fc2ブログ
管理画面

韓国ウォッチや嫌韓初心者の方にこそ

本日は今上陛下の82回目の御生誕日ということで謹んで御寿ぎ申し上げ、また今帝の益々のご長寿をお祈り申し上げます。

そう言えば加藤達也産経新聞前ソウル支局長の朴槿惠韓国大統領に対する名誉棄損罪で一審無罪判決が出た件でも、韓国検察が控訴を断念し、無罪が確定したとやら。この件が日韓関係にどう作用するかはさておき、無実の日本人が韓国の恣意によって冤罪を被らずに済んだことを、とりあえずは素直に喜んでおこうと思います。

さて、従来より弊ブログでは質問はもとより、異論反論を歓迎しているわけですが、先日月見チャットでもご質問を頂戴いたしました。

最近私はプライベートが結構忙しく、以前はほぼ毎日月見チャットに在室していたのですが、ここのところ週に2回ぐらいしか参加出来ておりません。またチャット参加は、私が考えている以上にハードルが高いようで、「下手なことを言ったら怒られるのではないだろうか」と考えて参加を躊躇っている方も、結構いらっしゃるようです。

ですがブログのコメント欄と違って、チャットは記事のテーマに沿った質問をする必要がありません。「記事とは関係無いんだけど聞いてみたいことがある」とか、あるいは記事と直接関係があっても、実は弊ブログにおいては既出で前提になっていることをご存知ないために疑問を感じてしまう場合などには、チャットでの質問は非常に有効だと思います。

月見チャットには私がいなくても大抵誰かが入室しております。但し入室しているから必ず応答が可能とは限りませんが、その場合は質問内容を発言しておけば、私だけではなくログを読んだ誰かが答えてくれるということもあります。

ただ、これはコメント欄でも言えることですが、あなたが質問を入力する際に向き合っているのはモニターとキーボードだけであっても、入力された文章を読んで答えるのは私であれ私以外のチャット参加者であれ、生身の人間です。その文章を読んだ人が不快を感じないような表現を極力心がけるというのは、これはネット以前の対人関係における当然のマナーであるということだけは、くれぐれもお忘れないようにお願いしたいと思います。

前置きが長くなりましたが、今回月見チャットで「韓国人にとって「社会=自分」というのが信じられない」というご意見を頂戴いたしました。これはおそらくこの記事をお読みになってのご感想ではないかと思うのですが、これに対して私が「日本語と朝鮮語で同じ漢字熟語を使ってても、同じ意味とは限らないということも何度か書いたように、日本語の「社会」と朝鮮語の「社会」は違うんだよー」と答えました。

しかし今ひとつご納得いただけなかったようで、後日再び同じ質問をされましたので、同じ答えをお返ししたわけですが、どうもこちらの言ってることが真っ直ぐ届いている感じがしません。

そこで少し突っ込んで話を聞いてみたところ、ご質問者は「日本人と韓国人は同じ人間」と思っている、ということでした。

弊ブログでは、「日本人と韓国人は同じ人間ではない」ということを再三申し上げておりますが、これはどうにも誤解を生じやすいと言うか、脊髄反射を誘うフレーズらしく、これを読むと即座に「何て酷いことを!!」とか「人種サベツ!!」とか「レイシスト!!」とか「ヘイトスピーチ!!」と思ってその場で思考停止してしまう人が結構居るようです。

「日本人と韓国人は同じ人間ではない」というフレーズは、言い換えれば「日本人と韓国人は違う人間である」ということも出来ます。多分この表現であれば、読む人に脊髄反射を起こさせずに済むのではないかと思います。この違いはきっと、「韓国人は人間ではない」という文節が過剰反応を誘うためでしょう。

ぶっちゃけ私は、「日本人と韓国人は同じ人類ではない」とかなり言いたい方です。その理由は過去記事で再々述べておりますように、私がそう考えるからではなく、韓国人がそう振る舞うからです。しかしこの考えが韓国人を知らない人には受け入れ難いのも、重々承知しておりますし、また日本人と(と言うか「人類」と)韓国人が同じ人類ではないということを証明することは、現状出来ません。しかも韓国人は人類と交雑可能なので、話は更にややこしくなっています。

