管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ朝鮮人でも共存出来ないのだから

最近の朝鮮半島情勢は結構活発で、北朝鮮がミサイル発射に絡む国連安保理の非難に逆切れして米朝合意破棄とか、今回の韓国総選挙当選者の約4分の1に当たる79名が公職選挙法違反で立件されるとか、相変わらずの芸人っぷりを見せつけております。

毎度思いますが、彼らのナチュラルボーンコメディアンっぷりは本当に優秀です。これで彼らが地球の裏側に棲息する緑色の肌をした人々であれば、これほど面白く眺められる連中はいないのではないかと思います。

さて、最近の韓国では中国朝鮮族による凶悪犯罪が社会問題になっていると言います。大手ウリナラチラシでは「(韓国にいる)外国人の中で朝鮮族が最も悪質だ」という声さえあると報じられました。

その反面、中国朝鮮族が韓国人から受ける侮蔑は激烈です。中国朝鮮族だけではありません。北朝鮮から韓国に脱北した北朝鮮人も、やはり韓国人からの強烈な蔑視に苦しんでいると言います。

しかし韓国人にも言い分はあるようです。だいぶ前ですが、日韓チャットで韓国にいる朝鮮族や北朝鮮人の話になった時、脱北者はろくに働かないで国から給付金を受けて暮らしているくせに、韓国に対する不満が多いから嫌われるのだと聞きました。

これによく似た話は、どこかの国でも聞いたことがあります。ただその「どこかの国」の場合は、ろくに働かずに生活保護で暮らしているくせにその国に不平不満を言うのがその国の人々とは全くの別民族であるのに対し、韓国の場合は国籍はともかくとして、血統的には同じ民族なのです。

韓国人に不当な差別を受けるのは北朝鮮人と中国朝鮮族だけではありません。韓国を多少なりとも知るようになった人にはよく知られていることですが、韓国人の在日蔑視も極めて甚だしいものがあります(註:弊ブログでは便宜上、「在日朝鮮人」「在日韓国人」「在日北朝鮮人」等をひっくるめて「在日」と呼んでおります)。

生まれて初めて韓国を訪れた在日が、韓国入国の最初の第一歩である入国審査で、係官からベコベコに凹まされるという話は非常によく聞きます。

もちろんそれは入国審査だけの話ではありません。韓国でタクシーに乗った時に、運転手さんに韓国語で話しかけると、「日本人?韓国語上手いね」とお愛想を言われたので、「いいえ在日僑胞ですよ^^」と正直に答えたら、途端に「なんだって?韓国人なのに何故そんなに下手な韓国語なんだ?!」と罵られたという話も聞いたことがあります。

不思議な事に、日本で日本人に対してならば、箸の上げ下ろしにまでサベツと言いかねない在日が、韓国では明らかに不当な差別を受けても、そのことを韓国や韓国人に向かって抗議する例は稀で、大抵の場合泣き寝入りするようです。

では在日の方は韓国人に対して敬意を持って接しているのかと言えば、実際はそういうわけでもないようです。北朝鮮人も中国朝鮮族もやはり、韓国人に敬意を持って接しているわけではないのでしょう。

韓国人の対人意識は「上」「下」「同一」の三種類ですが、最後の「同一」はある程度互いのことを知ってからの話になりますので、初対面から当分の間の対人意識は常に「上」か「下」しかありません。これは韓国人だけの話ではなく、全ての朝鮮人に共通の意識なのではないかと思います。故に、「あまりよく知らない相手に敬意を持って接する」=「自分が相手より下であることを認める」となってしまうために、彼らは特に知らない相手や初対面からしばらくの間は尊大に振る舞う傾向があります。あるいは自分がとても素晴らしい存在であると思わせようとして、就職面接でもないのに自分の経歴を誇大に吹聴する韓国人は一般的です。

同じ民族どころか、同じ韓国人同士でもそれで問題や騒動が起きることは珍しくありません。同じ民族であっても、他国や他域から移って来た人々との間に悶着が起きるのは、ある意味当然かもしれません。

それは、彼らが自分を冷静に見つめ、相手の非を穿つよりも自分の落ち度を反省し、互いに相手を慮り、ほんの少しずつ譲歩するだけで解決するようなことです。しかし朝鮮人の場合、「自分を冷静に見つめる」「自分の落ち度を反省する」「相手を慮る」「譲歩する」ということが出来ず、また全く学習しようとしません。

