FC2ブログ
管理画面

私たちは何故韓国(朝鮮)人を警戒し嫌うのか

このところ私の家の周辺では、アキアカネが群れ飛んでいます。このトンボ、秋の訪れを告げる珍しくもないありふれたトンボと思っていたのですが、実は日本特産種で、しかも絶滅危惧種に分類されている地方もあるのだとか。そう言えば日本では絶滅したニッポニア・ニッポンことトキも、昔は空が暗くなるほど群れ飛んでいたと言います。

身の回りにいつでもあるのが当然で、あまりにもありふれていて珍しいとも貴重だとも思っていなかったものが、気づいたら失われているということは、案外よくあることです。

昨今、ドイツに押し寄せるシリア移民の話に便乗して、「日本も難民を受け入れろ」という主張をしばしば耳にします。一時的に避難してくる難民を、期間を定めて保護するだけならまだしも、移民を前提とした難民受け入れは、ネイティブで成立している国では大変危険です。

私は、移民を受け入れることでその国のネイティブが繁栄を享受したという例を知りません。アメリカやオーストラリア、ニュージーランド等、移民が成功したと言われている国では、ネイティブが徹底的に駆逐されたり、場合によっては大量に虐殺されています。

もし今後日本が難民を積極的に受け入れるようになれば、「日本にいるのは日本人に決まっている」という、極めて当たり前な今の状況も、いつか昔話になるかもしれません。事実、それを目論んでいる特定在日外国人も存在することですしw

さて、先だって「在日が問題視される理由」という記事を書いたのですが、これに対し「こういうの読むと…大久保で、とっても無邪気だった、韓国人のカフェのお姉さんの笑顔を思い出す。そして切なくなる。彼女のような人たちも、ひとくくりで毛嫌いする人とは、僕は人間関係築きたくないな。」というツイートを見ました。

私もこういう人と人間関係を築きたいとは全く思わないのでその点は別に良いのですが、日本人にはこんな風に「韓国人」のイメージを妙に美化する人が珍しくないので、改めて釘を刺しとこうかなと思います。

私は、一度だけですが、新大久保にある韓国人経営と思しき喫茶店と韓国バーに入ったことがあります。どちらも従業員は韓国人でしたが、そこで彼らから目に見える悪意を突き付けられたことはありません。

私とその韓国人たちとは、客と従業員の関係ですから、私が彼らに対してよほどの理不尽を働かない限り、彼らが私に露骨な悪意を突き付けるということはなかったでしょうし、私も相手が日本人だろうと韓国人だろうと、利用している店の従業員に向かって理不尽を働く趣味は持ち合わせていないので、至って平穏に過ごしたものです。

逆に私が務めていた店に韓国人観光客が道を尋ねに来たこともありましたが、日本語がわからない韓国人観光客に、私はネット上の翻訳サイトを使って(何しろ日韓チャットで使い慣れていましたからw)懇切丁寧に応対し、これも双方穏やかに和やかに、終始笑顔で接したものです。

リアルで、いきなり日本人に悪意を剥き出しにして挑んでくる韓国人など、それが目的の連中以外では、まず居ません。

しかしだからと言って、彼らの内面も同じではありません。韓国人は非常にしばしば日本人を「二面性がある」「顔で笑っていても、腹には刀を隠している」と非難しますが、韓国人の日本や日本人に対する批判や非難は、概ね彼らの自己紹介です。即ち彼らにも非常に甚だしい二面性があり、顔で笑っていても、腹に一物隠し持っているということは極めて多いのです。

それは現実の空間よりは仮想空間、即ちネットで浮き彫りになりました。

日韓チャットでは露骨に悪意を剥き出しにしてくる韓国人がゴロゴロいましたが、そういうのは大抵日韓チャットに慣れ切って、わざと日本人を怒らせて遊ぼうとしていた韓国人で、一見の韓国人なら確かに最初の内は「無邪気」と言っても差し支えないフレンドリーさを示す者も珍しくはありません。

しかしちょっと突付くと、彼らはたちまちその内面を露わにしますし、与しやすいと思った日本人に対しては、こちらから突付かなくても自主的に露骨に侮るのです。それも、悪意で侮ろうと思って侮るのではなく、まるでそれが当然のように侮るのです。

この辺りの具体例については、弊ブログ「日韓チャットログ」カテゴリ記事を参考にしていただければと存じます。

先にご紹介したツイートを発信した御仁は、おそらく弊ブログの過去記事をほとんどお読みではないのでしょう。

確かに、韓国人は人懐っこく無邪気に見える時があります。しかし彼らの本性は、猜疑心に富み、計算高く卑怯で嘘吐きです。それを自覚している韓国人であれば、多少は自らの性質を矯めようとするかもしれませんが、圧倒多数の韓国人は自らのそういう性質を自覚していません。どころか、彼らは自分自身でも率直で情が厚いと本気で思い込んでいるのです。

更にそれは、彼らの対日工作のひとつでもあります。日本人に「韓国人は裏表がなく無邪気で率直で情が厚い」と思わせることは、日本人の韓国人に対する警戒心を緩める効果があるのです。

私たちは、少なくとも私は、韓国人を故無く、知りもせず、韓国人を嫌っているわけではありません。逆に彼らの内面の葛藤と言うか混乱については、並の日本人よりも理解している自負があります。韓国人の知り合いも、いないわけではありません。

「韓国人」や「韓国」を論う時、知り合いの韓国人が脳裏をよぎらぬことはありませんが、だからと言って私の知る韓国人が「韓国人」全般や「韓国」を変えることはあり得ませんし、それを彼らに期待することは、彼らに死ねと言うよりも酷なことでもあるということは、彼らの内面を知るが故に十分理解しております。

全ての日本人が、少なくとも私程度に「韓国」や「韓国人」を理解した上で日韓交流の途を模索すると言うならばまだ議論の余地がないこともありませんが、それを全ての日本人に求めることもまた、日本人にとっては死ぬほどではないにしても、かなりしんどい話になりますし、全ての日本人がもし私程度に「韓国」や「韓国人」を理解すれば、日韓交流の途を模索するよりも、発展的解消を目指す方が建設的と理解してしまうでしょう。

ならば最初から双方が嫌い合って距離を置く方が平和で現実的ですし、双方の精神衛生的にもすこぶる良いのです。

日本人は「他人を故なく嫌ってはいけない」と考えます。その裏返しとして、「知らない人」には好意的になりがちです。それを韓国人は悪用するのです。だから私たちは韓国人を警戒し、嫌うのです。

韓国人を警戒し嫌うことを批判したり非難する人は、そこまで知った上でやっていただきたいと思う次第です。そうでなければ、議論にもなりませんから。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト

月見櫓 韓国 日韓