管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日韓問題を完全に解決するには

先だっての記事で、慰安婦の嘘を暴くことにやや消極的な意見を述べたところ、「国家間で穏便に解決したように見せかけるだけでは間違えを正した事にはならず、そういった歪みは必ず後世にも禍根を残す事になると思います。であれば少なくとも慰安婦存命中に嘘を白日のもとに晒す事が急務なのではないですかね?」というご意見を頂戴いたしました。

これについては仰るとおりと思う部分もあります。ただ、「慰安婦問題」の本当の問題は、慰安婦の存在や彼女たちの発言ではないとも思っています。

仮に「慰安婦存命中に嘘を白日のもとに晒」したとします。全ての真実と全ての嘘が明らかになり、日本にも多少の非はあったかもしれないが(って言うか、日本人も神様ではないし、今でも日本人の中には朝鮮人のような真似をする者が珍しくありませんから、「日本に一切の非はなかった」「日本は完全無欠の正義だった」と考える方が荒唐無稽だと私は考えています)、韓国人が言うほど悪辣無比ではなかったと国際社会が理解したとします。

そうなれば韓国は「ぐぬぬ」と呻いて大人しくなるでしょうか。カシオミニを賭けても良いですが、彼らはまるで慰安婦問題などなかったかのように振る舞い、即座に別ネタをでっち上げて「日本は悪辣無比であった」と主張するでしょう。

そうです。彼らにとってネタは何でも良いのです。「日本は絶対悪である」という彼らの価値観を世界に認めさせることが、彼らの本当の狙いであり願いなのです。

それが証拠に、最近の韓国は旭日旗のデザインに文句を言い出しておりますが、これは明白に極めて最近、サッカー選手の奇誠庸が言い出して広まったことであって、それ以前の韓国で旭日旗のデザインが特に問題視されたことはありません。1970年代に韓国で駐在生活をされていた方の書いた本に、日本に輸出するために韓国で製造されていた靴に、旭日旗風のロゴがあると現地の韓国人から聞かされたことが書かれていた記憶もあります。

即ち、慰安婦問題で韓国人が世界に認めさせたいのは、慰安婦の存在や彼女たちの証言の正否などではなく、韓国人の「日本絶対悪」意識なのです。それがある限り、慰安婦問題が本当の意味で解決することはありません。たとえ完膚無きまでに「慰安婦問題」における日本側の主張が認められ、韓国側の欺瞞や誤謬を暴くことが出来たとしても、その瞬間から慰安婦問題に変わる新たな別ネタに一から付き合うことになるだけです。

その結果日本は「慰安婦問題」でなすりつけられた汚名を雪ぐことは出来るでしょうけれど、今度は「老い先短い頼る者もない自称元慰安婦を生き地獄に叩き落とした」というミソを付けられることになり、しかも何か特に名誉を得るということにもなりません。その上数十年もの時間と手間とカネを費やしてやっと解決した「慰安婦問題」に代わる新たな、しかし同じような「ディスカウント・ジャパン」ネタにまた一から付き合わされることになるのであれば、まさに「誰得」です。

と言えば「でも誰得かどうかはともかくとして、このままじゃ日本だけが一人損じゃないか」と憤る方は絶対いらっしゃるでしょう。そのお気持ちは痛いほどわかります。何故冤罪を着せられたのに、黙っていなければならないのかと。

これについては、私は「冤罪を着せられても黙っていれば良い」とは考えておりません。日本が日本の立場を主張し、それを説明するのは当然の権利です。言うべきことは言い、誤りは訂正した上で、「でもこの慰安婦問題は既に最終的かつ不可逆的に解決していることを韓国側と合意してる」と付け加えれば良いのではないでしょうか。

これは、韓国側にしても同じことです。慰安婦問題について今後韓国側が何をどう言おうと、最後に「この慰安婦問題は既に最終的かつ不可逆的に解決したことを日本と合意してる」と付け加えるのであれば、韓国側が韓国の立場を主張し、それを説明するのは彼らの自由であり権利です。

そんなんじゃ生温いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、慰安婦問題については、その根底にある問題を潰さない限り、日本人が考え、あるいは期待するような「すっきりとした解決」は最早絶対にあり得ません。

ならば、「慰安婦問題の根底にある問題」を潰すにはどうすれば良いのでしょうか。私は、答えはふたつしかないと思っております。

ひとつは、日本が消滅すること。もうひとつは韓国が消滅することです。即ち日本が存在し、韓国も存在する限り、日韓問題の根本解決というのは絶対且つ永遠に望めないと私は考えております。

ま、日本が消滅すれば、韓国も存続出来なくなるという現実を鑑みれば、どちらの選択肢がより現実的なのかはお察しですが。


月見チャットは初心者さん大歓迎です。
どうぞお気軽にご参加ください。
月見兎

月見チャット入り口

人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>
スポンサーサイト

日韓それぞれの「依存症」

韓国の反日は、既に彼らの骨髄まで浸透しています。それは、少しでも韓国を知った者には常識です。また韓国人にとって反日は娯楽であり嗜好品と言えます。しかし反日が韓国に悪影響を及ぼしているのも、また事実です。しばしば韓国にとっての反日は麻薬などの違法薬物に喩えられますが、誠に言い得て妙です。

違法薬物も薬の一種ですから、医師の管理下で必要な時に適正な量を適正に摂取すれば害以上の益が期待出来ます。実際、違法薬物の多くは、本来はそういう用い方をするものなのですが、違法薬物がもたらす快感に溺れ、医師の管理もなしに度を越した量と頻度で用いれば必ずその人の身体的精神的社会的に大きなダメージを及ぼします。現在の韓国にとっての反日は、まさにこの状態と言えるでしょう。

違法薬物が違法とされているのは、もし当人がその害や危険性に気付くことが出来ても、身体的あるいは精神的依存が生じてしまえば、当人の意思ではやめられなくなるからです。

「自分は違法薬物なんかとは全く縁がないから、そんなたとえじゃピンと来ない」と思う人もいるかもしれませんが、これは違法薬物以外の物質の摂取でも起こり得る現象なので、実は誰にも大なり小なり経験があるはずです。何故なら、身体的精神的な快感をもたらし依存性があるという点だけに注目するならば、合法とされているアルコール、タバコ、カフェイン、それからなんと砂糖にもその働きがあるからです。

