FC2ブログ
管理画面

日本人旅行者は韓国料理に関心が高い?

朝鮮日報で「韓国観光の検索ワード 日本語は「韓国料理」トップ」と題する記事がありました。

ウリナラチラシを見ていると、時にそこはかとない違和感を覚えることがあります。見出しから受けるイメージと記事の内容とに微かなズレを感じるのです。

そういう時は必ず原文を当たることにしています。今回の記事にも違和感を覚えたので、原文を当たってみました。

日本語版の記事から受けるイメージは、まるで日本だけをターゲットに分析したかのようですが、朝鮮語版を見ると実はそうでもありません。朝鮮語版の記事の見出しは「韓国訪れる外国人が最も多くの検索ワードは?」というもので、韓国のインバウンド(海外観光客誘致)政策に関連する調査でした。

いつもは日本語版を見て、それに違和感を覚えれば朝鮮語版を確認して終わりなのですが、今回はちょっと興味が沸いたので英語版も見てみることにしました。思った通り、英語版では英語圏の人向けにアレンジされた記事になっており、日本語の調査結果については極めてさらっとした記述になっていました。

ここまでくれば中国語も見てみたいと思って中国語版で当該記事を探してみたのですが、中国語版には当該記事を翻訳したものはありませんでした。

いつも思っていることですが、ウリナラチラシの日本語版というものは如何にして日本人を「釣る」かということを第一に見出しを考えているフシがあります。今回の記事の見出しも、実に上手に日本人が反応するポイントを突いているなあと感心しました。

というわけでせっかく釣られたのですから、当該記事の内容について思うところを述べてみます。

韓国観光公社の調査結果を見ると、日本人は「韓国料理」に高い関心を抱いているかのようです。しかし実際のところはどうでしょうか。

日本人は基本的に「食べること」に対して貪欲、と言うのに語弊があるなら、要求度が高いと言い換えても良いのですが、いずれにしても、「食事」に対する熱意は世界的に見ても高いものがあります。

JTBが「旅行の三大要素は「見る」「食べる」「遊ぶ」だ」として、その三大要素の語尾を取って「るるぶ」という旅行ガイドブックを作ったことは有名です。

「観光」という言葉自体が、「光(風景のこと)を観る」という意味ですから、旅行の三大要素のひとつが「見る」であるのは当然でしょう。

「遊ぶ」というのも、間違いなく旅行の主要な部分です。現在では旅行そのものを「遊び」として考えることも出来ますし、それ以上に「目的地で何をして「遊ぶ」のか」ということは旅行の極めて大きな要素です。

ここまでは、海外旅行がそれほど困難ではない国の人々の「旅行」に対するほぼ共通の意識と考えて良いでしょう。

では「食べる」というのはどうでしょうか。

もちろん、私も日本人ですから「食べる」ことが旅行の重大要素であることを否定する気は毛頭ありません。旅行先でどんな「美味しいもの」が食べられるかは、旅行のモチベーションを大きく左右します。

ですが世界的に見れば必ずしもそうではないかもしれません。韓国人にしても、日本食を賛美する者はいなくもないが、なんだかんだ言って「やっぱり韓国の食べ物が良い(この場合、「美味しい」ではないことに注意)」と言いたがる者も少なくありません。

日韓チャットでは「日本料理は脂っこい」「日本料理は味がない」という両極端な評価を韓国人からよく聞きましたが、その「日本料理」が具体的に何という料理なのかを具体的に言った韓国人は皆無と言って良いほど少なかったのです。

その他の国の人々にしても、食べるものに関しては無頓着な人々がどちらかと言えば一般的という印象を受けます。あるいは「自分の国の食べ物が一番」と考えており、海外でもそのスタイルを崩さない人々も珍しくありません。ですからもしかすると、日本人だけが観光旅行の重大目的のひとつに「食べる」を掲げているのかもしれません。