というわけで、科学的な「韓国人非人類説」というのは、どんなに韓国人が非人類的な振る舞いをしたとしても、証明することは出来ないというか、するわけにはいきません。ですので「日本人と韓国人は同じ人類ではない」という主張は私個人の考えとしてあえて世間に広めようとまでは思っておりませんが、「日本人と韓国人は同じ人間ではない」ということは、最低限日本人はガッツリ理解しておかなければならないことだと思っております。

では「日本人と韓国人は同じ人間ではない」というのと、「日本人と韓国人は同じ人類ではない」というのはどう違うのでしょうか。それは簡単な話で、「日本人と韓国人は同じ人間ではない」という文章を「あなたと私は同じ人間ではない」という文章と同じ文脈でご理解いただければ良い話です。

「あなたと私は同じ人間ではない」という文章を読んで、「サベツ!」と感じる人は多分いないと思うのですが(いたらビックリだ)、何故か「あなた」と「私」の部分を、「日本人」と「韓国人」に置き換えると、途端に「サベツ!!」と思う人がいるのは実に不思議な現象だと思います。

ある意味、そう思う人こそが、「日本人」と「韓国人」をサベツ的に考えているのではないかと私は勘繰ってしまうわけですが、それはさておき、日本人と韓国人とは、本当に真逆と言って良い存在です。

外貌は比較的良く似ています。少なくともパッと見ただけで見分けが付く白人や黒人と比べると、日本人と韓国人は同じ黄色人種に分類されているために、ぼんやり見ていると全く見分けが付きません。

しかも最も直近に統治したのが日本ということもあって、現在の韓国には日本文化が非常に多く残存しております。更には、日本で好まれるものは何故か韓国でも大変に好まれる傾向があり、日本の統治が終了した後も、韓国においては盛んに日本文化を導入しまくっており、また日本と韓国以外の国において日本人になりすます韓国人が引きも切らないために、何かにつけ日本と韓国が似ているというイメージを持たれやすいということは、私も否定しません。

しかしそれは「似ている」が「非なる」ものであって、本質的に日本人と韓国人は真逆の存在であるということを、少なくとも私たち日本人は徹底して肝に銘じるべきです。更に言えば、その「似て非なる」ことを意識的無意識的に利用して、日本人を害しようとする韓国人が多いということも、私たち日本人は知っておくべきでしょう。

良い韓国人、というのは稀ではありますが確かに存在します。しかしその「良い韓国人」が、「良い韓国」を作るということは少なくとも今世紀中は絶対にあり得ません。即ち「良い韓国人」の存在など、私たち日本人の対韓認識に加味する意味も必要もないのです。むしろそれは私たちの対韓認識に誤解を植え付ける存在と言っても過言ではありません。しかも「良い韓国人」に偽装している韓国人は、それはもうごまんどころか五千万ほど居るのです。

「日本人と韓国人は同じ人間ではない」と考え(るのがどうしても抵抗あるなら「日本人と韓国人は違う人間である」でも良いですが)、「日本人としての考え」で「韓国人」を理解しようとするのではなく「韓国人の考え」で「韓国人」を理解しなければ、韓国や韓国人を理解することは難しいでしょう。

しかし「韓国人の考え」を理解するには、韓国や韓国人を知らなければならないわけで、この堂々巡りにどこから切り込んでいくかは、韓国や韓国人を知らない人にはなかなか難しいことになると思います。

弊ブログでは何度も同じことをくり返し述べているために、つい私が理解していることはもう概ね読者の皆様にも理解されているという前提で記事を書いてしまいがちなのですが、初心者の方からのご質問を戴くことで、弊ブログのそういう不備が判明します。

韓国ウォッチや嫌韓初心者の方は「こんな質問したら怒られるんじゃ?」とか「こんな質問したらバカにされる?」と思ってなかなか質問に踏み切れない方も多いようですが、そういう方にこそ弊ブログの内容を理解していただきたいと思っておりますので、どうぞ臆せずご質問くださいますよう、心よりお願い申し上げます。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