管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くだらないトリビア

コメントでいただいた「くだらない」の語源について、非常にしばしば、「「くだらない」の語源は「百済ない」である」という言説を見聞きします。

昔、私が韓国に行く前に購入した90年版「地球の歩き方 韓国」にも堂々と、「百済にないものはくだらないものだというのが、「くだらない」の語源である」などと明記されていました。

ですが、既にコメント欄でご指摘の通り、「くだらない」には明白な語源があります。

かつて「上方(=京都・大坂などの畿内)から江戸へ送られるもの」を「くだりもの」と呼んでいました。落語にも「くだり酒」が出てくる噺がありますが、「上方」というブランドに加えて、輸送費という経費が上乗せされることもあり、当時「くだりもの」と言えば高級品の代名詞でもありました。

これに対して、「上方から江戸へ送る値打ちもないもの」「上方ブランドではないもの」を「くだらないもの」と呼び、「つまらないもの」の意としたわけで、「百済」とは全く関係がありません。要するに「くだらない」を「百済」と関連付けるのは、単なる駄洒落なのです。

そもそも、「百済」を漢字の音の通り素直に「ヒャクサ(ザ)イ」あるいは「ハクサ(ザ)イ」と読んでおれば、こういう駄洒落は生じなかったでしょう。

「高麗」「高句麗」「渤海」などは基本的にそのまま読んでいますし(高麗をコマと読む例はありますが)、「新羅」の「シラギ」も少々不思議な読み方ではありますが、「百済」ほど原音から遠くはありません。

何故「百済」だけが「クダラ」という、漢字の原音からかけ離れた音で読むのでしょうか。

「百済」は、素直に読むなら「ヒャクサ(ザ)イ」あるいは「ハクサ(ザ)イ」であるということは既に述べました。中国語では「Bǎi jì(バイジー)」であり、朝鮮語では「baegje(ベグジェあるいはペクチェ)」と発音します。いずれも現代語音なので、百済国が存在した頃の音と全く同音ではないかもしれませんが、それでも「クダラ」につながる音ではありません。

このことは日韓の歴史や朝鮮関連のことを記した書籍でも、単に「謎」として放置され、本腰を入れて解明しようとしているものを見たことはありませんでした。ところが少し前、日本の氏姓を調べていた時に、この「謎」の答えにかなり近いと思われる説を目にしました。

上代の日本では、百済との交流は比較的盛んでした。それは物に限りません。人の往来もです。

何しろ当時の日本では、百済国王の実子を質として預かるほどでした。それに伴って、その従者や縁者、あるいは商人や食い詰め者、奴婢などが大量に日本に渡来したことは想像に難くありません。

更に質として預かった百済国王の子二人のうち一人は、百済国が滅亡に瀕した際、再興のため朝鮮半島へ戻りましたが、残る一人はそのまま日本に帰化し、百済王(クダラノコニキシ)家の祖となったぐらいです。名もない百済人ならば、どれほど日本に流入し、定着・帰化したことでしょうか。

百済が朝鮮半島で勢力を保っていた頃、肥後の国に火葦北国という地がありました。現在の熊本県八代郡坂本村久多良木とされます。当地は大伴金村に仕えた当時の豪族、葦北阿利斯登の本拠地であったといいます。

この葦北阿利斯登の子である日羅は、百済国で達率という高官(百済の官制においては佐平に次ぐ第二位の高位)に着くほどでしたから、この地と百済国との関わりは相当に濃密であったことが伺われます。当然その地には、百済国から帰国した日本人や、百済国から渡来した百済人が少なからずいたことでしょう。

そういう関わりから、この「久多良木」という地名が「百済」に掛かって、「久多良木の百済」となり、やがて「百済」をそのまま「クダラ」と読ませるようになったという説です。

こういう例は、案外珍しくありません。「飛ぶ鳥」と書いて「アスカ(明日香)」、「春日」と書いて「カスガ(霞掛)」、「日下」と書いて「クサカ(草香)」、「長谷」と書いて「ハツセ→ハセ(初瀬)」と読ませているのは、概ねその類例といいます。

さて、上記「何故百済をクダラと読むのか」とについては、実は調べた内容のかなりの部分を端折りました。何故なら、詳細に調べれば枝葉はどんどん広がり、収拾がつかなくなると言うか、付け焼刃の知識では追いつかなくなったからです。それでも、上に書いた「相当に端折った分」を居酒屋談義で話せば、大演説となるでしょう。

それに引き比べると、「「くだらない」の語源は「百済ない」だ」という駄洒落は、実に簡単明瞭です。小学校低学年の子でも、駄洒落としてなら十分理解出来るでしょうし、健忘症でもない限り、一度聞いただけで記憶出来ます。それ故に、広く人口に膾炙しているのでしょう。

これを単なる駄洒落と承知の上で用いる分にまで野暮は言いたくありませんが、どうも朝鮮関連については、無邪気な駄洒落にまで不純な思惑を絡ませ、話をややこしくさせる輩が多いという現実があります。

故に野暮は十分承知の上で、「くだらない」の語源を「百済ない」だと言う人を見かけたら、いちいち以上の「何故百済をクダラと読むか」というトリビアで対抗してみようと思っています。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

売国行為は迅速

・朝鮮王朝儀軌など図書1200冊、6日に空輸
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111205-OYT1T00985.htm

