FC2ブログ
管理画面

韓国人は危険不感症

一昨日、ベーリング海で韓国漁船の沈没事故があり、韓国では薄れかけていたセウォル号事故の記憶を呼び覚まされたのか、結構大きく報じていました。

韓国では、安全対策というものが伝統的に大変軽んじられています。それはひとつには、彼らの民族的性格、即ち「ケンチャナヨ(大丈夫だよ)」「パリパリ(早く早く)」「ヒムドゥロヨ(しんどい)」精神が大いに関係していることが挙げられます。

「ケンチャナヨ(大丈夫だよ)」「パリパリ(早く早く)」は、これまでにも何度か説明してきましたし、韓国関連では非常に頻繁に出てくる言葉なので、弊ブログをご覧の方は既によくご存知のことでしょう。

「ヒムドゥロヨ(しんどい)」というのは、おそらく弊ブログでは初出です。この言葉は、日韓チャットで覚えたものではなく、室谷克実氏の呆韓論だったか悪韓論だったか失念しましたが、そのどちらかに載っていた言葉です。

それは確か、韓国に戻った在日韓国人が韓国で料理屋を開き、韓国人従業員に調理の下ごしらえや手順を守ることの大切さを徹底して教えるのですが、韓国人従業員はちょっと目を離すとすぐに、「ケンチャナヨ」「ヒムドゥロヨ」と言って手を抜くという話でした。

これは飲食店に限った話ではなく、韓国における全ての業種に共通することでしょう。目に見えない箇所を丁寧にすることを、彼らは非常に厭います。その結果、韓国ではあらゆる安全が蔑ろにされていると言っても過言ではありません。

例えば韓国の鉄道では、今年の7月にも列車の正面衝突事故という大きな事故が起きたように、安全な運行が確約されていると思ったら大きな間違いです。ソウルの地下鉄全駅にホームドアが導入されたから、韓国は安心・安全国家などとほざいた親韓日本人もいましたが、「ケンチャナヨ」「パリパリ」「ヒムドゥロヨ」精神でその「安心・安全」のためのはずのホームドアの運用を誤ったために起きた人身事故も、韓国では少なくないのです。

韓国で道を歩けば、路面が波打ってるのが誰の目にも明らかですし、酷い時は陥没して路面に穴が開いていることさえあります。道路がそうだということは、線路や滑走路もそうだと思って良いでしょう。垂直・水平が正しく出されていない建物も決して珍しくありません。そもそもそれをおかしいと思う韓国人が、極めて少数なのです。

そんな韓国ですから、セウォル号事故は起きるべくして起きた事故でした。もっと言えば、おそらく程度の差こそあれ、類似の事故は報道されていなかっただけでそれまでにも頻繁に起きていたのではないでしょうか。何故なら、セウォル号以後も韓国で「ケンチャナヨ」「パリパリ」「ヒムドゥロヨ」が原因と思われる事故が幾度も起きているのですから。

セウォル号事故が、不幸な偶然があり得ない確率で重なって起きた極めて稀な事故であるならば、その直後からあれほど何度も運輸関連で事故が起きるものではありません。今回の漁船沈没事故も、韓国言論自身が「韓国型事故」と言ってしまうぐらいなのです。

更に「ケンチャナヨ」「パリパリ」「ヒムドゥロヨ」に加えて、韓国人が習性的に危険に極めて鈍感ということもあります。とにかく彼らは危険予測が激甘なのです。自分の身に危険が降りかかるということを、実際に危険が降りかかるまで信じないと言えば、ニュアンスは伝わるでしょうか。

韓国人は我が身に実際に危険が降りかかってからは人一倍大騒ぎするのですが、その直前までは、明らかに危ない状況でも全く危険を感じないようなのです。それはセウォル号事故の際の乗客にも顕著でしたが、それ以前から、例えば延坪島砲撃事件の直後、日韓チャットの韓国人に北朝鮮による武力侵攻に備えるべきと忠告すると鼻で笑われたものですし、毎年毎年台風の進路を希望的観測で予測しては、律儀に痛い目に遭うのです

そう言えば故盧武鉉が大統領に当選するきっかけになったと言われる在韓米軍装甲車事故も、装甲車に轢かれるその瞬間まで、被害者には危機感が全くなかったのではないかと思われるような状況でした。

今回の韓国漁船沈没事故は、セウォル号と類似点が多いということで比較的大きく報じられ、やはりセウォル号事故同様、責任を負わせるための生贄探しが行なわれるでしょう。

しかしどれほど責任の所在を突きとめ、生贄を重罪に処したところで、韓国人に「ケンチャナヨ」「パリパリ」「ヒムドゥロヨ」精神がある限り、また彼らが危険不感症を抱え続ける限り、今後も同様の事故は普通に当たり前に起き続けるでしょう。

それを哀れとは思いますが、彼らが自ら治そうとしない限り治るものではありませんし、それを外国人がとやかく言うことでもありませんし、言っても聞く連中じゃありません。そんなことよりも、尻に火が着いて初めて大騒ぎを始めた彼らに縋りつかれるのだけは、くれぐれも御免被りたいものです。

そのためには、今度の選挙で韓国に厳しい政治家に多く当選してもらって、今よりも更に大きく日韓の距離を広げておかねばならないなと思った次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト

月見櫓 韓国 日韓