fc2ブログ
管理画面

韓国人を見たら、韓国人と思え

日本人の韓国理解は、一昔前と較べると格段に進みました。その結果、日本では嫌韓が飛躍的に増大しております。韓国人や日本国内の親韓勢力は、その理由を日本人の差別意識ということにしたいようですが、言うまでもなくそんなことが理由ではありません。

日本に対する理由無き侮蔑意識や不当な非難と中傷、日本人には到底理解し難い非人間性や二重規範、実際に関わった場合に被る現実的な迷惑や損害、不潔に対する度を超えた無頓着等、いったいどれだけカードを切れば気が済むのかと言いたくなるほど、日本人が不快を催すカードを切り続けてきたのは、他でもない韓国人自身です。嫌われるための条件をこんなに揃えられたら、何とも思ってない人でも嫌いにならずにいるのは難しいでしょう。

日本では戦後長い間、韓国に対する無関心が続いていました。実際、日本にとっての韓国は、全く注目に値する国ではありませんでした。韓国がそれに不満を感じなければ、日本はずっと韓国を誤解し続けていたでしょう。その方が、韓国にとっては都合が良かったかもしれません。

しかし韓国人にとって「無視」は侮蔑に勝る屈辱です。しかも韓国人にとっての日本は、肉を食らい血を啜っても晴らせぬ怨みを持つ相手であると同時に、叶うことなら皮膚ごと溶け合って一体化したいと願うほどの羨望と憧憬の的でもあります。日本を憎いと思えば思うほど目が離せず、日本を見つめれば見つめるほど執着が募り、日本人に振り向いてもらえなければもらえないほど、韓国人の日本人に対する憎しみは強まるという循環になっているのでしょう。

ですから韓国人としては、何が何でも日本(人)を振り向かせたかったのです。そのために仕掛けたのが、国をあげての韓流捏風だったわけですが、これは見事に図に当たりました。少なくとも一時は。

韓流捏風が盛んだった頃の韓国言論は、日本人が韓国の芸能人に熱狂している、いや日本人が韓国に屈服している、つまり日本は韓国に征服されたのだと、浮かれ調子で書き立てていたものです。

しかしそれも今となっては昔の物語です。

韓国では、ひとつ当たれば我も我もとこぞって同じようなものばかり出します。それでも後発のものに多少なりとも進歩や変化の兆しが見えるならばまだしも、後から出るものほど以前のものより質が劣っていくのですから、大なり小なりオタク気質を持つ日本人にとって韓国芸能は、年季が進めば進むほど物足りなくなっていったことでしょう。

結果として、無知故に韓国に好意的であった日本人韓流ファンは水の泡の如く消えてゆき、残ったのは韓国に対して知的好奇心を抱いた日本人ばかりでした。

韓国が見せたいと思う韓国ではなく、韓国が無意識的に見せようとしない素の韓国を知りたいと思う人に、韓国はなかなか興味深い観察対象でした。美しく拵えられた舞台の書き割りの裏側を覗くような、表舞台とのギャップを知ることの出来る、少し悪趣味な楽しさが韓国ウォッチにはありました。その、少々悪趣味な知的好奇心が今日の嫌韓書籍の好調を支えているのでしょう。

それは良いことだと思います。弊ブログでも、韓国に対する知識を備えることは日本人に必要なことだとずっと主張し続けてきましたから。

しかし同時に懸念することもあります。それは、ネットや書籍で韓国(人)を知った人は、知識としての韓国人のイメージばかりが肥大してしまうのではないかということです。その結果、無意識のうちに現実の韓国人をモンスターのような異形の存在としてイメージしてしまう人が案外いるのではないでしょうか。

知識としての韓国人のイメージと実際の韓国人のイメージが同じであれば、何も問題はありません。韓国人が、見るからにおどろおどろしい外見をしていれば、それが警戒すべき生き物ということは子供にでもわかるでしょう。そこまでわかりやすくなくても、せめて韓国人の額に「韓」の字が刻まれてでもいれば、随分誤解が減るに違いありません。

しかし残念なことに、私たちの目の前に現れる韓国人は、極めて私たちに似ています。しかも下手をすれば、日本人のふりをして、私たちの目の前に現れることもあります。穏和で清潔で誠実で、私たち日本人と全く変わらないように見える韓国人も、実は結構いるのです。

特に日本人と接する機会が多い韓国人ならば、上っ面はちゃんと整えてあるものです。そういう韓国人は、ちょっとぐらい話しても馬脚を現さないどころか、「これが伝説の稀少種か!」と早とちりしてもおかしくないぐらい話す内容も巧みであることが珍しくありません。

しかもそういう韓国人は大抵の場合、知人の知人として現れます。ぱっと見日本人と変わらないように見える韓国人が、知人の知人として目の前に現れてもなお、自分の持つ韓国人に対するイメージを崩さず、それに従って接することが出来る日本人は、それほど多くないのではないでしょうか。

ですがどんなに整えられた上っ面だろうと、一見日本人と変わらぬように見えようと、それは99.9%以上の確率で普通の韓国人です。どんなに素晴らしいと思える韓国人に遭遇しようとも、その韓国人はその韓国人に会う前に私たちがイメージしていたモンスターのような韓国人の一人と思って、ほぼ間違いありません。それを、私たちは肝に銘じる必要があります。

あまり現実の韓国人と接する機会がないまま韓国ウォッチをしている人は、もし韓国人に出会ったら、「韓国人を見たら韓国人と思え」という言葉を思い出していただければと思う次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