fc2ブログ
管理画面

同じ過ちを繰り返さないためには

書籍化についてたくさんのご意見を頂戴しております。優しいご意見も厳しいご意見も、全てありがたく拝見しております。コミケで販売してみてはどうかというご意見も大変参考になりました。ただ、コミケは場所も時期も少々厳しいというのが正直なところです。

とりあえずは引き続き出版関係者の方からのオファーを期待しつつ、その他の方途も模索してみたいと思います。なお、ご連絡は弊ブログコメント欄(どの記事にコメントしていただいても構いません。管理者への秘密コメントも可です)もしくはEメール、あるいは月見チャットでお願いします。申し訳ございませんがツイッター、フェイスブック等のアカウントは持っておりません。あしからずご了承ください。

ところで、厳しいご意見の中に、「文章が分かりにくい」「難しい語を使っている割に、適切な言葉使いが出来ていない為に、何を言っているか分らない時が多いです」というものがありました。

個人的には、私の筆力の範囲内で極力わかりやすく書いているつもりです。ただ、あえて文中に若干の「意地悪」を施していることが、実はあります。

ひとつは、「揚げ足」です。読む際、記事内容についての疑問を持っていただくために、取りやすいと思われる「揚げ足」を記事中に潜ませていることが時々あります。そうすることで、記事内容についての議論を活発にしたいからです。

もうひとつは翻訳対策ですw 弊ブログは、韓国からのアクセスがそれなりにあります。アクセス解析をすると、あからさまに翻訳サイトを通して閲覧している痕跡も、多々あります。

弊ブログの記事には、日本人向けの韓国人対策をテーマにしたものがあります。それをそのまま本国韓国人に読ませることは、彼らに対抗策のヒントを与えることになります。それが業腹なので、文中に機械翻訳を通すと誤訳や翻訳不全になりやすい表現や語彙を意図的に用いることがあります。それらは一般的な日本語会話においても、あまり使用されない表現や語彙であることが多いために、「分かりにくい」「難しい」という印象を持たれる方がいらっしゃるかもしれません。

ですがこれらの「意地悪」を排除することは、上記の理由から、少なくとも弊ブログがネットで閲覧出来る間は考えておりません。申し訳ございませんが、これが弊ブログのスタイルとご理解戴ければ幸いです。

それとは別に、弊ブログではしばしば文中にネットスラングが混じることがあります。それが理由で「文章が分かりにくい」と感じられる方がいらっしゃるかもしれません。

ネットであれリアルであれ、スラングを多用するのはあまり品の良いことではありませんし、そのスラングの意味を知らない人が読めば意味不明な表現になるのは当然で、その点についてのお叱りは甘んじてお受けいたします。ただ、文章のリズムと言うか、書いてる時のノリでネットスラングを使いたくなることはしばしばありますので、多分今後も使ってしまうことはあると思います。それが理由で文章の意味が分からないと感じられる場合がございましたら、ブログのコメントでも月見チャットででもご遠慮なくご質問ください。可及的速やかにお答えする所存です。

と言うわけで枕が長くなりましたが、本題に入りたいと思います。

昨日4日、韓国・仁川で行なわれていたアジア競技大会が閉会しました。例によって不正と不手際と不具合のオンパレードだったようで、それについて苦言を呈している韓国言論もないわけではないようですが、所詮それもポーズというか上っ面だけのことです。

2002年の日韓共催ワールドカップの時も、2012年のロンドンオリンピックの時も、2014年のソチオリンピックの時もそうでしたが、韓国人は自らの不正や失態を全て正当化するか、他人(他国)のせいにするか、さもなければ不正や失態などなかったことにするでしょう。

アジア限定の競技大会でさえこの体たらくですから、韓国の平昌で開催が予定されている2018年冬季オリンピックがどうなるかは火を見るより明らかですが、それ以前に平昌オリンピックに関しては設備工事が甚だしく遅れており、開催そのものが危ぶまれています。

もっともオリンピック開催が決まっているのに、設備工事が遅れることは韓国に限った話ではありませんし、仮に工事の一部が間に合わなくとも、上っ面を取り繕うのは韓国のお家芸でもあります。

2010年に開催されたF1韓国グランプリでの霊岩サーキット造設工事の間に合わなさっぷりも相当なものでしたが、不備不具合不手際てんこ盛りでも開催したのですから、平昌も韓国が自主的に開催を返上しない限り、どんなに不細工な状態であっても開催することはするでしょう。

それにつけても、これだけ幾度も国際的なイベントを誘致し、実施していながら、韓国人の考え方と行動に全く進歩が見られないのには、呆れるを通り越して感心してしまいます。

その理由は、彼らが反省しないとか、自分の失敗を失敗として認識しようとしないとか、自分に都合の悪いことは積極的に忘れようとするとか、そもそも恥を知らないとかいうことも、大いにあるでしょう。それに加えて、やはり彼らは「シャンパンを開けたがる」のだなあということを、今回のアジア大会の流れを見てしみじみと感じました。

彼らにとって重要なのは、国際的なイベントという「シャンパン」を開けることだけであって、そのための準備や開けるタイミング、シャンパンを開けることの意味などは、ことごとくどうでも良いのです。ましてや、開けてしまった後がどうなろうと知ったことではありません。「シャンパンを開けた」時点で、彼らにとっては大成功なのです。ですから、彼らは一刻も早くシャンパンを開けようとするのです。

そんな彼らが、今回の経験を2018年の平昌冬季オリンピックに活かすということはほとんど期待出来ません。冬季オリンピックは、韓国がこれまでに開催した国際イベントよりも気象条件が深く関わってくるので、今回の仁川アジア競技大会以上の不正や不具合や不手際が乱発されるのは必至でしょう。

それ自体は所詮対岸の火事なのですが、問題はその2年後に、東京で夏季オリンピックが開催されることです。朝日新聞などは、東京オリンピックを開催する日本が韓国の平昌オリンピックに協力することは規定事項であるかの如き印象操作に勤しんでおりますが、それは韓国が開けるためのシャンパンを日本が用意するようなものです。実際、2002年の日韓共催ワールドカップは正にそういう形になりました。

日本が用意したシャンパンを韓国がドヤ顔で開けるだけでも業腹ですが、それが終わったら今度は日本のオリンピック開催を、韓国があの手この手で妨害しようとしたり邪魔したりするでしょう。これも嫌韓の杞憂ではなく、日本が東京オリンピックを誘致していた際に、韓国が実際に散々やらかしていたことです。

失敗を反省せず、従って失敗から教訓を得ることもないために何度でも同じ過ちを繰り返すのは、韓国と言うか朝鮮人の民族的習性です。私たち日本人は、失敗を反省することも出来ますし、そこから教訓を得て将来に活かすことも出来るはずです。にも関わらず、韓国が絡むと何度も同じ過ちを繰り返すのは何故なのでしょうか。

それがいわゆる「法則」なのかどうかは、私にもよくわかりません。しかし、「韓国が絡むと何度も同じ過ちを繰り返す」という事実を、私たち日本人はいい加減に自覚し、それを正しく教訓としなければならない時期ではないかと思う次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