アルコールとタバコは、年齢制限があるだけで合法なのであまり意識されていませんが、強い身体依存性を持つ立派な薬物の一種です。緑茶やコーヒー、紅茶などに含まれるカフェインも、それほど強烈ではありませんが依存性があるといいます。個人的な経験談で恐縮ですが、私は眠気覚ましにカフェインの錠剤を飲んだことが何度もありますので、これは実感としてわかります。

私の場合カフェインの錠剤を飲むと、ただ眠気が覚めるだけでなく結構気分がハイになります。いわゆる違法薬物がこの何倍もの強烈なハイテンションをもたらすとすれば、なるほどこれはやめられなくなるだろうと思うくらい爽快な気分になります。その代わり、薬の効き目が切れると一気に眠気が来る上に気分が落ち込みます。それを回避するためだけに、必要でもないのにもう一度カフェインの錠剤を飲もうかと思ってしまうほどです。

砂糖は薬物と言うにはやや難がありますが、摂取によりエンドルフィンやセロトニンという脳内物質を分泌させ、これらが幸福感を生じさせます。「甘い物を食べると幸せな気分になる」というのは、これらの作用によると言われています。

ですが砂糖の過剰摂取は、虫歯や肥満、糖尿病などの原因となり得ることが疫学的にも証明されています。にもかかわらず砂糖を摂取することにより幸福感が得られると学習すると、虫歯や肥満、糖尿病の原因になるとわかっていても、砂糖がやめられなくなる人は珍しくありません。

砂糖の過剰摂取によって身体を悪くした人に、「砂糖は身体に悪いからおよしなさい」と忠告すればどうなるでしょうか。

「ありがとう、あなたにそう言ってもらえてやっと踏ん切りがつきました。今からすっぱり砂糖を断って、健康を取り戻します」と言う人はごく稀です。大抵の人は苦笑いしながら、「わかってはいるんですが、なかなかやめられません」と言うでしょう。中には嫌な顔をしたり、甚だしくは「大きなお世話だ」と怒り出す人もいます。

韓国人の反日が、まさにこの状態なのです。

韓国人も、反日が韓国にとって良い影響よりは悪い影響を及ぼしつつあることに薄々気が付いています。既に症状も出始めています。このまま反日を続けることが韓国にとって危険だということも、理解出来なくはありません。

それでも彼らは反日がやめられません。韓国社会としてやめられなくても、個人としてならやめられるんじゃないかと思う人もいるでしょうけれど、彼らの「ウリ」意識がそれを阻みます。「「ウリ」ならば反日であるべきだ」という彼らの意識は、裏返せば「反日でなければ「ウリ」ではない」ということになるからです。

ですからネットの掲示板などで、日本を認めたり擁護したり、韓国人の反日をたしなめたり、中には馬鹿にしたりする韓国人は昨今全然珍しくなくなりましたが、今後それらが韓国社会の大勢を占めることは決してないでしょう。

「日本を認めたり擁護したり、韓国人の反日をたしなめたり、馬鹿にしたりする韓国人」の存在は、ネットが普及したごく最近の話ではありません。ずっと昔から韓国人は「ひとりだと親日、ふたり以上だと反日」だったのです。

自国の危機を自覚させられ始めると、何とかして日本にすがり、助けてもらおうとするのは昔から変わらぬ韓国人の習性です。その際に彼らが殊勝なことを言うのも、決まりきった毎度毎度の手口です。これまではそれに日本人がコロコロほだされるのもまたお決まりのパターンでした。

韓国が反日から脱け出せないのは、反日が彼らにもたらす快感を手放したくないからですが、毎度毎度日本が韓国にほだされるのは、「困っている韓国を助けた」という快感を欲しているからでしょうか。

そうだとすれば、日本もまた「援韓依存症」に陥っているのだと言わざるを得ません。


月見チャットは初心者さん大歓迎です。
どうぞお気軽にご参加ください。
月見兎

月見チャット入り口

人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

韓国の国旗その他(ご質問に対する回答)

今回「国旗の意味」というご質問を頂戴いたしました。

が、残念ながら私は韓国の国旗にはほとんど関心がなく、風水に関してもほとんど知識がありませんので、それが陰陽の太極と八卦をモチーフとしている以上のことを存じません。

太極旗が「中国の属国旗であった」というご指摘についても、まだNAVER日韓翻訳掲示板が盛んだった頃、朝鮮日報が誇らしげに報じた「最古の太極旗」に「大清國属」の文字が明記されており、それを日本人が指摘、嘲笑するやたちまち画像加工ソフトでその文字を消して知らん顔をしたのはリアルタイムで見ておりましたので、まあ、そうとも言えるかなと思わなくもありません。

ですが、かつての中国(当時は清)と朝鮮の関係は「冊封関係」であり、「属国」という言葉から一般的に連想されるような関係とはやや趣きが異なるのもまた事実です。その辺のニュアンスを正確に理解した上で「朝鮮はかつて中国属国だった」と言うのであれば良いのですが、韓国人に向かってかつて中国の属国であったことを揶揄するために言われるのであれば、あんまり意味があるとは思えないというのが個人的な感想です。

ただまあ、彼らに物事を真摯に考える習慣がないことは彼らが太極旗をしばしば上下逆さまに掲げることからも明らかです。ですから、たとえ正しい知識に基づいて彼らにそういった諸々を指摘したり議論しようとしても、彼らがその意味を正しく理解し、受け答え出来る期待は多分ありませんし、まず正しく理解しようと努めることも一切ないでしょう。おそらく「大袈裟です」「気にし過ぎです」「チョッパリは肝が小さい」と言われるのが関の山です。要は韓国人の「ケンチャナヨ」は韓国の至るところで発揮されており、それが国旗にも現れていると理解するのが一番妥当なのではないかと思います。

続いて「三跪九叩頭の礼」ですが、これは三田渡碑のことでしょうか。

これについては、まさに韓国では「知る人ぞ知る」です。嫌韓日本人の方が知ってる割合は多分圧倒的に多く、日韓チャットで韓国人に質問したことがありますが、ほとんどの韓国人が知りませんでした。

かつて日韓チャット極悪倭人の一人に数えられたloaded氏は実際に三田渡碑を訪れ、「実際、某三国人チャットで多数の朝鮮人と丙子胡乱について議論したが、この石碑の存在を知っていた奴はたったの2人である。しかも、そのうちの1人は「三田渡碑」という文字を見た途端にファビョってしまい、殆ど話にならなかった」と書かれております。なおこのブログ「黒猫の巣」は、現在更新が止まっておりますが、あまり知られていない世界の「香ばしい国」を実際に訪問して取材した楽しい記事が満載のブログですw 

