FC2ブログ
管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本における朝鮮人の対日工作活動

最近言ってなかったような気がするので、今回は朝鮮人の対日工作についての愚論を展開してみようかと思います。

韓国人と言うか朝鮮人全般が、基本的に全員対日工作員であるということは、過去にも何度か述べてきました。それは、韓国や北朝鮮における教育に対日工作教育があるからです。

もちろん、具体的な「対日工作」とか「反日」という教科があるわけではありません。しかし韓国でも北朝鮮でも、学校はもちろんのこと家庭においても、「日本は絶対悪」という信仰の下に、折に触れ日本が如何にウリとウリナラに対して悪辣であったかと、現在もそうであることを子弟に刷り込むと同時に、自分自身にも言い聞かせています。

では日本にいる朝鮮人はどうでしょうか。朝鮮学校に通う朝鮮人はもちろんガッツリ対日工作教育を施されていますが、日本の公立学校に通っている場合は、基本的に普通の日本人と同じ教育を受けます。

ならば日本の公立学校に通っている朝鮮人は日本人と同じ思想なのかと言えば、必ずしもそうとは言えません。

何故なら朝鮮人の子供が通う学校に対して、朝鮮人の親が「多文化共生」を口実に、朝鮮の民族教育を強要することが非常にしばしばあるからです。そういう学校では、韓国式あるいは北朝鮮的思想教育、即ち対日工作教育が行なわれているおそれが少なくありません。そういう学校では、日本人の方が朝鮮人の思想を持たされてしまいます。

対日工作教育とは具体的にどういうものかという疑問を抱く方も多いと思います。

言うまでもなく、韓国及び北朝鮮同様、「対日工作」とか「反日」という科目が設けられているということは、調べたわけじゃありませんが絶対ないと思います。

まず考えられるのは、歴史教育でしょう。過去、日本が朝鮮半島においてどれほど残虐で悪辣であったかということは、本国でも歴史教育によって叩き込みます。

日本では、歴史と言えば出来事と人物、年号を覚えることといった感があり、可能な限り感情を排して教えられますが、朝鮮半島における歴史教育とは、情緒たっぷりのファンタジーです(言い切ったったw)。

それを日本の学校に持ち込んで、思想的に白紙に近い状態の日本の子供たちに教えればどうなるかは、想像に難くありません。

仮にある学校に朝鮮人の子供が一人しかいなくても、その子の親が学校に対して「ウリの子供には民族の誇りを持たせたいニダ」と強く申し出れば、その学校では韓国や北朝鮮に強烈に配慮した歴史教育が行なわれる可能性が小さくありません。そうなれば、その学校に通う日本人の子供たち全員に、そういう教育が行なわれることになるわけです。

その親にそういう意図があろうとなかろうと(あると思っていますが)、これは立派な韓国・北朝鮮の対日工作となり得るでしょう。

そういう教育を受けた日本人の子供の全員が、将来韓国や北朝鮮に絶対的な親近感を持つようになるということは、まずないでしょう。しかし全員が持つ必要もありません。その中の半分、いや三分の一でも十分です。何なら、十分の一でも良いでしょう。

とにかく、思想的に白紙の日本人の子供に韓国・北朝鮮の思想を刷り込んでおけば、将来韓国や北朝鮮に協力的な日本人に育ってくれる期待が大いに持てます。

つまりそういう子供たちが大人になった時、韓国や北朝鮮からの工作員の協力者や隠れ蓑、あるいは背乗りの対象としての人材確保が容易になるわけです。

日本では、何故か日本人に対する日本人としての民族教育に強く反対する人が珍しくない割に、外国の民族教育にはガードが緩いどころか、歓迎する姿勢さえ見えます。そのため、生まれながらの日本人なのに日本人としての民族的自覚が乏しく、当然日本人としての誇りも持たないのが、日本人の標準になっているのが現状です。

韓国や北朝鮮の工作は、日本人のそういうところにつけ込んできます。

「多文化共生」という聞こえの良い言葉を唱えるならば、まずは自分自身が自分自身の属する民族と文化と歴史を徹底的に学び、それらに誇りを持つことから始めるべきです。しかし日本では、日本人が自身の民族も文化も、歴史さえもよく知らないまま、他民族である朝鮮の文化や歴史を教え込まれるのです。

「対日工作」などと言うと、漠然とスパイ映画のような活動をイメージしますが、実際の対日工作というのはもっと地味で、しかも接しても俄にそれが工作とはわからないようなものだと私は考えています。

更に「工作員」自身が動くのではなく、工作員の協力者を育成して、それらを矢面に立たせれば、工作活動はぐんと容易になります。日本を否定する日本人が増えれば、「日本絶対悪」信仰の韓国・北朝鮮に共鳴するようになり、日本における対日工作活動は捗りまくるでしょう。

それを阻止するには、と続けたいところですが、現実はそんな段階ではないと私は考えています。

阻止する以前に、まずは日本における朝鮮人の工作活動が実在すること、しかもそれが日本の学校教育にまで入り込んでいることを、日本人自身がきちんと知る必要があると愚考する次第です。

最近参加者が少なくて寂しいので
ここにも月見チャットの入り口を載せることにしました。
どうぞお気軽にご参加ください。
月見兎

月見チャット入り口

人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。