管理画面

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・毒になる国

弊ブログでは、これまで日本にとって韓国という国は災厄に等しいということを申し上げてまいりました。ネットの普及によって、その理解も徐々に拡がってはいます。

しかし、頑なに韓国と誼を通じるべしと主張する勢力は、いまだ日本人の中に一定数存在します。何故彼らは、韓国との友好に固執するのでしょうか。

ひとつには、利権が考えられます。役得と言い換えても良いでしょう。

日本と親密であることで、韓国は日本から多くの援助を期待できます。そのおこぼれを狙う連中は、日韓友好を促進することに前向きでしょう。

また韓国は、国家ブランドイメージを向上させるために多額の国家予算を組んでいます。韓国の国家ブランドイメージ向上に協力すれば、私腹を肥やすことは容易です。日本と韓国が親密であればあるほど、その余地は拡がりますから、そういう人たちが日韓友好に固執するのは当然です。

あるいは、製造業の技術者から芸能人に至るまで、日本で多少落ち目になっても、韓国でなら十分通用する技術や能力を持っている人にとって日韓友好は、非常に望ましいのではないでしょうか。

もしくは、結婚などで韓国人と濃厚な関係を持っている人にとって、日韓の関係はダイレクトに自身の人間関係に影響しますから、出来る限り良好な日韓関係を望まない人はいないでしょう。

言うまでもなく、在日や日本国籍を得た朝鮮人にとっても、日韓友好は極めて重要です。日本と韓国の関係が良好であれば、コウモリのようにどちらの国にも良い顔が出来て、いいとこ取りが出来ますし、また双方からも比較的暖かく受け入れられます。ですが、日韓関係が剣呑になれば、双方から邪険にされ、排斥されてしまうでしょう。

そういう人々にとって、日韓友好の促進が重要課題であるのは理解出来ます。しかし、そうではない日本人にとって、日韓友好の促進によるメリットとデメリットのバランスはどうでしょうか。

何度でも言いますが、日本にとって韓国との付き合いは間違いなく災厄です。メリットとデメリットのバランスをはかれば、明らかにデメリットに傾きます。

故司馬遼太郎氏は生前、何度も「日韓併合は日本にとって、持ち出しばかりでちっとも儲けにならない、そろばんの合わない商売だった」と言っておられましたが、実はそろばんが合わないのは、日韓併合に限ったことではありません。日韓国交正常化以後の日韓間の収支を厳密に弾き出せば、確実に日本側の大赤字でしょう。

それでも、韓国が防共の砦として機能していた間は、日本側の差損を必要経費と考えて目をつぶることは可能でした。しかし北朝鮮による対南工作の完了によって、今の韓国には防共の機能さえ望めないのです。それどころか、韓国自身による日本への敵意や工作が暴露されつつあります。

日韓併合前夜、日本の保護下にあった朝鮮は、裏では日本に対する敵対行為に勤しんでいました。その最も顕著な例が、ハーグ密使事件です。

この卑劣な陰謀を知った伊藤博文公は、高宗に謁見して「斯くの如き陰険な手段を以って日本保護権を拒否せんとするよりは、寧ろ日本に対し堂々と宣戦を布告せらるるには捷径なるに如かず(こんな陰険なやり方で日本の保護権を拒否しようとするぐらいなら、むしろ日本に対して堂々と宣戦布告なさった方が手っ取り早いですぞ)」と激怒したといいます。

李明博韓国大統領の竹島不法上陸から天皇陛下侮辱発言とその言い訳に至る一連の流れを見た私たちは、この時の伊藤博文公の憤りを実感として理解出来るはずです。

日本がどれほど韓国に手を差し伸べ、友好を深めようとしても、韓国人たちは常にその裏で私たちを陥れようと画策します。それは100年前からおそらくこの先未来永劫変わらぬ、朝鮮人の習性なのです。

