fc2ブログ
管理画面

今振り返って思う日韓チャットのメリット

ここ数年、韓国は「国柄」や「国家ブランド」とやらを高める活動を行なっており、その一環として、「韓国のイメージ」について他国人を対象にアンケートを取ったりすることがあります。

先日、その類の記事に「外国人から見た韓国のイメージ ITからK-POPに変化」とかいう見出しがありました。その見出しの「IT」を、「それ」の意味の「it」だと素で思い込んで、「へー、韓国のイメージってitからK-POPになったのかー。出世(?)したじゃん」と心から納得してしまった筆者です。

私は時々、自分で自分の記事を読み返すことがあります。たいていネタに困っている時で、今回もネタに困って過去記事を幾つか読んでいたのですが、言ってること自体は今とそんなに変わらないけれど、今よりずっと韓国に対して怒ってるなあと思いました。

もちろん、今はもう韓国に対して怒っていない、というわけではありません。ただ、昔と比べると怒っているにしても、親身でないと言うか、自分のことのように怒ってはいない印象があります。

それは、今は日韓チャットをやっていないからだと思います。

韓国の掲示板まとめブログなどを見ると、日韓チャットに常駐していた頃も今も、韓国人は全く変わっておりません。彼らの得意げな寝言や素っ頓狂な発言を見る都度、「日韓チャットだったらこんなことほざく韓国人は火達磨にしてやるのに」と、いつも思います。

たとえ罵詈雑言の応酬であっても、意思の疎通が成立していないコミュニケーションであっても、自分の行動や発言に相手が反応し、相手の行動や発言に自分が反応すれば、その相手とは何らかの関係が成立することになります。

自分が韓国人の言動の直撃を受ければ、その内容がどんなものであっても、それによって生じる思考や感情の当事者に成るわけです。ナマよりナマな韓国人の感情に、私自身の感情もかなりの割合で反応していたのでしょう。

今は違います。それが韓国の掲示板であろうと、韓国言論であろうと、そこに書かれた文言は私個人に向けて発せられたものではありませんし、それに対する私の意見をブログの記事として書いたとしても、それは韓国の掲示板に文章を上げた韓国人や、韓国言論の記者に向けて書いたものではありません。

言ってみれば、どこにどんな動物がいて、どう遭遇するのかもわからない密林の中を行くのと、どこにどんな動物がいるか明示されていて、観察するだけならほとんど不自由しないけど、接触は決してしないようにされている動物園を散策するのとの違いのようなものです。

そういう状況にある場合、遭遇する動物に対してどちらがより感情の起伏が激しくなるかと言えば、当然に前者でしょう。

ただそれも、かつて「どこにどんな動物がいて、どう遭遇するかもわからない密林の中」を歩んだ経験があるから比較が出来るわけで、そういう経験がない場合は、「自分のことのように怒っている」とか「他人事として怒っている」という違いは、全くわからないでしょう。

弊ブログには日韓チャットのログを記載しておりますし、弊ブログコメント欄や弊ブログ付随の月見チャットにも、極めて稀ではありますが韓国人や「朝鮮人のような真似」をする者が出没します。

それらを、対岸の火事よろしく眺めているだけの人と、それらと対話(のようなもの)を行なった人とであれば、それらに対する理解の差は顕著です。更にそういう経験がある人とない人では、その後の韓国人理解の進み方にも差があります。

ただ、全ての日本人がそういう経験を積むことは事実上不可能ですし、そういう経験をすることで逆に韓国人に取り込まれてしまう日本人が一定数出てくるという問題もあります。

その辺りのジレンマをどう解決するかについては、私も結論が出せませんが、ただ私の場合、日韓チャットの体験が一種の予防注射的なものになっていたということは言えるでしょう。

過去の記事で私が韓国人に対してやたら怒っているのは、予防注射を受けた結果、発熱するようなものです。発熱だけを見ればよろしくないものですし、中には重い副作用に悩まされたりする人も、多くはありませんが確実にいるわけです。

しかし予防注射によって発熱程度では済まない、生死に関わる重篤な病気を回避出来る確率が、重い副作用に悩まされる確率よりもずっと大きくなるわけで、私に限って言えば予防注射的な経験を得たことによって、日韓チャットほど濃厚ではないにせよ、ネット上の韓国(人)情報をかなり冷静に、行間や言葉の裏まで読むことが出来るようになったというメリットを得られたわけです。

結果論でしかありませんし、全ての人に同じように言えるわけではありませんが、私に限れば日韓チャットでの経験は、韓国人を観察するスキルを高めるのに、それなりに効能があったのだなあと、当時を振り返り改めて思った次第です。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