だから彼らはどこの国に行っても共存出来ない人々と言われてしまうわけですが、それが同じ朝鮮人の国であっても例外でないというのは、何とも凄まじいではありませんか。

韓国人が同じ言語を用いる同じ民族の朝鮮人を「共存出来ない凶悪な人々」であると言うのは、鏡に写った自らの姿を指して「あいつは共存出来ない凶悪なやつだ」と言ってるようなものでしょう。

同じ言語を用いる同じ民族の朝鮮人同士が、互いに蔑み罵り、奴らとは共存出来ないと言うのです。異なる言語を用いる異なる民族である私たち日本人ならば、尚更に共存出来る訳がありません。出来るとすれば、共存ではなく共依存でしょう。

しかし共依存はその関係にある両者のみならず、周辺の人々までをも必ず不幸にする関係です。そういう関係に、望んでなる人がいるとすれば、それ自体が既に自らの周辺の人々に対する加害行為と言っても過言ではありません。

他者と共存出来ず、親しくなった人を共依存に引きずり込むような相手には近寄らない、近づけないのが一番だと、私は確信しております。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

管理人さま、今回も非常に面白かったのですが、在日朝鮮人と在日北朝鮮人はどのように違うのでしょうか?また機会があったら教えてくださいませ。

在日が母国での差別を言わないという話はとても面白いですね。つかこうへいさんも同じことを批判していましたが、結局母国の人間と対等ではないと自覚しているからなのでしょうか。つくづく日本人で良かったです(笑)。

応援クリック。

2012/04/19-01:41 | URL | おれんじ #-[ Edit]

スト2の

ブランカかいっ!と。波動拳!'`,、('∀`) '`,、

アマゾン密林部族の排他性はガチで、存在を公表した奴が
矢で殺された程です。彼らを野蛮というのは最早
我々の論理でしかありません(^_^;)

しかし、朝鮮人はアマゾン部族と違って文明圏との
交流に晒されています。それはサムスンの携帯を
みれば明白でしょう'`,、('∀`) '`,、

にもかかわらず非論理的な行為をする輩が朝鮮半島
には結構居る、まあ日本人にも鳩山由紀夫みたいな
奴も居ますが(^_^メ)

今回は朝鮮半島社会が如何に「共栄」にほど遠いというか
概念すらもってないかですな┐(´д`)┌ヤレヤレ
ましてやルーピーの言うところの「友愛」が
朝鮮半島では如何に坊ちゃんの甘い考え方かって
事ですな┐(´д`)┌ヤレヤレ

大東亜共栄圏構想が崩壊したのは必然だったと言えます。
日韓併合は実は無謀だったと。ロシアの脅威さえ無ければ
あり得なかった事ですな┐(´д`)┌ヤレヤレ

2012/04/19-05:35 | URL | abusan #mQop/nM.[ Edit]

>おれんじさん
在日北朝鮮人その名の通り日本にいる北朝鮮国民で、在日朝鮮人は日本の敗戦後に日本と南北のどの国籍も取得していない日本にいる朝鮮民族かと思います。

2012/04/19-08:17 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

皇室や糸屋ゆかりの大根焚と粕汁

昭和16年正月頃からラジオ放送を通じて日本全土に

寛政3年生の太子様がM.43と糸屋の為に作らせた
尾形光琳.直筆の小倉百人一首で

T・4が古式道理朗々と=上の句=を歌い詠み
祭祀王様(S.13)やS.10にS.14などが
=下の句=を競い詠む連歌の真似事(勉強)で団欒する様子などが

一挙生放送されたのを御存知ですか。

2012/04/20-14:38 | URL | 環境大学新聞 #/.OuxNPQ[ Edit]

おお!名無櫓さま、有難うございます。

なるほど、南北どちらにも属していないとなるとこれまた対応がややこしいですね(汗)。ついつい民団、総連と分けて考えてしまいますが。勉強になりました。

2012/04/20-18:35 | URL | おれんじ #-[ Edit]

 相手国のの国民性を知り、風土・文化・歴史を知るのは一義的に「先方さんに失礼が
ないように」という心づかいからです。
 しかし、唯一某国だけは頼みもしないのにコリエイトされた「認識」を強要します。
 しかも国家の成立ちを俯瞰してみても、自立・自尊とは対極の存在であるような。

