FC2ブログ
管理画面

いつか来た道

このところ2011年の4月末に書いた記事にいくつかコメントを頂戴しております。数年前の記事に今頃何でと思いつつ、良い機会なのでこれをお題にしようかなと思います。

この記事の主題は、日本語と朝鮮語を比較することの無意味さを取り上げたものですが、これに同意してくださる方と異論を唱える方とがいらっしゃいます。

「日本語と朝鮮語は似ているから同祖だ」とか「日本語の祖語は朝鮮語だ」という主張は、ソメイヨシノの起源説同様、まことに飽かず繰り返されます。もう結論は出ていると安心していると、思わぬ時に思わぬところで同じことを言い出すので、油断も隙もあったもんじゃありません。

何故こういう主張が繰り返されるかというと、彼らが狙っているのは、「もう結論が出ている」ということを知っている人ではないからです。

そのターゲットは、日本についても、朝鮮はもとより韓国についても、漠然としたイメージしか持たず、それ以上の知識や理解を積極的に得ようとする意欲もないという人です。

そういう人は、ただ口を開けて上を向いていれば美味しい餌がもらえると思っている雛鳥のように、自ら積極的に知識を求めて行動したり思考したりするということがありませんし、口に入れられたものは無条件で「美味しい餌」だと思っているから、何も考えず飲み込んでしまいます。

その結果、その個体だけが腹を壊して苦しむとか、中毒を起こして死んでしまうのならまだ良いのです。困るのはその個体が飲み込んだものを体内で増殖させ、再配布することです。対日工作は常にそういう人をターゲットに行なわれるのです。

十分予想していたことではありますが、一時盛り上がっていた嫌韓気運もすっかり落ち着きました。焼けた鉄板に触れてしまったかのような勢いで韓国のあんなことやこんなことに驚き憤っていた人たちも、ずいぶん減りました。多少のことなら、「ああ、またか」「韓国だししかたない」で済ませられる人が増えたとも言います。

10年も韓国ウォッチブログをやっていれば、引いては寄せる波のような日本人の韓国に対する意識の変化を実感することが出来ます。日本語と韓国語が親戚だとか、日本語の起源は韓国語とかいう言説もそれと概ね同期しています。

謂わば、韓国側にとっては今が狙い目ということでもあるでしょう。

これまで火が着いたようになって韓国に驚き憤っていた人たちは、その反動で冷静を通り越して無関心に近くなっています。最盛期には嫌韓話で盛り上がれた人たちも、今はすっかり嫌韓系の話題に倦んで、「韓国」と言われるだけでどうすれば上手に話題を変えられるだろうと考えるのではないでしょうか。

それを責める気は毛頭ありません。私たちも同じだからです。最近すっかり過疎っている月見チャットですが、常連ばかりの時は話題がなくなって無理やりウリナラチラシからネタを拾ってきても、「ああ、またか」「まあ、あいつらならそうだろう」で話が終わってしまいます。

月見チャットに韓国を知らない新人さんが来れば皆嬉々としてでもありませんが、丁寧に韓国について説明するものの、今北産業で十分に理解を得られるものじゃないこともよく知っていますから、そこまで突っ込んだ話にはなりません。

新人さんがある程度理解を得られるほどに月見チャットに定着することは稀ですから、月見チャットだけで十分な韓国知識を得る人は、いないと言っても良いほどです。

結局、どんな形であれ自ら積極的に調べようとし、更にそれを継続しなければ、韓国理解は深まりません。

ですがそれなりの時間と費用と労力を割いて韓国を十分に理解すれば、その結論はほぼ必ず「韓国などに時間や費用や労力を割くだけの価値はない」という事実に行き着いてしまうのです。

「知れば知るほど嫌いになる」というのは「韓国」に付く枕詞ですが、嫌いになり且つ知るだけの価値があると思えないものにいつまでも関心を持ち続ける人は多くありません。

逆にこういう時に韓国の話に無邪気な反応を示す人は、即ち韓国を知らない人というわけです(稀に、韓国についてよく知らないふりをして取材しようとする私のような人もいるかもしれませんがw)。

そう思うと、韓国ウォッチブログのような韓国への理解を深めるという活動はまことに不毛です。活動すればするほど、自らが唱える主張への無関心を喚起することになるからです。

ですが、ここまで踏み込んでしまったらもう後戻りは出来ませんし、日本人の韓国に対する関心がどん底まで落ち込めば、また「韓国新発見」が始まるだろうことは、これまでの経験から十分に予想出来ます。

その時「それは新発見ではない」ということを示すことが出来るだろうという希望をよすがに、地道にブログを続けていこうと思う次第です。


最近参加者が少なくて寂しいので
ここにも月見チャットの入り口を載せることにしました。
どうぞお気軽にご参加ください。
月見兎

月見チャット入り口

人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト

月見櫓 韓国 日韓