fc2ブログ
管理画面

平時も危険な韓国

朝鮮半島有事勃発(有り体に言うと朝鮮戦争の再開)時における在韓邦人の退避について、韓国が協議に応じていないと朝日新聞が報じました。

これを受けてネットの巷では「完全に敵国www 」「在韓邦人は韓国の人質だな」「渡航自粛勧告を出すべき」等の意見が飛び交っておりますが、さもありなんと言うべきでしょう。

弊ブログでは以前から「韓国への不要不急の渡航は慎むべき」ということを述べておりました。それは半島有事に対する懸念もさりながら、韓国は日常的に危険に満ち溢れているからです。

戦争が始まれば、多数の犠牲者が出る恐れが極めて大きいのは当然ですが、韓国の場合、戦争が起きなくても、日本では考えられない危険がたくさんあります。

空港に降り立ち、市内へ向かうためのバスやタクシーに乗れば、交通事故の危険性があります。と言えば、「日本だってそれは同じじゃん」と言う人が絶対いるでしょうけれど、韓国の交通事故の危険性の高さは、日本の比ではありません。

韓国人の運転の荒さには定評がありますが、それはタクシーやバスの運転手も例外ではありません。速度超過は言うまでもなく、急発進急停止、無理な割り込み、無謀な追い越し、無意味な幅寄せ、強引な車線変更、不要不急のクラクション連打等は、韓国においては「普通の運転」の範疇です。

韓国には模範タクシーと呼ばれる、高品質のサービスを提供するタクシー(そのため料金も割高)があるのですが、その模範タクシーでさえ、韓国における「普通の運転」をします。私はかつて模範タクシーの後部座席に乗ったことがあるのですが、私と一緒にそのタクシーに乗って隣に座った人より、私が乗っている模範タクシーの横を並走していた車の運転席の人の方が近かったということがありました。

韓国に10日ほど滞在した時は、バスとタクシーの事故を2度ほど見たこともあります。これは「バスの事故」「タクシーの事故」をそれぞれ見たわけではなく、「バスとタクシーがぶつかる事故」を見たのです。

そう言えば冬ソナの冒頭、満員のバスに崔志宇を無理やり押し込んだ朴容夏が、発車するバスにすがりつくように崔志宇に「眠るなよ」と叫ぶシーンがありましたが、日本のバスだとバスにすがりついている人がいる限り、発車しないだろうなあと思いました。

韓国において危険なのは車だけではありません。鉄道も同様です。ソウルの地下鉄の駅のホームには全てホームドアが設置されているそうですが、正しく運用されていないために、安全のために設置しているはずのホームドアが逆に危険を増しているということは過去にも幾度かお話ししたことがあります。

市内に着いたら着いたで、路面はデコボコどころか、時には突然陥没することさえあります。泊まるホテルはケンチャナ建築、食事をしようと思うと想像を絶する不衛生、遊びや買い物に行ってボッタくられる程度で済めば安全に過ごせた内です。

何より危険なのは韓国人そのものかもしれません。韓国人は人懐っこく情に厚いなどと言いますが、突然、私たち日本人には理解出来ない理由で激高することがあり、そうなった時に彼らがどんな行動に出るかは全くわかりません。

何しろ彼らは「自分がどれほど腹を立てたか」を相手にわからせるために、世界随一と言われるほど悪口雑言を発達させたのです。それが言葉だけで済むならどんなに凄まじい悪口雑言もそれほど危険ではないかもしれませんが、「自分がどれほど腹を立てたか」を言葉だけで相手に思い知らすことが出来ていないと思えば、彼らは暴力に訴えることも躊躇しません。しかも自分より弱いと思った相手には、かさにかかって攻撃します。

また性犯罪率の高さも看過すべきではないでしょう。もし犯罪被害に遭って韓国の警察に届け出たとしても、日本人だと相手にされない可能性もあります。

朝鮮半島有事という事態は確かに危険ですが、平時であっても日本人にとっての韓国は決して安全な国とは言い難いのです。危険を承知の上で探検あるいは冒険として韓国を訪れるのであればともかく、「日本と同じぐらいに安全な国」と誤解して韓国に行くならば、地雷原をスキップしながら横断する程度の危険性はあるかもしれません。

しかもこの期に及んで韓国側は、激減した日本人観光客を取り戻そうと、日本人観光客誘致に励んでいるようです。

嫌韓気運が高まっているとはいえ、いまだに韓国に対して逆偏見を持つ日本人は少なくありません。近くて安いからというだけの理由で旅行先に韓国を選択する人は、概ね韓国を知らないか、逆偏見を持っている人と思って良いでしょう。

韓国を知っていてもコリアリスクから逃れることは困難ですが、韓国を知らない人ならリスクの直撃を受ける恐れは十分にあります。

しかも「韓国を知らない人」ほどコリアリスクを理解出来ません。かと言って、コリアリスクを説明しようとすれば、どうしても韓国の悪口に聞こえてしまいます。「韓国を知らない人」は概ね「韓国を好きな人」であることが多く、そういう人に口角泡を飛ばしてコリアリスクを説明すれば、それは韓国の悪口を言ってるようにしか聞こえません。

ならばどうすれば良いか、まことに悩ましい問題です。とりあえず悪口雑言に聞こえないよう言葉を選びながらコリアリスクについて丁寧に説明した上で、それでも翻意しないのであれば、韓国滞在中にコリアリスクに遭遇しても、自己責任であることを理解している旨の一筆を書かせるぐらいのことをすれば、少しはわかってくれるかなと思ったり思わなかったりします。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