ご質問の意味が「三跪九叩頭の礼」そのもののことであれば、現在の韓国でも「クンジョル」と呼ばれる礼があります。これは日本人から見れば「土下座」に他なりませんが、韓国では「目上の人に対する最も丁寧なお辞儀」とされており、割と普通且つ頻繁に見られます。ですので韓国人的に三跪九叩頭の礼とは、その「クンジョル」の更に丁寧なもの、かつて貴人の間で行なわれていた尊い作法と解釈するかもしれません。

最後に迎恩門(独立門)ですが、日韓チャットで散々しばきあげられてある程度学習した韓国人は別にして、一般的にはほぼ完全に「日本からの独立を記念して建てられた門」と理解されております。

これについては過去記事でも言及しておりますが、韓国人に「独立」と言えば、即「日本からの」という脊髄反射が成立しており、加えて韓国政府もその方が民衆を誘導(煽動?)しやすいということもあって、あえて正しい理解を促そうとはしていないためです。また「朝鮮は華夷秩序の下、中国に冊封されていた」という理解に乏しく、「中国からの独立」という歴史的事実を認識していない韓国人が一般的ということも大いにあるでしょう。

今回のご質問ですが、韓国の国旗について私が無知なため、あまりご満足戴ける内容ではないかもしれません。しかし逆に私としてはあまり知らなかった韓国の国旗について色々調べる機会を戴くことが出来ました。

ネタのご提供と共に、知らないことを知る機会を戴けましたこと、厚く御礼申し上げます<(_"_)>


月見チャットは初心者さん大歓迎です。
どうぞお気軽にご参加ください。
月見兎

月見チャット入り口

人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

朝鮮人の美意識その他(ご質問に対する回答)

今回は以下の様なご質問を頂戴しております。ご質問を下さった方には、厚く御礼申し上げます<(_"_)>
(1)書について
最近、思うところがあって、私は筆で文字を書くことにチャレンジしています。
筆で書いたものが少しでも美しくなるためには《書き順》が正しくあらねばならないということがわかりました。
それから、毛筆文字は縦書きでないとなかなか美しくはならないということもわかりました。

ところで本題ですが、朝鮮民族には「ハングル文字で書いた書を美しく書く」という習慣(文化)があるのでしょうか。
彼等は毛筆文化も捨ててしまったのでしょうか?
ハングル文字書道展というものは存在しますか?

(2)美意識(もう一つ)
「敷島の大和心を人問はば朝日ににほふ山桜花(本居宣長)」という日本人のDNAの中に刷り込まれている観念があります。
それは「諸行無常、生者必滅」「もののあわれ」「敗者へのいたわり」というものとなって、我々の美意識になっているものです。
そこでお聞きしたいのですが、朝鮮民族の美意識とは何でしょうか。どういう生き方に美を感じるのでしょうか?
   
無駄な質問だと思いますが、自称慰安婦の老婆はこういうことをやっている自分をどう感じているのでしょうか?
ナルシズムの極致でしょうか?

まず(1)についてですが、本来ハングルは漢字の発音記号として開発されたもので、その字体構成は明らかに漢字の字体構成を意識しております。従って漢字の書と同様、ハングルの書というものも普通に存在しています。ハングル書道展というものが頻繁にあるかどうかは存じませんが、韓国の要人が亡くなった際などに、韓国言論に葬儀の写真が載ることがありますが、それを見ると葬儀の供花に毛筆で亡くなった人物への弔文などが添えられております。それらは大抵の場合縦書きのハングルであることが多いようです。漢字を知る者が見れば一目でわかりますが、明らかに漢字の書で用いられているのと同じような筆使いが見られますので、おそらくそれが彼らにとっても「書としての美」の基準になるのでしょう。

続いて(2)ですが、彼らの美意識とは「他者より秀でていること」に尽きると私は考えております。どんな手段を使おうと、どんな過程を経ようと、結果的に他者より秀でることが、彼らにとっての「美しさ」なのです。

ですから「他者より秀でる」という結果にたどり着くためであれば、どんな汚い、どんな無様な、どんな醜い手段や過程であっても、彼らにとっては全て「目的を達成するための当然の、しかも尊い努力」であり、それで最終的に「他者より秀でること」が出来れば、それこそが彼らにとっての「美」となるのです。

だからと言って韓国社会において「他者より秀でるためならどんな卑怯な真似をしても良い」ということが全ての韓国人の当然の権利として認められているわけではありません。もし他人が自分を出し抜くためにそういうことをすれば、ほぼ全ての韓国人が轟々と非難を鳴らすでしょう。「自分がすればロマンス、他人がすれば不倫」の精神はここでも遺憾なく発揮されます。

最後の「自称慰安婦の老婆がこういうことをやっている自分をどう感じているか」というご質問ですが、これはかなり複雑な問題だと私は考えております。

「自称慰安婦の老婆」たちは、概ねほぼ天涯孤独の身の上です。血縁を重視する韓国で天涯孤独の身の上というのは、精神的なものだけではなく社会的経済的に極めて弱い立場に置かれることになります。

「元慰安婦」であることが彼女たちをそういう立場に追いやることになったわけで、そのため慰安婦問題が盛んになる前は、本当に「元慰安婦」であった女性はそれをひた隠しにするのが普通でした。

ところが慰安婦問題が盛んになると、「元慰安婦」に対する韓国社会の態度が変化します。「元慰安婦」を「日本絶対悪の生き証人」として尊重し、また同情してくれるようになるわけです。それまで後ろ指をさされ、白眼視され、爪弾きに遭っていたのが一転して孫のような学生たちがたくさん訪れるようになり、あるいは学校に招かれ、時には海外にまでアゴアシマクラに手土産まで付けて呼ばれ、講演するようになるわけです。

多くの人々が自分の語る言葉に静かに耳を傾けてくれて、時には共感して共に涙を流し、抱き合って慰めてくれるようになるのです。社会の隅に押しやられ、無視(韓国では無視は悪口より悪い)され、今日明日の衣食住さえ不安だったのが、元慰安婦を自称することで日々の生活の心配もなくなり、死後の供養さえ期待出来るようになったのです。

おそらくですが、最早彼女たちに「自分が嘘を吐いている」という自覚は全くなくなっているでしょう。これまでに彼女たちが繰り返し語った作り話は、彼女たちの記憶に事実として幾度も上書きされていると私は想像しております。