 世界情勢がもっとグタグタになったとき、日本は半島と付きあいたくない一心で鎖国
という選択をするのかもしれません。

2012/04/21-18:32 | URL | ジャギ様 #-[ Edit]

朝鮮民族は「日韓併合」してあげた時は「民族」と言うよりアフリカの「部族」同様でした。

2013/02/16-18:42 | URL | Alcoholic #-[ Edit]

つい先日まで半月間にわたり、本物の在日朝鮮人数名と、在日が運営するブログコメ欄にて議論してきました。

わたしは極力罵倒や差別用語を避け、論理で臨みましたが、結論として在日朝鮮人と日本人は共存できません。

第一に彼らは、何が何でも全ての責任を日本のせいにします。
戦後の境遇において、GHQや連合国の意向、韓国政府の在日保護放棄など、彼ら在日朝鮮人に影響を与えた事象は無数にあり、悪かったことを全て日本の責任にするなど本来不可能なことです。

しかしそれらを一つずつ指摘し諭しても、絶対に日本が全て悪いと譲らず、日本以外の組織国家による過失や問題点は一切認めないのです。
これにより、彼らは全ての責任を日本に対して求める、日本に対する差別主義者であることがはっきりしました。

また、こちらも興味深い点ですが、彼らは議論上でいくら譲られても、絶対にそれに恩義を感じたり自分の非を認めたりはしません。
むしろ『そんなの当然だ』という横柄な態度、そして『認めるのが遅すぎた』などの文句が出てきて、挙げ句の果てに『これも譲れ』と要求が増すだけなのです。

ネット上では『在日朝鮮人は絶対に非を認めず、全て日本のせいにする』『譲と付け上がるから譲ってはいけない』という書き込みがたくさんありますが、これは間違いなく事実です。
わたしが議論した複数の在日朝鮮人は、全てこれらの書き込み通りの行動を取っていました。

日本人は在日朝鮮人に対していっさい譲ってはいけません。また、在日朝鮮人と日本人は共存できません。
今回の地震本物の在日朝鮮人とたくさん議論した結果、心の底からそう思い知り、そして在日朝鮮人のことがさらに大嫌いになりました。

2016/07/12-21:00 | URL | 古い記事ですがコメントさせていただきます #-[ Edit]

古い記事へのコメント様の、お気持ちよくわかります。そのひとたちと、議論しているうちに、だんだんいらだたしく思い、しまいには、どなりつけたい気持ちを押さえるのに、苦労されたのではないでしょうか。私もつい最近、在日朝鮮人か朝鮮びいきの日本人だかわかりませんが、きわめて左翼的な人物のブログをたまたま見て、ちょっと素朴な疑問を感じたので、コメント投稿したところ、たちまち激しい反論がかえってきました。ー私は、再度、意見をのべましたが、まったく異論はうけつけないといった態度でした。また、それとは別ですが、キム姉となのる自称キリスト教徒の韓国人女性が、奇矯な歴史観をブログでのべてましたが、たぶん批判などうけつけないでしょう。ー第一、あまりにも荒唐無稽な内容なので批判するにも値しないものでした。確かに、韓国朝鮮のひとは独断的で、日本人が美徳とする謙遜の意識は微塵もないようですね。私は、嫌韓的な暴言はつつしむように自らこころえてはいるのですが、
場合によっては、あなたがおっしゃるように、韓国朝鮮人にたいして毅然とした対応も必要かも知れませんね。乱暴な言葉かもしれませんが、むかし日本人が彼らにことを、不逞鮮人と呼んだ気持ちも少しわかります。

2016/07/13-08:04 | URL | はなまち らんらん #-[ Edit]

はなまち らんらん様

横からすみません。キム姉のブログは私も拝見しておりました。腹立たしい限りでたまに訪問しておりました。昨年の終わりだったか「実は日本人でした。逆の立場から朝鮮人の主張がいかに間違っているか、表現したかった。ブログもそのうち閉めます。」とかおっしゃっていました。ご参考まで。

2016/07/13-21:48 | URL | 腹一杯 #-[ Edit]

