとか、酷い場合は謝るようなことは何一つしていないと居直る日本人までいます。

そういう日本人に身の程を知らせ、常に永遠に韓国人を崇め奉るようにするのが韓国人にとって疑う余地のない絶対の正義なのです。

ですから、日本が韓国のわがままや無理難題を聞くのは当然です。それどころか、日本側は韓国側がわがままや無理難題を言い出すより前に察して行動するべきだと思っていても、不思議はありません。

そういう彼らが、どれほど日本から好意や誠意を受けても、それを感謝したり評価したりなどするでしょうか。

彼らにどんなに好意や誠意を尽くしたとしても、それは底無し沼に投げ棄てているのと同じことです。いや、まだ底無し沼に投げ棄てる方がマシかも知れません。底無し沼に好意や誠意を投げ棄てるのをやめても文句を言うことはありませんが、日本からの好意や誠意がなくなれば、韓国は轟くばかりに不平不満を鳴らすのですから。

そんな相手と、「良い関係」など最初から築けるはずがありません。むしろそんな相手とは、出来るだけ疎遠な関係である方が、少なくともこちらの精神衛生上は良いとさえ言えます。

ですので、日本側としては日韓関係が悪化することによる損害は目立ってありませんし、良い影響さえ感じられるほどですが、韓国側には深刻な悪影響があります。

ここにきて、ようやく韓国も日韓関係の悪化による深刻なダメージを実感し、認めざるを得なくなってきたようですが、それでもまだ彼らは「日本にとって韓国は必要不可欠な存在ではない」ということを認めようとはしません。

ですから彼らは、いまだに「日韓関係の改善が日韓両国の利益になる」と言いますし、そう信じています

彼らが抱くその幻想を実現してやる義理は、かつての日本にはもしかするとあったのかもしれませんが、現在の日本にはもうありません。

そろそろ日本は、韓国に向けてはっきりと「日本にとって韓国は、不要であり無用であり無駄で邪魔な存在である」というメッセージを発信してやる方が、彼らの勘違いを修正するまでは出来ずとも、日本に対する彼らのおためごかしに振り回されずに済むようになるのではないかと考える次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