そんな日本人だからこそ、韓国旅行に先んじて「韓国料理」を検索するのではないでしょうか。

さらにもうひとつの理由としては、「韓国料理」という言葉の曖昧さがあります。

韓国への旅行を計画し、韓国にはどんな食べ物があるのだろうと思った時、キムチと焼き肉以外の食べ物が俄かに思いつく日本人はそれほど多くないでしょう。しばらくじっくり考えれば、ユッケ(肉膾)とかキムパプ(海苔飯)が出てくる人もいるでしょうし、サムゲタン(参鶏湯)と答える人もいるでしょう。

ですが例えば、「中華料理」や「フランス料理」と言われたとき、料理名や具体的な一品のイメージは浮かばずとも、全体的なイメージは容易に、しかも瞬時に思い付きます。それに対して「韓国料理」と言われたときの全体的なイメージは、頑張ってもせいぜい焼き肉屋止まりではないでしょうか。

即ち、日本人が韓国旅行に先立ち「韓国料理」を検索するのは、関心が高いからではなく「韓国料理」の全体的なイメージが限りなく薄いからではないでしょうか。「韓国へ行こう」と思った時、同時に「韓国で美味しいものを食べたい」と思ったとします。「韓国で美味しいものって何があるだろう?」「そもそも韓国料理ってどんなものがあるんだろう?」と考えた時、具体的なイメージが浮かばないので、「韓国料理」という言葉を検索するのではないでしょうか。

ちなみに、私も初めて韓国へ行く際、「地球の歩き方」に載っていた韓国料理のカラー写真を見て、旨そうな料理をリストアップし、現地で食べることを物凄く楽しみにしたものです(当時はネットがなく、ガイドブックに頼るしかありませんでした)。

しかし当時の韓国では、店の外観からは飲食店かどうかわからないのが普通でした。店の窓ガラスは全てスリガラスで店内は見えず(実は店の窓ガラスに赤ペンキと青ペンキでメニューが書いてあり、それが飲食店の目印だったようですが、読めても意味が理解出来ないのでわかりませんでした)、恐る恐る店に入ってもメニューは全てハングル、サンプルもサンプル写真もありませんでした。

「地球の歩き方」に載っていた料理と同じ名前(のはず)の料理をどうにかこうにかオーダーしても、似ても似つかない料理が出てくることがしばしばあり、しかも韓国全土を覆うと思われる独特の臭い(ニンニクと唐辛子と腐った肉とドブ泥を足して2で割ったような臭い)に当たって激しく食欲が減退、結局3日ほどニンニクや唐辛子の入った料理は胃が受け付けず、ポカリスエットとセウカン(日本のかっぱえびせんのパクリ菓子)で過ごしたため、事前に計画していたほどには食べられなかったという経験があります。

今は日本の飲食店のように外から店内がある程度うかがえる店が韓国でも一般的になり、メニューにも日本語版や英語版がある店が増え(ただしハングル版のメニューとは価格が違うことがあるようですがw)、更にサンプルのショーケースも店の前に置いてあることが多くなったようで、そのあたりのハードルは下がっているようです(臭気に関しては・・・。まあ昔よりはマシになってると思います、あれでも)。

それでも日本人の「食」に対する要求を満足させるには、韓国の料理は総じてレベルが低いですし、前回記事に書いたように衛生面ではかなり危険と考えた方が良いのは事実です。

ウリナラチラシの記事によれば、日本人は韓国料理で「かき氷(パッピンス)」に高い関心を示しているという分析結果が出ているようですが、これなどは特に衛生面で物凄く不安な食品であることを強調しておきたいと思います。

なお韓国のかき氷は、盛り付けはクラッシュアイスやフルーツ、ソフトクリームや甘い豆などを飾り付けてあり、それなりに綺麗な形で出てきますが、食べる時にはそれをがっつり「マジェマジェ」するのがお作法ということも、付け加えておきますw


最近参加者が少なくて寂しいので
ここにも月見チャットの入り口を載せることにしました。
どうぞお気軽にご参加ください。
月見兎

月見チャット入り口

人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト




月見櫓 韓国 日韓