fc2ブログ
管理画面

韓国が現状を打破するには

現在、日韓関係は冷却を通り越して凍結に近い状態になっています。そのことで日本側は特に痛みを感じてはいませんが、韓国側の痛みは強まる一方です。しかし、日韓ともに現状打破の鍵は全く見つかっていません。

日本側は、別にそれで構いません。日本の現政権の最大目標は「日本を取り戻す」であって、「日韓関係の改善」でもなければ「韓国救済」でもないからです。日本の(色んな意味での)復活が最優先事項です。

日韓関係の改善や活性化が「日本復活」に大きく寄与するのであれば話は別ですが、現実問題として日韓関係が改善されたり活性化すれば、日本の足かせになることはあっても、「日本復活」には全く寄与しません。日韓関係の停滞は、多くの日本人にそれを実感させることになりました。

つまり、日本人にとって韓国は不要ということが日韓関係の悪化によって、自明のこととなった形です。

対する韓国は、当然日韓関係の改善を強く望んでいます、と思いきや、実は韓国民はそうでもないようですw 中央日報によると外交問題専門家の多くは日韓関係の悪化を強く懸念しているようですが、韓国の一般市民はほとんどが日韓関係の改善に否定的あるいは消極的だといいます。

尤もそれは別に驚くべきことではありません。日韓関係が今よりずっと良好と言われていた時でも、韓国でアンケートを取れば、日本は「最も嫌いな国」「最も警戒するべき国」の概ねトップ、どんなに悪くてもベストスリーより陥落したことはないでしょう。

現在の局面でも、実は韓国国民はかつてと状況が変わっているとは思っていないか、思ってはいても深刻には考えていないということがわかります。

つまり、今も昔も韓国側は何も変わっていません。変わったのは、明らかに日本人側の認識なのです。

数年前までなら、韓国人がどんなに日本を憎もうが貶そうが、日本人はのほほんと韓国に好意を持っていましたし、韓国人にとっては、それが当然でした。日韓間のいざこざも、韓国が駄々を捏ねれば、日本は必ず譲歩していました。韓国が拗ねれば、日本はいつもご機嫌取りをしていました。

今回がこれまでと異なるのは、日本側の譲歩やご機嫌取りがパタリとなくなった、ただそれだけのことなのです。

当初は、外交関係の専門家もさほどそれを重大視してはいなかったのでしょう。しかし、日韓関係の停滞が長引くにつれ、韓国では現実的な支障が出始めているようです。

韓国の一般市民ならば気付く由もないでしょうし、仮に気付いても、それが自分の身に降りかからなければケンチャナヨで済ませるでしょう。実際、韓国の掲示板翻訳ブログで、そういう主張を見掛けたことがあります。

ですが外交問題の専門家ともなれば、現実逃避にも限界があります。韓国言論ももちろん、日韓関係の悪化が韓国に及ぼす悪影響を実感として知っています。そのためか最近のウリナラチラシは、左右を問わず何処も必死で日韓関係改善キャンペーン実施中です。

と言っても、その中身は相変わらずです。学識や教養、地位や権力の有無に関わらず、彼らは根本的な勘違いから抜け出せません。即ち、「野蛮で未開なチョッパリをウリが教育し直してくれる」という意識です。

以前から言っていることですが、私は日韓の発展的関係解消を望む者です。ですが、もし日韓関係の改善を韓国が本気で望むのであれば、どうすれば良いかを考えることはあります。それが行なわれるようなことがあれば、日韓関係が継続されてしまうからです。

まず、かつてのように日本側が韓国側に過ぎるほど譲歩や配慮をすれば、日韓関係はたちまち改善されるでしょう。ですが幸いなことに、今のところ日本側については、それほど心配しなくても良さそうです。少なくとも、安倍政権の間は。

では韓国側が何らかの対処をすればどうでしょうか。おそらく、日本にとっては致命的なほどに効果的でしょう。かねてより「対話のドアは常にオープンにしている」と言っている以上、日本側は韓国側が譲歩するようなことがあれば、それに応じないわけにはいきません。

そこで韓国側に譲歩が可能かどうかを考えてみます。

実は水面下と言うか舞台裏では、今も昔も韓国側は結構日本側に土下座しまくっているのではないかと私は思っています。ですがそれは絶対に表には出せません。土下座されまくっている日本側の関係者も、決して表には出さないでしょう。もしそれが公になれば、土下座した韓国人は全てを失いかねないからです。

反日や侮日は、ほぼ全ての韓国人が共有する意識です。それに背けば、韓国では生きていくことが出来ません。日韓基本条約でさえ、韓国では「日本に譲歩してやった」と考えられているのです。反日や侮日の意識が存在する限り、韓国人は絶対に日本に譲歩出来ません。

ではもしその意識が抑制されるようになればどうでしょうか。少し前に韓国で「用日論」というのが出ました。日本を便利使いしようという主張です。そのためには、多少韓国人の(反日・侮日といった)共有意識に背くようなことでも、「用日」のためだと思って目をつぶるべき、と言うのです。

もし本当に韓国人にそれが出来れば、日本にとっては強烈な脅威になります。日本は、韓国が少しでも姿勢を低めれば、たとえそれが見せかけだけであっても、それに応じなければならなくなるからです。

ですが実際問題として、用日という口実を掲げたとしても、隠れてこっそりではなく、おおっぴらに日本に頭を下げることが、俄に韓国で認められるようになるとは思えません。実際、用日論は結果的に空論となるしかありませんでした。

韓国で用日論が受け容れられるようになるには、韓国人全体の意識改革が必要になるでしょう。韓国人全体の意識改革を行なうには、何よりもまず韓国人が韓国の歪みを直視しなければなりません。

韓国では、あらゆるものが歪んでいます。対日感情も然り、歴史観も然り、道徳観も然り、路面も建物も然りです。歪みの上に成り立っているのが韓国と言っても過言ではありません。

これを修正するのは、容易ではないどころか、既に不可能と断言しても良いぐらいです。もし本気で修正するならば、韓国の全てを白紙に戻さなければなりません。現実問題としてそんなことは、韓国全土を焼き払いでもしなければ不可能です。

しかしその歪みを白紙に戻すことは不可能でも、歪みそのものを直視し、歪みを歪みと認識することなら、今からでも十分可能です。過ぎてしまった時間は戻ってきませんし、起きてしまったことは消せません。ならば今ある状態を正しく認識した上で、歪みを少しでも緩和するよう対策していくことが、最も建設的な対応になるでしょう。

ところが韓国では、歪みを直視するということがありません。歪みを放置したままその上に積み重ねていきます。仮に積み重ねたものが歪んでいなくても、土台が歪んでいるので、事態や時間が進むにつれ、歪みは増幅されていきます。韓国は建国してから70年間、歪みの上に歪みを重ねてきました。それが今、限界に達しつつあるのです。

歪みに軋む韓国に危機感を抱いている韓国人はそれなりにいるようですが、歪みそのものを直視しようとする韓国人はほとんどいません。このまま放置すれば、韓国名物自然崩落が国家規模で起きる期待も、十分に持てます。

日韓関係の改善は、韓国にとってはそれを少しでも遅らせる特効薬になるでしょう。しかしその特効薬も、最早タダではありません。

今からでも韓国が自らの歪みを真摯に見つめ、それに正しく対応することが出来れば、一時的な混乱はあっても、長期的には韓国にとって良い効果が期待出来るでしょう。しかしそれが出来れば韓国人じゃないとも思う今日この頃ではあります。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