腹一杯さま
ご説明ありがとうございました。そういうことだったんですね。
でも、そういうやりかたって、フェアプレイじゃないですよね。
ま、ブログなど、あっちこっち覗いてたら、きりがなくて、それこそ
腹一杯になっちゃいますね。

2016/07/14-11:21 | URL | はなまち らんらん #-[ Edit]

はなまち らんらん様
レス頂きありがとうございます。

前回[古い記事ですがコメントさせていただきます]という名前でコメントしたものですが
改めまして[文月]とさせていただきます。


>「実は日本人でした。逆の立場から朝鮮人の主張がいかに間違っているか、表現したかった。ブログもそのうち閉めます。」と

私が在日朝鮮人と議論したブログは、正真正銘本物のブログだったようです。
ブログ主は北朝鮮系で、北朝鮮や朝鮮学校を熱心に擁護しており
コメント覧には北朝鮮も韓国系も双方がコメントしておりました。

彼らの本国(韓国と北朝鮮)は敵対状態、といいますか戦争も終わっておらず休戦中ですが
コメント欄の在日朝鮮人は、韓国系だろうが北朝鮮系だろうが
「全ての悪いことの責任を全て日本に押し付け、罵倒する」という同一の行動をとっていました。

この点においても、在日朝鮮人という存在は
本国の韓国人や北朝鮮人とも似て非なる存在だと感じています。

韓国人や北朝鮮人は「自国の領域内に居住しつつ、日本を執拗に攻撃する」存在ですが
在日朝鮮人は「日本に居住し生活社会保障すべてを日本に担われながら、日本を執拗に攻撃する」という
極めて歪んだ存在だと感じています。

私は韓国や北朝鮮という国家も嫌いですが、在日朝鮮人はそれに輪をかけて日本にとって厄介な存在だと思います。

また、今回実際に在日朝鮮人と議論して得た情報などを、他の方にシェアできればと考えており
このあと隙を見てこちらのコメ欄に記載させて頂ければと考えております。

2016/07/16-18:17 | URL | 「古い記事ですが」あらため 文月 #-[ Edit]

前にも記載させていただいた通り、ネット上では下記の論説が出回っています。
『在日朝鮮人は絶対に非を認めず、全て日本のせいにする』
『譲ると付け上がるから譲ってはいけない』

これに対して在日朝鮮人やその支援者左翼は
「これは事実ではない、偏見だ」などと反発することが多いですが
対話した複数の在日朝鮮人は、全て上記のロジックで主張を行っていました。

下記に詳細を記載させていただきます。

-------------------------------------------
1,『在日朝鮮人は絶対に非を認めず、全て日本のせいにする』
(日本以外の要因を「言い訳」「言い逃れ」と称して一切受け付けない)

<実際の議論事例>

在日朝鮮人の主張の中に、下記のようなものがあります。
『終戦後、日本は在日朝鮮人から一方的に、不当に日本国籍を奪い取った』
『そして在日朝鮮人を外国人として扱い差別し続けた』

しかし在日朝鮮人の日本国籍喪失は、サンフランシスコ講和条約による
連合国公認の、法にも条約にも反しないもの(不当性が全く無いもの)です。

ですからサンフランシスコ講和条約発効により、在日朝鮮人が日本国籍を喪失し
韓国籍(もしくは朝鮮籍)となって日本国内で外国人扱いとなったことは
「法的に全く問題のない、当然のこと」なのです。

また、在日朝鮮人の母国である当時の韓国政府は
「在日朝鮮人の日本国籍選択」に対して強硬に反対していました。

(もちろん日本政府としても、素行が悪く警察署襲撃などの
 集団犯罪を繰り返す在日朝鮮人に
 日本国籍を取得させたくない思惑があったことは事実ですが
 日本政府の思惑のみでなく、このような当時の背景があったということです)


ですから、サンフランシスコ講和条約による、在日朝鮮人の日本国籍喪失に対して不満があるならば、在日朝鮮人が避難すべき相手は日本政府のみでなく

・「在日朝鮮人の開放」を要求し、日本国籍喪失を容認した連合国
・在日朝鮮人の日本国籍取得に強行に反対した韓国政府

に対しても批判を行わなければ、筋が通らないのです。


しかし、この議論を行った相手の在日朝鮮人たち(3~4人ほど)は頑として
「最終的に日本国籍を奪ったのは日本政府だから、日本が悪い」と言い張り
日本以外(連合国や韓国政府)の非を認めることは一切ありませんでした。

