fc2ブログ
管理画面

日韓「自虐」比較

戦後日本における歴史観をしばしば自虐史観などというように、日本人には自虐癖があるとは、よく言われます。対する現在の韓国人は、一見尊大で傲慢で自信家です。が、時に彼らが甚だしい自虐を見せることは確かにあります。

この日韓両国の自虐について、ご質問のコメントをいただきました。当該コメントには複数のご質問が含まれていますが、ひとつの記事で全てのご質問にお答えするとかなり長くなりそうなので、今回はまず最初のお題、「日本と韓国の自虐は同質なのか」について述べようと思います。それがクリアになれば、付随するいくつかの質問の答えも、自ずから出てくるでしょう。

正直なところ、私は今回ご質問を頂戴するまでに日韓の自虐についての比較考察をしたことはありませんでした。

何故なら日韓チャットでも韓国人が自虐的な発言をすることはよくありましたが、それは必ず薄っぺらで上っ面だけのことだったからです。彼らの自虐を真に受けて真面目に応答しても、それによって何らかの結果や結論を導き出されるということは、まずありません。

彼らは自虐してみせることによって共感や同情を求めているだけで、その内容に対する分析や批判は当然として、意見すら全く求めていませんでした。ですから彼らが自虐的なことを言ったとしても、私たちはまともに相手をしなかったのです。

さて今日の日本人の自虐癖には、確かにしばしば腹立たしい思いをします。ですが、その自虐癖は元々日本人にあったものでしょうか。むしろ本来の日本人は、本当の意味での自尊心を持った人々だったのではないでしょうか。

それは例えば、武士道精神に現れています。と言えば、かつての日本における武士階級は、全人口の一割程度であったと言われるかもしれません。

ですが、残る九割のうちの大半を占める農民層の人々にも、武士道的な感覚を善とし美とする意識があったことは、幕末の新撰組が証明しています。

かつての日本人の誇りや自尊心が、武士階級に限られたことではないことは、何というタイトルの本だったのか失念してしまいましたが、韓国人が書いた日本についての本に載っていたあるエピソードにも現れています。

骨董屋で、目に留まった古茶碗を買おうと思った武士が、店の者にその値段を尋ねました。
店の者が答えた価格は、武士が思ったよりもずっと高価でした。そこで武士が言います。
 「お前はこの茶碗の値段がわかっておらぬ。主を出せ」と。
応対した店の者がそれに答えて言います。
 「手前がこの店の主でございます」
しかし武士は納得しません。
 「嘘を言うな。お前が店の主ならば、この茶碗の正しい値段がわかるはずだ」
すると、店の者はやにわにその古茶碗を手に取り、地面に叩きつけました。古茶碗は粉々に砕け散りました。
驚く武士に向かい、店の者は平然として言いました。
 「ご覧くださいまし、確かに手前が当店の主でございます」と。

このエピソードが事実に基づいたものかどうかは、わかりません。ですがこのエピソードが創作であったとしても、謂われのない侮辱を受ければ、たとえ自分が傷つくことがあってもそれを雪ごうとする自尊心が、身分に関わらず日本人には普遍的にあったということに、私はさほど違和感を覚えません。

それが損なわれたのは、第二次世界大戦における敗戦のショックに、日本人が従来備えていた謙遜の美徳が変な形で作用したためではないでしょうか。加えてWGIPの効果も、当然にあったでしょう。

対する韓国人ですが、彼らが現在のように尊大で傲慢な自信家なのは、昔からでしょうか。

周知の通りかつての朝鮮にも身分制度があり、両班と呼ばれる貴族階級がその筆頭でした。日本と大きく異なるのは、その下の身分の人々が、およそ人間扱いされておらず、従って誇りや自信を持てるような生活をしていなかったことでしょう。

即ち、かつての朝鮮において、尊大で傲慢で自信家になり得たのは、両班だけだったのではないでしょうか。それ以外の人々は、獣か、せいぜい家畜程度にしか思われていなかったでしょうし、当人たちも誇りや自尊心などという概念自体、持ち得なかったでしょう。

その尊大で傲慢で自信家になり得た両班にしても、自分より上位の者に誇りや自尊心を示すなど論外でした。

日本はかなり早くに華夷秩序を離脱しましたが、朝鮮は近代までそれにどっぷり浸かっていました。ですから朝鮮では最上位の朝鮮王ですら、宗主国の皇帝に対しては惨めなほど徹底的に遜るのが当然でした。

現在の韓国人の尊大と傲慢と自信は、彼らのそういう歴史の反動でしょう。そうすることで、彼らは歴史における自民族の惨めさを多少なりとも払拭しようと思っているのかもしれません。

ですが自らの誇りを守るためには、前述の骨董屋のエピソードのように、時に多大な代償を必要とすることがあります。付け焼き刃でしかない自尊心の韓国人には、その代償を払う覚悟があるようには見えません。

事実、誇りを守るための代償を求められると、彼らは突然へたれます。これが彼らの「自虐のようなもの」ではないでしょうか。

日本人の場合、自虐と言ってもいつまでもただ凹んでいるばかりではありません。自分が悪かったとしても、何がどのように悪かったのか、どうすれば良かったのかを検証し、考察し、今後の教訓にしようとします。

韓国人は、自虐と言えばこれ見よがしに落ち込んだり泣き喚いたり、時には反省や謝罪の言葉を口にしたりはします。ですが喉元過ぎればけろりと忘れますし、検証や考察をするにしても、自虐と言いながら、いつの間にか他人のせいにしています(この辺りは、「良心的日本人」と同様ですねw)。

つまり「良心的日本人」と呼ばれる人々を除けば、日本人の自虐は謙遜と反省に由来するものと言えるでしょう。対する韓国人の自虐は、朝鮮的な礼儀作法や条件反射の結果と言えるかもしれません。

同じ漢字熟語を使っていても、日本と韓国では微妙に意味が異なるということがよくあります。「自虐」という単語も、そのひとつと考えて良いのではないかと思う次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