これはナルシシズムと言うよりは、自己防衛に近いものだと私は考えております。そうしなければもう彼女たちは生きていけないのです。

彼女たちの嘘を暴くことは、さほど難しいことではないかもしれません。客観的な証拠を寄せ集め、同情を混じえず、冷静に判断すれば、彼女たちの嘘は明白だからです。難しいのは、そうすることが彼女たちを殺すに等しいことになることだと私は考えております。

いくら自称元慰安婦たちが憎いと言っても、彼女たちの残り少ない時間を生き地獄に変えることに、日本人であれば躊躇を覚えない人はそういないと思います。それが日本の名誉挽回のためとしても、同時に「老い先短い身寄りもない数十人の老婆の唯一の生きる術を奪って生き地獄に叩き落とした」という代償を負うことになるわけですから。

そんな後味の悪い名誉回復であれば、汚名を被ったままと言うか、どうせ何をどうやっても「日本絶対悪」が韓国人の意識から完全に拭い去られることなど少なくとも今後997年間は決してないのだからと、より現実的な問題解決を模索したのが、未だ文書化が行なわれていない昨年末の「日韓慰安婦合意」ではないでしょうか。

その是非についてのご意見は様々あるでしょう。私にしても、だから自称元慰安婦の嘘を認め許すべきだなどとは全く思っておりません。

ただもうこの問題はどうしようもないと言うか、仮に日本側が思う通りの解決を見たとしても、以後韓国側が悔い改め日本に対する認識を変えるなどということには未来永劫絶対に全くならないということも、断言出来ます。

結局日韓間の慰安婦問題とは、理想的な解決を目指して果てしない泥沼を突き進むのか、それともある程度清濁を併せ呑むことで現実的な解決を図るのかの二択しかなかったのだろうと、私は理解しております。

以上、ご質問の答えになっていれば幸いです。


月見チャットは初心者さん大歓迎です。
どうぞお気軽にご参加ください。
月見兎

月見チャット入り口

人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

次期東京都知事候補は誰が良い?

以前より何度も申し上げていることですが、弊ブログではお一人で複数のハンドルネームを使ってのコメント投稿を厳に禁じております。心当たりのある方は直ちにハンドルネームをひとつに絞ってコメントするようにしてください。なお、今後も改善が見られない場合、コメント禁止もあり得ますので予めご了承ください。

また無記名(ブログシステムから自動で付与される「名無櫓」を含む)でのコメントは、それが如何なる内容であれ「私は自分のコメント内容に一切の責任を負いません」という意思表示とみなしているということも、これまでに何度か申し上げてきたとおりです。後になってから「あのコメントは私がしたものだ」と仰ってもそれを立証することは出来ませんので、弊ブログにコメントする際には、出来る限りハンドルネームを記入されますよう強くお勧めいたします。

さて前回はご質問があったので、お題がひとつ稼げてホクホクしていたわけですが、実はその前から「今回はこれをネタに書こうかなあ」と思っていたお題がありました。

それはその時が旬だった東京都知事による政治資金不正疑惑ネタでした。ところが前回記事でご質問を頂戴したので、東京都知事による政治資金不正疑惑ネタを後回しにしたところ、皆様御存知の通り急転直下の知事の辞任と相成り、話題としては若干旬を過ぎることとなりました。

まあ、弊ブログでは別に時事ニュースの速報性を重視しているわけじゃないし、都知事の辞任か続投ということに焦点を当てるつもりもなかったので、ネタとしては若干「終わった感」有り有りではありますが、予定通りこのネタで行こうと思います。他にネタ思いつかないしね。

韓国と舛添東京都知事と言えば、以前から何やら繋がりがあるようなことを言われ続けておりました。その真偽はさておき、韓国が舛添都知事に対して強い好感と期待を抱いていたのは、ほぼ間違いありません。また舛添東京都知事側も、不思議に韓国に強いシンパシーと言うか、愛情を抱いていたらしいことが伺えます。

以前から私はブログのネタを漁るために韓国言論を斜め読みしているのですが、先月末ぐらいに気付いたのは「韓国言論の日本語版に舛添ネタが見当たらない」ということでした。それ以前は韓国言論で舛添の名前を比較的頻繁に見かけていたのに、政治資金不正疑惑騒動が始まって以来、パタリと見なくなったのです。

日本のニュースを韓国言論が報道しないのは当たり前だと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、実は韓国言論では非常にしばしば日本のニュースが報道されております。

先だっての地下アイドル刺傷事件も間髪をいれず報じられておりましたし、政治経済関連なら日本のことが載らない日はないと言っても過言ではないぐらいです。日本で大きく報道されていることは、同じウエイトとは言いませんが大抵韓国でも報道されるのが普通なのです。

しかも舛添都知事は韓国からはかなり好意的に見られていましたから、日本でこれだけ報道されているのであれば韓国言論が報じても不思議はないどころか、報じないのが不思議なぐらいでした。

私は個人的に舛添都知事に興味も関心もなかったのですぐには気づかなかったのですが、6月に入ってようやく日本でこれだけ注目されているのに、何故韓国言論では見かけないのだろう?と思うようになりました。

韓国では、上に立つ者が公私混同や職権濫用することは全く珍しくありません。むしろ当然と言っても良いぐらいです。それは現在国連事務総長を務める潘基文が、その立場を使って親戚や同胞に便宜を図りまくって顰蹙を買っていることからも容易にご理解戴けるでしょう。

ただ韓国内では権力者の公私混同や職権濫用が当然であっても、対外的には非道徳的であるとして非難の対象となることも韓国人は知っております。また昨今は韓国内でも「ナッツリターン騒動」に見られるように、特権階級の傍若無人な振る舞いに不快感を持つ人々は増えております。報道が「第四の権力」を自負するのは韓国でも同様ですから、韓国言論も庶民の主張を代弁し、特権階級を攻撃することを自らの使命と考えています。

従って今回舛添東京都知事の政治資金不正疑惑騒動に関して韓国言論が沈黙を保っていたのは、それが舛添東京都知事に対し彼らに出来る最大の好意の示し方だったからではないかと、私は邪推しております。

以前から薄っすら思っていたことでもありますが、今回のことで更にその思いを強くしたのは「韓国に好かれる人物を日本の政治に携わらせてはならない」ということです。

韓国に好かれる人物というのは、韓国に阿る人物であり、韓国人と似た考え方をする人物です。日本と韓国の国益が対立した時は、韓国の国益を重視する人物です。「日本を損なうことが韓国の利益」という考えに共感し、同調する人物です。