「連合国や韓国政府にも非はあるが、日本が一番悪い」ではないのです。
連合国や韓国政府の非は一切認めず「日本のみが悪い」と言い続けるのです。

なんの法にも条約にも根拠にも基づかず、このようにただ
「全て日本が悪い」と主張し続ける彼らの言論姿勢こそ、在日朝鮮人が日本人に嫌われる一番の原因だと思います。


<余談ですが…>
これは意外なことだったのですが、在日朝鮮人たちはしきりに
「サンフランシスコ講和条約による日本国籍喪失」を「日本政府による蛮行」として非難していることを、今回知りました。

でもこれには疑問を感じませんか?

だって彼らは「日本に帰化しては?」と言われただけで逆上するくらい「民族意識が高い」人たちですよね。
それなのに、なぜ彼らが「サンフランシスコ講和条約で日本国籍を喪失したことが」酷い行いなのでしょうか?しきりに民族意識を主張する彼らの立場からしたら「日本国籍からの開放」と取って喜んでもいいのでは?

しかし、彼らはそういう理屈や道理に関係なく、ただ単に
「日本国籍を喪失したことにより、日本人が受けられる保障を受けられないなどの損をした」と恨んでおり(※実際のところは損などしていません。外国籍ですから当然の外国人扱いを受けただけです)
サンフランシスコ講和条約による日本国籍喪失を執拗に批判していることがわかりました。


結局のところ、彼ら在日朝鮮人には「道理」などないのです。

日本国籍を持っていようが喪失しようが、得をしていればだんまりで受け入れますし、損をしたと思えば道理など関係なく、責任を日本に押し付けて叩きまくるのです。

だから、普段は「民族意識が高い」ような言動をしてながら
「サンフランシスコ講和条約による日本国籍喪失」を非難する
(=じゃああなた達にとって憎き日本国籍のままで良かったの?)という
道理も何もない、論理矛盾した言動を取るのです。


そもそも「国籍」というものは「損得で考えるもの」ではないはずですが
彼ら在日朝鮮人は、日本への帰属意識もなく、不満や恨みで一杯なのに
日本国籍による実利的なもの、メリットのみを羨望的な目で見て
それと同等の権利をよこせ、よこさないなら差別だと主張しているのです。

帰属意識も愛着も持たず、国籍に対して損得とかメリット考える、
彼らのこのような思想は私からすれば軽蔑に値するものです。
彼らの祖国、韓国でも「パンチョッパリ」という彼らに対する蔑称があるようですが、在日朝鮮人が韓国本国からも蔑まれる理由が今回、よくわかりました。

韓国本国の韓国人は、一応は軍隊にて国防の義務を担っています(=国家への忠誠)から、日本におんぶに抱っこで、韓国本国の責任も果たさない在日朝鮮人は
本国の韓国人にとっても軽蔑の対象でしょう。


そして朝鮮半島の本国から「国防の義務も果たしていない」「朝鮮戦争の大変な時期に日本でのうのうと暮らしていた」
と疎まれる在日朝鮮人は、自己正当化のために「そんなことはない。我々は日本でこんなに苦労して差別されている」と主張します。
ここに挙げた「サンフランシスコ講和条約による在日朝鮮人の日本国籍喪失」が良い例ですが
法的にも条約的にもなんら問題のない事象を
「日本政府による恣意的な差別」などと言いがかりをつけ、日本に対して様々な要求をし、韓国本国に対しては「こんなに日本に差別されて私達も苦労している」とアピールしているのです。

このような行いは、日本にとっては本当に迷惑なものですし、日本人が在日朝鮮人を嫌うのは至極当然のことだと、今回改めて思い知りました。

2016/07/16-19:02 | URL | 文月 #-[ Edit]