毒になる親」という本がありましたが、さしずめ日本にとっての韓国は「毒になる国」です。

この「毒」も、ごくごく少量ならば「反面教師」という薬に出来なくもありませんが、既に日本国内にある「毒」だけで日本が病むには十分な量であり、その上日本を訪れる「毒」の量は、いつ致死量に達しても不思議ではありません。

そうなる前に「毒」との接触を断ち、体内の「毒」を出来る限り排出するように、私たち自身が努めなければ、私たちの未来はない、かもしれません。



人気ブログランキング FC2ランキング

本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

コメント

道徳心を捨てることなく

利権や立場上の事情から日韓友好を謳う輩も多いでしょうが、

今の日本には、「国家間の友好」とは常に目指すべき尊いものだ、と
このように漠然と信じている人々がほとんどではないでしょうか。
国家間の友好は守るべき言わば道徳で、ことさら理由づけをする必要もない、と。

前者より後者の人々の方が頑なで、厄介のように思います。
しかし、それをもってお花畑と呼びたくはありません。程度の差はあれ、むしろ普通の人でしょう。

だが、その道徳を踏まえた上で決別を判断してもらわねばならない。「普通の人」にどれだけ気付いて貰えるか、それがカギだと思っています。

2012/11/21-04:44 | URL | 兜 #-[ Edit]

極論を言えば

テルアビフ市民にガザと仲良くしろと言うような話しですからね(^_^メ)
それ位相容れないと言っても良い程です。

現実を考えると朝鮮とは距離を取らざるを得ないと。
戦争したくなければ┐(´д`)┌ヤレヤレ

2012/11/21-08:48 | URL | abusan #mQop/nM.[ Edit]

朝鮮を知らない

 他人からの善意をこれほどまでに、悪意としか見ない隣人も珍しい。
知らない国はいい国だ、というのであれば、まだまだ朝鮮からの情報が足りないので(朝鮮のことを)よく分かっていないのかも知れません。

 マスコミが朝鮮で起きていることを、ありのままに伝えてくれれば、正確な判断ができると思うのですが。

2012/11/21-10:43 | URL | ミオド #guRgTqeo[ Edit]

国家間の友好はとても尊いものだけど、先方に全くその気が無く、むしろ悪化させようとすらしてる事をまず理解しないとどうにもならない気がしますね。
なぜか関係を悪化させてるのは日本の所為だと言われてしまうのも辟易してしまいます。

2012/11/21-17:41 | URL | 名無櫓 #-[ Edit]

航空券の価格

羽田発2万円で下げ止まるかと思ったら、
とうとう往復諸税も込みでオール16000円切りました。
国内便の片道並み。依然として韓国発は高いようです。
地震の時、逃げたのに、また来てます。恥知らず。
どんなに、ねつ造しても韓国行く人減ってるのは、事実。
このまま韓国離れしてほしい。

2012/11/21-20:31 | URL | nana #-[ Edit]

司馬遼太郎氏について

こんにちは。いつも鋭い視点に頷きながら拝見させていただいております。

今回、故司馬遼太郎氏のことが出ていたので、それについてお話したくてコメントを入れました。

私が司馬氏に興味を持ったのは、自民党の小渕優子さんが国会にて、故松下元金融相への追悼文を読み上げる最中、どういうわけか薩摩焼の話をしだして、『薩摩焼宗家』を名乗る「沈壽官」という人物との交友話をしだしたので「?」となり、調べてみたのがきっかけでした。司馬氏は従軍慰安婦を捏造した吉田清治と同様のことをなさっていたようです。