日本の政治家としては、韓国に嫌われるぐらいの人物の方が日本のためになる期待が持てるでしょう。

何故なら、日本にとって良いことは韓国にとって悪いことであり、日本にとって悪いことは韓国にとって良いことだからです。たとえ日本にとって良いことが韓国に良い影響を及ぼすことであっても、「日本にとって良い」というだけで韓国では絶対的に悪いことになります。

従って韓国に好かれる人物は、必ず日本に害悪を及ぼす人物と言って過言ではありません。そうでなければ、韓国に好かれることはないからです。

そういう人物が日本で政治を行なえば、日本に害悪を及ぼすようになるのは当然の帰結というものです。ましてや東京都は日本最大の都市であり、その影響力は日本全体に及びます。その東京都の首長となる人が、日本より韓国の国益を優先するような人物であって良いはずがありません。

私は東京都民ではないので都知事選の選挙権はありません。ですので半ば高みの見物気分で申し上げますが、次の都知事は韓国から嫌われ、あるいは警戒されるような人物が良いのではないかとかなり本気で思う次第です。



月見チャットは初心者さん大歓迎です。
どうぞお気軽にご参加ください。
月見兎

月見チャット入り口

人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

現在の韓国はかつての大戦の敗戦国と言えるのか

ネタが払底して久しい昨今ですが、今回は幸いにも「彼の国の人?は、先の大戦の敗戦国と云う事は全く認識されていないのでしょうか? 」というご質問を頂戴いたしましたので、早速こちらをお題にさせていただきます。

結論から申し上げますと、韓国人は自分たちが先の大戦の敗戦国民であったとは、全く思っておりません。また私自身も、現在の韓国をかつての大戦の敗戦国と言うのは微妙と考えております。

先の大戦直後、日本に居た朝鮮人たちが「ウリは戦勝国民ニダ」と言って敗戦にうちひしがれる日本人を蔑み、徒党を組んで乱暴狼藉の限りを尽くしたために、GHQが「朝鮮は今回の戦争の当事国ではなく、第三国である」と規定したという有名な話があります。

これが「第三国人(あるいは単に三国人)」という名称の由来ですが、終戦直後から彼らの認識はこうでした。

現在の韓国では、「臨時政府は対日宣戦布告を行なった」とし、「ウリナラは日本に強制占領されていたが、抗日活動を行なっていた大韓民国臨時政府によって対日宣戦布告を行ない、日本と戦った」ということにしています。

ただし現在の韓国人に「かつて日本と戦った」という明確な認識があるのかと言えば、それはかなり怪しいものがあります。何しろかつて明確に争い、現在も決して決着が付いているわけではない北朝鮮に対してでさえ「北朝鮮と戦った」「今も北朝鮮との戦争は終わっていない」という認識が極めて稀薄なのですから。

「日本と戦った」という明確な認識はないけれど、「日本絶対悪」「韓国絶対正義」という無根拠な、けれど強烈な信仰が韓国人にはあるので「先の大戦で日本は負けた。よって日本は戦犯国」という意味不明な理屈を、ほぼ全ての韓国人が持っております。

またかつて日本が朝鮮を統治していたという事実について、知らない韓国人はもちろん皆無ですが、「その時代、朝鮮は日本だった」と言うと、ほぼ全ての韓国人が激怒します。

日本統治時代を韓国では「日帝強占期」と呼んでおり、あくまで「日本に強制的に占領されていた期間」としているためです。

彼らは「強制」という言葉を「本人の意思に反してのこと(だから、後から無条件で撤回、あるいは無かったことにしても良いこと)」と理解しています。それは彼らが非常にしばしば「強制だったから無効」と平気且つ本気言うことからも間違いありません。

日本による朝鮮統治もそれと同じで、「日本が強制的に占領していた時期(だから、朝鮮が日本だったという事実も無かったことに出来る)」とほぼ全ての韓国人が理解しているのです。

その時代、韓国という国は存在しませんでした。従って「韓国という国」を敗戦国と定義することは出来ません。しかし現在の韓国人の祖父母や曾祖父母の世代が日本の国籍を与えられ、日本国民として旧来の日本人と共に先の大戦に参加していたのも揺るがぬ事実です。当時の朝鮮人は日本人であり、事実日本兵として、あるいは日本軍属として戦争に参加し、終戦後戦争犯罪に問われて裁かれた朝鮮人も少なからずいるのです。

ただ日本の敗戦によって日本から朝鮮が分かたれ、「戦争当時国が存在しなかった」故に、現在の韓国が国際法的に当時の戦争責任を負うことはありません。「戦争当時存在しなかった国」ですから、現在の韓国を先の大戦の敗戦国であると定義付けるのも、無理があります。

言えるとすれば、「1910年から1945年までの朝鮮人は日本国籍を持った日本人であり、従って敗戦時点では彼らも敗戦国民であった」ということでしょう。

まあ、時系列とか整合性が理解出来ない韓国人にこういう話は全く通用しませんし、仮に通用したとしても、どうせ「お前らのせいでウリまで敗戦国民扱いされたニダ。謝罪と賠償」となるだけでしょう。

万が一、彼らにこういう話がこちらの思うように通じたところで、変に仲間意識を持たれても気持ち悪いので、今の彼らの認識が変わる必要性は、個人的に全く感じておりません。


月見チャットは初心者さん大歓迎です。
どうぞお気軽にご参加ください。
月見兎

月見チャット入り口

人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

韓国人の韓国人による韓国人のための経済対策

最近毎回更新が遅れがちになっていて、大変心苦しく思っております。

実は更新日前日から「次は何書こうかなー」と考えてはいるのですが、書きたいことが思い浮かびません。しかたないのでネタを探してウリナラチラシを斜め読みするのですが、このところの韓国は、多少目を引くニュースがあっても「いつもの韓国」でしかなく、「今日も韓国は韓国だった」と思うばかりです。

そんなこんなでパソコンに向かって呆然としている内に寝落ちするというのが更新日前日から当日にかけてです。で、更新日当日は「今日中には書かなきゃ」と思いながら前日と同じことを繰り返して寝落ち。結局締め切りを大幅に過ぎて切羽詰まってから書くというのが、最近のパターンです。

決してこれを良しとしているわけではなく、更新日を守ろうという気持ちはありますし、執筆意欲が無いわけでもありません。無いのはネタなのです。

と、言い訳なのか居直りなのかわからないことを枕に振って、本題に入ろうと思います。

韓国経済が破綻を隠し切れなくなってきている昨今、韓国では景気の立て直しが盛んに叫ばれています。しかし彼らが掲げる対策を見ると、素人目にも分不相応です。彼らは自分の身の程を自覚していません。