文月様。
詳細なコメント拝読しました。文月さまは、在日韓国朝鮮人の諸問題について、法的、国際条約の観点から、緻密に検証しておられ、本当によく研究されたこと、感嘆いたしました。
第二次大戦後の、在日韓国人の、さまざまな権利の主張が、いかに矛盾撞着にみちたものか、よくわかりました。私は決して嫌韓ではありませんが、彼らのあまりにも理不尽な主張に対しては、きっぱりと拒絶すべきだと思っています。ーそれは、彼らのためでもあります。
私の世代で、この問題について印象に残っておりますのは、在日の地方参政権の主張でした。今では、少し下火になってますが、一時、喧伝されていたことは、ご存じだとおもいます。
そもそも、参政権というのは、その国の国民であることを前提条件とした権限であって、異邦人にあたえることはできません。ーこんなことは、中学生だってわかるでしょう。税金をはらってるんだから、地方選挙権ぐらいくれたっていいじゃないか、という人もいますが検討違いもはなはだしいです。参政権を対価とする義務は国防の義務であって、納税とは関係ありません。お金をはらってるんだから権利をよこせ、などと言ういいかたに、品性の賎しさを感じます。
ただし、私は思うのですが、このように彼らを甘やかし、付け上がらせたのは、一部の日本人にも責任はあります。それは、左翼や、いわゆる人権屋さんだけではありません。保守党の政治家や財界実業家にも、かなり問題視すべき人がいます。自由民主党の政治家にも、あやしげな韓国朝鮮びいきの人がいることは、周知のことでしょう。こういったことも、追求していけば、いもずる式にいろんなことが、あかるみにでると思いますが。。。。。。。。

2016/07/17-08:03 | URL | はなまち らんらん #-[ Edit]

追加。
文月さまの論功で、第二次大戦後の、朝鮮人の国籍選択権の問題、たいへん参考になりました。戦後、日本内地居留の朝鮮人に日本国籍選択権を与えるべきだったのではないか、という意見は、かなり保守的な人のあいだでもあったらしいです。ーしかし、今、文月さまの論考を
拝読し、まったく検討ちがいだったことが、わかりました。それに、終戦直後の日本で、在日朝鮮人に日本国籍ーつまり市民権を与えていたら、それこそ大変なことになっていたでしょう。

2016/07/17-10:18 | URL | はなまち らんらん #-[ Edit]

はなまちらんらん様

お返事頂きありがとうございます。

>戦後、日本内地居留の朝鮮人に日本国籍選択権を与えるべきだったのではないか、という意見は、かなり保守的な人のあいだでもあったらしいです。ーしかし、今、文月さまの論考を
拝読し、まったく検討ちがいだったことが、わかりました。


この国籍選択権の話に関連して、さらに興味深い『在日朝鮮人の思考回路』を目の当たりにしましたので、その点もシェアしたいと思います。

前のコメントで私が『在日朝鮮人は日本国籍を不当に奪われたと、事実誤認の逆恨みをしている』という旨を記載した部分ですが、実はサンフランシスコ講和条約発効の1952年に至るまでのあいだは、彼らはまだ日本国籍扱いだったのです。

ということは、彼らはこの期間の事に関しては恨みは持っていないのでしょうか?

否。なんと、サンフランシスコ講和条約までのあいだ、日本国籍扱いだった時期に関しても、日本を恨み非難しまくっているのです。

どういう事かと言いますと、彼ら曰く『日本政府は我々を支配下に置くため、臣民扱いし統制しながら、一方日本人と違う待遇で外国人扱いする部分とで使い分け差別した』だそうです。

要するに、サンフランシスコ講和条約までの間は日本国籍扱いだったが、待遇に不満があったから差別で不当だっただと非難しているわけです。

日本国籍を喪失すれば『不当に奪い取った』、日本国籍扱いでも『日本の支配下に置こうとした』
それじゃあもう日本が何をしようが叩くという事ですよね、これは。

わたしが前のコメントで『在日朝鮮人に道理はない』と書いた理由はここなのです。

日本政府が暫定的に日本人扱いして統制しようが、講和条約発効で日本国籍喪失して外国人扱いしようが、『自身の扱いや待遇に不満を感じればそれだけで』彼らは日本政府を叩きまくるのです。

この思考回路を目の当たりにして私が思ったのは
『仮に当時、日本政府が在日朝鮮人に対して国籍選択権を与えていたとしても、なんらか待遇に難癖をつけて絶対に差別だと騒いでいただろう』という事でした。

彼らの思考回路は一言で言うと、モンスタークレーマーだと思います。

日本政府がどんなに筋道を立てて、法律や国際条約上問題ない状態で進めたとしても、ただ不服に思っただけで根拠もなく日本を叩くのです。

このような思考回路の人たちとどうやったら仲良くできるのか、いや出来るわけがない、と確信した次第です。

2016/07/18-00:37 | URL | 文月 #-[ Edit]