『故郷忘じがたく候』という作品をご存じでしょうか?恥ずかしながら私は今回初めてこの本を知ったのですが、説明によると「本書は、司馬氏が、現在14代目の当主にあたる沈寿官氏に直接インタビューした結果をもとに、エッセイ風の短編にまとめたものである。日本と朝鮮半島の歴史の狭間で翻弄されながらに生きてきた、名もなき人々の運命に司馬氏が思いを寄せ、心の中にかき立てられた煮えたぎるような情念を、彼らの姿に投影させていて、エッセイとしては最高傑作である。まさに、作家としての司馬遼太郎の面目躍如たるものがある」とのことで、まあ朝鮮人特有の差別に負けないヒーロー物語なわけです。


しかし現実は?というと、やっぱりご多分に漏れずそこには嘘、嘘、嘘が。
↓ここに詳しく書いてあります。

司馬遼太郎の虚像
http://kareki.info/blog/848

薩摩焼宗家を名乗るも、とっくに代々の伝承技術は廃れてしまっていることや、実際の名前は日本名で「韓姓だからいじめられた」なんて大嘘なこと、名工どころか実際は陶芸をしておらず政治活動に熱心だったことなど盛りだくさんです。

司馬遼太郎という人についてもさることながら、朝鮮人特有の嘘と虚勢と見栄の入り混じった「沈壽官」という存在についても多くの人に知っていただく思います。


↓沈寿官氏とは、こういうこと言ってる人です。
(豊臣秀吉の時代からって、もう何百年も経ってるっていうのに…しかも島津藩から手厚い保護を受けて士族の身分までもらっていたのですよ)


「歴代に負けたくない」…薩摩焼宗家・第15代沈寿官(民団新聞) 
http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=2889&corner=6

韓国文化院講演「私の中の韓国」
「400年の時空」超え決意新た

豊臣軍によって420年前に連行されてきた朝鮮陶工の子孫、薩摩焼宗家・第15代沈寿官さん(53)がこのほど、東京・新宿の韓国文化院で「四百年の時空」と題して講演した。「私の中の韓国」と題した一連の文化講演シリーズの一環。約300人が耳を傾けた。

(中略)
 
自らが韓国にルーツを持つことは幼少時から意識していた。しかし、中学生になって級友から面と向かって「朝鮮人」と言われたときは「日本国籍なのに」と、ショックを受けたという。実は差別と偏見はいまだに根強い。司馬遼太郎が朝鮮陶工の悲哀を描いた小説『故郷忘じがたく候』を発表したときにそれが顕在化した。自ら育った村の住民から、「息子の就職に差し障りが出てくる」「娘が結婚できなくなる」といった声が聞こえた。

沈さんは、「これからも日本社会でがんばり、いい仕事をしたと評価されたい。それがルーツである韓国への自分なりの恩返し」と信じている。

薩摩焼 壬辰倭乱時に韓半島から連行されてきた初代沈寿官をはじめとする陶工たちが薩摩産出の土で造り出した。領主は技術集団としてもてなし、姓を変えることを禁じ、言葉や習俗もそれを維持するよう推奨した。

(2012.10.12 民団新聞)


結論。「朝鮮人はどこにいようとも、何百年が経とうとも朝鮮人は朝鮮人」
朝鮮人の情念から作りだされる虚構に巻き込まれて、己の偽善から日本に害をなす日本人が一人でもいなくなることを願います。


2012/11/24-12:15 | URL | tottoko #mQop/nM.[ Edit]

日本人の感覚が特別

重文が譲歩すれば相手も譲歩するというのは、外交の世界では通用しないようです。仮に譲歩するならば相手にも条件をつける必要があるわけですね。
日本人同士の交渉ごととは違ということです。

ただ、特亜の場合妙にプライドが高いので、面子を立てながら論破する必要があります。しかし、いわゆるリベラルな人たち(つまり左翼)のような無防備な対応ではいいようにやられてしまいます。自社さ政権などの土下座外交でも、何も改善されていないし、日本は言えば譲るとなめられている。そういう人に限って自分が人格者であり、善人だと思っているから、たちが悪い。

2012/11/27-15:28 | URL | ednakano #olb1JwF2[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

月見櫓 韓国 日韓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。