韓国言論が唱える経済対策を見れば、先端技術や最新技術系のものばかりに注目しているようです。しかし韓国人に先端技術や最新技術の開発は出来ません。彼らに出来るのは、既に開発され、ある程度こなれた技術を丸パクして、多少質が落ちても安い価格で広い範囲に提供することです。

その善悪は今は問いません。彼らに出来るのはそれだけだという事実から、彼らに適した経済対策を考えようと思います。

彼らが出来ることが既に確立された技術を使った産業なのであれば、素直に真面目にそれをやれば良いのではないでしょうか。最新や最先端の技術を使った製品だけが世界のニーズではありません。質が多少劣っても、ある程度こなれた技術を使った製品を量産し、幅広い層に手に届く価格で広範囲に販売するのは、彼らの常套手段です。

韓国言論などはこれから成長が見込まれる産業に投資せよと吠えますが、韓国人に「これから成長が見込まれる産業」は向きません。と言うか出来ません。彼らは「お手本」がなければ何も創り出せないのです。最新や最先端技術というのは、最新だとか最先端であるということに意味があります。既にお手本があるなら、それは最新でも最先端でもないのです。彼らはまずそこを自覚しなければなりません。

彼らは「ええかっこしい」なので、聞こえの良い仕事や見映えのする仕事が大好きです。しかも首尾良くそういう仕事に就いたら就いたで、誠実にその「聞こえの良い仕事」や「見映えのする仕事」に邁進するのかと言えば、そうでもありません

「聞こえの良い仕事」や「見映えのする仕事」で得た権利や権力を振りかざすことばかりに夢中になって、肝心の仕事本体はおざなりというのも、韓国人には非常によくある話なのです。

それを改め、「聞こえ」がそれほど良くなくても、「見映え」が全然しなくても、自分たちが出来ることを愚直に誠実に精一杯やるようにすれば、時間はかかるでしょうけれど既に韓国には十分過ぎるほどのインフラがあるのです。きっと韓国人の力だけで韓国の経済回復を成し遂げ得るでしょう。

それが出来れば韓国人じゃありませんが、でもそれが出来なければ韓国の未来はありません。

結局、どっちに転んでも、それほど遠くない将来、韓国は自力で国の形を維持出来なくなるのかもしれません。と書くと、手放しで喜んでしまう読者の方がいらっしゃるかもしれませんが、そうなると日本が助け舟を出そうとする恐れがあることを思い出していただきたいと思います。

日韓問題のほとんどが、傾いた韓国を日本が支えようとするところから始まっていることを、韓国について知ろうとする、あるいは知っている日本人は常に意識しておく必要があると思う次第です。


月見チャットは初心者さん大歓迎です。
どうぞお気軽にご参加ください。
月見兎

月見チャット入り口

人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

韓国人同士でも「どうせ大したことは言ってない」

ネットの巷では、時々「朝鮮人取り扱いマニュアル」というようなものを目にすることがあります。そのひとつに「米軍による韓国兵の取り扱いマニュアル」と称されたものがあります。

曰く、
1.韓国人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。
2.命令を聞かない場合は身体で解らせろ。
3.同じことをくり返す場合、犬のように何回でも同じ様に叱れ。こちらが上と言うことを身体で解らせろ。
4.理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない。
5.身体で解らせた場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。
但し、徹底的に解らせる迄、手を抜いてはいけない。
6.相手を3才児と思い、信用したり頼りにはするな。重要な仕事は任せるな。
というものです。

この「米軍による韓国兵の取り扱いマニュアル」と言われているものですが、私は個人的に実在しないのではないかと思っています。というのも、私の記憶違いでなければ、「韓国兵取り扱いマニュアル」と言われている内容は、当初は会合か何かであるアメリカの元軍人が、韓国人に煩わされていたある日本人に向けて、韓国人の扱い方をジョークを込めて話したものとされていたからです。

ただ言われていること自体はなかなか的を射ています。中でも、「3.理由は聞くな。どうせ大したことは言ってない」は首がもげるほど頷いても足りないぐらいです。

おそらくこの項目における「理由」というのは、「言い訳」と読み替えるのが適当でしょう。何か問題を起こした際、責任を問われた韓国人は凄まじい勢いで言い訳を並べます。

そういう時、彼らは必ず「自分は悪くない」と主張します。更にそこから「悪くない自分を責めたお前が悪い」と展開され、「だから悪いのはお前だ」と持っていこうとするので、油断も隙もありません。

ですので彼らが「自分は悪くない」と言おうとする前にシャットアウトするのは、大変に有効な手段となります。

これは日韓チャットでも常連日本人が非常にしばしば韓国人に対して用いた手法でした。彼らが何か粗相をすれば、間髪を入れず弁解には一切耳を貸さず、厳しく強くガツンと叱り付けるのです。

これは大変に効果のある手法でしたが、問題は韓国人のことをよく知らない日本人から見ると、その姿勢や態度が非常に不遜で傲慢で横柄に見えることでした。

問答無用で韓国人の言い訳をシャットアウトすると、彼らは比較的殊勝な態度を見せることがよくあります。それでうっかり甘い顔をすると彼らはたちまちつけあがるので、そこから更に一方的に、少々オーバーなぐらい彼らを断罪する必要があるわけですが、そういう行為は日本人から見れば、相手が頭を下げているのに、その下げた頭を踏みつけるような真似に見えるわけです。

日本人同士であれば、それは極めて失礼な行為です。ましてや相手は外国人なのだから、日本人の一方的な倫理観でそこまで酷く責めるのは如何なものか、というのが、韓国人を知らない日本人の主張です。

それが日本人同士、あるいは国際常識を備えた外国人相手、もしくは相互利益を理解出来る相手であれば、おっしゃる通りです。しかし韓国人はそのいずれにも該当しません。

彼らは一歩譲れば百歩押し込もうとします。相手が自分に譲るのは自分の方が相手より上位だからだと解釈します。自分が上位であれば、相手を踏み付けにしても良い、むしろ積極的にしなければならないと彼らは考えます。何故なら、「上下関係を明らかにする」というのが彼らの礼儀だからです。上の者が下の者を踏み付けにし、下の者は上の者に踏み付けられることによって、彼らの礼儀に則った関係が明確にされるからです。

ですから彼らに「相互利益」という考えは存在しません。利益は常に上位の者が独り占めし、下位の者には何も与えられないのが、彼らにとって当然の構図なのです。

誤解のないように付け足しておきますが、彼らも口先だけでは相互利益を理解するようなことはしょっちゅう言います。他人にそれを強要することさえ珍しくありません。ただ自分にそれを適用することがほとんどないだけです。「自分がすればロマンス、他人がすれば不倫」というやつです。