はなまちらんらん様

>参政権を対価とする義務は国防の義務であって、納税とは関係ありません。お金をはらってるんだから権利をよこせ、などと言ういいかたに、品性の賎しさを感じます。

上記に関して、強く同意します。彼ら在日朝鮮人と対話して思ったことですが、彼らは「国籍」「国家」というものに対する感覚が非常に希薄といいますか、全く理解できていない。
もしくは「国籍なんて重要なものではない」と強く思い込もうとしているフシがあるということです。

彼ら在日朝鮮人は「外国人扱いにより、日本人と異なる待遇を受けたこと」に対して「国籍を根拠に分け隔てする差別だ」と強く憤慨し、また国籍による差異は当然のことと諭しても「ただ日本国籍に生まれたというだけで在日朝鮮人を見下す差別主義者」などと罵倒してきます。

しかし、国家と国民という関係においては「ただ日本国籍に生まれた」ということが、非常に重要な事なのです。
他国籍も同じ人間であることは事実ですが、たとえばマスメディアは海外で事件事故が発生した際に、邦人の安否確認を再優先しますし、日本政府も同様です。
このような事象は日本だけでなく世界中で当然のことで、これは別に「他国籍者を人間扱いしない差別」などではなく、「国家が自国民を保護する義務を全うしている」だけのことなのです。

そして、社会保障制度などに置いても、国際人権規約による「内外人平等の原則」は存在しますが、それによらない部分、各国家の裁量によって「自国民と他国民の待遇に差をつける部分」は各国に存在しています。
(例えばアメリカの場合、外国人も社会保障を受けることはできるものの、出身国や状況に応じて細かいランク分けをされ、受けられる保障が減らされたり、保障を受けすぎると国外退去させられる可能性があるなど、国の裁量によりアメリカ人と他国民とで差異をつけています)


でも在日朝鮮人は、世界中の国で「自国民に対する待遇と、他国民に対する待遇の差が存在する」という事実を無視し、日本国内での在日朝鮮人の待遇に対し『内外人平等の原則に反する差別』などと非難し、『日本人と完全に平等に扱わなければ差別である』などと主張しています。
彼らの母国である韓国や北朝鮮でさえ、自国民と他国民に対して差をつけているにもかかわらずです。

非常に厚かましく図々しい発想ですが、ただそれだけではなく、これには「国籍というものに対する思想の歪み」もはらんでいるのだと思います。

日本が大嫌いで、恨みつらみだらけであるにも関わらず、社会保障から住居まですべて日本政府に委ね、しかし国籍は韓国籍や朝鮮籍である。
こんな矛盾した境遇に置かれた(とは言っても日本に残留した当人の意志ですが)彼らが、自己正当化やアイデンティティを確立するためには「税金払っているのだから参政権よこせ」「日本人と外国人を完全に同一扱いしろ」というような「国籍軽視の思想」を持つしか無いのだと思います。
しかしこのような国籍を軽視した荒唐無稽の主張は、世界はおろか、彼らの母国である韓国や北朝鮮でさえ通用しません。


そしてこのような自分勝手な主張に対して「良い顔」をしたり、または利害関係を持ち、便宜を図ってきたのが、はなまちらんらん様が書かれている下記のような人たちだと思います。

>このように彼らを甘やかし、付け上がらせたのは、一部の日本人にも責任はあります。それは、左翼や、いわゆる人権屋さんだけではありません。保守党の政治家や財界実業家にも、かなり問題視すべき人がいます。自由民主党の政治家にも、あやしげな韓国朝鮮びいきの人がいることは、周知のことでしょう。

国家と国籍を軽視する歪んだ思想を持ち、「同じ人間なのだから何でも平等にしろ」という筋の通らない主張を行う在日朝鮮人も問題ですが、それに同調し便宜を図る日本人も大問題です。
私は『譲ると付け上がるから譲ってはいけない』 と最初に書きましたが、在日朝鮮人の要求に対して毅然と対応せず、便宜を図ってあげた結果がどうなったでしょうか。

