fc2ブログ
管理画面

韓国は失敗を許容する国になれるか

毎年韓国人が「何故ウリにはノーベル賞が取れないニカ」と嘆いてみたり、「ノーベル賞なんかに価値は無いニダ」と強がってみせたり、「いや、ウリだってホニャララすれば十分ノーベル賞が取れるニダ」と発奮してみたりと大変喧しい風情は、春のソメイヨシノ起源説、夏の光復節と並ぶ秋の韓国の風物詩です。

例年ですと韓国人同士で「韓国人がノーベル賞を取れない理由」や「韓国人がノーベル賞を取るために必要なこと」をグダグダニダニダああでもないこうでもないと言い合っていたのですが、今年の中央日報では外国人にそれを言わせているのが目に付きました。

その中のひとつが、日本人(と思われる)記者が書いた【コラム】日本のノーベル科学賞の秘訣は失敗・変わり者を認めたおかげという記事です。

これは毎日新聞のソウル特派員が書いた記事ですが、要は「韓国社会はノーベル賞を取るのに適した社会ではないので、ノーベル賞にこだわらず、もっと韓国人に適した栄光を模索した方が良い」という主張と私は理解しました。

しかし、韓国でこの主張はまず理解されないでしょう。何故なら、彼らは「自分たちに適した栄光」では満足出来ないからです。

彼らは既に「自分たちに適した栄光」とやらを盛んに獲得しています。例えば半万年の歴史然り、万物起源説然り、ハングルは世界最高言語説然り、韓国人は世界最優秀民族説然りと、彼ら自身によるお手盛りの「栄光」は枚挙に暇がありません。

ですが世界中のどこの国も、それらをもてはやしません。韓国人が必死でウリナラマンセーしても、どの国も同調しません。稀にそういうニュースが報じられることもないわけではありませんが、ほとんど韓国人や韓国系の発信か、そうでなければオモシロ(あるいはトンデモ)ニュース扱いです。

彼らは、既に「韓国ならではの魅力」や「韓国らしく輝かしい道」を喧伝しています。ですがそれに呼応するのは「ウリ(韓国人か韓国人に同化している人々)」ばかりで、それ以外の人々は良くて愛想や世辞で、悪ければ無視や否定なのです。韓国人は、そういうお手盛りの「魅力」や「輝かしい道」ではなく、世界中の全ての人々から無条件且つ絶対的に賞賛された証しとしての栄誉が欲しいのです。そのひとつが、ノーベル賞なのです。

ですので彼らがノーベル賞を諦めることは、恐らくノーベル賞が本当に世界中の人々から価値なきものと判断され、無視されるようになるまでありません。そうなる前に韓国が消滅する方が早い気がしますが、それはさておき。

この中央日報の記事のように、韓国人がノーベル賞を取るには、失敗や多様性を許容することが必要であるという指摘は大変よくあります。多様性についても疑問符は付きますが、それ以上に韓国人が他人の失敗を許容出来るようになり、韓国が失敗を許容する国になることが出来るだろうかという疑問は極めて大きいものがあります。

どれほど緩く考えても、韓国人が他人の失敗を許容するようになることは極めて難しいと言わざるを得ません。韓国人は、基本的に他者の失敗を許容出来ないというよりは、意識的に「しない」のです。

韓国人にとって失敗は敗北であり、敗北は全ての終わり、即ち「死」に限りなく近いということは、「続「韓国人がノーベル賞を取れない理由」」にも書きました。だから彼らは自らの失敗を決して認めようとしないのだと。

では逆に、これが自分の失敗ではなく、他人の失敗であればどうでしょうか。

韓国人にとって他人の失敗は自分の勝利であり、勝利は敗者の生殺与奪の権を得ることを意味します。ですから、彼らは如何なる手段を用いてでも勝とうとしますし、どうしても勝てない場合は、如何なる手段を用いてでも相手に失敗させようとします。これは彼らのスポーツにおける姿勢や態度を見れば、説明や証明の必要はないでしょう。

韓国人にとって、物事は全て上下で判断され、それは極めてナチュラルに勝敗として理解されることになります。上の者は勝者として下の者を虐げ、下の者は敗者として「恨(ハン)」を募らせるのが、韓国の基本的且つ根本的な社会構造です。

もし彼らが他人の失敗を許容すれば、それは即ち自らの勝者としての地位を自ら放棄する行為となります。そうなれば、韓国人の感覚では、敗者が勝者となり、勝者のはずの自分が敗者となってしまいます。つまり「他人の失敗を認める」ことは、韓国人にとっては自殺行為に等しいと言っても過言ではないのです。

自分の失敗を認めないことで自らの敗北、即ち自らの死を回避しようとする韓国人が、他人の失敗を認めて自らの敗北、即ち自らの死を受け容れることなど、自主的にするはずがありません。

韓国人が他人の失敗を許容する人々とならなければ、国家としての韓国が失敗を許容する国になれるということは考えられません。それは例えば、韓国の一卵性結合双生児国家である北朝鮮を見てもよくわかります。北朝鮮の首領様は初代から当代三代目に至るまで、失敗したことがないとされています。

朝鮮人社会では恐怖政治を敷き、強大な権力を掌握している独裁者でさえ、失敗すれば敗北者と見なされ、追い落とされかねないのです。いわんや、どれほど優秀な学者や研究者であっても、一般人をや、です。

韓国人が失敗を許容しないのですから、韓国という国が韓国人で構成されている限り、失敗を許容する国になれる期待はほとんど持てません。唯一、国家としての韓国が失敗を許容する国となるために考えられる方法は、韓国人以外の(≒失敗を敗北とみなさない)人々が韓国という国家を構成することです。最低でも韓国人が韓国における絶対的少数民族となることです。それが出来れば、韓国も失敗を許容する国になれるかもしれません。

そうなった場合、その国を韓国と言い得るかどうかに少々の疑問は残りますが。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