日本人的な倫理観で韓国人を解釈し、また彼らの偉そうな口先に惑わされる日本人は少なくありません。日本人的には、それで日韓相互理解が深まると考えているのでしょう。しかし日本人的な倫理観で韓国人を解釈すれば、相互理解どころか相互誤解を深める効果しかありません。

最初から最後まで相手の主張に耳を貸さず、一方的に決め付けるような話し方をすることは、日本人にとって大変に精神的負担が大きいやり方ではありますが、韓国人の言うことなどまともに真面目に聞くだけ時間と労力の無駄というものです。韓国人に対しては軍隊における上官の命令や通達の如く、簡潔明瞭且つ問答無用で告げることを心掛ける方が、色んな面で捗るでしょう。

そもそも韓国人同士の対話においても、彼らは互いに相手の言うことなど「どうせ大したことは言ってない」と思って話しているのですから。


月見チャットは初心者さん大歓迎です。
どうぞお気軽にご参加ください。
月見兎

月見チャット入り口

人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

国家としての韓国も「各自図生」を

韓国の三大言論紙のひとつ、中央日報の「頼りにならない韓国政府…最後の砦は市民意識」と題する記事で「各自図生」という四字熟語を見かけました。

記事の内容そのものについても色々ツッコミどころがあることはあるのですが、今回はこの「各自図生」について思うところをグダグダ述べてみようかと思います。

韓国人は漢字を否定する割に、漢字熟語を好んで用いる傾向があります。ただ彼らの場合、漢字を理解していないために熟語を構成する漢字の音だけでその言葉を記憶し、その時の雰囲気で用いるので、非常にしばしば漢字が示す意味とずれた意味で理解していることがあります。

「各自図生」という四字熟語も、構成する漢字を見れば「各自で生きることを図る」という意味なのは、義務教育修了程度の教養がある日本人なら容易に理解出来るでしょう。

日本人的には、自分の生活や人生は、自分でどうにかするのが本来であり当然というのが共通した感覚で、「各自図生」という四字熟語は「自助努力」や「自立自存」と通じるニュアンスで理解するのではないかと思います。

翻って韓国では、本来は日本と同じような意味で用いられていたようなのですが、最近では「自分の生活は自分でなんとかするしかない」「自分しか頼れるものはない」「他人のことなんか構っていられない」というような、やや投げやりと言うか、悲愴なニュアンスを帯びているようなのです。

最近の韓国では必死でごまかしている経済破綻が徐々に露呈してきており、困窮する国民が増えています。韓国経済がごまかし切れていた間はまだ良かったのですが、韓国経済を支える財閥が続々と経営悪化しており、同時に家計債務も凄まじい状態になっています。

日本の場合、政府の債務がどうとか言って日本経済の破綻、ひいては日本国家がホロン部と叫ぶ向きが少なからずおりますが、日本の家計債務はそんなに大きくないんです。っていうか資産が大きいんです。日本の国家の債務はほとんどが円建てで行なわれており、日本国債の保有者のほとんどが日本人です。つまり日本政府の国家債務が大きいということは、日本人の債権が大きいということです。

この辺、経済に疎い私などは債務と債権ってどっちがどっちだったかとっ散らかることがあるので、誤解を恐れず簡単に言うと、日本政府には巨額の借入金(債務)がありますが、それを貸し付けている(債権を保有している)のは日本国民、ということです。つまり日本政府の借金が多いということは、日本国民が日本政府に貸し付けている金が多い=日本国民の資産が多い、ということになります。

ところが韓国の場合は、国家債務も少なくありませんがそれより深刻なのが家計債務でして、これはもうかなり悲惨な状態です。現在の韓国で借金を持たない韓国人というのは、それだけで幸福な存在と言えるかもしれません。

彼らの金銭感覚のいい加減さは昔から有名で、貨幣経済が始まった頃から現在に至るまで、彼らはとにかく借金することに抵抗がありません。欲しいものがあれば借金して買います。見栄を張るためなら特に欲しくなくても買います。クレジットカードという現代の打ち出の小槌が登場してからは、更に彼らの借金癖に拍車がかかります。その上韓国では大学に行かなければ人間扱いされないという社会情勢ですから、誰もが借金してでも大学に行きますが、大学を出ても背負っている借金の返済に見合うだけの収入が保証される職に就ける韓国人は極めて稀です。首尾良く望んだ収入を得られる会社に入れたとしても、彼らの会社員生活は上手くいって20年、上手くいかなければ5年と持ちません。

そんなこんなで四面楚歌ならぬ四面天地借金地獄が最近の韓国人の日常となっております。

貧すれば鈍すなどと言いますが、韓国の場合は貧すれば鈍を隠すことが出来なくなるとでもいいましょうか。韓国経済が好調を装っていた頃は鼻息で空も飛べるんじゃないかという勢いだった韓国人も、最近ではすっかり意気消沈しており、「ヘル朝鮮」と自虐を口走るようになってきております。

何事につけ「自分のために、いつかどこかで誰かが何とかしてくれる」というのは韓国人に一般的な意識でした。それがもうどうにもならない、誰も自分のために何とかしてくれることはないという、どうしても認めたくない現実を見せつけられた彼らが絶望を込めて語るのが「各自図生」という言葉のようです。

自他の枠が明確に認識出来ない彼らにとって「各自図生」という概念は世界が自分を裏切ったかのような、非情で冷酷なもののように感じられるようですが、生きとし生けるもの全てが、本来はひとりです。そのことに気付けるようになっただけ、進化していると言っても良いのではないでしょうか。自分の思うとおりにならないから拗ねて僻んでいじけて言ってるだけの可能性も大いにありますがw

ま、韓国には個人だけではなく国家としても、「各自図生」の精神で頑張っていただきたいものです。


月見チャットは初心者さん大歓迎です。
どうぞお気軽にご参加ください。
月見兎

月見チャット入り口

人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

揺るがない韓国人

「(韓国人がパニックを起こそうとするのは「泣く子は餅を余分にもらえる」精神と、自分たちに非がある場合のごまかしと責任転嫁がそれに加わるためではないか思うが、そうすると)セウォル号のとき学生たちが動くなといわれておとなしく待っていたのはどういうことなのか、いまいちよくわかりません」というご質問コメントを頂戴いたしました。

