fc2ブログ
管理画面

昨今の韓国による国際反日プロパガンダの規模拡大について

このところコメントで戴いたご質問にお答えする形での記事が続いておりますが、今回もですw 本当に、コメントでのネタ提供はまことにまことにありがたく思っております。

今回は「ここにきて韓国人が非常に増長を強めているとの事だったのですが、原因についてそのブログの筆者は「民族主義の暴発以外に複数の別の要因があると思われるが、まだはっきりとしない」(意訳)との事でしたが、fetia(記事主)さんからの視点で何か心当たりあるでしょうか?」というご質問を頂戴いたしました。

ご質問に対するお答えですが、結論から申し上げますと、「ここにきて韓国人が非常に増長を強めている」という認識すら私にはありませんでしたw

確かに、最近の韓国人が過去にない規模の国際反日プロパガンダを展開し始めているというのは、私も事実だと思います。ですが、これは彼らが乱発しまくった対日嫌がらせの中で、最も効果があったと彼らが感じたものに力を入れ始めた結果だと私は受け止めています。

彼らは、他人に嫌がらせをするが大好きです。他人に嫌がらせをすることで、自分はその他人よりも優位上位にあると確認出来るからです。これは、韓国人同士でも非常にしばしば行なわれます。時には、それが嫌がらせになるという自覚すらなく行なわれることすらあります。

何故ならそれは「嫌がらせ」が目的と言うよりは、「自分は他人よりも優位上位にある」ということを確認するための行為だからです。ですからそれは、時に「彼ら的好意」で行なわれることさえあります。

日韓チャットで、日本人と友達になりたいと思う韓国人が挨拶もそこそこに「日本の過去を反省して謝罪してください」と言っていたのが、まさにそれです。

韓国人的にそれは、「日本人と友達になりたい」「でも日本の過去の行ないは韓国人として絶対に許せない」「でも日本人が反省して謝罪するなら(≒自分を優位上位であると認めれば)、友達になってやっても構わない」「だから日本人に反省と謝罪を求める」「反省して謝罪した日本人となら、友達になっても大丈夫」という極めて自然な流れです。

しかし唐突に初対面の韓国人から「反省して謝罪しろ」と言われた日本人としては、全く理解出来ませんし、愉快ではありません。最初はただ驚くばかりですが、落ち着いて考えてみると何故そんなことを初対面の韓国人に言われなきゃならんのだと理不尽を覚える日本人がほとんどでしょう。

それも日帝統治を体験した韓国の老人に言われるなら、まだ理解の余地はあります。しかしそれを言ってるのは、自称「十代の幼い学生」であることがほとんどなのです。年嵩でもせいぜい三十代です。日帝統治どころか朝鮮戦争すら実体験として知らず、日本の恩恵をふんだんに享受した世代の韓国人に、「日本が過去にウリナラにしたことを反省して謝罪しろ」と言われるのは、普通の日本人なら納得出来るものではありません。

中には、「何のことかよくわかんないけど、相手が謝れっつーなら謝った方が穏便に済むだろう」と考えて安易に謝罪する日本人や、「そういや確かに日本にも悪かった点があった」と考える日本人もいないことはありませんが、一般的には少なくとも今の若い韓国人に、戦後生まれの日本人が謝るべき理由はありません。むしろ近年に関してであれば、日本人が韓国人に謝ってもらわなければならないことの方が多いほどです。

日本人には、韓国人のように「相手に謝らせることで対人関係の優劣や上下を決める」という習慣はありません。逆に済んだことをいつまでもネチネチと言うのは、対人関係を悪化させる原因になるという意識が強くあります。

ですので、たとえ日本人側が「日本人が韓国人に謝ってもらわなければならないことが多い」と考えたとしても、初対面で唐突に「あなたと友達になりたいので、日本に韓国がしたことを反省して謝罪してください」と言う日本人は、皆無と言っても良いでしょう。もしいたら、それは朝鮮人と思って良いくらいです。

ですから、日本人側から韓国人に向かって「反省して謝罪しろ」ということはまずありません。それが、韓国人に「やはり悪いのは日本人なのだな」と誤解させている懸念は、大いにあります。

話が逸れましたが、韓国人は「相手が嫌がることをすること」に、大変に熱心です。手を変え品を変え、どのようにすれば相手が嫌がるかを模索します。

数撃つ嫌がらせの中で、特に効果が高いと韓国人が思った行為があれば、そこから彼らはその行為ばかりを集中的に行ないます。昨今の韓国による国際反日プロパガンダの規模拡大も、その類例のひとつだと私は考えています。

即ち、韓国人的に「チョッパリは強い者にはへつらう生き物だから、ウリより強い国から叱られれば、チョッパリは言うことを聞くはずだ」と考えているのでしょう。その結果、彼らの対日嫌がらせが、国際反日プロパガンダの規模拡大という形で現れているのだと思います。

それは朴槿惠大統領の中国を始めとする諸外国に対する告げ口外交にも現れていますし、「いわゆる従軍慰安婦」が「オバマ大統領が安倍首相を正すべき」とほざいたのも同じです。今回問題視されているオランダのハーグ国際刑事裁判所の周辺に日本が桜を植えようとしたのに韓国が猛烈に反対しているのも、同工異曲でしょう。

これらの原因に、彼らの民族主義が作用している可能性は否定しません。しかし「彼らの民族主義」は、彼ら自身や親韓・擁韓の人々が言うほど強くも純粋でもありません。それよりも、彼らの「とにかく他者を貶め、相対的に自分を引き上げたい」という強烈な欲求の方が、これらの行動を起こす原因の中心になっていると、私は確信しております。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