2011/12/06-02:32 | URL | 帰化しても政治家になれないようにするべき #7vxsoK/w[ Edit]

>百済王(クダラノコニキシ)
「クダラノコニシキ」と空目しました。

くだらないコメントですみません。

2011/12/06-08:44 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

「くだらない」の語源は上方からの下りもの(酒など)が優れていたから…というのも、実はまちがいではないかと…。
検索すればすぐにひっかかりますが、語源辞典を名乗るサイトでは、
【 くだらないは、動詞「下る」に打ち消しの助動詞「ぬ」がついて「 くだらぬ」、「ない」がついて「くだらない」となった。 「下る」には、通じるといった意味を示す場合があり、それを「ない」で否定して、「意味がない」「筋が通らない」などの意味となり、取るに足りないの意味に変じたという】としています。
「下りもの」由来説も紹介していますが、「下りもの」という言葉が使われる以前の文献にすでに「くだらない」が使われていることから、【この説は考え難い】としています。さぶらう→さむらい のようなものですかね。
門外漢なので確かかは分かりかねますが…。
僕は『大江戸神仙伝』という小説を読んで以来、完全に「下りもの」由来説を信じて長いこと過ごしてきましたが(汗

2011/12/06-14:29 | URL | じゃリン子テツ #B5bH0cjo[ Edit]

こちらのブログには大変お世話になっています。いつもありがとうございます!
ここ一年の間に覚醒したものです。今まで何かおかしいと思っていた事が、線で繋がりました。学んできた事が意図的に歪められたものだったと確信した時、自分でも信じられないくらいの憤りがこみあげてきました。この感情は生涯忘れないと思います。
愛する日本の、あらゆる事柄を汚し毀損する朝鮮人(含在日&シナ人)、日教組が大嫌いです。知らずにとは言え、彼らに加担する日本人達が居ることが悲しいし悔しいですが、諦めずにいろいろ機会をとらえて伝えています。マスゴミはほんと滅亡してほしいです。
一日も早く、日本を日本人の為の国に戻して、私達子孫のために戦って下さった英霊に安らいで戴きたいです。


P.S.
あの…コメントの方の御冗談だとは思うのですが、血液型程度の精度でレッテル貼りは、真面目に止めて頂きたいです。ご指摘のような分類は、不快過ぎて流せませんでした。私はかなり古くまで辿れる家系ですけど、半島系なんて居ません。
もしご自身やお身内が逆のお立場で、根拠無くそのように言われたら、不愉快だと思うのですが。
きつく聞こえたらごめんなさい。

2011/12/06-16:38 | URL | 秋 #-[ Edit]

じゃリン子テツさんに先を越されました。

百済と結びつける輩には、
「昔は『くだらぬ』と言っていたらしいね」で終了です。

2011/12/06-17:06 | URL | 元バイク屋 #-[ Edit]

げっ!! ごめんなさい!

秋さん 他B型でムカついた人 ごめんなさいぃぃぃ!

よく「私がであったB型は全員ムカつくやつだった」みたいな話を聞くので、もしや 程度です そもそも血液型で性格を判断するような人の話を信用もしてませんw

アイヌ系もB型が一番多いらしいですし、てかそもそも一番多いっていっても全体の60%くらいですからほとんど関係ないです ホントに思いつきで、やっぱり関係ないかと思って調べるのやめたくらいですからw

血液型性格判断も統計のデータも私自身信用してません
統計も一番多い血液型が60%を占めるとかその程度なので、まったく気にしなくていいです!

本当にごめんなさい 生兵法は大怪我の元のサンプルとして私の事を罵倒してください あとそのコメ削除しますね 

2011/12/06-18:09 | URL | 名無櫓 #7RorUgFk[ Edit]

え?

あれ?
百済から「くだらない」の言葉が出来たなんて話は、私はこの歳になって初めて聞きましたw
私もブログ主さん同様、上方から云々の話を子供の頃に聞いてソレが語源と思っていますが、じゃリン子テツさんの指摘を読むとまだ他説も有るのかと驚きます。

また今なら確実に疑いますが、昔TVのその手の番組でも同様の解釈(上方から云々)で語源を語ってた様な気もします。が、こうやって色々と探っていくのも楽しいもんですねw

それと・・・ 私も「クダラノコニシキ」に見えました・・・。

2011/12/08-10:20 | URL | disk #8l8tEjwk[ Edit]

語源と言えば

少し前に「日本書紀に出てくる「韓国(カラクニ)」は韓国(カンコク)のことではないか」という論文を雑誌で読んだことがあります。外国を表す「カラ」の語源が「加羅」だから、というのが論拠でしたが、反論するのも馬鹿らしいほどにそれこそ下らない論文でした。
日本書紀内での文脈が「カラクニから来た神々の云々」というような感じだったと思うので、「高天原公園」を持つ韓国としては起源を主張したかったのでしょうね。
日本書紀内では加羅国のことは「任那」って書いてあるのに…
大学の紀要レベルの雑誌だと結構変な論文もありますけど、これはひっどいなぁ!と思いました。こんな下らない研究して、恥曝しな論文書くためにわざわざ日本に留学したのでしょうか?
本当に起源とか語源とか、「源」が好きなんですね。

2011/12/08-11:39 | URL | をし #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。