これについては、2014年5月17日付の「表層的には矛盾していても」という記事で解説しておりますので、そちらを参照いただければと存じます。

さて相変わらずネタがない韓国。ネタがないと言うよりは、どこを切っても金太郎過ぎて、目新しい切り口を見つけられないというのが正直なところです。

ネタに困って朝鮮日報の名物男鮮于鉦が何か面白いことでも書いてないかと思って、朝鮮日報の朝鮮語版まで探してみたのですが、つまらないことしか書いてませんでした。

しかし朝鮮日報と並んで韓国三大言論紙のもうひとつの雄である中央日報の方にちょっとおもしろいと思える記事があったので、今回はそれをネタにしようと思います。

それは【時視各角】3つの「する」に答えがある(1)(2)というコラムです。

コラム前半(1)の方は、はっきり言って大して面白くありません。実は最初(1)だけ読んで、「ツマンネ」と思って(2)を読まずにいたのですが、あまりにネタがないので、もう一度最後まで読んでみることにしたのです。すると、前段のつまんなさからは想像もつかない「韓国的素っ頓狂理論」が(2)で展開されておりました。

それは「中国人観光客を韓国へ誘致する3つの方法」でした。

コラムではまず「食べること」を掲げます。中国産食品の安全性に対する信頼が極めて低いことは日本も有名ですが、中国産食品を一番信用していないのは、実は当の中国人です。日本でも中国人観光客が訪れる可能性のある量販店では、中国語による粉ミルク購入制限の貼り紙を見たことがある方も少なくないでしょう。

コラムでは中国人がオーストラリアの粉ミルクを爆買いしたことを例に掲げ、「韓国もやれる」と胸を張ります。「高級イメージで成功したパリバゲット(パン)や「韓国から直輸入した信頼の食材」で勝負したヘジ村が良い例だ」と実例も挙げます。「世界で一番面倒な消費者と地理的な利点もある」とも言います。「韓国の市場から世界最高のフード市場にしなければならない」(そうすれば)「中国の欲求は自ずとついてくるだろう」と主張します。

これを読んだ時、このコラムは「笑ってはいけない」か?と本気で思いました。

この中で頷けたのは唯一「(中国との)地理的な利点」ぐらいです(実はそれさえ、陸路では北朝鮮に阻まれているので利点と言えるほどかどうかに疑問はありますがw)。

まず弊ブログの読者諸姉諸兄ならとっくにご存知のことだと思いますが、韓国産食品の安全性に信頼がおけないのは中国以上です。また韓国では確かにパリバゲットが「高級パン屋」の代名詞ですが、それさえ世界に打って出られるほどのレベルではありません。パリバゲット以外の韓国のパン屋のレベルは推して知るべしです。

ヘジ村というのはこの記事で初めて知りましたが、「韓国から直輸入した信頼の食材」などというキャッチコピーには、当の韓国人ですら失笑するでしょう。

最初の幾度かは物珍しさでごまかせても、何事も「パリパリ」「ケンチャナヨ」「ヒムドゥロヨ」で行ない、客を騙すことが賢明な商売だと思っている彼らがやる飲食業で、「食べること」に世界一貪欲な中国人を魅了することなど、少なくとも半万年は出来るわけがありません。

次の「遊ぶこと」についても、「(゚Д゚)ハァ?」の連続です。韓国における娯楽や観光スポットの貧弱さは、これまでにも何度か述べてきたとおりです。韓国人は観光客が見たいものではなく、彼らが見せたいものを見せようとします。これは中国もかなりそういう傾向が強いのですが、それでも国土の広さと歴史の深さが中国の観光的魅力と資源を支えています。

翻って韓国には国土の広さもなければ歴史の深さもありません。それで中国と同様、「韓国人が見せたいものしか見せない」観光をやって外国人が、ことに中国人が喜んで韓国を訪れると思っている時点で、中国人を侮るにも程があります。

3つめの「飾ること」についても、韓国は自分で自分の首を締めております。直接肌に塗る化粧品でも、一旦トラブルが起きると大変なことになりますが、切ったり縫ったり削ったり薬品を体内に注入したりする美容整形は、更にトラブルが起きやすいものです。

日本人でも、安価だからという理由で韓国での美容整形(たいていプチ整形と呼ばれる程度のものですが)をする勇気ある女性がいるようですが、正直かなり危険な賭けになると私は思っております。

美容整形というのは、健康上何の問題もない身体を切ったり縫ったり削ったり薬品を注入したりするものです。首尾良く美しくなれたとしても、健康を損なうおそれは小さくありません。美容整形をしようと思う人は、たとえ健康を損なってでも美しくなれればそれで満足なのかもしれませんが、人間のやることに絶対はありません。美容整形は健康を損なった上に美しくなるどころか醜くなるおそれさえ小さくはないのです。

言葉が支障なく通じ、何度も通うことが時間的経済的負担にならない場所にあり、万が一のことがあれば法に則った対処が期待できる日本国内での美容整形でも失敗の危険はつきまといますが、韓国であれば言葉も通院の負担も、万が一の時の法整備も不十分なのです。

加えて「パリパリ」で「ケンチャナヨ」で「ヒムドゥロヨ」で、おまけに「8割パペクト」の韓国人が執り行う美容整形など、私ならたとえカネを貰っても絶対に嫌です。

「美容・整形の韓流を安心して楽しめるようにしなければならない」というのであれば、まずは「安心して美容・整形が受けられるように関連施設や関連法を徹底整備すること」となるはずですが、やはり韓国人の考えることは斜め上に飛び跳ねます。

コラムでは「まず中国ブローカーのお腹だけをふくらませて韓国の医療スタッフを下請け企業にすることから根絶しなければならない。規制の垣根を崩さなければならない」と唱えているのです。

先日の羽田空港における大韓航空機離陸失敗事故で、大韓航空が「ウリは「迅速かつ正確に乗客を緊急脱出させた」」と主張していたように、彼らは彼らの脳内では、常に「完璧」なのです。「完璧なウリ」がうまくいかないのは、全て外的要因のためだというのが彼らの定型的な思考パターンなのです。

ですから現状の韓国の美容整形関連業に問題があるなどということは、知っていても念頭にありません。問題があっても、問題が存在するという意識がないのですから、それを是正することもありません。

韓国人が誇らしげに掲げた「3つの「する」」が、ことごとく「現状出来てない」「これからも出来そうにない」ものばかりであることに呆れると同時に、やはりこういうところで韓国人は全く揺るがないのだなあと改めて感心した次第です。


月見チャットは初心者さん大歓迎です。
どうぞお気軽にご参加ください。
月見兎

月見チャット入り口

人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。