在日朝鮮人の要求を飲んであげても、彼らは感謝など絶対にせず
「今頃認めたか」「そもそも認めて当然ではないか」「むしろ認めるのが遅すぎた」と言い始め、そして「ようやく認めたが、認められるまではこんなに差別されていた」と世界中に喧伝し、挙句に「それを認めたのだから、これも認めろ」とさらなる要求を行うだけなのです。


今回彼らと対話した結果、在日朝鮮人の筋の通らない主張に対しては便宜を図ったり、要求を飲んではならないと強く思いました。

2016/07/18-02:03 | URL | 文月 #-[ Edit]

文月さま。
ご説明、再度拝読しました。特に、1952年まで、在日韓国朝鮮人が日本国籍を保有していたと言うことは、はじめてお聞きしました。普通の人は、たぶん知らないとおもいますね。政治家や公務員でも、ちゃんと知ってるかどうか疑わしいでしょうね。年配のかたにお聞きしますと、第二次大戦直後、朝鮮人が、先勝国きどりで、傍若無人な狼藉のかぎりをつくし、おそれられていたらしいですが、なんかもう、めちゃくちゃという他ないですね。
文月さまの論考は、非常に詳細に具体的な史実に立脚して考証しておられ、たいへん勉強になります。いわゆる嫌韓ブログというのはたくさんありますが、ただ嫌韓的な標語を連呼してる程度のものが大半で、本当の脅威や危険性をうったえてるものは、少ないです。
文月さまのご文章は、そういう真に迫った危険性というものを強く訴えておられ、説得力があると思いますし、私も読ませていただいてるうちに、深刻な思いにかられました。文月さまが、朝鮮の人たちと議論されたときに感じられた、どうしようもない思いが、このたびの文月さまの文章の行間から滲みでています。ただ、この月見櫓さんのブログも読者はかぎられていますし、もちろん私にはなんの地位もありません。文月さまの問題提起は重要ですし、今後も
いろんなブログや、各種情報媒体を通じて、うったえ続けていただきたく思います。ーもちろん、すでにそうなさってこられたとはおもいますが。。
文月さまのご健闘いのります。
花町 蘭

2016/07/18-08:22 | URL | はなまち らんらん #-[ Edit]

はなまち らんらん様

このたびは、急に長文のコメントを何度も書き込んだにも関わらず
丁寧にお返事いただき誠にありがとうございました。

私自身は、そのときどきに興味を持ったブログや文章を読み
気になった部分を調べるような過ごし方をしておりますので、
ブログなどを継続的に続けられている方にはいつも頭の下がる思いです。

今後もこちらのブログ記事をちょくちょく見させていただこうと思います。
このたびはありがとうございました。

2016/07/19-01:10 | URL | 文月 #-[ Edit]

また、最後にこちらに関しまして

>ただ嫌韓的な標語を連呼してる程度のものが大半で、本当の脅威や危険性をうったえてるものは、少ないです。

上記には同意いたします。

正直在日朝鮮人の荒唐無稽な主張とジャパンバッシングに対しては頭にくるのは
事実なのですが、それをきちんと論理で打ち負かすのが重要と考えています。

言い方は悪いですが、正直彼らは「悪知恵」的なものが非常に働きます。
ですから、論理で打ち負かさず罵倒ばかり浴びせてしまうと、それを逆手に取られ
彼らに利するような自体にもなりかねませんよね。

このたびは本当にありがとうございました。

2016/07/19-01:22 | URL | 文月 #-[ Edit]

文月さま。
こちらこそ、いろいろご教示ありがとうございました。今後、難しいつらい闘いになるでしょうが、どうかご健闘いただきたいと思います。多くの障害物も乗り越える必要もあるかもしれません。文月さまのご主張や憂慮に理解できる人も、きっとたくさんいます。お味方はいます。もちろん、忍耐も必要でしょう。私は、文月さまに、ご助言できる立場ではありませんが、文月さまが感じられた問題意識や義憤には共感できます。ーいままで、私が述べさせていただいた拙文は、そういう私のありのままの感想です。
それから、今、気がついたのですが、文月さまのコメントの発信時刻を拝見しますと、ご多忙のなか、あえて時間を作っていただき、長文のコメント文書を作成していただいたようです。
そのこともふくめ、かさねてお礼申しあげます。ご多幸いのります。

愛国の 乙女の歓呼 暑き闘い
はなまち 蘭

2016/07/19-18:32 | URL | はなまち らんらん #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。